all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 節電

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/06/29(水) 00:04:46.71
    2022年06月28日 19時35分 公開
    [ITmedia]

     「テレビ消せばエアコンの1.7倍の節電効果」──政府が企業などに節電を呼びかける中、野村総合研究所(野村総研)が11年前にまとめた、節電に関するレポート内容がTwitterで注目を集めている。これに対し野村総研は「当時と今では家電の性能が異なる。参考程度にとどめてほしい」と注意を呼び掛けている。

     話題になっているのは野村総研が2011年4月にまとめた「家庭における節電対策の推進」という調査レポート。11年3月の東日本大震災による東京電力の福島第一原子力発電所での事故を受け、政府(当時は民主党政権)が節電対策を検討する中、同社は家庭で実践できる節電対策を独自調査を基にまとめた。

     レポートでは「主な節電対策を講じた場合の1軒あたりの期待節電量」を696Wと設定。このうち「使用するエアコン台数を減らす」では130Wの節電効果があると明記した。これに加え、「テレビをこまめに消す」ことで220Wの節電効果があるとも記載していた。エアコン削減の1.7倍の節電効果がある計算になる。

    https://www.itmedia.co.jp/business/spv/2206/28/news197_0.html

    【【社会】 野村総研、「テレビ消せばエアコンの1.7倍の節電効果」レポートに注意喚起 「11年前とは家電の性能が異なる」 [朝一から閉店までφ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 ぐれ ★ :2022/06/26(日) 00:37:17.58
    ※2022/6/25 18:21

    近年で最も厳しい電力需給の逼迫(ひっぱく)が見込まれ、政府が7年ぶりに全国規模で節電を要請する7月まで1週間を切った。経済産業省は数値目標を設けていないが具体的な方法やおおよその効果を示して、節電への協力を呼び掛ける。電力需給が逼迫し、生活や社会活動に影響を及ぼす大規模停電や計画停電を引き起こさないため、何ができるのか。家庭でもできる節電対策をまとめた。

    家庭で最も節電効果が高いのがエアコンだ。経産省によると、夏場の電力需要のピーク時(午後2時ごろ)に家庭で使用される電力に占める割合は43・3%と最大。エアコンの効率的な使い方は家庭の節電を大きく左右する。

    ピーク時にエアコンの室内温度を28度に設定すれば、26度の設定と比べ、6%の節電効果が得られるとされる。さらに窓からの日差しをすだれやカーテンで遮光すれば4・3%、エアコンのフィルターを2週間に1回掃除すれば2・1%の節電効果が期待できるという。

    次いで節電効果が大きいのが照明だ。不要な照明を全て消せば3・3%の節電につながるという。特に日中は、人がいない部屋の照明はこまめに消すことが大事だ。

    冷蔵庫は設定を「強」から「中」に下げ、食品を詰め込みすぎず、扉の開閉時間を短くすれば1・8%節電できる。

    続きは↓
    産経ニュース: エアコン「28度」で節電効果6% 電力逼迫の夏対策.
    https://www.sankei.com/article/20220625-TOZWVMKWJZIS3AAIY4BDHGAL5A/
    ※前スレ
    【猛暑】エアコン「28度」で節電効果6% 電力逼迫の夏対策 [ぐれ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1656161058/

    ★1 2022/06/25(土) 21:44:18.00

    【【猛暑】エアコン「28度」で節電効果6% 電力逼迫の夏対策 ★2 [ぐれ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 minato ★ :2022/06/26(日) 23:32:46.22
    厳しい暑さの影響で東京電力の管内では27日、電力供給の余力を示す「予備率」が5%を下回る見通しだとして、政府は新たに設けた「電力需給ひっ迫注意報」を初めて発令しました。熱中症の危険性が高まっているため冷房などを適切に使用しながら、使わない部屋の電気を切るなどの節電を求めています。

    関東地方では26日、東京の都心で35度以上の猛暑日となるなど厳しい暑さとなっています。

    27日も厳しい暑さが予想され、冷房の使用など電力需要が増えることが見込まれています。

    資源エネルギー庁によりますとこれによって東京電力の管内では27日、電力供給の余力、いわゆる「予備率」が5%を下回る見通しだとしています。

    具体的には
    ▼午後4時から午後4時半にかけてが4.7%、
    ▼午後4時半から午後5時までが3.7%と厳しい見通しです。

    このため、政府は東京電力の管内に初めて「電力需給ひっ迫注意報」を発令しました。

    注意報は5月、新たに設けられた制度で、ほかの電力会社から電力の融通を受けても予備率が5%を下回ると見込まれる場合に、前日の午後4時をめどに発令されることになっています。
    政府は熱中症の危険性が高まっているとして、冷房は適切に使用しながら、東京電力管内の家庭や企業に午後3時から午後6時までは使わない部屋の電気を切るなどの節電を求めています。

    資源エネルギー庁はさらに気温が上昇し、電力需要が増加した場合や突発的な発電所のトラブルなどが発生した場合、予備率が3%を下回り、「電力需給ひっ迫警報」を発令する可能性もあるとしています。

    資源エネルギー庁は午後5時から記者会見をして詳しく説明することにしています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220626/k10013689271000.html
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1656248967/

    【【緊急】政府「電力需給ひっ迫注意報」初発令 東電管内 節電呼びかけ ★9 [minato★]】の続きを読む

    このページのトップヘ