all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 選挙

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    安倍 昭恵(あべ あきえ、旧姓:松崎(まつざき)、1962年〈昭和37年〉6月10日 - )は、第90・96・97・98代内閣総理大臣である安倍晋三の妻。 東京都出身。生家の松崎家は、森永製菓創業家の森永家と繋がりが深い家系である。聖心女子専門学校卒業後、電通に入社。衆議院議員の安倍
    33キロバイト (4,308 語) - 2022年7月24日 (日) 01:46

    1 ボラえもん ★ :2022/08/01(月) 00:02:57.75ID:tXDAdEEm9
     アッキーは補選に出馬するのか否か──。いま永田町界隈では、安倍元首相が凶弾に倒れたことによる衆院山口4区の衆院議員補欠選挙で、
    昭恵夫人が出馬するのかどうかが大きな関心事になっている。自民党関係者が言う。

    「昭恵夫人は安倍氏の告別式後、葬儀へのお礼を込め7月21日に自民党本部での安倍派総会に出席した。
    その際、派閥幹部と会い補欠選挙に自身は出馬しない考えを伝えたという。しかし、それで一件落着とはいかない。
    何しろ子供が授からなかった安倍家だけに、昭恵夫人が『出馬しない』となれば安倍家はそこで終わってしまう。
    父親の自民党元幹事長・晋太郎氏から受け継がれた安倍家DNAを簡単に終わらせることは難しい」

     となると浮上するのは、安倍家に養子を迎え、その養子を補選に擁立する案だ。山口の自民党県議が言う。

    「以前から養子候補として挙げられてきたのは、晋三氏の兄の長男、弟・岸信夫防衛相の長男と次男です。
    しかし、うち2人は政治にまったく無関心。唯一望みのあるのが岸防衛相の長男、信千世氏だ。
    慶応大学卒業後、フジテレビに入社し記者として活躍していたが、20年に退職し父の秘書になっている。
    ただ、信千世氏は父の体調が今一つすぐれないため、その後継を担う可能性が高い。となると安倍家は養子候補も厳しい」

     そしてこう続けるのだ。

    「補選候補は地元じゃ昭恵夫人しかないともっぱら。
    元首相が現役時、国内外を公務で駆け巡る中、選挙となれば昭恵さんが地元に張り付き議席を死守してきた。
    バラバラになりそうな安倍派、保守派を結束させるジャンヌダルクも彼女しかいない」

     地元の女性市議も言う。

    「次の総選挙で山口県は定員が1減の3議席になりますが、昭恵さんならぶっちぎりで当選ですよ。あのキップのよさと笑顔は、山口から消しません」

     その一方で無党派層からは、こんな声もあがる。

    「この際、山口などではなく昭恵さんが日ごろ唱えてきた無農薬農業や医療用*の活用などの推進を軸に、
    独自で国政に進出して欲しい。彼女は『アッキー新党』でも勝てるパワーがありますよ」

     山口補選は来年4月の公算が大きいとされるが、いずれにせよ昭恵夫人が出馬するか否かを含め、二転三転ありそうだ。

     (田村建光)
    https://www.excite.co.jp/news/article/Asagei_222147/

    【安倍昭恵さん、補欠選挙への出馬否定も待望論消えず 「保守派を結束させるジャンヌダルクは彼女しかいない」 [ボラえもん★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    安倍 昭恵(あべ あきえ、旧姓:松崎(まつざき)、1962年〈昭和37年〉6月10日 - )は、第90・96・97・98代内閣総理大臣である安倍晋三の妻。 東京都出身。生家の松崎家は、森永製菓創業家の森永家と繋がりが深い家系である。聖心女子専門学校卒業後、電通に入社。衆議院議員の安倍
    33キロバイト (4,307 語) - 2022年7月10日 (日) 07:13

    1 ボラえもん ★ :2022/07/15(金) 23:27:23.42ID:nD/YHspT9
    「まだ夢を見ているようです……」。
    7月12日に営まれた安倍晋三元首相の告別式で、喪主を務めた妻の昭恵さんはあいさつでそう語った。
    事件から4日ほどしか経っていない。夢であってほしいというのが実感だろう。
    しかし、永田町の現実は動き始めている。
    次の「政局」をめぐり、この昭恵さんの名前がクローズアップされているというのだ。

    (中略)

     補欠選挙になれば、当然、自民党から安倍元首相の後継を出すことになる。
    しかし、誰が立候補するのかといえば、参院選が終わったばかりで、具体的な名前はまったく出ない。
    仮に補選で当選したとしても、その後の1減問題が待っている。

     そこには、地元の意向も強く働く。安倍元首相に近い山口県議は、

    「補欠選挙となれば、安倍先生の後継者を出さねばならない。
    補欠選挙とならなくとも、地元の思いは変わりません。安倍家が山口には必要です」

     と話し、こう続ける。

    「安倍先生はお子様はおられません。そこで、地元では、昭恵夫人に立候補していただきたいとの声がすでに出ている」

     安倍元首相は、これまでマスコミのインタビューでも、

    「妻は家庭内野党です」

     と話すなど、昭恵さんは政治的な関心が強いと語っていた。

     葬儀の際、昭恵さんはあいさつで、

    「まだ政治家として、いろいろやりたかったことがあったと思います」

     と語ったという。

     安倍元首相の葬儀に出席した自民党幹部によれば、

    「昭恵夫人の言葉を聞いて、山口4区が補欠選挙になれば昭恵夫人に出馬していただくしかないと思った。
    憲法改正など政治的に安倍さんがやり残したことも昭恵さんにお願いできれば、というのが正直な思いだ」

     と党内でも「待望論」があることを明かした。

     安倍元首相を支えてきた昭恵さんだが、ファーストレディーとして積極的に活動することでも知られている。
    これまでのファーストレディーよりも、とびぬけて知名度が高い。

    (中略)

     安倍派のある衆院議員は、

    「安倍会長に代わる人は、昭恵夫人以外にはいません。山口4区の地元でもそうだと聞きます。
    昭恵夫人は、安倍会長と同様にカリスマ性があるし、トップの器です。
    補欠選挙となろうが、そうでなかろうが昭恵夫人にご決断をお願いしたい。
    当面は集団指導体制でと聞いていますが、安倍会長の重し、昭恵夫人の影響力がないと、
    いずれ安倍派は二つ、三つに割れてしまうと思います」

     と話すなど、永田町でも昭恵さん待望論が聞かれる。

    (全文はソースにて)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/30fc1ed2a5f45ea7becc095a9dce9531d9655344

    【【自民】安倍元首相の後継に「安倍昭恵夫人」が急浮上! 安倍派議員「補欠選挙には昭恵夫人に出馬していただくしかない」 [ボラえもん★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    生稲 晃子(いくいな あきこ、1968年〈昭和43年〉4月28日 - )は、日本の女優、歌手、タレント、政治家、実業家。2022年7月10日の第26回参議院議員通常選挙で東京都選挙区から出馬し当選した。 所属事務所はプロダクション尾木。 女性アイドルグループおニャン子クラブの元メンバーで、会員番号は40番。
    61キロバイト (6,515 語) - 2022年7月11日 (月) 13:52

    1 jinjin ★ :2022/07/11(月) 22:49:59.58ID:CAP_USER9
    生稲晃子氏陣営が抗議文 池上彰氏のテレ東選挙特番に「貶めるため事実と異なることを放送」謝罪と訂正を


    第26回参院選で東京選挙区(改選6)に自民党から立候補し、初当選した元「おニャン子クラブ」の生稲晃子氏(54)が11日、公式ツイッターを更新。
    選対スタッフが10日に放送されたテレビ東京の選挙特番「池上彰の参院選ライブ」の内容について、抗議文を送付したと発表した。


    スタッフは「『池上彰の参院選ライブ』中で『生稲晃子が開票日にTV局個別インタビューをお断りした理由』につき出演者から事実と異なる発言がありました。本日、先方の指示によるメールと、別途配達証明郵便にてテレビ東京プロデューサー宛に抗議文を送付致しました事をご報告申し上げます」と投稿した。


    そこには抗議文も添付されており、冒頭には「貴社報道番組『池上彰の参院選ライブ』において、生稲晃子およびその関係者の社会的信用と名誉を著しく棄損する、誤った内容の放送がなされたことについて強く抗議します」という記述が。

    生稲氏はマスコミの共同インタビューを受けていたほか、投開票日当日は「選挙戦の状況から当落結果が出るのに時間がかかる事が予想されておりました。広報担当者間で協議した結果、全てのテレビ局の入り中継に対応するか、全てに対応しないかの二者択一となりました」といい、様々なことを鑑みた結果、個別のインタビューには対応しないと決まったという。


    「本件について篠原記者が『どうして生稲さんが生中継に出て頂けないのか』を『陣営の方』という言葉を使って断定口調で説明された関係者の話(出演をお断りした理由)については、全くもって事実ではありません」とし「よって、個人を貶めるために事実と異なることを放送した、株式会社テレビ東京並びに池上氏には、謝罪と訂正を求めます。貴社が報道姿勢をあらため、事実に基づいた正確な報道をされるよう切に願います」と、語気を強めていた。


    10日の番組で池上氏が「生稲さんに“ぜひ、この番組に出演していただきたい”とお願いをしたんですが、この番組だけでなく全てのテレビ局のインタビューに応じてはいただけないという結果になってしまいました。さあ、どうしてなんでしょう?」と首をかしげる場面があった。


    そこで、同局の官邸キャップ・篠原裕明氏が「本日、どうして生稲さんが中継に出ていただけないのか陣営の関係者に取材したところ、匿名を条件に答えてくれました。陣営の方は“生稲さんは国会議員としての資質、勉強が圧倒的に足りないから”だというふうにおっしゃってました」と、発言していた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/addf28715942667ffbf3f9ee35dfdc1878b0d3ba

    【【芸能】生稲晃子氏陣営が抗議文 池上彰氏のテレ東選挙特番に「貶めるため事実と異なることを放送」 謝罪と訂正を [jinjin★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    辻元 清美(つじもと きよみ、1960年4月28日 - )は、日本の政治家。立憲民主党所属の前衆議院議員(7期)、立憲フォーラム幹事長。 国土交通副大臣(鳩山由紀夫内閣)、内閣総理大臣補佐官(災害ボランティア活動担当)(菅直人第2次改造内閣)、社会民主党政策審議会長(第5代)、同国会対策委員長(第
    131キロバイト (19,138 語) - 2022年7月5日 (火) 07:11

    1 ボラえもん ★ :2022/07/08(金) 04:12:06.31
     参議院選挙に立候補している辻元清美氏が7日、ツイッターで、東京事務所のベランダに生卵を投げ入れられたことから警察に通報したと投稿。
    それが一部で「自作自演」などと指摘され「呆然」とつぶやいた。

     辻元氏は7日にベランダに割れた生卵が落ちている写真をアップし
    「今朝、東京事務所のベランダに生卵が投げつけられ、警察に通報しました。
    こんなことして何になるのでしょうか。連日の嫌がらせや暴力、とても悲しいです」と投稿していた。

     その後、ツイッターのトレンドワードに「自作自演」という言葉が上がり、一部でこの生卵投げつけが、自作自演ではないかとの声が上がった。

     これに辻元氏は「街宣の間に“自作自演”のトレンドを見て呆然」と驚き
    「選挙終盤になってSNSや活動現場での攻撃が増えてます。これは、単なる生卵じゃないのだと改めて実感します」とつぶやいた。

     これまでも殺人予告や不法侵入があったことを挙げ「正直なところ怖い」とつぶやいたが「でも私は、暴力や誹謗中傷、差別やヘイトに屈しません」と誓っていた。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7b96fa6fb45a2f330fce9b618bf2f324a07c58ef

    ※前スレ
    【参院選】立民・辻元清美氏 「ベランダに生卵」投稿後、「自作自演」トレンド入りで「呆然」と怒り ★4 [ボラえもん★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1657197861/
    【参院選】立民・辻元清美氏 「ベランダに生卵」投稿後、「自作自演」トレンド入りで「呆然」と怒り ★5 [ボラえもん★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1657208187/

    【【参院選】立民・辻元清美氏 「ベランダに生卵」投稿後、「自作自演」トレンド入りで「呆然」と怒り ★6 [ボラえもん★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 樽悶 ★ :2022/07/07(木) 00:31:03.63
     参院選で五十人の公認候補を擁立している政治団体「参政党」の創設者で、比例候補の神谷宗幣(そうへい)事務局長(加賀市在住)が五日、県内各地で街頭演説し「参政党を知ってもらいたい。正しい情報を基に自分で考えて投票を」と呼び掛けた。

     神谷氏は金沢市香林坊で「自民党をはじめとしたこれまでの政治、政党は日本がだめになることばかりをやってきた」と批判。「間違いだらけの日本だが、私たちは正しい情報を基に、教育も食料政策も変えていく。憲法はゼロからつくり直していく」と訴えた。

     神谷氏は取材に「比例で三、四議席獲得の手応えはある」と話した。同日夜には金沢市文化ホールで総決起大会を催し、山野之義・前金沢市長も駆け付けた。 (小川祥)

    2022年7月6日 05時05分 (7月6日 10時04分更新)
    https://www.chunichi.co.jp/article/502491

    ★1:2022/07/06(水) 19:28:45.48
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1657103325/

    【【参院選】参政党「憲法、ゼロからつくる」 石川県各地で街頭演説、前金沢市長も駆け付ける 神谷氏「比例で3、4議席獲得の手応え」 ★2 [樽悶★]】の続きを読む

    このページのトップヘ