all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 火山

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 ヒドロゲノフィルス(長野県) [CA] :2022/02/23(水) 17:11:26.89


    気象庁によりますと、長野と岐阜の県境にある御嶽山では23日午後2時すぎから火山性地震が増加しています。
    また、山頂付近に設置された傾斜計で南側が隆起する変化が見られたということです。
    気象庁は今後、小規模な噴火が発生する可能性があるとして、御嶽山に噴火警戒レベル2の火口周辺警報を発表し、火口からおおむね1キロ以内では噴火に伴う噴石に警戒するよう呼びかけています。

    御嶽山 噴火警戒レベル2に 火山性地震が増加 気象庁
    https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20220223/1000077020.html


    【【速報】御嶽山で噴火警戒レベル2に引き上げ [323057825]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 夜のけいちゃん ★ :2022/01/18(火) 01:30:31.58

    2022/1/18 01:13


    【ジュネーブ共同】国連衛星センター(UNOSAT)は17日、トンガで15日に噴火した海底火山の噴火前後の衛星写真を公開した。海底火山の海域には海面上に285ヘクタールの陸地があったが、現地時間17日午前10時53分(日本時間同6時53分)に撮影された写真では、陸地がほぼ全て消滅しており、噴火の威力の大きさが示されている。

     海底火山の南約65キロにある首都ヌクアロファの空港では、噴火後の写真で滑走路周辺に浸水の痕跡が見られるとUNOSATは指摘。滑走路上の白線も見えない状態となっており、津波の影響とみられる。

    画像を含めてソースは以下
    https://nordot.app/855835325923311616


    【トンガ火山、陸地が消滅 [夜のけいちゃん★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/01/15(土) 23:17:58.02

    2022/01/15 23:06 ウェザーニュース


    (出典 smtgvs.cdn.weathernews.jp)


    今日15日(土)の20時から21時過ぎにかけて、日本全国で一時的な気圧変化が見られました。火山島フンガトンガ・フンガハアパイが午後に噴火した時の衝撃波が到達した可能性があります。




    日本の南東側から気圧が変化

    気圧変化は関東や伊豆諸島など日本列島の南東側から始まりました。

    ウェザーニュースが独自に全国3000箇所に設置している観測機、ソラテナによる気圧変化を見ると、一旦は気圧の上昇(赤色の表示)が起きた後、すぐに気圧の下降(青色の表示)が起こり、同心円状にに伝搬している様子が現れています。概ね2hPa程度の変化です。


    (出典 Youtube)

    ※ページ内で動画が再生が出来ない場合は、ウェザーニュースのアプリやWebサイトの「お天気ニュースCh.」からご覧ください。

    これは衝撃波に特有の加圧(気圧上昇)→減圧(気圧下降)を捉えていると推定されます。

    今回の衝撃波によって何らかの影響が出ることはないとみられますが、今回の火山噴火の規模が大きいことを示す現象です。

    https://weathernews.jp/s/topics/202201/150195/


    【【環境】トンガでの火山噴火による衝撃波か 日本各地で急激な気圧変化 [朝一から閉店までφ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 影のたけし軍団 ★ :2022/01/16(日) 01:31:51.79

    気象衛星の画像は


    気象庁の気象衛星「ひまわり」の画像では、日本時間の午後1時すぎからトンガ付近で灰色の噴煙が立ち上り、その後、同心円状に広がっていく様子がわかります。
    この同心円は午後2時すぎにはすでに直径が200キロほどに達していました。

    また、灰色の噴煙のさらに外側では、薄く白っぽい色に見える輪が同心円状に広がる様子もわかり、
    専門家などによりますと噴火によって発生した衝撃波が広がっていった様子だとみられるということです。


    噴火の際の爆発音は2300キロ離れたニュージーランドでも聞こえ、500キロ離れたフィジーでは大きな雷鳴のように聞こえたと伝えています。


    火山活動に詳しい東京工業大学の野上健治教授によりますと、今回噴火が発生したトンガの北の海域は、
    数年前にも噴火で新しい島ができるなど、海底火山による活動が活発な地域だということです。

    今回の噴火について、野上教授は「人工衛星の画像を見ると、噴煙は非常に高い上、
    広がりは複数の島を覆ってしまうほどで海域で起こった火山の噴火では過去最大規模の噴火が起きているとみられる」と指摘しています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220115/k10013432611000.html?utm_int=detail_contents_news-related_002


    【【トンガ大規模噴火】専門家 「海底火山の噴火として過去最大規模の噴火」 [影のたけし軍団★]】の続きを読む

    このページのトップヘ