all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 警察

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 七波羅探題 ★ :2023/03/26(日) 16:47:15.03ID:jR5HqJOz9
    産経新聞2023/3/26 16:23
    https://www.sankei.com/article/20230326-BH5T5YRUVFP6ZHAEEERJKRLIRI/

    中国の国内法に違反したとして北京市で今月、当局に拘束された日本企業幹部の50代の日本人男性が、アステラス製薬の社員であることが26日、分かった。アステラスの広報担当者が共同通信の取材に「拘束されたのは当社の社員で間違いない」と明らかにした。

    男性の肩書や年齢、拘束に至る経緯といった詳しい内容は「個人情報の観点に加えて、分かっていないことも多い」として明らかにしなかった。アステラスは「外務省を通じて情報収集をしていく」と説明している。

    男性は反スパイ法などの疑いをかけられた可能性もある。日本政府は早期解放を中国政府に求めている。

    【中国で拘束男性はアステラス社員 国内法違反か [七波羅探題★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 えりにゃん ★ :2023/03/13(月) 03:41:26.04ID:RH56WVQm9
    FBS福岡放送
    大浴場のお湯を年2回しか入れ替えず、虚偽の報告をしたとして警察の捜査を受けていた筑紫野市の老舗旅館、大丸別荘の前の社長が12日、死亡しているのが見つかりました。自殺とみられています。

    警察によりますと、大丸別荘の山田真・前社長は12日午前7時ごろ、筑紫野市の山道で遺体で見つかりました。近くにあった山田前社長の車の中からは「申し訳ない。全ては自らの不徳のいたすところ。あとはたのむ」という手書きの遺書とみられる紙が見つかりました。現場の状況から警察は自殺とみています。

    大丸別荘は年2回しかお湯を入れ替えず、福岡県に虚偽の報告をしたとして公衆浴場法違反の疑いで警察の捜査を受けていました。

    山田前社長はこの問題を受け辞任し、11日午後にも警察の任意の聴取を受けていました。

    警察は「大変残念で心を痛めている。警察の対応に問題はなく引き続き捜査を進めていく」とコメントしています。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3eb73d717cd96f60a7bc3da77c3c0ff555896bd3

    前スレ
    大丸別荘の前社長が死亡 「申し訳ない」遺書か ★3 [えりにゃん★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1678626134/

    【大丸別荘の前社長が死亡 「申し訳ない」遺書か ★4 [えりにゃん★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 Hitzeschleier ★ :2023/01/27(金) 15:18:26.57ID:98sY4iBY9
     【マニラ共同】日本各地で相次ぐ強盗事件で、交流サイトを通じ実行役に指示した「ルフィ」と名乗る人物が、フィリピンのマニラにある入国管理局の収容施設で拘束されている日本人であることが27日分かった。レムリヤ法相が共同通信に明らかにした。
    https://nordot.app/991555996505260032

    前スレ ★1 2023/01/27(金) 13:17:11.17
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1674796149/

    【【連続強盗】『ルフィ』、マニラで拘束中 ★3 [Hitzeschleier★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    東谷義和 (ガーシーからのリダイレクト)
    )は、日本の政治家。元YouTuberで、YouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』を運営していた。アパレル会社QALB(カルブ)元社長、元実業家、NHK党所属の参議院議員(1期)。愛称および国会議員としての名前は「ガーシー」。身長180 cm。血液型はA型。2022年時点ではアラブ首長…
    57キロバイト (7,775 語) - 2023年1月17日 (火) 14:12

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/01/19(木) 17:41:46.47ID:aW1Hj6mR9
    2023年01月19日

    ここにきてガーシー議員の話題が尽きない…。

    YouTubeチャンネルなどで複数の著名人を脅迫したとして、1月11日には警視庁が関係先を家宅捜索。それを機に今までだんまりを決め込んでいたテレビや大手新聞なども、一斉に彼を追及する動きを見せ始めた。

    「所属政党である『NHK党』の立花孝志党首も、ガーシーの暴露が脅迫や名誉棄損に当たると認めています。綾野剛さんや新田真剣佑さんが女性とどうこうしたあたりの暴露話にとどまらず、所属事務所の社長らに対して、謝罪しないなら他のタレントを晒すとか、取材していた雑誌記者に対する恫喝などは脅迫に近いものがありました。

    実業家や政治家に対する攻撃も脅迫、誹謗中傷と取られても仕方ないものです。いずれ警察が動くだろうと見ていた業界関係者は多かった」(スポーツ紙記者)

    ただ、告訴したのがタレントなど芸能人個人とは考えにくいという。裁判になれば“暴露話”が蒸し返され、あるいは新たに暴露され、騒がれてしまう。特にテレビ局は裁判を抱えているタレントを使いたがらないものだ。

    告訴したのはタレント以外の実業家や経営者、政治家ではないかという見方が強いが…。

    「国会外での発言だから問題ないと言われていましたが、一国の総理大臣が、国会議員から名前を呼び捨てされただけでなく“無能”呼ばわりされて、平気なわけがない。岸田さん本人が気にしなくても周りが許さないでしょう」(同・スポーツ紙記者)

    ガーシーは昨年2月から暴露系ユーチューバーとして活動をスタート。だが、警察が家宅捜索を行ったのは今年1月と、やっと動いた格好だ。

    「警察は元からガーシーの発信内容が暴力行為等処罰法違反(常習的脅迫)や名誉棄損に当たると見ていたようでした。さらに彼の暴露によって仕事が立ち行かなくなったケースもあり、警視庁は威力業務妨害容疑での立件も視野に入れて捜査を進めているようです」(テレビ局社会部記者)

    ガーシー議員は12日の配信で、3月上旬に帰国して警察の事情聴取を受け、国会にも登院することを明らかにした。さて、帰国したらガーシーはどうなるのか。世間の興味は今そこにある。

    そもそもガーシーが国会議員になろうとした理由の一つが国会議員の『不逮捕特権』だった。

    簡単に言うと『不逮捕特権』とは国会議員は原則として国会の会期中は逮捕されないという権利が憲法や法律で定められている。しかし原則であるから例外もある。

    「ハードルは高いですが、逮捕許諾請求を内閣に提出し、閣議決定の後、国会で議決されれば、逮捕はあり得ます」(前出・テレビ局記者)

    専門家の意見は分かれるが多くは、ガーシーが身柄を拘束されるような展開にはならないと見ている。それは、そもそも名誉棄損罪での立件は、起訴されるにしても在宅起訴になるケースが普通で、また現職の国会議員が脅迫罪で逮捕された前例がないからだ。

    ガーシーは素直に事情聴取に応じる構えであるし、証拠隠滅の恐れもないことから、警察が身柄を拘束するとは考えにくく書類送検となる公算の方が大きいと。

    はたして本当にそれで済むのだろうか。週刊誌のベテラン記者はこう語る。

    「警察がどうするつもりか、まだわかりませんが、その気になったらなんでもできるでしょう。家宅捜索が行われたということで本気度が伝わってきます。ガーシーのSNSで次々にアカウントがBAN(凍結)されたことを彼はどう見ていたのか。

    ガーシーはかねがね“日本の警察は優秀やから”と言っていましたが、いろんな意味で警察をみくびっていましたね。芸能界や日本の闇を暴くとも言っていましたが、その闇の中に司法や政治をいとも簡単に動*ことができる人たちがいることを知らなかったとしたらおめでたい。過去にいくらでも例がありますから絶対に逮捕されないという保証はないでしょうね」

    芸能人ならスルーで、実業家、政治家なら警察は本気を見せるのか。ガーシーはとんでもない“虎の尾”を踏んでしまったのかもしれない…。

    https://friday.kodansha.co.jp/article/290640?page=1

    【ガーシー議員 暴露の標的を「芸能人から実業家&社長に変更」途端に警察が動く“異様さ” [Ailuropoda melanoleuca★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 香味焙煎 ★ :2023/01/05(木) 16:31:51.60ID:oTy1+dUH9
    静岡県警は5日、昨年12月3日から行方不明になっていた同県伊豆の国市の中学3年の男子生徒(15)を無事保護したと発表した。生徒に目立った外傷はない。県警が12月13日から公開捜査していた。今後、生徒から約1カ月間の足取りなどを聞き取る。

    県警によると5日午前9時45分ごろ、伊豆の国市内を1人で歩いているところを通行人が見つけ、通報。駆け付けた大仁署員が本人と確認した。行方不明になった日と同じ服装で、筆記用具と水筒を持っていた。所持金は数百円程度だった。

    生徒は12月3日午前、学習塾に向かうため伊豆箱根鉄道田京駅(伊豆の国市)から修善寺行きの電車に乗ったが塾に姿を現さず、県警が公開捜査していた。県警は、生徒と似た人物が神奈川県小田原市内のコンビニに立ち寄ったことを確認していた。

    産経ニュース
    2023/1/5 16:12
    https://www.sankei.com/article/20230105-K2AMCJFQPRKDJJCKHVHIIJKOWI/

    【【昨年12月3日から】通塾中に行方不明の中3男子、静岡県内で無事保護 所持金数百円 [香味焙煎★]】の続きを読む

    このページのトップヘ