all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 支援

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.nishinippon.co.jp)



    1 夜のけいちゃん ★ :2024/03/10(日) 23:35:06.31 ID:IA9r2HpQ9
    2024年3月10日 21時1分
    共同通信

     東日本大震災で被災した人の生活再建のため国や都道府県が拠出し市町村が貸し付けた「災害援護資金」について、岩手、宮城、福島3県で約9千人が約63億円の返済を滞納していることが10日、共同通信の調査で分かった。貸付対象者の約3割に上る。7市町が返済を求める訴訟を計227件起こしていることも判明。滞納しているのは低所得者や高齢者が多く、返済が被災者の負担となっている実態が浮かび上がった。11日で震災から13年。

     災害援護資金は、震災で家が壊れたり、世帯主が負傷したりした一定の所得未満の世帯に最大350万円を貸す制度。東日本大震災の場合、当初6年間は返済が猶予されるが、原則最長13年で返済しなければならず、今年は多くの人が期限を迎える。内閣府によると、借りた人の9割以上は返済が始まっている。

     調査は、貸し付けと回収の窓口となった3県の79市町村に1~2月、昨年末時点の状況を聞いた。

    結果によると約2万8千人に総額約498億円が貸し付けられ、うち約6500人が約125億円を完済した。

    ソース https://news.livedoor.com/lite/article_detail/26021988/

    【東北被災者9千人、63億円滞納 災害援護資金、返済重く [夜のけいちゃん★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www3.nhk.or.jp)



    1 お断り ★ :2024/02/18(日) 18:32:00.35 ID:Ps868rdF9
    ドイツ、ウクライナと2国間安保協定締結-追加軍事支援も発表
    (ブルームバーグ): ドイツのショルツ首相とウクライナのゼレンスキー大統領は16日、長期的な安全保障協力協定に署名した。
    ベルリンの首相府で調印されたこの協定により、ドイツはウクライナの安全保障を請け負う「保証国」となる。ドイツが他国の安全保障を確約する役割を担うのは初めて
    詳細はソース 2024/2/17
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3d24ae6c185f289c4cf138ea9b1c2b0a76501ad7

    ドイツ ウクライナと首脳会談 1800億円規模の追加軍事支援発表
    ドイツのショルツ首相は、ウクライナのゼレンスキー大統領と会談し、ウクライナの長期的な安全を確保するための新たな協定を結ぶとともに、防空能力や火力を強化するため、およそ11億ユーロの追加の軍事支援を行うと発表しました。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240217/k10014361691000.html

    【ドイツ、ウクライナに1800億円規模の追加軍事支援、2国間安保協定も締結 ドイツはウクライナの安全保障を請け負う「保証国」に [お断り★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 cf-images.ap-northeast-1.prod.boltdns.net)



    1 首都圏の虎 ★ :2024/02/19(月) 23:20:58.56 ID:6YMVn/pY9
    ロシアによる侵攻からまもなく2年となるウクライナへの支援策を話し合う「日・ウクライナ経済復興推進会議」が19日、東京都内で開かれた。

    ウクライナからシュミハリ首相も出席する中、岸田首相は「日本はウクライナと共にある」と述べ、復旧・復興の基盤整備や生活再建、新たな産業の創出などウクライナ経済の発展に貢献していく方針を強調した。

    岸田首相はウクライナへの支援による経済復興の推進は「世界の安全保障と民主主義への投資」であると同時に「未来への投資」だと指摘し、新たな租税条約の締結や、ジェトロ=日本貿易推進機構の事務所のキーウへの設置、事業に従事するウクライナ関係者への査証緩和などの措置を表明した。

    その上で岸田首相は「ウクライナの復興は長い取り組みとなる。それを支える国際社会の連帯も一層強固なものにしていかないといけない。G7をはじめとする各国との緊密な連携を軸としつつ、国際機関を含むパートナーと協力していく」と述べ、支援疲れが指摘される中、国際社会が連携して支援する必要性を強調した。

    岸田首相の発言に続いて、ゼレンスキー大統領のビデオメッセージが会場で流される予定だったが、ウクライナ側の事情により見送られ、スピーチに立ったシュミハリ首相は、日本の支援に対する謝意を強調した上で、経済復興へのさらなる協力に期待を示した。

    会議には日本とウクライナ両国の政府、企業関係者ら計約300人が参加。復旧・復興や産業高度化を後押しするための具体的協力を確認する共同文書を発表した。

    全文はソースで 最終更新:2/19(月) 14:34
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0c5f140c6054af0b2d016a1acf7c5af66de1b046

    ★1 2024/02/19(月) 10:08:44.00
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1708330282/

    【日・ウクライナ復興推進会議が開幕 岸田首相が経済支援強調「日本はウクライナと共に」 ★4 [首都圏の虎★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 donation-pctr.c.yimg.jp)



    1 首都圏の虎 ★ :2024/02/19(月) 00:35:39.83 ID:9eGEGRXl9
     能登半島地震で、災害ボランティアのあり方が問われている。発災1カ月が過ぎても、災害ボランティアセンター(ボラセン)を通じて活動しているのは延べ2739人。阪神・淡路大震災では発生1カ月で延べ62万人だった。「ボランティア元年」から29年。自立した市民社会の後退を危惧する声も出る。

    ■「プロとアマを区別してしまう空気」

     1月中旬。「神戸国際支縁機構」(神戸市垂水区)のメンバーは石川県珠洲市に連絡を取り、医師や看護師と一緒に避難所を訪問した。そこに医師はおらず、避難者らの体調も心配されたが、活動を断られたという。市に問い合わせると、「現場に任せているので」と言われた。

     国内外の被災地支援に携わってきた同機構。岩村義雄代表(75)は「能登では、災害派遣医療チーム(DMAT)など公的に認められた団体でなければ活動しにくい。プロとアマを区別してしまう空気がつくられてしまった」と嘆く。

     背景の一つに、交通事情などを理由としたボランティアの自粛ムードがある。石川県によると、現地で活動した一般募集のボランティアは2月16日時点で、延べ2739人。公的なボラセンに登録し、活動した人数だ。同県は「個別に被災地に行くことはお控えください」と呼びかけている。

     一方、食料や宿泊場所を自ら確保し、得意分野で支援する「専門ボランティア」は114団体が現地入り。国などと連携する「全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)」がコーディネート役だが、神戸国際支縁機構など所属していない団体は活動していてもカウントされない。

    ■東日本大震災でも

     ボランティアの自粛ムードは東日本大震災(2011年)や熊本地震(16年)などでもみられた。

     議論の源流は阪神・淡路大震災だ。当時全国から駆けつけたボランティアの活動をどう捉えるか。「混乱」と「自由」の両側面が指摘されたが、大阪大大学院教授の渥美公秀さん(62)=災害社会学=は「行政側は『混乱』と捉え、全て管理したいという空気がその後、出てきた」と指摘し、続けた。「市民活動を信じない風潮が根底にある」

     渥美さんによると、能登半島での活動を希望する学生もいるが、「SNS(交流サイト)でたたかれる」と萎縮し、被災地入りを諦めているという。渥美さんが副理事長のNPO法人「日本災害救援ボランティアネットワーク」(西宮市)は独自の拠点をつくり、ボランティアを受け入れるつもりだ。

    全文はソースで 最終更新:2/18(日) 23:39
    https://news.yahoo.co.jp/articles/99b6735f13188c0e99ff7781dadde65676b89613

    【能登半島地震、ボランティアの数少なく 自粛や「SNSでたたかれる」萎縮する人も 1カ月で2739人、阪神・淡路は62万人 [首都圏の虎★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com)



    1 BFU ★ :2024/02/13(火) 22:21:20.75 ID:D5PuM2Lt9
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000336663.html?display=full

     能登半島地震で被害が大きかった石川県珠洲市では、12日までの3連休中も一般ボランティアの活動が行われましたが、いまだ深刻な人手不足が、続いています。

     珠洲市では12日、一般ボランティア16人が地震で傷んだ住宅で大きな家具やふすまなどを運び出しました。

     自宅が被害を受けた男性は父親が作った形見の家財と別れを告げました。

    自宅が「準半壊」 泉明さん(64)
    「一人ではとてもじゃないけど、気力が湧かない、何から手をつけていいか。できるわけがない。ちょっとつらい。ゴミになっちゃうかと思うとしんどい」

     珠洲市では12日までに延べ二百数十人が一般ボランティアとして活動しましたが、活動時間はおよそ4時間に限られるなど人手不足は深刻で、多くの建物が手つかずのままとなっています。

    ※前スレ
    ★1
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1707799653/
    ★4
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1707822157/

    【【人手不足】能登半島地震 ボランティア 人手不足が深刻… ★5 [BFU★]】の続きを読む

    このページのトップヘ