all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 厚労大臣

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    後藤 茂之(ごとう しげゆき、1955年12月9日 - )は、日本の政治家。厚生労働大臣(第24・25代)、自由民主党所属の衆議院議員(7期)。自由民主党長野県連会長。 第2次安倍内閣で法務副大臣を務めた。父親は伊藤忠商事元専務・ファミリーマート元会長の後藤茂
    20キロバイト (2,110 語) - 2022年5月20日 (金) 02:42

    1 孤高の旅人 ★ :2022/05/20(金) 17:22:35.12

    4回目接種、25日から開始 コロナワクチンで厚労相
    5/20(金) 10:50配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/24111f15f7f6d996bd6b02e8849340e5ec66b63a

     後藤茂之厚生労働相は20日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種を25日から始めると発表した。20日、必要な政令改正を閣議決定した。

     4回目接種は60歳以上と、18歳以上で持病がある人や重症化リスクが高い人が対象。厚労省は今月末から実施する方針を示していた。

     後藤氏は「厚労省として、4回目接種を円滑に開始できるよう引き続き自治体と緊密に連携しながら取り組んでいく」と述べた。

     4回目接種は重症化予防を目的に、ファイザー製とモデルナ製ワクチンを使い3回目から5カ月以上の間隔を空ける。

    ★1:2022/05/20(金) 12:15:55.38
    前スレ
    【後藤茂之厚生労働相】4回目接種、25日から開始 コロナワクチン 接種は3回目から5カ月以上の間隔を空ける ★2 [孤高の旅人★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1653022553/


    【【後藤茂之厚生労働相】4回目接種、25日から開始 コロナワクチン 接種は3回目から5カ月以上の間隔を空ける ★3 [孤高の旅人★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    後藤 茂之(ごとう しげゆき、1955年12月9日 - )は、日本の政治家。厚生労働大臣(第24・25代)、自由民主党所属の衆議院議員(7期)。自由民主党長野県連会長。 第2次安倍内閣で法務副大臣を務めた。父親は伊藤忠商事元専務・ファミリーマート元会長の後藤
    16キロバイト (1,674 語) - 2021年12月7日 (火) 23:21



    1 七波羅探題 ★ :2022/01/12(水) 21:26:36.36

    後藤厚労大臣は先ほど会見で、医療従事者については、新型コロナ感染者の濃厚接触者となった場合も毎日の検査を行えば勤務することができるとの見解を改めて示した。

    オミクロン株の感染が広がり医療現場に影響が出ている沖縄県以外でも、「医療関係者については検査をしっかりすることで勤務を行うことが可能」としている。(ANNニュース)

    テレ朝2022/01/12 19:20
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000241255.html

    ※リンク先に動画あり


    【【厚労大臣】医療従事者 濃厚接触でも勤務可能に 毎日検査を義務 厚労省が見解 [七波羅探題★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    田村 憲久(たむら のりひさ、1964年(昭和39年)12月15日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(8期)、厚生労働大臣(第23代)。内閣総理大臣臨時代理就任順位第5位。 厚生労働大臣(第16代、第2次安倍内閣)、総務副大臣(第1次安倍内閣)、文部科学大臣
    29キロバイト (3,644 語) - 2021年6月16日 (水) 07:14



    1 Egg ★ :2021/07/11(日) 08:20:19.87

     田村憲久厚労相が11日、フジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」(日曜・午前7時半)にスタジオ生出演した。

     番組では、12日から東京都で4度目の緊急事態宣言が発出することを伝えた。宣言は、3月21日からまん延防止等重点措置となっただけに、前回の宣言解除が早すぎたとの指摘に田村氏は「前回の解除前から夜間の滞留人口が増えて、2週間後にその結果が出るわけですよね?その間、一貫してずっと増えていますから、すでに前回の解除の前に国民のみなさんが、緊急事態措置に対するお疲れがあって人流が増えた結果が今、表れている。それが解除したあと、さらに人の動きが増えているのが現状なんです」とした。

     その上で「これは、専門家の方もおっしゃっられていますが、いつまでも緊急事態宣言を続けても効果がなくなってしまう。なくなったときに続けると、次の武器がないわけなんで、タイミングも考えていかないといけないね、という議論を。これ、私、3月からしてる話なんです。

    そういうことが現実になってきているので、今回の緊急事態、3週間で発令になりますので、これに対して、どういうメッセージを国民のみなさんに伝えて、もう1度、行動様式を変えていただくか。ワクチンが急速に進んできていますので、これを最後の緊急事態措置にしていきたい」と述べた。

     さらに「今回の緊急事態措置は、ワクチンが進んでいる状況でこれによって緊急事態の最中に感染者が増えても重症者、亡くなる方を減らしていけるのかを見るという意味でも非常に大きな意味がある」と述べていた

    7/11(日) 8:13 スポーツ報知
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3804e8962bccba7ef91fd0e58400723e5101510b


    【<4度目の緊急事態宣言>田村憲久厚労相>「これを最後にしていきたい」 [Egg★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    田村 憲久(たむら のりひさ、1964年(昭和39年)12月15日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(8期)、厚生労働大臣(第23代)。内閣総理大臣臨時代理就任順位第5位。 厚生労働大臣(第16代、第2次安倍内閣)、総務副大臣(第1次安倍内閣)、文部科学大臣
    28キロバイト (3,482 語) - 2021年6月4日 (金) 20:32



    (出典 news.tv-asahi.co.jp)



    1 Egg ★ :2021/06/06(日) 07:08:23.33

    政府の「新型コロナウイルス感染症対策分科会」の尾身茂会長(71)の提言を6月4日、田村憲久厚生労働大臣(56)が「自主的な研究の成果の発表」と表現。ネットでは、異論が噴出している。

    ことの発端は6月3日、尾身会長が東京オリンピック・パラリンピックの開催について懐疑的な姿勢を示したことによる。尾身会長は国会で「本来はパンデミックのなかで開催するということが普通でない」「開催するのであれば、政府もオリンピック委員会も厳しい責任を果たすべき」といい、さらにこう続けた。

    「何のためにやるのか、しっかりと明言するのが重要」

    そして尾身会長は、“大会を開いた場合の感染リスクなどについて提言を示す”とも明らかにした。

    昨年7月、分科会のトップに就任した尾身会長。それから1年近くもの間、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため政府とともに奔走してきた。そんな尾身会長による異例の“苦言”。しかし、田村大臣は意に介さなかったようだ。

    毎日新聞によると尾身会長が提言することに対し、田村大臣は「参考にするものは取り入れていくが、自主的な研究の成果の発表だと受け止める」とコメント。さらに「自主的にいろんなことをおっしゃっている。参考にさせていただくものがあれば、政府の中に取り入れていくことはある」と話したという。

    尾身会長の提言を“自主的な研究成果の発表”とする田村大臣。しかし感染症のエキスパートによる意見をそうして矮小化してスルーしようとすることは、はたして厚生労働大臣としてふさわしい言動だろうか? ネットでは田村大臣の発言に対し、非難が相次いでいる。

    《政府分科会会長提言は「自主的な研究」ではない。利用するだけ利用し、意に反するものは認めない》
    《オリンピックの開催を最優先と考えて、医学・科学の知見を否定するかのような発言です。厚生労働大臣の発言とはとうてい思えません》
    《自主的な研究?なら何のための分科会だよ》

    ■尾身会長に対して、精神論で抗う五輪の重役たち

    尾身会長の行動は、“東京オリンピック開催推進派”をざわつかせている。

    「丸川珠代五輪大臣(50)は尾身会長の苦言に対して、『我々はスポーツの持つ力を信じて今までやってきた。全く別の地平から見てきた言葉をそのまま言ってもなかなか通じづらいというのは私の実感』と持論を展開しました。

    また尾身会長は国会で“大会成功のためにはなるべく小規模で”とも話しました。しかし、JOCの山下泰裕会長(64)は『全くそのとおりだと思う』とうなずきながらも『国民に迷惑をかけないようさらにもう一段努力する必要がある』とコメント。

    “スポーツの力”や“努力”など、五輪の重役たちは尾身会長に対して精神論で抗っているように見えます」(全国紙記者)

    尾身会長をないがしろにする態度が相次いでいるがーー。そのたび「何を頼りにすれば」と不安を覚えるのは、我々国民ではないだろうか

    女性自身 6/5(土) 21:41
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d455454f5e16f6a5712df0042a81711161843dae

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【【異論噴出】<田村厚労相>尾身会長の提言を「自主研究」と表現!はたして厚生労働大臣としてふさわしい言動だろうか?  [Egg★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    田村 憲久(たむら のりひさ、1964年(昭和39年)12月15日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(8期)、厚生労働大臣(第23代)、裁判官訴追委員会委員長。 厚生労働大臣(第16代、第2次安倍内閣)、総務副大臣(第1次安倍内閣)、文部科学大臣
    27キロバイト (3,247 語) - 2021年1月27日 (水) 04:59



    (出典 nyaon88.com)



    1 トモハアリ ★ :2021/01/30(土) 08:07:08.05

     新型コロナウイルスの感染拡大によって生活に苦しむ人たちへの対応をめぐり、田村憲久厚生労働相は28日の参院予算委員会で、「生活が大変窮迫されて、必要がある方は、生活保護を受ける権利がある」と答弁した。制度の「弾力的な運用」で支援していく考えを示した。

     公明党の谷合正明氏が、「生活困窮者が増えているものの、生活保護を申請したがらない方が大半だ」と述べ、申請すると家族の援助が可能かを確認される扶養照会が「ネックの一つ」と指摘した。

     その上で「危機にある時に助けを求めることは決して恥ずべきことではない。ためらうことなく生活保護を受給できるようにしていくべきだ」と語った。

     これに対し、田村氏は「生活保護を受ける権利があるということを記者会見で申し上げてきたが、なかなか伝わらないところがある。SNSやグーグルの検索機能、ツイッター、バナー広告なども使いながら、生活保護に関してPRしている」と述べた。

     さらに「いろんな弾力的な運用…

    この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

    残り:394文字/全文:797文字

    1月28日 朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASP1X71Y8P1XUTFK00G.html

    田村厚労相
    「義務ではございません
     義務ではございません
     扶養照会が義務ではございません」
    小池晃議員
     「だったらやめましょうよ」
    (2021.1.28参院予算委員会)

    https://tr.twipple.jp/t/37/1354766831051968512.html


    【【コロナ不況】田村厚労相「生活保護は権利」「扶養照会が義務ではございません」 生活困窮者の対応めぐり [トモハアリ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ