all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: オリンピック組織委員会

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 ばーど ★ :2021/03/25(木) 08:33:19.75

    【LIVE】東京2020オリンピック聖火リレー グランドスタート(2021年3月25日)

    (出典 Youtube)


    【【LIVE】東京五輪、聖火リレー スタート! [ばーど★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 assets.bwbx.io)



    1 ボラえもん ★ :2021/03/22(月) 23:50:49.18

     東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会は22日、会場での禁止行為に「性的ハラスメント目的の疑いがある選手の写真や映像の撮影」を新たに追加した。
    また、会場に入場した者の順守事項に、「主催者から撮影画像の確認を求められた際には応じること」との項目を追加した。この日の理事会で報告された。

     選手への写真や動画による性的ハラスメントをめぐっては昨夏、日本陸連に対し、
    女子選手から、競技中に性的な意図で撮影された写真がひわいな言葉とともにSNSに投稿されたなどの訴えがあった。
    日本オリンピック委員会(JOC)など7団体は昨年11月、「アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNS投稿は卑劣な行為」との声明を発表していた。

    ■競技中の写真、ひわいに加工・拡散 中高生選手も対象に
     アーティスティックスイミングの五輪銅メダリストで、組織委のジェンダー平等推進チームをまとめる小谷実可子スポーツディレクター(SD)は記者会見で
    「現役時代はハラスメントへの不安を持っていた。はっきりと禁止行為として記すことは大きな一歩。これから発信にも取り組んでいきたい」などと述べた。

     組織委では先月、森喜朗氏がJOCの臨時評議員会で「女性がたくさん入っている理事会の会議は、時間がかかります」などと発言し、会長を辞任。
    橋本聖子新会長は、小谷SDをまとめ役とするジェンダー平等推進チームを発足。
    今月3日、女性理事の数も12人増やし、女性理事の割合も目標の4割を超えた。この日は新体制での初の理事会だった。

     理事会前には、新理事で「日本スポーツとジェンダー学会」会長の來田(らいた)享子氏(中京大教授)が講演し、「取り組みを記録しておく必要がある」と述べた。

     新理事に就任した五輪陸上金メダリストの高橋尚子氏は「大会と社会の人たちと気持ちが少し離れている。
    アスリートも、(大会が)あるかないのか本当に不安な気持ちで、いま戦っている。組織委員会、アスリート、社会、その三つをしっかりとつなげられるような発信をしていきたい」と語った。(前田大輔)
    https://www.asahi.com/articles/ASP3Q6T2PP3QUTQP016.html

    ★1が立った時間:2021/03/22(月) 21:55:29.64 
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1616417729/


    【【東京五輪】女子選手に対する性的な目的での撮影禁止に!★2 [ボラえもん★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 media.timeout.com)



    1 ばーど ★ :2021/03/18(木) 06:02:35.57

    ※日刊スポーツ

    東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの開閉会式の演出を統括するクリエーティブディレクター佐々木宏氏(66)が、開会式に出演予定だったお笑い芸人、渡辺直美(33)を侮辱するような演出案を演出チーム内のLINEに送っていたと17日、文春オンラインが報じた。

    大会組織委員会は18日に橋本聖子会長と武藤敏郎事務総長が会見すると発表。関係者によると佐々木氏の謝罪文をその場で発表し、今後の処遇についても説明する。佐々木氏はLINE内で渡辺を*に変身させる演出案を提案。チーム内の批判を浴び、撤回に追い込まれたという。

    17日に取材に応じた組織委の高谷正哲スポークスパーソンは「現在、佐々木氏本人に事実を確認中。事実とすれば不適切であり、大変遺憾。女性蔑視と捉えられる発言だ」と謝罪した。

    女性蔑視発言の責任を取り辞任した森喜朗前会長の問題からわずか1カ月後に発覚した、開閉会式演出トップの差別問題。組織委の開閉会式担当は「ここで佐々木さんが辞めることになれば開閉会式は大変なことになる」と語った。ある組織委幹部は「次から次へと…。対応がもたない」とあきれかえっていた。

    前演出チームのメンバーだった振付家のMIKIKO氏が同チームから排除されたと報じられている経緯についても、高谷氏は「ご本人に事実確認している」と説明した。

    [2021年3月17日21時47分]
    https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/news/202103170001238.html

    ■関連スレ
    【速報】渡辺直美侮辱問題の佐々木氏が謝罪文「私が調子に乗って出したアイデア」「橋本会長に辞意をお伝えしました」 [oops★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1616009715/


    【【東京五輪】組織委幹部「次から次へと…。対応がもたない」 渡辺直美侮辱問題 [ばーど★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.sankeibiz.jp)



    1 ボラえもん ★ :2021/03/18(木) 22:59:44.27

     東京で発令中の緊急事態宣言の解除が決定。25日からの聖火リレーで低迷する大会開催の機運を盛り上げたい関係者には、
    冷水を浴びせられた形になった。2月に引責辞任した森喜朗前会長の女性蔑視発言に続く、
    組織委員会責任者の不適切な提案。東京五輪のイメージがまた損なわれた。

     撤回されたとはいえ、大会のメッセージを伝える場にふさわしい開会式で、人間の尊厳を傷つけるような案が考えられていた衝撃は大きい。
    森氏の発言では、ジェンダー平等に対する理解不足が国内外で注目を集めた。
    女性の外見を演出素材に考えたと受け止められる今回も、大会の核となるビジョン「多様性と調和」の説得力にはマイナスだろう。

     週刊文春の記事に端を発した今回の問題では、他に不透明感が残る点があった。
    大会延期に伴う人件費増などで開閉会式予算が165億円と大幅に増えた一方で、
    佐々木宏氏は謝罪文の中で、五輪とパラリンピックの4式典を当初の5分の1の「10億円でやるよう言われた」ことを示唆。
    組織委の武藤敏郎事務総長は「執行する受託会社の予算の範囲内で運用されている」と述べたが、詳細は明らかになっていない。
    また、演出振付家のMIKIKOさんが2019年ごろから五輪式典の執行責任者を務めていたことが初めて明かされ、その辞任の経緯も明確にされなかった。

     ジェンダー平等を重要施策と位置付ける橋本聖子会長は「問題を重く受け止め、どう改善できるか。歓迎される東京大会になるよう全力を尽くしたい」と述べた。
    だが新体制になっても不祥事が発覚し、疑問を残したままでは、開催に向けた一体感は容易に生まれない。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021031801188&g=spo


    【【東京五輪】開閉会式予算に不透明な動き…「10億円でやるように言われた」はずが165億円に [ボラえもん★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.news24.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2021/02/25(木) 10:18:01.98

    https://medical.jiji.com/news/39837

    東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、47都道府県で3月25日から実施する五輪聖火リレーについて、
    新型コロナウイルス感染対策を発表した。当該地域で緊急事態宣言や不要不急の外出自粛要請が発出された場合は、
    必要に応じて公道でのリレーを取りやめて点火セレモニーのみを実施。沿道で過度な密集が発生した場合は、
    リレーを中断するとした。 


    【【東京五輪】聖火リレー、式典のみの実施も。沿道で密が発生したらリレー中断。組織委発表 [記憶たどり。★]】の続きを読む

    このページのトップヘ