all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 料理人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



    1 Egg ★ :2021/03/25(木) 09:29:48.74

    生活家電の使い方や買い方、今さら聞けないちょっとした疑問にお答えします! ここでは「炊飯器の内釜でお米は洗っていいの?」です。家電ガイドの滝田勝紀がお答えします。

    読売新聞が運営する女性向け掲示板「発言小町」。恋愛、子育て、仕事の悩みなどを匿名で相談できる「ネット版井戸端会議」の場に、2月1日に匿名で「炊飯器の内釜で米を洗ったらガサツな女扱いされた」と書かれたことに賛否両論が巻き起こっています。3月には他のメディアがこの記事について触れたことで、さらにその議論がコメント欄やTwitter上に飛び火。いろいろな意見が交わされています。

    “(発言小町から抜粋)
    「コイツ、炊飯器の内釜で米を研ぐんだぜ」と触れ回る彼。私は「ガサツな女」なのでしょうか”

    “さしでがましいようですが、いまの炊飯器は取説でも内釜でお米を研いでいます。だいじょうぶですよ。ちなみに私は無洗米です。 SHARP シャープ株式会社”

    このトピ主がガサツかどうかは置いておいて、ここでハッキリさせないといけないのは、炊飯器の内釜でお米を洗っていいのかどうか? この点について、家電ガイドとしての見解をお答えしますと、結論からいえば、現状「内釜でお米を洗っても問題ありません」ということ。

    シャープの公式Twitterの中の人が無洗米を使っていることはさておき、内釜で研いでも問題ないことをメーカーの公式見解としても表明されています。

    ◆炊飯器の内釜の中でお米を研ぐときの注意点は?
    内釜は各社が独自の方法で開発していますが、当然ですがモノには寿命があります。炊飯器の寿命は一般的には3~6年ほど、もちろん使用頻度が少ない場合は10年持つということも考えられますが、通常はそこまで持ちません。炊飯器自体の寿命が近づいてくると、内釜のコーティングが剥がれ始めます。

    コーティングが剥がれた状態でもフッ素樹脂や素地は食品衛生法に適合した材質なので、そこで炊かれたごはんを食べても健康上問題はありません。ただ、熱伝導が悪くなったり、温度センサーが反応しにくくなったり炊きムラが出始めたりと、これまで通り美味しくごはんが炊けなくなってしまうケースが出てきてしまいます。

    炊飯器の内釜の中でお米を研ぐ際には、余計な器具などは使わず基本的には手で優しく研ぎましょう。昔は精米技術が低く、ぬかが沢山残っていた関係で、それらをきれいに落としてから炊かないと臭いが残ったり、味に影響があったりしました。でも、今は精米技術も上がってそういった不純物もほとんど残っていないので、昔ほど強くこするように研ぐなど、しっかりとお米を洗う必要はありません。

    ボールを握るような手つきで、シャカシャカと20回ほどかきまわすようにして研ぎます。力を入れすぎずに、同じ方向にぐるぐるとかき混ぜましょう。この時、米が割れるほど力強く研いだり、早く回したり、押し付けたりしてはいけません。当然、金ざるを内釜に入れて使ったりする必要もありません。内釜のコーティングを傷つけてしまう可能性があるからです。

    3/23(火) 21:50
    https://news.yahoo.co.jp/articles/93daf4d691d649908c33fa26a40edd486f00d113


    【【生活】<「炊飯器の内釜で米を洗っていい?」>家電のプロが回答! [Egg★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    茂出木 浩司(もでぎ ひろし、1967年6月2日 -)は、日本の料理人。東京都中央区日本橋出身。 東京・日本橋にある西洋料理の老舗『たいめいけん』の三代目シェフとして知られる(現:たいめいけん専務取締役)。 1967年、後のたいめいけん二代目オーナーとなる茂出木
    7キロバイト (772 語) - 2020年8月17日 (月) 15:55



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 muffin ★ :2020/08/17(月) 16:52:16.57

    https://www.oricon.co.jp/news/2169657/full/
    2020-08-17 16:12

     レストラン・たいめいけんの茂出木浩司シェフ(もでぎ・ひろじ、53)が17日、自身のブログを更新し、肺がんであることを公表した。

     2018年1月以降は休んでいたブログを久しぶりに更新した茂出木シェフは、「今回改めてブログを始めたのには、あるきっかけがあります。実は、病院の検査で肺癌である事がわかりました」と報告。

    「このコロナが蔓延している時期に肺炎になってしまったらと考えるととても怖いですが…」と心境を明かしながら、「病気に負けずに頑張って行きたいと思い投稿を再開したいと思いました!」とブログ再開の理由を明かした。

     茂出木シェフは、東京・日本橋の西洋料理の老舗レストラン『たいめいけん』の三代目シェフ。日焼けサロンで焼いた肌とユーモラスなキャラクターで、多数のバラエティー番組でも活躍している。


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【【芸能】たいめいけん#茂出木浩司シェフ 、肺がんを公表「病気に負けずに頑張って行きたい」 [muffin★]】の続きを読む

    このページのトップヘ