all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 豪雨

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    スザンヌ(Suzanne、1986年〈昭和61年〉10月28日 - )は、日本のタレント、歌手、元グラビアアイドルである。歌手グループ 『Pabo』・『アラジン』メンバー。株式会社ケイダッシュステージ所属。 熊本県出身。第一経済大学付属高等学校(現・第一薬科大学付属高等学校)中退。本名は山本 紗衣(やまもと
    24キロバイト (2,946 語) - 2020年7月5日 (日) 03:14



    (出典 dot.asahi.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/07/05(日) 19:26:49.53

    2020年07月05日 19:01芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/05/kiji/20200705s00041000393000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     地元熊本で子育てをしながら仕事を続けているタレントのスザンヌ(33)が5日、自身のインスタグラムを更新。熊本は3日から豪雨に見舞われているが、家族の無事を報告し、心配の声に感謝した。

     スザンヌは「昨日からの熊本豪雨 たくさんご心配のご連絡、メッセージ頂いていて、、優しさとお気遣いほんとうにありがとうございます あたたかな気持ちに感謝の気持ちでいっぱいです。おかげさまで家族もわたしも無事です」とつづった。

     また、熊本市内は「昨日の午後から今も晴れ間が見えるくらい落ち着いています」としたが「熊本、鹿児島と、南部の皆様の被害が大きく、ニュースを見るたび胸が痛みます。とても心配です。どうかどうかこれ以上被害が広がりませんように。。。心から願っています。今夜からまた、大雨の予報ですので、引き続き、気をつけます。熊本、鹿児島のみなさん、気をつけかたも、難しいですが、自分が住む地域の避難所の確認、準備などをして、念には念を、で備えて気をつけていきましょう。わたしもします!!」と呼びかけた。


    【【タレント】豪雨に見舞われた熊本在住の#スザンヌ が無事を報告 心配する声に「感謝の気持ちでいっぱいです」 [鉄チーズ烏★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 pre-miya.com)



    1 Lv][HP][MP][ ★ :2020/07/12(日) 11:44:50.74

    熊本県南部を襲った記録的豪雨からわずか1週間の間に、気象庁が最大級の警戒を呼び掛ける「大雨特別警報」が3回発表された。
    「数十年に一度の大雨」に相当するレベルだが、運用開始から7年間で計16回出ている。
    今回はインド洋の海水温の高さに遠因があり、専門家は「地球温暖化が進み、これまでの防災の常識が通用しなくなりつつある」と警鐘を鳴らす。

    室戸台風(1934年、死者不明者3千人以上)、伊勢湾台風(59年、同5千人以上)、九州北部豪雨(2012年、同32人)…。
    気象庁は、こうした規模の災害に匹敵する大雨が予想される場合、大雨特別警報を発表すると説明している。

    目安は、48時間または3時間の予想雨量と土壌にたまる水分が「50年に一度の値」を超えた場合。
    気象庁によると、大雨特別警報は13年8月の導入以来、既に33都道府県に計16回発表されており、最も多いのは福岡、長崎県の4回。
    佐賀、沖縄県の3回が続き、九州地方に集中している。

       ◆    ◆

    今回は、積乱雲が帯状に固まって局地的豪雨が降る「線状降水帯」が次々と発生したことによって、大雨特別警報の頻発につながった。
    なぜ「数十年に一度の大雨」が相次ぐのか。

    気象庁は二つの要因を挙げる。
    一つ目はインド洋の海水温の高さだ。
    6~7月の海水温が平年より0・5度高く、積乱雲とともに上昇気流が発達し、上昇した大気がフィリピン海近くで下降。
    結果、例年は北側に膨らんで梅雨前線を押し上げる太平洋高気圧が南西側に張り出し、梅雨前線を日本付近に停滞させている。

    二つ目は偏西風の蛇行によって、黄海付近の気圧が低くなっていることだ。
    大気は気圧が高い方から低い方に流れるため、暖かく湿った空気が太平洋高気圧に沿って南から梅雨前線に向かって、大量に流れ込んでいる。
    福岡管区気象台の川口弘人予報官は「同じ気圧配置がこれほど長く続いて、梅雨前線が停滞する事態は記憶にない」と困惑する。

       ◆    ◆

    滝のように降る1時間雨量50ミリ以上の雨の発生回数は、21世紀末に全国平均で2倍以上になる-。
    気象庁が想定する「温暖化による最悪のケース」だ。
    既に現実となりつつあり、気象庁の統計では全国の観測所で1時間雨量50ミリ以上を記録した回数は、
    1976~85年の年間平均226回から、2010~19年は327回に増えた。

    日本の平均気温は100年当たり1・24度のペースで上昇し続けている。
    気温が1度上がると、大気中の水蒸気量は7%増え、積乱雲が発達しやすくなる。

    水害の規模も大きくなっており、気象研究所の川瀬宏明主任研究官らが、
    230人以上の死者が出た18年の西日本豪雨をスーパーコンピューターで分析したところ、
    約40年間にわたって気温が上昇した影響で、総雨量が6%ほど増えたという結果がはじき出された。

    東京大の中村尚教授(気候力学)らの研究では、
    東シナ海など日本近海の温暖化ペースは、地球の全海洋の平均に比べて2倍速いことも分かった。

    中村教授は
    「今までの経験を基に避難訓練を繰り返していたら、命を落としかねない状況になりつつある。
     雨の降り方が過去にないほど激しくなる恐れがあることを肝に銘じておくべきだ」と警告した。

    以下ソース:西日本新聞 2020/7/12 6:00 (2020/7/12 11:10 更新)
    https://www.nishinippon.co.jp/item/n/625427/


    【【気象】「数十年に一度」の大雨、7年で16回 温暖化で特別警報多発 [Lv][HP][MP][★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 ガーディス ★ :2020/07/12(日) 10:30:54.99

     ◇「ごちそうで迎えようと思ってたみたい」次女は涙

     熊本県人吉市下林町の西橋欽一さん(85)と妻恵美子さん(82)は、近隣住民が避難しようと誘ったが、断ったという。4日は北九州市から次女の西村直美さん(51)が家族で帰省する予定だった。帰省するたびに米袋を持たせてくれた両親。夫婦が重なるようにして見つかったリビングには米袋が置いてあった。「家で待とうとしたのかな。なんで(避難を)断ってしまったの?」。西村さんは声を震わせた。

     西橋さん夫婦の自宅近くには、球磨川と支流の万江川が合流する地点がある。4日は早朝から住民らが避難を始めていた。テレビで人吉市の状況を知った西村さんは両親に電話をかけたが、つながらず、消防に救助を要請。「どうか生きていて」と願ったが、5日に両親の遺体が見つかった。自宅の1階は完全に水につかっていたという。

     新型コロナウイルスの影響で県境を越えた帰省ができなかった日が続き、両親との電話では「コロナが落ち着けばね」が互いの口癖だった。3日夜、恵美子さんから「帰ってこんのねー?」と電話があり、西村さんは「明日帰るから」と返していた。冷蔵庫の中には刺し身や肉があった。「ごちそうで迎えようと思ってたみたい」。涙が止まらなかった。【平塚裕介
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ba9b1eed45011ae8c8afed0c32491b264340bb37


    【【熊本】心待ちにした娘の帰り 避難断った夫婦が濁流に…… 冷蔵庫の中にはごちそうが [ガーディス★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.sankei.com)



    1 雷 ★ :2020/07/10(金) 09:16:02.61

     国交省と熊本県、流域市町村は09年1月、ダムに代わる治水策の協議を開始。19年6月の会合では国と県が治水策10案を提示したが、完成までの費用が最も安いものでも約2800億円で最高は約1兆2000億円に上り、景観を損ねる恐れのある案や工期が50年以上かかる案もあった。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9fbed15050faf27492ab8877b785b5b226461797

     完成までの費用が最も高いのは遊水地(17カ所)を中心に、人吉地区と川辺川筋の直轄管理区間で引堤(両岸)などを組み合わせる案で1兆2000億円。最低額は堤防かさ上げを中心とする案で2800億円となる。
    https://www.kensetsunews.com/archives/330187


    【【熊本豪雨】ダムに代わる治水策 最高は約1兆2000億円 工期50年以上も [雷★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.asahicom.jp)



    1 蚤の市 ★ :2020/07/09(木) 08:03:39.29

     福岡県久留米市では、筑後川支流の下弓削川や山ノ井川の周辺で雨水が本流にはけずにあふれる「内水氾濫」が起きた。同様の被害は2012年の九州北部豪雨や18年の西日本豪雨でも発生。「またか」の思いとともに、住民が感じるのは「なぜ、こんなに水が引かないのか」との疑問だ。今回は上流の雨量が特に多く、排水が一向に進まなかった。近年の異常な雨量に、対策は追いついていない。

     下弓削川、山ノ井川と本流の合流点にはそれぞれ水門がある。本流の水位が上がると閉じ、水が支流に逆流して水害が起きるのを防ぐ。本流の水位が下がれば開けて支流の水を流す。

     水門を閉めると、支流の水はポンプで本流に送ることになるが、流量がポンプの排水能力を超えると周辺に水があふれる。

     久留米市の7日の24時間降水量は360・5ミリで観測史上最大となり、支流の流量は増えた。しかし上流で記録的な大雨が降った筑後川本流も、片ノ瀬観測所(同市)で同日午前11時に過去最高の水位10・52メートルを記録。堤防決壊の恐れがある氾濫危険水位(8・50メートル)を超えた。水門とポンプを管理する久留米市は難しい運用を迫られた。

     下弓削川流域の同市東合川などは国道210号が走り、「ゆめタウン久留米」や飲食店などが並ぶ商業地域だが、市は下弓削川の水門を6日午後3時34分に閉鎖。支流からあふれた水で周辺は冠水した。7日午後10時50分に一度は開けたが、上流の大雨で本流の水位が再び高くなり約2時間後に閉鎖。その後、8日午前3時以降は雨がほとんど降らず晴れ間ものぞいたが、本流の水位は高いまま。そのため、市が水門を開けたのは8日昼すぎになってからだった。

     引かない水に住民は苦しめられた。近くの中古車販売会社「くるま村」は、従業員が事務所や整備場の水を掃き出し、店舗前の道の水も手作業で川に流した。隠塚尚高社長は「今回はなかなか自然に水が引かない」とこぼした。

     同市城島町でも住宅地や農地が水に覆われた。町内を流れる山ノ井川の水門も6日午後11時15分に閉じて以降、8日午後0時半まで開けられず、冠水が長引いた。避難した中園みつえさん(73)は「恐らく自宅は床上浸水している。水門を閉める理屈は分かるが、排水がほとんど進まないのは生*のよう」。

     県は19年度から山ノ井川の堤防かさ上げに着手。下弓削川も国、県、市がポンプ増設などを計画する。国土交通省筑後川河川事務所の坂本誠吾地域防災調整官は「今回の内水氾濫の原因は異常な雨の降り方に尽きるが、できる限りの対策を取るしかない」と語った。 (野津原広中、片岡寛、糸山信)

    40時間ぶり浸水解消 大牟田

     大規模冠水に見舞われた福岡県大牟田市の三川地区では8日、浸水が6日昼すぎに始まってからおよそ40時間ぶりに水が引き、住民たちは後片付けに追われた。地区内では2人の高齢者が命を落としており、消防隊員らが一軒一軒を訪ねて安否確認を行った。

     住民らによると、一時は首の位置まで増した水は8日午前5時ごろにほぼ引いた。朝になって避難所などから自宅に戻った住民らは清掃などに追われた。

     家族7人総出で作業に汗を流していた飲食店経営、末信博信さん(70)は「1メートルほどかさ上げして建てた家だが、それでも約30センチ床上浸水した。家財道具の一部を急いで2階に上げたが、あっという間に浸水してほかは漬かってしまった」と悔やんだ。

     消防などによる安否確認は約800世帯が対象で、8日夕までに新たな人的被害は確認されなかった。 (吉田賢治)

    浸水は水深最大5メートル 国土地理院推計

     国土地理院は、記録的豪雨が降った福岡県大牟田市の浸水状況を地図に落とした「浸水推定図」を公表した。最も深いところで、4~5メートル程度に達していた。

     7日午前7時までに会員制交流サイト(SNS)に投稿された画像と、標高のデータを組み合わせて推計した。市内を流れる堂面川の北側の唐船地区が標高が低く、広範囲で浸水していた。河口付近の工場や畑があるエリアは水深4~5メートルに達していたとみられる。 (御厨尚陽)

    西日本新聞 2020/7/9 6:00
    https://www.nishinippon.co.jp/item/n/624441/


    【【久留米】「なぜ水が引かない」住民ぼうぜん 繰り返す内水氾濫 [蚤の市★]】の続きを読む

    このページのトップヘ