all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 給付金

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    義偉(すが よしひで、1948年〈昭和23年〉12月6日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(8期)、内閣総理大臣(第99代)、自由民主党総裁(第26代)。 横浜市会議員(2期)、総務副大臣(第3次小泉改造内閣)、総務大臣(第7代)、内閣府特命担当大臣(地方分権改革)、郵政民営化
    57キロバイト (7,407 語) - 2020年9月23日 (水) 10:30



    (出典 www.kantei.go.jp)



    1 どこさ ★ :2020/09/25(金) 23:55:45.34

    菅首相、10万円再給付「必要なら対応」そもそも“1回目“の効果はあったのか?
    口コミラボ編集部 2020年09月25日
    https://lab.kutikomi.com/news/2020/09/25/100000yen/

    菅内閣の新型コロナウイルス対策として、
    安倍内閣の政策であった「特別定額給付金」の給付を、
    再度実施することが検討されているようです。

    本記事では、1人につき10万円を給付する特別定額給付金について、
    1回目の給付の際にどんな効果があったのか、改めて振り返ります。

    ■菅首相、10万円の追加給付「必要なら対応」

    菅首相(当時官房長官)は、首相に就任する直前の13日、
    中小企業や国民への追加給付について
    「必要であればしっかり対応したい」と述べました。

    検討している給付金の詳細な説明はなかったものの、
    1人につき10万円を給付する「特別定額給付金」の再給付の可能性も
    示唆したものとみられています。

    ■1回目の給付、経済的な効果は:家電需要、景気回復に寄与か

    安倍内閣で実施された1回目の特別定額給付金給付では、
    どういった効果があったのでしょうか。

    ・家電需要の追い風に:猛暑・在宅長期化で

    高市総務大臣(9月4日時点)は記者会見で、
    「エアコンなどの家電の購入者が増えるなど、
    コロナ禍の中でも景気の下支えにも一定の効果が表れ、
    それぞれの世帯の家計への支援にもつながったと考えている」
    と述べました。

    猛暑の影響も重なり、
    家電量販店における家庭用エアコンの出荷台数は6月から8月にかけ好調となっています。
    日本電機工業会によれば、
    8月では消費税増税前の駆け込み需要に後押し
    された2019年に次ぐ、過去2番目の数を記録しました。

    そのほか、テレワークが普及したことにより、
    PCや周辺機器の売れ行きも順調となっています。

    特別定額給付金の給付による家電需要の下支えは、
    家電量販店の売上高に好影響をもたらしたようです。

    関連記事:ヤマダ電機 コロナ禍の売上"好調"でも「LABI新宿」閉店へ…その意外な理由とは
    https://lab.kutikomi.com/news/2020/09/18/yamadalabiclose/

    ・景気回復にも一定の効果か:「景気ウォッチャー調査」数値上昇

    内閣府が毎月発表している景気ウォッチャー調査によれば、
    8月の現状判断DI(季節調整値)は前月から2.8ポイント上昇し、43.9となりました。

    ※DIは、50を横ばいとして、これを上回ると「景気が良い」、
    下回ると「景気が悪い」と感じる人が多いことを示す数値です。


    (出典 static-media.kutikomi.com)

    ▲[景気の現状判断DI(季節調整値)]:内閣府 景気ウォッチャー調査8月版

    グラフを見ると、一度大きく落ち込んだ後、
    その落ち込みを取り戻すように一気に回復しているのがわかります。

    景気 現状判断DI(季節調整値) グラフ

    ▲[景気の現状判断DI(季節調整値)のグラフ]:内閣府 景気ウォッチャー調査8月版

    5月から8月にかけて数値が回復したのは、緊急事態宣言が解除され、
    飲食店・小売店などの営業が再開されたことに加え、
    特別定額給付金の給付による消費増も影響したものとみられます。

    ・使い道は:生活費が半数、2回目は"娯楽"消費の喚起が鍵に

    ブランド総合研究所とアイブリッジが約19,000人を対象に実施した調査によれば、
    特別定額給付金の10万円の使い道は、
    「食費などの生活費」がトップで49.4%を占めました。
    その次に多かったのは「貯金、預金」で、24.7%でした。

    また「マスクや消毒などの感染予防のための費用」が24.2%、
    「家賃や公共料金の支払い」が16.3%と、
    日常生活に必要な出費にあてられる傾向が強かったようです。

    一方で、60代以上の回答者では
    「感染拡大が収まった後の旅行費用(国内外)」が18.5%と平均よりも6.9%高く、
    「感染拡大が収まった後の外食やショッピング」も20.1%と平均よりも5.7%高くなっており、
    嗜好品の購入やレジャーといった娯楽の消費に積極的な層もみられることがわかりました。

    2回目の特別定額給付金が給付される場合、
    Go To キャンペーンなどの需要喚起策と合わせて娯楽などの消費を喚起できるかが、
    さらなる経済回復の鍵となりそうです。
    (以下略)


    【【10万円再給付】菅首相「必要なら対応」そもそも“1回目“の効果はあったのか?家電需要、景気回復に寄与か [どこさ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    竹中 平蔵(たけなか へいぞう、1951年3月3日 - )は、日本の実業家、政治活動家、経済学者。 パソナグループ取締役会長、オリックス社外取締役、SBIホールディングス社外取締役、森ビルアカデミーヒルズ理事長、日本経済研究センター研究顧問、外為どっとコム総合研究所主席研究理事、特定非営利活動法人
    81キロバイト (10,748 語) - 2020年9月24日 (木) 12:56



    (出典 yokotakanko.cocolog-nifty.com)



    1 potato ★ :2020/09/25(金) 03:44:25.58

     元総務大臣でパソナグループ会長の竹中平蔵氏がテレビ番組で提案した「所得制限付きのベーシックインカム」が、SNSで大きな話題を集めています。

     9月24日10時現在、「ベーシックインカム」「竹中平蔵」が共に日本のTwitterトレンドワードランキングにランクイン。Twitterユーザーは、「所得制限付きのベーシックインカム」についてどのように捉えているのでしょうか。

    竹中氏の「所得制限付きのベーシックインカム」提案

     話題になっているのは、9月23日に放送されたBS-TBSの報道番組「報道1930」での竹中氏の提案。

     「所得制限付きのベーシックインカム」と称し、「国民全員に毎月7万円支給」「所得が一定以上の人は後で返す」「マイナンバーと銀行口座をひも付け所得を把握」といった案を披露していました。

      竹中氏は以前から「ベーシックインカムを導入することで、生活保護が不要になり、年金も要らなくなる。それらを財源に」といったベーシックインカム構想についての発言を行っており、今回はテレビ番組で自論を展開した形です。

    ベーシックインカムとは?

     ベーシックインカムは、政府が国民に対して最低限の所得を保障する政策で、「最低限の生活」を送るのに必要とされている額の現金を全ての国民に定期的に支給するというもの。ドイツやフィンランドなどでは同様の制度に関する社会実験がすすめられているほか、コロナ禍などの急激な収入減を保障する制度として注目を集めています。

     政府が給付した1人10万円の「特別定額給付金」も「定期的」ではないものの、一律で給付されるという点ではベーシックインカムに似た政策だと言えます。

    Twitterでは批判の声

     Twitterでは番組放映時の画面写真と共に竹中氏の提案が広がっていますが、投稿の大半はこの提案に批判的なものです。

     批判が上がっている点は主に3つ。1つは、ベーシックインカムの支給と年金や生活保護などの廃止がセットになっている点への批判です。

     「厚生年金を無くし全員を国民年金にする、そして生活保護も極端に引き下げ、あとは自助で頑張れとするもの」「生活保護も国民年金も廃止するのでは単なる財務省主導の予算カットに過ぎない」など、現在の制度を下回る保障に疑問の声が上がっています。

     2つめは、所得制限など、支給に関する制限が付いている制度はベーシックインカムとは呼べないという点への批判です。なお、ベーシックインカム制度は、高所得者と低所得者の支給額が同じである点がしばしば批判されますが、日本のように累進課税制度を採用している国では、支給金を課税の対象とすれば所得の再分配が行われると考えられます。

     3つめは、「月7万円」という保障額の少なさへの批判です。「『月7万円のベーシックインカム』では、ベーシックな生活を実現できません」など、現代の日本で最低限の生活を送るには、7万円という金額は現実的ではないとする意見が多く上がっています。

     ベーシックインカムは、最低限の生活が保障されていなければ意味をなさない政策。今後もさまざまな検討や実験が必要ですが、導入の際には、必要としている人の生活を十分に支えることができる制度と、付随する社会保障の再整備が求められることになりそうです。

    2020年9月24日
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/2009/24/news090.html

    画像

    (出典 i.imgur.com)


    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1600967514/


    【【話題】竹中平蔵、『所得制限付きベーシックインカム』を提案 「国民全員に毎月7万円支給」、生活保護や年金などの廃止 … ★21 [potato★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    蓮舫(れんほう、Lien-Fang、本名:齊藤 蓮舫〈さいとう れんほう〉、1967年〈昭和42年〉11月28日 - )は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員(3期)。立憲民主党代表代行兼国民運動・広報本部長。元夫・村田信之との婚姻中の氏名は、村田 蓮舫(むらた れんほう)。
    136キロバイト (19,909 語) - 2020年9月19日 (土) 06:58



    (出典 img.sirabee.com)



    1 かわる ★ :2020/09/22(火) 11:23:31.93

     立憲民主党の蓮舫参院議員(52)が22日、自身のツイッターを更新。結婚及び家族のあり方について、独自の見解を示した。

     この日、内閣府が少子化対策の一環として、新婚世帯の家賃や敷金・礼金、引っ越し代など新生活にかかる費用について、来年度から60万円を上限に補助する方針を固めたという記事を貼り付けた蓮舫氏。

     「『新生活にかかる費用』を給付すれば結婚が増えるとは思いません。この施策そのものを否定はしませんが、少子化対策は生活そのもの、育児、両立、介護と全ての不安を取り除くこと」と、つづると、「絶対結婚ではなく、多様な家族のあり方も認めていきたい」と続けていた。
    https://hochi.news/articles/20200922-OHT1T50023.html


    【【生活】蓮舫氏、新婚生活60万円補助政策に「給付すれば結婚が増えるとは思いません。絶対結婚ではなく、多様な家族のあり方も認めて」 [かわる★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 cdn-images.sakigake.jp)



    1 potato ★ :2020/09/21(月) 02:31:50.61

     内閣府は20日、少子化対策の一環として、新婚世帯の家賃や敷金・礼金、引っ越し代など新生活にかかる費用について、来年度から60万円を上限に補助する方針を固めた。現行額から倍増し、対象年齢や年収条件を緩和する。経済的理由で結婚を諦めることがないよう後押しする狙い。

     対象は「結婚新生活支援事業」を実施する市区町村に住み、新たに婚姻届を出した夫婦。現行は(1)婚姻日の年齢が夫婦とも34歳以下(2)世帯年収が約480万円未満―などの条件に当てはまれば、30万円を上限に補助を受けることができる。

     年齢の条件を39歳以下に緩和し、世帯年収も約540万円未満に拡大する。

    共同通信

    https://news.yahoo.co.jp/articles/36de52f8cfa25b14a8b61f53a43cd66850e39d0e

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1600619572/


    【内閣府、新婚生活60万円補助へ 少子化対策で倍増 条件は夫婦ともに39歳以下で、世帯年収が約540万円未満であること ★7 [potato★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 blog-imgs-113.fc2.com)



    1 トモハアリ ★ :2020/08/13(木) 09:55:31.15

    コロナショックを受け各国が経済対策を打ち出すなか、政府がすべての国民に最低限の生活費を継続的に支給する「ベーシックインカム(BI)」が注目を集めている。大恐慌以来の危機に、政府ができることは何なのか。そんな課題をコロナが突きつけた。(星野眞三雄)

    英国では収入の8割を支援し、スペインが最低所得保障の制度を導入。米国は所得制限があるものの大人に1200ドル、子どもに500ドルを給付した。日本でも1人10万円ずつ支給するなど、各国で似た対策がとられた。

    BIを研究する国際組織「ベーシックインカム地球ネットワーク(BIEN)」でリサーチマネジャーを務める同志社大教授の山森亮(50)は、「人びとの生活を守るという政府の役割に政治が真剣に向き合ってきたのかが問われた。それがBIに目を向けさせた」と説明する。

    山森がBI導入の壁として挙げるのが、「働かざる者、食うべからず」という考え方だ。しかし、「日本は失業手当や生活保護を受けられない人が多いなどセーフティーネットが不十分。成長を前提とした経済が行き詰まり、賃金の補完としてBIが必要になる」との見方を示す。

    駒沢大准教授の井上智洋(45)は、人工知能(AI)やロボットが多くの人の雇用を奪う時代になれば、BIが必要になると主張する。「AIによる大量失業を身近に感じるのに、あと10年かかると思っていたが、コロナによって別のかたちで実現した。失業しないまでも賃金が減る人が増えるのは確実だ」

    とはいえ、国民1人あたり月7万円のBIを支給するには年間約100兆円の財源が必要だ。1000兆円超の借金を抱える日本が導入できるのだろうか。

    井上は「所得税や相続税などの引き上げで可能」と考える。そうした税金を財源とする「固定BI」とともに、井上が提唱しているのが「政府・日本銀行が貨幣を発行することで得られる利益」を財源とする「変動BI」だ。

    いま日銀は国債を市場から大量に購入し、間接的に政府に資金を渡している。そのお金を政府がBIとして国民に給付する仕組みだ。

    「企業に配るなら国民にも配るべき」

    日銀は国債を買う額を増やしたり減らしたりすることで、政府が支給するBIの額を変動させる。この変動BIの額をデフレ不況のときは増やし、インフレ好況のときは減らすことで、景気をコントロールするという考えだ。

    井上は「コロナ対策で日銀が上場投資信託(ETF)購入を増やして株価を支えているのは、企業と株主にお金を配るのと同じこと。ならば国民にも直接配るべきだ」と訴える。

    大恐慌下で、経済学者のケインズは有効需要をつくり出す必要性を主張した。中央銀行が大量の国債を買って財政で需要をつくるアベノミクスのような政策は、今回のような危機下でこそ有効といえる。ところが、景気がそれほど悪くないのに財政と金融政策をふかし続けてきた日本は、政策余地があまり残っていない状態だ。

    コロナショックで世界各国も「日本化」し、財政をふくらませる一方、金融緩和によって国債金利を低くおさえこんでいる。「国がお金を集めて国民に配る」。そんな社会主義のような時代が来るのだろうか。


    朝日新聞GLOBE 8月9日
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c36f454e719d95edb3f1936c4f20d621d11f56e6

    ※前スレ
    http://itest.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1597274379/


    【国が最低限の生活費を配る「ベーシックインカム」コロナで注目 日本でできることは★2 [トモハアリ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ