all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 神奈川県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    黒岩 祐治(くろいわ ゆうじ、1954年〈昭和29年〉9月26日 - )は、日本の政治家、元ニュースキャスター。神奈川県知事(公選第17・18・19代) 。 1980年(昭和55年)4月から2009年(平成21年)9月までフジテレビジョンで 報道記者、番組ディレクター、キャスターなどを務め、同年1
    71キロバイト (10,340 語) - 2021年3月6日 (土) 14:56



    (出典 www.sankeibiz.jp)



    1 ばーど ★ :2021/03/18(木) 08:12:12.93

    ※カナコロ

    LINE(ライン)の利用者の個人情報が中国の関連会社の技術者から閲覧可能な状態になっていた問題で、黒岩祐治知事は17日、「調べたところ、県の事業の情報漏えいはない」と述べた。県庁で取材に応じ、「県民の皆さんが不安に思われることはないと申し上げたい」と語った。

    県は新型コロナウイルスの情報提供や納税に関わるサービスの提供などで、LINEを活用している。

    2021年3月18日(木) 05:00
    https://www.kanaloco.jp/news/government/article-434676.html


    【【LINE問題】黒岩知事「県事業の情報漏洩はない。県民の皆さんが不安に思われることはないと申し上げたい」 [ばーど★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 9d2mmh7o.user.webaccel.jp)



    1 ばーど ★ :2021/02/26(金) 08:37:40.97

    ■車壊した疑いで男2人逮捕 あおり運転か

    藤沢市で1月、大学生が運転する車のドアミラーなどを壊したとして、31歳の男2人が逮捕されました。神奈川県警は、男らがあおり運転をした疑いもあるとみて調べています。

    暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕されたのは、いずれも横浜市に住む田澤良明容疑者と、半澤優介容疑者です。 県警によりますと田澤容疑者らは1月16日、藤沢市亀井野の市道で、男子大学生が運転していた車を蹴り、ドアミラーやボンネットなどを壊した疑いが持たれています。

    男子大学生は当時、およそ2キロ手前の交差点で信号待ちから発進する際、田澤容疑者らが乗っていたとみられる軽乗用車が右折レーンから追い越してきたため、クラクションを鳴らしたということです。 その後、軽乗用車が男子大学生の車の後ろに回り込んであおり運転を繰り返した上、現場で停車させたとみられています。

    調べに対し、田澤容疑者らは車を壊したことについて容疑を認めているということで、県警は、2人があおり運転をした疑いでの立件も視野に調べを進めています。

    2/25(木) 23:54
    tvkニュース(テレビ神奈川)
    -----
    ■車損壊容疑男逮捕 あおり運転か

    先月、神奈川県藤沢市で大学生が乗る乗用車を蹴ってドアミラーを壊すなどしたとして31歳の男が逮捕されました。

    乗用車は2キロほど手前から別の車にあおられていて、警察は男があおり運転をした疑いがあるとみて調べています。

    逮捕されたのは、横浜市瀬谷区の自称・内装業、田澤良明容疑者(31)で、警察によりますと、先月16日、藤沢市亀井野の路上で24歳の大学生が乗る乗用車を蹴って、ドアミラーやボンネットを壊すなどした疑いが持たれています。

    調べに対し容疑を認めているということです。

    大学生は乗用車を運転中、現場のおよそ2キロ手前の交差点で信号が変わって出発する際、右折レーンから追い越した軽乗用車にクラクションを鳴らしたところ、その後、後ろに回った軽乗用車から繰り返しあおられたうえ、現場で前に割り込んで停車させられたということです。

    警察は軽乗用車を運転していた田澤容疑者があおり運転をした疑いがあるとみて当時の詳しい状況を調べています。

    02月25日 13時19分 NHK
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20210225/1050013102.html


    【【神奈川】クラクション鳴らしたら…大学生の車にあおり運転、停止させ車を蹴りボンネット等を破壊した容疑 内装業・造園業の男2人逮捕 [ばーど★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    黒岩 祐治(くろいわ ゆうじ、1954年〈昭和29年〉9月26日 - )は、日本の政治家、元ニュースキャスター。神奈川県知事(公選第17・18・19代) 。 1980年(昭和55年)4月から2009年(平成21年)9月までフジテレビジョンで 報道記者、番組ディレクター、キャスターなどを務め、同年1
    71キロバイト (10,334 語) - 2021年1月23日 (土) 21:52



    (出典 www.nishinippon.co.jp)



    1 和三盆 ★ :2021/01/25(月) 08:43:30.19

    追跡縮小「現実的」「もう少し頑張る」 保健所は対応二分

    新型コロナウイルスのまん延を受け、濃厚接触者の調査範囲を縮小すると打ち出した県の方針転換が、県内の自治体に波紋を広げている。
    保健所業務の負担軽減につながると同調する動きがある一方、市民の不安を懸念して従来の態勢を維持するケースも少なくない。
    感染リスクが高い施設に重点化する優先順位を巡り、対応が割れる実態が浮かび上がった。

    経路調査「意味なし」

    「これだけ市中感染が広がっている中で、濃厚接触者を掘り起こす作業は意味がない」

    調査縮小に対する「県民の誤解が多い」として県が公開した動画で、黒岩祐治知事らは新方針の妥当性を強調し理解を求めた。

    https://www.kanaloco.jp/news/government/article-376695.html


    【【神奈川県】黒岩知事「これだけ市中感染が広がっている中で濃厚接触者を掘り起こす意味は無い」「県民の誤解が多い」 [和三盆★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.pref.kanagawa.jp)



    1 puriketu ★ :2021/01/19(火) 02:58:07.53

    自宅療養中の患者が増加していることを受け、神奈川県は18日、職員らが行っていた患者の健康観察について、
    患者自身で行うことを基本とする体制に変更すると決定しました。

    県は自宅療養している軽症・無症状患者について、これまで電話などによる健康観察を1日2回行ってきましたが、
    自宅療養中の患者は現在5000人を超え、死亡事例も発生するなど、対応が困難になっている状況があります。

    このため県は18日、健康観察を患者自身が行う体制に転換することを決定。 血液中の酸素量を計測する「パルスオキシメーター」を、
    40代以上などの重症化の懸念がある患者に重点的に配布。 数値の変化を患者が常に確認し、
    症状が悪化した場合は、連絡を受けた医師らが対応することになります。
    また、すぐに入院できない場合に備え、一時的に酸素吸入を行う拠点を設置するなど、災害時の「救護所」のような体制の構築を検討するということです。

    県は今後、自衛隊の派遣要請も視野に、1月中の体制構築を目指すとしています。

    黒岩知事
    「医療の現場は、受け入れられる状態のベッドがほとんどない。まさにもう医療崩壊が起きていると言っても過言ではない状況になっている。
    この限られた医療資源を守りながら、この難局を乗り越えていきたい」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e433fd0031e8963ebdc26876ab6175eeee4ecea8

    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1610986634/


    【【神奈川県】自宅療養患者は自身で健康観察へ★2 [puriketu★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.pref.kanagawa.jp)



    1 蚤の市 ★ :2021/01/09(土) 07:08:33.04

     神奈川県は8日、新型コロナウイルスの感染経路や濃厚接触者を調べる「積極的疫学調査」の対象について、9日から県内全域で大幅に縮小すると発表した。周囲に感染が広がると重症化リスクの高い病院、高齢者施設、福祉施設などの関係者は調査を簡略化して続けるが、それ以外は原則として調査しない。県によると、県全体で調査対象を絞るのは全国で初めて。(志村彰太)

    ◆県全体で調査対象を絞るのは全国で初
     同県内では感染者数が連日500人を超え、感染経路不明率も60%以上の状況が続いている。積極的疫学調査は感染者に行動歴を詳しく聞き、接触した人を見つけ、蔓延を防止する狙いがあるが、医療危機対策本部室の山田佳乃担当課長は「どこに感染者がいてもおかしくない蔓延期に既に移行している。積極的疫学調査に意味がなくなってきた」と話す。
     保健所による聞き取りは感染者1人に半日かかることもある。保健所は宿泊施設や自宅で療養する人の健康管理もしており、「業務に優先順位をつけるべきだ」と考えたという。
    ◆影響が他の都道府県に及ぶ可能性も
     引き続き調査を行う病院関係者らに対しても、個人的な会食やイベントの参加者については聞き取りをしなくなる。学校や幼稚園、保育園の関係者については、感染拡大の恐れなど状況に応じて調査するか決める。それ以外の感染者については聞き取りをしない。
     これまで、濃厚接触者が県外にいる場合は、その都道府県に連絡していたが、今後はしなくなるため、影響は全国に波及する可能性がある。
     厚生労働省は昨年11月、積極的疫学調査に優先順位を付けて良いとする事務連絡を出している。

    東京新聞 2021年01月08日 23時31分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/78861


    【【神奈川県】「感染蔓延で経路調査に意味なし」 感染経路や濃厚接触者の調査を原則やめると発表 全国初 [蚤の市★]】の続きを読む

    このページのトップヘ