all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 国際

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    G7(ジーセブン)は、英語: Group of Seven(グループ・オブ・セブン)の略で、フランス、アメリカ合衆国、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ及び欧州連合で構成される政府間の政治フォーラムである。メンバーは世界最大の国際通貨基金(IMF)の先進国であり、“最も裕福な自由民主主義国であ
    35キロバイト (2,685 語) - 2022年6月17日 (金) 14:11

    1 ギズモ ★ :2022/06/27(月) 02:02:53.71

    (出典 bilder2.n-tv.de)


    G7声明草案、ウクライナの防衛を無期限で支援することを約束
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-06-26/RE3BIKT0G1KW01

    John Follain、Alberto Nardelli
    ドイツ南部エルマウで行われている主要7カ国首脳会議(G7サミット)の声明草案によると、G7首脳はウクライナに対し、ロシアの侵攻に対する防衛で無期限の支援を提供すると約束する。

      ブルームバーグが確認したウクライナ支援に関する声明草案には「われわれは資金や人道面、軍事および外交での支援を継続し、必要なだけウクライナを支持する」と書かれている。

    原題:
    G-7 Draft Commits to Supporting Ukraine’s Defense Indefinitely(抜粋)

    関連記事
    ロシア国防省、ウクライナ東部要衝の「完全制圧」宣言…キーウに3週間ぶりミサイル攻撃
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20220626-OYT1T50118/

    G7サミット開幕 ウクライナ侵攻後初 ロシア産の金禁輸で合意へ
    https://mainichi.jp/articles/20220626/k00/00m/030/160000c

    【【国際】ウクライナの防衛を無期限で支援することを約束=G7声明草案 [ギズモ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 ギズモ ★ :2022/06/25(土) 22:08:18.96

    (出典 www.arabnews.jp)

    2022年6月24日、ワシントンのホワイトハウスで演説するジョー・バイデン大統領。(資料写真/AP通信)

    米国、日本、豪、NZ、英国が太平洋グループを結成
    https://www.arabnews.jp/article/japan/article_70473/

    米国、オーストラリア、日本、ニュージーランド、英国は、太平洋島嶼国との経済・外交関係を強化することを目的とした非公式なグループを立ち上げたと、24日、ホワイトハウスが発表した。

    中国が外国からの投資を求めている太平洋島嶼国との経済、軍事、警察の結びつきを強化しようとする中、バイデン政権はインド太平洋にさらにリソースをつぎ込むことを約束している。

    「ブルー・パシフィック・パートナーシップ」と名付けられたこのグループは、太平洋地域主義を支持し、太平洋の島々や世界の他の地域との間の経済的結びつきの強化を模索することになる。

    「我々は、太平洋の人々に利益をもたらす地域を支援するという共通の決意で団結している。我々はまた、このビジョンの実現の仕方、つまり、太平洋地域主義、主権、透明性、説明責任の原則、そして何よりも、太平洋の島々が主導し、導くという原則に従うということでも、一致している」と、ホワイトハウスは述べた。

    ホワイトハウスのカート・キャンベル・インド太平洋調整官は23日、米国が戦略的に重要な地域で中国に対抗するために関与を強める中、より多くの米国政府高官が太平洋の島国を訪問することを見込んでいると述べた。

    キャンベル調整官は、米国には地域全体でより多くの外交施設が必要で、時に「あまり注目されない」太平洋島嶼国との交流を増やす必要があると述べた。

    ロイター
    ※前スレ
    【対中連合】米国、日本、豪、NZ、英国が太平洋グループを結成 [ギズモ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1656157303/

    【【対中連合】米国、日本、豪、NZ、英国が太平洋グループを結成 ★2 [ギズモ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 ギズモ ★ :2022/06/11(土) 21:32:27.20
    米はウクライナに生物実験室、ロシアが証拠を発表
    http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2022-06/11/content_78265600.htm

     ロシア・トゥデイ(RT)によりますと、ロシア調査委員会の責任者は、ペンタゴンの職員や米軍と関係の深い企業を含む軍事生物研究に関与している米国人を、自身の部署が明確に確認したと表明しました。2005年から2022年初頭にかけて、米国はウクライナにある生物実験室の研究に2億2400万ドル以上を投じたとのことです。 

     ロシアはウクライナで、米国防総省の命令に従って運用され、生物兵器製造に関与している可能性がある30の生物実験室を発見したと報道されています。押収された文書によりますと、2月24日のロシアによる対ウクライナ軍事作戦の開始当日、これらの実験室はペスト、炭疽、コレラ、その他の致命的な病気の病原体を「緊急廃棄」するよう命令を受けていました。

     米FOXニュースのタッカー・カールソンキャスターは「ペンタゴンはウクライナの生物実験室をめぐる問題でうそをついている」と批判し、「米国はウクライナに秘密の生物実験室を持っているだけでなく、その実験室でやっていることは非常に危険で恐ろしい」と指摘しました。

    「中国国際放送局日本語版」2022年6月11日

    【【国際】米はウクライナに生物実験室、ロシアが証拠を発表 [ギズモ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    レジェップ・タイイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdoğan [ɾeˈd͡ʒep tɑjˈjip ˈæɾdo(ɰ)ɑn] ( 音声ファイル), 1954年2月26日 - )は、トルコの政治家。2014年からトルコ大統領を務めている。 2003年から2014年までトルコ
    68キロバイト (9,277 語) - 2022年4月24日 (日) 01:08

    1 ぐれ ★ :2022/05/29(日) 21:13:16.56

    ※2022年05月29日21時04分

     【イスタンブール時事】トルコのエルドアン大統領は28日、北欧のフィンランドとスウェーデンの北大西洋条約機構(NATO)加盟をめぐる両国との協議が「期待する水準に達していない」と指摘し、現段階では加盟を支持できないという認識を示した。トルコのメディアが29日、アゼルバイジャン訪問の帰途、機中で記者団に語った内容として一斉に報じた。

    続きは↓
    時事通信ニュース: トルコ大統領、北欧2国との協議不調 NATO加盟支持できず.
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2022052900399&g=int


    【【国際】トルコのエルドアン大統領、北欧2国との協議不調 NATO加盟支持できず [ぐれ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 ぐれ ★ :2022/05/28(土) 23:49:20.16

    ※2022/05/28 11:10FNNプライムオンライン

    いよいよ6月10日から、日本では外国人観光客の受け入れが再開されます。そんな中、世界経済フォーラムが発表した「観光魅力度ランキング」で、日本は1位を獲得しました。一体何が、どう評価されたのでしょうか。

    外国人観光客を受け入れ再開に弾み?
    新型コロナウイルスにより深刻な打撃を受けた観光業界がいま、大きな期待を寄せている「外国人観光客の受け入れ再開」。

    岸田首相:
    6月10日から添乗員付きのパッケージツアーでの観光客受け入れを再開します。

    5月26日、岸田首相は受け入れ再開の時期を6月10日と発表しました。外国人観光客を受け入れるのは約2年ぶり。それに先駆けて、5月24日からスタートしたのが国の実証事業ツアーです。

    第1弾の観光客は栃木県や岩手県を訪問。アメリカやオーストラリアなどから約50人が日本を訪れます。そして、このツアーが始まったまさにその日、日本はあるランキングで世界の頂点に輝きました。それは「観光魅力度ランキング」です。

    これは世界経済フォーラムが2年に1度、発表しているランキングで、旅行や観光に関する112の項目を総合的に評価したもの。日本は、交通インフラや文化資源などが高く評価されたのです。

    松野官房長官:
    我が国を訪れたくなる魅力を高めるため、精力的に取り組んでいるところであります。こうした外部からの評価も踏まえ、今後ともしっかりと取り組みを進めてまいりたいと考えております。

    観光地としてどれだけ魅力的なのかを評価する「魅力度ランキング」で初めて世界1位となった日本。新型コロナウイルスの水際対策で、外国人観光客の受け入れをストップしていた日本がなぜ、世界一の評価を受けたのでしょうか?

    東京オリパラで見えた「交通インフラ」が高評価

    続きとランキングは↓
    https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/fnn/business/fnn-366312


    【「観光魅力度ランキング」で日本が初の世界1位 なぜコロナ禍でも高評価?3つの理由と残る課題 [ぐれ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ