all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 米国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.news24.jp)



    1 孤高の旅人 ★ :2021/05/25(火) 09:58:48.13

    アメリカ 日本を“渡航中止”コロナ感染状況で渡航情報見直し
    2021年5月25日 4時55分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210525/k10013049601000.html

    アメリカ国務省は国民向けに出している各国への渡航情報を更新し、日本に関して、新型コロナウイルスの感染状況を受けて4段階で最も厳しい「渡航の中止を求める勧告」に引き上げたと公表しました。

    アメリカ国務省は世界的な新型コロナウイルスの感染拡大を受けて4月から国民向けに出している各国への渡航の安全度を示した情報の見直しを進めていて、24日、最新の結果を公表しました。

    このなかで日本に関して4段階の渡航勧告のレベルのうちこれまでの2番目に厳しい「渡航の再検討を求める」から最も厳しい「渡航の中止を求める勧告」に引き上げました。

    その理由について国務省はアメリカCDC=疾病対策センターが日本での新型コロナウイルスの感染状況を受けて出した最新の渡航情報を反映したとしています。

    CDCは24日、日本に関する渡航情報で「すべての旅行を避けるべきだ」としたうえで「現在の日本の状況ではワクチンの接種が完了した旅行者であっても、変異したウイルスに感染したり、拡散させたりする危険にさらされる可能性がある」としています。

    これについてブルームバーグ通信は「オリンピックの開催に向けて日本の国民や国際社会を納得させることに苦労している国に新たな打撃だ」と伝えています。

    国務省は24日の時点で、およそ150の国と地域を4段階で最も厳しい「渡航の中止を求める勧告」の対象にしています。

    ★1:2021/05/25(火) 03:05:06.52
    前スレ
    【速報】アメリカ 日本を“渡航中止”コロナ感染状況で渡航情報見直し★6 [孤高の旅人★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1621901171/


    【【速報】アメリカ 日本を“渡航中止”コロナ感染状況で渡航情報見直し★7 [孤高の旅人★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    トーマス・バッハ(Thomas Bach, 1953年12月29日 - )は、ドイツの弁護士。 第9代国際オリンピック委員会 (IOC) 会長。筑波大学名誉博士。1976年モントリオールオリンピックのフェンシング西ドイツ代表選手、ドイツオリンピックスポーツ連盟(DOSB)(de) 会長を歴任。
    18キロバイト (1,858 語) - 2021年4月18日 (日) 00:43



    (出典 assets.dentsu-ho.com)



    1 記憶たどり。 ★ :2021/05/07(金) 09:08:12.09

    https://news.yahoo.co.jp/articles/db27ecb0c9df4b8f6a01a2c3ec41bbb08dea3ee1

    国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長に対し、新型コロナ禍で東京五輪開催を強要しているなどと
    米国で非難が相次いでいる。有力紙ワシントン・ポストは5日に日本政府に五輪の中止を促しバッハ氏を
    「ぼったくり男爵」と痛烈に批判。バッハ氏は17、18日に広島県での聖火リレーに合わせて来日の意向を示していたが、
    4都府県での緊急事態宣言の延長が見込まれることや、歓迎ムードにないことなどから来日を見送る可能性が出てきた。

    新型コロナ禍での五輪開催に否定的な報道が相次ぐ米国で、ワシントン・ポスト(電子版)が5日、
    バッハ会長を「ぼったくり男爵」と呼び開催を強要していると主張するコラムを掲載した。
    貴族出身者が多いIOC委員を「地方行脚で食料を食い尽くす王族」と皮肉り、「開催国を食い物にする悪癖がある」と主張した。

    コラムでは大会開催を前進させている主な要因を「金だ」とした。IOCは収益を得るための施設建設やイベント開催を
    義務付け、「収益のほとんどを自分たちのものにし、費用は全て開催国に押し付けている」と強調。コロナ禍で開催に向けて
    腐心する日本政府に対しても、五輪を中止する「損切り」を訴えかけた。

    同紙では日本の世論調査で7割以上が中止・再延期を求めている現状や、多くの医療従事者に負担を強いることなども指摘。
    「コロナの世界的大流行の中で国際的なメガイベントを主催することは不合理な決定」と断言し、
    「五輪のキャンセルは苦痛だが、スッキリする」と結んだ。4月にもニューヨーク・タイムズ紙では
    「一大感染イベント」と指摘し、今月3日にはサンフランシスコ・クロニクル紙が「開催されるべきではない」と主張した。

    バッハ氏に対しては、開催に懐疑的な国内世論との溝は深まっている。4月に緊急事態宣言が発令された際には
    「五輪とは関係がない」と発言し、国民感情とかい離した言動が目立つ。

    組織委幹部は「IOCが国民感情を無視していることはなく、むしろ独自にアンテナを張り極めて敏感に
    国民感情を理解している」と擁護するが、昨秋以来となる今月17日のバッハ会長の来日については
    「見送る可能性はある」という。広島県内での聖火リレーや、開催2か月前の会場視察などが目的となるようだが、
    今後に4都府県での緊急事態宣言の延長が見込まれることもあり、「来れば国民感情を逆なでする。
    口を開けば集中砲火を浴びる」と懸念した。

    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1620341346/
    1が建った時刻:2021/05/07(金) 06:25:09.82


    【【ぼったくり男爵】IOCのバッハ会長、5.17来日見送りも。米紙からの痛烈批判受け★3 [記憶たどり。★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 Felis silvestris catus ★ :2021/05/02(日) 07:40:40.06

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7ac33ff2d59b7f24d665e93f79ed975414007e81
     日米共同声明に「台湾」の文字が52年ぶりに書き込まれ、あらためて注目される日米vs中国の構図。日米が連携して中国の武力による台湾統一を抑止する狙いだが、思惑通りに行かないのが世の常である。抑止が破られることはないのか。

    【写真】「ポンコツ戦闘機」F35、こんなに買っちゃって本当に大丈夫?

     日米と中国が互いに牽制する「インド太平洋」は、世界の貿易量の約5割、またGDPの約6割を占める重要な地域だ。東方の危機を見過ごせば、欧州にも類が及ぶ。早速、英国が空母打撃群のインド太平洋派遣を表明。フランス、ドイツも軍の派遣を進めている。

     英国防省は4月26日、空母「クイーン・エリザベス」を中核とする空母打撃群を5月から数カ月間、インド太平洋に派遣すると発表した。空母打撃群は空母1隻、駆逐艦2隻、フリゲート艦2隻、潜水艦1隻、補給艦2隻で編成される。

     クイーン・エリザベスは英海軍史上最大の空母で、垂直離着陸ができる米国製のF35B戦闘機を最大36機搭載する。2017年の就役後、初の本格的な航海となる。地中海からインド洋を通って太平洋へ向かい、日本のほか、米国、韓国、インドとの共同演習が予定されている。
    空母打撃群派遣の背景にあるもの

     空母打撃群の派遣は、英政府が3月16日に発表した欧州連合(EU)離脱後の安全保障や外交に関わる方針を包括的にまとめた「統合レビュー」を受けたものだ。

     5部構成の「統合レビュー」は、「中堅国家(ミドルパワー)の成長による影響が2020年代に増大する。インド太平洋は地政学的、経済的な重要性が複数の国家により増していく」とし、インド太平洋の域内国との2国間あるいは多国間の親密なパートナーシップを長期にわたり、確立していく重要性を強調している。

     そのための方策として、海軍によるプレゼンスの顕示や東南アジア諸国連合(ASEAN)などへの関与を挙げた。空母派遣は、まさに「海軍によるプレゼンスの顕示」に当たる。

     クイーン・エリザベスが完成したばかりの2017年8月16日、当時のテリーザ・メイ首相は飛行甲板に立ち、乗組員を前に「この艦は、英国が今後数年間、世界を舞台に新しく前向きな任務を、自信を持って遂行する明確なシグナルとなる。私たちは完全なグローバルパワーとしてあり続けることを決断した。世界中の友好国や同盟国と協力しながら活動することになる」と演説し、英海軍の艦隊を派遣して世界秩序の安定に貢献する考えを表明した。

     演説から間もない8月31日、メイ首相は日本を訪問して当時の安倍晋三首相と会談し、日英安全保障共同宣言を発表した。日英が地球規模の戦略的パートナーシップを構築し、次の段階にまで引き上げることを約束したのである。

     まさに東方回帰。英国は第2次中東戦争での失敗や財政の悪化により、1968年に「スエズ以東からの撤退」を表明。中東やアフリカ、東南アジアに駐留していた英軍は一斉に撤収した。それが一転してインド太平洋へ回帰する。この積極性はどこから来ているのか。
    次ページは:英国「インド太平洋」関与の狙い

    (略)


    【まるで太平洋戦争前夜…? 日米vs中国の「インド太平洋」に英仏独が軍派遣する事情 現代ビジネス [Felis silvestris catus★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.kantei.go.jp)



    1 スタス ★ :2021/04/18(日) 08:03:12.19

    ・2021年4月17日、菅総理とバイデン大統領が日米首脳会談を開催。その後に開かれた共同記者会見で、菅総理が米メディアの記者からの質問を完全に無視・排除するハプニングが発生した。

    ・米メディアの記者は、菅総理に「公衆衛生の専門家が『準備ができてない』というのに五輪をやるのは無責任ではないか?」と質問。バイデン氏が菅総理に答えるように促すも、菅総理は「…じゃあ、次は共同通信の方お願いします」と日本の記者を指名し、あからさまに完全に無視。菅総理による海外での常軌を逸した極めて非礼で身勝手な対応に、日本国民からも驚きや怒りの声が噴出している。

    詳細はソースにて
    https://yuruneto.com/suga-musi/
    【あちゃ~】菅総理、日米共同記者会見で米メディアからの質問を完全無視&排除!米記者「公衆衛生の専門家が『準備ができてない』というのに五輪をやるのは無責任では?」菅「じゃあ、次の方で」!
    2021.04.17

    参考)

    https://www.dailyshincho.jp/article/2020/10070556/?all=1
    「伊藤詩織さん」が「TIME」の100人に選出 “逮捕もみ消し”は菅総理の側近で…
    国内 社会 週刊新潮 2020年10月8日号掲載

    以上

    前スレ

    【日米共同会見】菅義偉、無視! 米記者「五輪強行は無責任では」→バイデン大統領、菅に答えるよう促す→菅「じゃあ次は共同通信」 [スタス★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618694433/


    【【日米共同会見】菅義偉、無視! 海外記者「五輪強行は無責任では」→バイデン大統領、菅に答えるよう促す→菅「じゃあ共同通信」★2 [スタス★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.nippon.com)



    1 ボラえもん ★ :2021/04/18(日) 00:17:56.34

     16日の日米首脳会談で、バイデン氏は「唯一の競争相手」とする中国への対抗意識を鮮明にした。
    共同声明には、中国への配慮で長らく言及してこなかった「台湾海峡の平和と安定」の文言を盛り込んだ。
    強硬なバイデン政権の対中政策に、日本はどこまで歩調を合わせられるかが、今後の焦点になる。

     バイデン大統領は記者会見の冒頭で「我々(日米)は中国からの挑戦を受けて立つためにともに取り組む」と発言。
    菅首相がつかった「中国が及ぼす影響」よりも強い言葉で、中国に対する強いライバル意識をにじませた。

     さらに、「21世紀においても、民主主義は競争し、勝利することができると証明するため、ともに取り組んでいく」とし、
    日本と協力して中国との競争に打ち勝つという姿勢を鮮明にした。

     発足から約3カ月、コロナ禍で対面での首脳会談を避けてきたバイデン氏にとって、菅氏は初の直接会談の相手になった。
    「厚遇」の背景には、軍事、経済、技術開発にわたる中国との競争で、日本の役割を拡大させたいとの狙いが透ける。

    ■「ジョー」と「ヨシ」、今後どうなる?

     バイデン氏は、中国を念頭に「専制国家」という言葉を使う一方で日米についてはアジア太平洋地域の
    「二つの強い民主主義国」「重要な民主主義国家」と表現した。
    「民主主義国家」陣営対「専制主義国家」陣営の競争で、日本が重要な位置を占めることも印象づけた。

     焦点の一つだった台湾問題は、共同文書で明文化された。
    菅氏は「台湾海峡の平和と安定の重要性については、今回改めて確認した」と、記者の質問に答える形で述べたが、バイデン氏は言及しなかった。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/03f1dbb69484008c69fd30ca3ca541a310a2e1f6

    ★1が立った時間:2021/04/17(土) 16:27:30.57 
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618662648/


    【【米国】バイデン大統領「中国からの挑戦、受けて立つ。民主主義が勝つことを証明する」 ★6 [ボラえもん★]】の続きを読む

    このページのトップヘ