all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 民間調査

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.city.minato.tokyo.jp)



    1 緑の人 ★ :2020/06/30(火) 12:12:00.01

    都内の有権者を対象の調査

    政党支持と投票予定先の関係を見ると、自民、公明の与党支持層の大半が小池氏への投票を予定しているのに対し、
    野党支持層の投票予定先は分散している。
    立憲民主、国民民主両党の支持層の投票予定先トップはいずれも小池氏だった。

    共産党支持層では宇都宮氏、
    れいわ新選組支持層では山本氏がそれぞれ首位を確保した。

    ・小池氏は
    自民支持層の7割、公明支持層の8割超を固めた。加えて立民支持層の5割、国民支持層の6割に浸透。
    全体の4割超を占める支持政党なし層でも、6割を押さえた。
    政党の推薦を受けない戦術が奏功し、幅広い支持を得ている。自民、公明は実質支援を打ち出しているが、表立った応援はしていない。

    ・立民、共産、社民の3党が支援する宇都宮氏は
    共産支持層の6割を固めるが、立民、社民の支持層ではそれぞれ2割程度。野党3党の統一候補として十分に認知されていない。

    ・山本氏は
    自身が率いるれいわの支持層の6割に加え、日本維新の会支持層にも食い込む。
    立民と国民の1~2割も取り込んでおり、宇都宮氏と野党支持層を奪い合う。野党共闘の不調が調査結果に表れた。

    ・小野泰輔氏は
    推薦を受ける維新の支持層でも1割程度にとどまる。NHKから国民を守る党推薦の立花孝志氏は伸び悩んでいる。
    全体の3割弱が投票先をまだ決めておらず、情勢は今後、変化する可能性がある。


    (出典 static.tokyo-np.co.jp)

    【調査の方法】
    6月26~28日、都内の有権者を対象にコンピューターで無作為に選んだ番号に電話をかける方法で行い、
    実際に有権者がいる家庭につながった1457件のうち1030人から回答を得た。
    各設問の回答の比率は小数点以下第2位で四捨五入しており、総計が100%にならない場合がある。
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/38679


    【【世論調査】都知事選は誰に投票するのか?! - 東京新聞 [緑の人★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 the-ans.info)



    1 孤高の旅人 ★ :2020/06/29(月) 05:46:03.17

    東京都民、五輪「来夏開催」が35% 朝日新聞世論調査
    2020年6月28日 21時53分
    https://www.asahi.com/articles/ASN6X6RT6N6XUZPS004.html?iref=comtop_8_03

     朝日新聞社が27、28日に実施した東京都知事選の情勢調査と同時に実施した世論調査で、来夏に延期された東京五輪・パラリンピックの開催についても聞いた。どのようにするのがよいか3択で聞くと、「来夏に開催」は35%、「再延期」は28%、「中止」は31%と、意見が割れた。いずれの意見の有権者も、支持する候補では小池百合子氏が最も多かった。

     新型コロナウイルスをめぐる東京都の対応については「評価する」は63%で、「評価しない」の29%を上回った。

     今後のコロナ対策で、知事に、より力を入れてほしいことを選んでもらうと、「感染拡大の防止」64%が、「経済の活性化」26%より多かった。

    調査方法
     27、28の両日、コンピューターで無作為に作成した固定電話番号に調査員が電話をかけるRDD方式で、都内の有権者を対象に調査した。有権者がいると判明した2294世帯のうち、1326人の有効回答を得た。回答率は58%。


    【【朝日新聞世論調査】東京都民、東京五輪「来夏開催」が35% 「中止」が31% 「再延期」が28% [孤高の旅人★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年〈昭和29年〉9月21日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(9期)、内閣総理大臣(第90・96・97・98代)、自由民主党総裁(第21・25代)。自由民主党幹事長(第38代)、内閣官房長官(第72代)等を歴任した。
    336キロバイト (49,190 語) - 2020年6月22日 (月) 12:46



    (出典 news.1242.com)



    1 蚤の市 ★ :2020/06/23(火) 09:02:13.04

     朝日新聞社が20、21日に実施した全国世論調査(電話)では、安倍晋三首相の自民党総裁4選も尋ねた。党の決まりを変えて4期目も続けることについて、「反対」69%(2月調査は60%)、「賛成」19%(同25%)で、2月と比べて反対が増えた。自民支持層でも「反対」54%(同43%)が、「賛成」36%(同46%)を上回った。無党派層では「反対」が72%(同66%)で、「賛成」13%(同14%)だった。

    世論調査―質問と回答 〈6月20、21日実施〉

     安倍首相の次の自民党総裁に誰がふさわしいと思うかを尋ねたところ、石破茂氏が31%(同25%)と最多で、2月よりも支持を伸ばした。小泉進次郎氏15%(同14%)、河野太郎氏9%(同8%)、岸田文雄氏4%(同6%)、菅義偉氏3%(同5%)、茂木敏充氏1%(同1%)と続き、加藤勝信氏は1%に満たなかった(同1%)。「この中にはいない」は31%(同32%)だった。

     自民支持層でも石破氏29%(同22%)がトップで、小泉氏17%(同17%)、河野氏12%(同10%)、岸田氏7%(同8%)と続いた。菅氏5%(同8%)、茂木氏1%(同2%)、加藤氏は1%に満たなかった(同1%)。「この中にはいない」は23%(同26%)だった。

     年代別にみると、50代と60代のそれぞれ4割が石破氏と答えた。小泉氏は18~29歳では石破氏を上回った。

    布マスク「役に立たなかった」81%
     朝日新聞社が20、21日に実…(以下有料版で、残り503文字)

    朝日新聞 2020/6/23 7:30
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASN6Q739FN6QUZPS009.html?iref=sptop_8_03


    【【朝日世論調査】安倍首相の総裁4選「反対」69%と増加 [蚤の市★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年〈昭和29年〉9月21日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(9期)、内閣総理大臣(第90・96・97・98代)、自由民主党総裁(第21・25代)。自由民主党幹事長(第38代)、内閣官房長官(第72代)等を歴任した。
    336キロバイト (49,193 語) - 2020年6月17日 (水) 19:03



    (出典 iwj.co.jp)



    1 孤高の旅人 ★ :2020/06/18(木) 12:09:40.93

    安倍晋三内閣の支持率はまさかの「21.6%」――文春オンライン6月調査
    6/18(木) 6:00配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7359e1d77c21033cb9afda170b2c001acbeadc9e

    「ポスト安倍」人気に異変 安倍首相は3位転落、1位は石破茂、では2位は?――「次期首相」アンケート から続く

    『文春オンライン』では、緊急アンケート「安倍晋三内閣を支持しますか?」「次期首相になってほしいのは誰ですか?」を実施。4日間(6月2日~5日)で投票総数は1018票、10代~90代の幅広い世代の男女から回答が集まった。ここでは、内閣支持率の結果を発表する。( #1で「ポスト安倍」人気アンケートの結果を公開中 )

    ◆◆◆

    「安倍晋三内閣を支持しますか?」の結果は、「支持する」(220票/21.6%)、「支持しない」(798票/78.4%)と現政権に辛辣な結果に。

     5月末~6月に発表された各社の支持率は朝日新聞29%(不支持52%)、共同通信39.4%(不支持45.5%)、産経新聞36.4%(不支持52.5%)と軒並み急落していたが、今回の調査ではさらに“辛め”な数字となった。

     政治ジャーナリストの後藤謙次氏は次のように分析する。

    「政権を担うリーダーはこういう危機の際はむしろ“強くなる”ものです。ドイツのメルケル首相は支持率が一時80%に達し、多数の感染者・死者を出したイタリア・コンテ首相ですら支持を伸ばしました。

     特に安倍首相にとって減点の対象となったのは、危機における『発信力』でしょう」

     これまでのところ、日本では新型コロナウイルスによる感染者数、死者数ともに欧米諸国に比べると極端に少ないが、リーダーによる“伝え方”で差が出てしまったか。

     <【前回】 #1 「ポスト安倍」レースに異変 安倍首相は3位転落、1位は石破茂、では2位は? >
    <【続き】 #3「ポスト安倍」人気1位 “石破茂総理”誕生への条件は? >
    <【続き】 #4 「ポスト安倍」人気4位 河野太郎にブロックされた私が痛感した「太郎が首相になるために足りないもの」 >

    「ポスト安倍」人気1位 “石破茂総理”誕生への条件は? そして自民党最大の対抗馬は誰か? へ続く

    ★1:2020/06/18(木) 07:03:34.53
    前スレ
    【文春世論調査】安倍晋三内閣の支持率はまさかの「21.6%」不支持率「78.4%」 ★3 [孤高の旅人★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1592443235/


    【【文春世論調査】安倍晋三内閣の支持率はまさかの「21.6%」不支持率「78.4%」 ★4 [孤高の旅人★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    住友銀行内のシンクタンク部門を移管し、(旧)『株式会社日本総合研究所』に社名変更。総合研究本部を新設。 1989年12月 - 資本金18億円に増資。 1993年6月 - 株式会社日本総研システムソリューション設立。 1994年11月 - 東京本社・総合研究本部を千代田区一番町に移転。 1995年4月 -
    16キロバイト (1,614 語) - 2020年3月30日 (月) 14:48



    (出典 www.heartcore.jp)



    1 影のたけし軍団 ★ :2020/06/04(木) 07:27:57.64

    枩村 秀樹 : 日本総合研究所 調査部長・チーフエコノミスト

    第2波では緊急事態宣言を避けて冷静な対策を


    新型コロナ第1波の経験を振り返ると、明らかになったことが2つあると思う。
    1つ目は新型コロナの本当の危険度が見えてきたことである。

    5月31日時点で新型コロナによる日本の死亡者は891人。これは世界的にみると非常に少ない。

    憲法上の問題もあって、米欧のような厳しい都市封鎖(ロックダウン)を行わず、
    国民の自発的協力に依拠した活動自粛策にとどまった。

    つまり、人の移動を完全に制限することはできず、新型コロナによる死亡者は米欧諸国に比べて圧倒的に少ない。

    この理由としてさまざまな仮説が出されており、本当の原因はいまだ不明である。
    感染率が低いのか、感染したときの致死率が低いのか、それさえもわかっていない。
    ただ、日本の死亡率が極めて低いことは紛れもない事実である。

    新型コロナの死亡者は米欧諸国に比べて少ないだけでなく、毎年流行する季節性インフルエンザによる死亡者をも大きく下回っている。
    50歳代まではほとんど亡くならず、高齢化に伴い死亡率が急上昇するという年齢パターンは両者同じだが、全体的に新型コロナの死亡率のほうが低い。

    2018年にはインフルエンザで3325人が亡くなったが、新型コロナによる死亡者数はその4分の1という規模だ。
    こうした情報から判断すると、新型コロナは決して脅威のウイルスというわけではなさそうだ。

    もちろん、高齢者での死亡率は比較的高いため、感染予防や重症化対策は不可欠だが、
    データを見るかぎり、若年層にとって新型コロナはリスクの低いウイルスといって差し支えない。

    国民にとっていちばん重要な情報は、死亡者の動向である。

    一般的に、「死亡者数=人口×感染率×致死率」という算式が成り立つため、
    本来、感染者は最終目標である死亡者の最小化を達成するための中間目標という位置付けである。

    しかし、新型コロナでは不顕性感染が多いため、感染者数は中間目標としての役割をまったく果たしていない。
    それなのに、感染者数に基づいて新型コロナ対策を決めるのは、国民の厚生に資するものと言いがたいのではないか。

    5月31日時点の新型コロナによる死亡者は891人。これが社会的に許容される範囲内かどうかが問題なのに、
    この点がほとんど議論されていないように思われる。結果から言えば、新型コロナ第1波による死亡者は、季節性インフルエンザよりもかなり少なかった。

    さまざまな死亡リスクと比較考量しつつ、新型コロナによる死亡者数の臨界値を決め、感染者偏重の新型コロナ対策から脱却すべきである。

    死亡者が許容範囲内に収まっているのであれば、信頼性に乏しい感染者数を重視する必要はなく、過度の活動制限も不要である。
    かえって他の要因による死者数を増やしてしまう可能性があるからだ。
    https://toyokeizai.net/articles/-/354197

    (出典 tk.ismcdn.jp)


    (出典 tk.ismcdn.jp)


    【【東洋経済】 日本総合研究所・調査部長「2018年にインフルエンザで3325人が亡くなったが、コロナによる死亡者数は891人。冷静な対策を」 [影のたけし軍団★]】の続きを読む

    このページのトップヘ