all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 国際オリンピック委員会

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 Anonymous ★ :2022/06/27(月) 19:16:47.54
    https://news.yahoo.co.jp/articles/93e62a68baea470ad420dc1d40e19a8eefd92bb7

     TBSは27日、1997年から放送を続ける人気番組「SASUKE~Ninja Warrior~」が五輪種目候補となったことを発表した。世界160以上の国と地域で放送し、現地版も20カ国以上で制作されている世界的人気番組が「近代五種」競技の一つに加えられる可能性が出てきた。

     1912年のストックホルム大会から実施されている五輪競技で、水泳、フェンシング、レーザーラン(射撃+ランニング)、馬術の5種目で争われる近代五種。長い歴史、過酷さから「キング・オブ・スポーツ」とも称される。国際近代五種連合(UIPM)は5月2日、2024年のパリ五輪後に近代五種から「馬術」を外し、新たな競技として「障害物レース」を試験導入すると発表。UIPMによると、障害物レースの五輪競技化に向けて、これまで積極的にロビー活動を展開してきた国際団体「World Obstacle」との共催で2種類の障害物レースをテストする予定だという。

     6月27、28日にトルコ・アンカラで行われる近代五種ワールドカップ・ファイナルの後に最初のテスト大会が行われるが、TBSは「SASUKE~Ninja Warrior~」の番組セットを使用できないか、とUIPM、World Obstacleからの要請を受け、大会に協力することで合意。実際にフランスやポーランドなど、欧州での現地版収録で使われている番組セットがテスト大会で使用されることになった。

     使用予定の番組セットは、「Wall Flip」「Parallel Pipes」など4種類。世界から集まる近代五種選手は、初日に使用感などを確認した上で、2日目に記録大会に臨む。参加選手の1 人、ソフィア・エルナンデス(グアテマラ)は、「障害物レースをトライすることに興奮しているのと同時に、楽しくてクールだといいなとも期待しています。難しいのではと少し緊張もしますが面白いと思うし、参加者にとってよい機会になると思います。私は『SASUKE~Ninja Warrior~』の番組視聴者で、タフなコースをクリアする出場者にいつも感心しています」と大会に向けての期待を寄せている。

     アンカラ大会を含め、複数回行われるテストを経て12月のIOC(国際オリンピック委員会)理事会で正式競技として採択されれば、2028年ロサンゼルス五輪から「SASUKE~Ninja Warrior~」が五輪競技となり、人気テレビ番組が五輪競技化という異例の変貌を遂げることになる。

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1656318860/

    【【速報】TBS人気番組「SASUKE」が五輪種目候補に ★2 [Anonymous★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    橋本 聖子(はしもと せいこ、1964年〈昭和39年〉10月5日 - )は、日本の政治家、元スピードスケート・自転車競技選手。参議院議員(5期)、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長。戸籍名は、石﨑 聖子(いしざき せいこ)。 スピードスケートおよび自転車競技でオリンピッ
    38キロバイト (4,144 語) - 2022年1月19日 (水) 09:14



    1 スペル魔 ★ :2022/02/04(金) 00:41:49.51

    橋本聖子会長 2030年冬のオリンピック札幌大会招致に意欲
    2022年2月3日 21時12分

    北京で行われたIOC=国際オリンピック委員会の総会のあと、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長はNHKの単独インタビューに応じ、2030年の冬の札幌大会の招致について「開催能力の高い札幌でもう1度オリンピックができるよう努力していきたい」と意欲を示しました。

    東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本会長は、3日に行われたIOC総会で東京大会の最終報告を行いました。

    報告を終えた橋本会長はNHKの単独インタビューに応じ、北京大会における新型コロナウイルスの対策について「オミクロン株は感染力が高いので東京大会以上のことをやっていかないといけない。厳しい対策は当然だと感じているし、アスリートや関係者のために我慢しないと全体の成功につながらない」と述べました。

    そして、2030年の冬のオリンピック・パラリンピックの札幌招致について複数のIOC委員と個別に話したことを明らかにしたうえで「しっかりコンセプトを出すようにというアドバイスや応援の声をいただいた。今後もそのような話はしていきたい」と意欲を示しました。

    招致をめぐっては、札幌市が来月までに市民や道民を対象とした意向調査を行い、招致するかどうか最終的に判断することにしていて「地元の皆さんに理解していただき開催しようと言っていただくことがなによりの力だ。開催能力の高い札幌でもう1度オリンピックができるよう努力していきたい」と話していました。

    また、橋本会長は開幕を4日に控えた北京オリンピックに出場する日本選手たちに向けて「史上最強だと思っているので、冬のオリンピックでこれまでで最も多いメダルの数を上回る力は持っている。期待して見たい」とエールを送りました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220203/k10013465881000.html
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1643894524/


    【【五輪】橋本聖子「札幌でもう1度オリンピックを」30年の冬季五輪招致に意欲 ★2 [スペル魔★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/01/01(土) 06:07:42.07

    時計2022/1/1 06:00

     2030年以降の大会招致に関心を示す都市や国
     札幌市が招致を目指す2030年冬季五輪を巡り、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長らと日本側が今後の開催地選定の日程などについて21年12月に水面下で協議していたことが31日、分かった。
    複数の関係者によると、IOCによる候補地の一本化の時期は現時点で22年夏から冬ごろと見込まれている。札幌は開催実績や運営能力への評価が高く本命視されており、同年中に事実上、開催が内定する可能性もある。住民の支持を得られるかどうかが鍵となる。

     1972年以来となる2度目の冬季五輪開催を目指す札幌は、3月にも北海道全域を対象に招致の是非を問うアンケートを実施する予定。

    https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/202201/0014956890.shtml


    【【五輪】 2030年冬季五輪、年内にも内定 札幌本命、IOCと協議 [朝一から閉店までφ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 ネトウヨ ★ :2021/11/11(木) 23:01:09.55

     驚くなかれ。

     まもなく“札幌五輪”の開催内定が発表される。

     かの地が開催地に立候補していたことすらご存じない方もいるだろう。

     1964年東京五輪の8年後にあたる72年に開催された札幌冬季五輪は、日の丸飛行隊の活躍などで大いに盛り上がった。今回も札幌は、2020年東京大会が決まった後、30年冬季大会開催地に立候補していた。

    「開催地選びは、過熱する招致活動が汚職の温床になるとの批判から、東京五輪を最後に投票制は廃止。今はIOCの作業部会で決める地味な方式になりました」

     とJOC関係者が語る。

     他に手を挙げているのは、アメリカのソルトレイク、スペインのピレネー・バルセロナ、そしてウクライナ。しかし、
    「ソルトレイクは34年大会の方に注力し、ウクライナは紛争地で非現実的。都合、バルセロナとの一騎打ちですが、インフラ等で札幌が有利。加えて、東京五輪が無観客で中途半端に終わったため、“札幌で日本にリベンジの機会を”との気運が高まっているのです」(同)

     そういえば、東京2020全日程終了翌日の会見で、橋本聖子組織委員会会長が“札幌”について触れ、

    「もしまた組織委会長の依頼があれば、ぜひ受けさせていただきたい」

     と語った。30年は9年も先の未来。鬼が笑う……というのがこの発言を聞いた人たちの感覚だっただろう。ところが、先の関係者曰く、

    「早ければ今月末には“札幌内定”が全世界にアナウンスされることになります」

    大きな障壁が

     開催地は7年前に決めるのが慣習だったが、近年は早めに決める傾向にある。今年7月に東京で行われたIOC総会では、オーストラリア・ブリスベンが32年夏季大会開催地に決定した。IOC内部では“32年が決まったのに、30年が決まらないのは何事か”と苛立つ声もあるのだとか。

    「そういうわけで、来年2月に北京で行われる総会で30年大会の開催地を正式決定する流れになったのです。それには年内に理事会で承認する必要があり、日程的には、作業部会は11月末に“最優先候補地”を選定、つまり内定を出さないといけなくなるのです」(同)

     だが、ここで大きな障壁が立ちはだかる。

    「開催には“政府の財政保証”が不可欠。それを岸田首相が出せるのか。東京五輪の決算がどうなったのか、明確な説明もないなかで、はたして国民が賛同してくれるでしょうか」(同)

    https://www.dailyshincho.jp/article/2021/11101059/?all=1


    関連
    【悲報】札幌市、2030年冬季オリンピック招致を目指す 開催計画最大の売りは「コンパクト五輪」 ★5 [ネトウヨ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1636327470/


    【【号外】札幌五輪、開催内定 【コンパクト五輪】 [ネトウヨ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 あずささん ★ :2021/08/17(火) 07:15:47.35

    パラリンピックの開幕を1週間後に控え、その運営方法を決める政府、東京都、大会組織委員会、国際パラリンピック委員会(IPC)による4者協議が16日行われ、全会場での無観客開催が決定した。一方で子供たちが自治体、学校単位で集団観戦する「学校連携プログラム」については、共生社会実現に向けた教育的観点から、保護者等の意向を踏まえ自治体や学校設置者が希望する場合にのみ実施できることになった。新型コロナの感染者が増大。東京都の「緊急事態宣言」の延長と、茨城、栃木、群馬、静岡など7府県の「緊急事態宣言」の追加発出が行われるという緊迫した状況においての「学校観戦許可」には矛盾や疑念が残る。ネット上でも批判が飛び交っている。

    五輪前より新型コロナ感染状況は悪化
    果たしてパラリンピック観戦の教育的意義は子供たちへの感染リスクを上回ることなのか。大会組織委員会は、政府、一都3県の知事との協議を行い「一律無観客開催」という方針を固めた上で、パラリンピックの4者協議に臨み、IPCとその方針で合意した。 
    先の五輪では「緊急事態宣言」が発令されていなかった静岡では人数制限をかけた上で自転車競技が有観客で実施されたが、今回は静岡が「緊急事態宣言」の発出を政府に求めている状況のため、「すべての競技においてより厳しい措置として無観客、路上競技は沿道の自粛を求める」(橋本聖子・組織委員会会長)と決定された。
    だが、一方で五輪とは違う決定もなされた。
    「保護者の意見を踏まえ、自治体、学校設置者が希望する場合、新型コロナの安全対策を講じた上」という条件付きながら学校観戦が認められたのだ。パラリンピック観戦には、共生社会を実現するための教育的意義が大きく、将来、子供たちが「ダイバーシティ&インクルージョン」を実現するために役立つとの判断だ。
    その決定には3つの矛盾と疑念が浮かぶ。
    一つ目は五輪でダメだったものがなぜパラでは認められるのかという点だ。五輪では茨城だけで学校観戦は認められたが、都内も含めた他地域での学校観戦は認められていなかった。しかも五輪開催前に比べて、東京都では、16日も月曜日としては過去最多となる2962人の新規感染者が報告されるなど、一都3県において感染状況は悪化。東京都の専門家が「制御不能で災害レベルの非常事態だ」と指摘するほどであるにもかかわらず、逆に学校観戦が許可されたことに大きな矛盾を感じる。しかも、子供たちはワクチンを接種していない。(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/THE PAGE
    https://news.yahoo.co.jp/articles/db8432985074a77ba40294e01641cf6101b5483e


    【【東京五輪】パラリンピック「無観客開催だが学校観戦OK」に3つの矛盾 [あずささん★]】の続きを読む

    このページのトップヘ