all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 音楽

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    齊藤 京子(さいとう きょうこ、1997年〈平成9年〉9月5日 - )は、日本のアイドル、ファッションモデルであり、女性アイドルグループ・日向坂46のメンバー、『ar』のレギュラーモデルである。東京都出身。身長155cm。血液型A型。 中学生の頃から歌手になる事が夢であり、夢の実現の為に努力してき
    44キロバイト (5,533 語) - 2021年2月22日 (月) 16:11



    (出典 auctions.c.yimg.jp)



    1 ゴン太のん太猫 ★ :2021/02/22(月) 17:42:07.38 ID:CAP_USER9.net

    https://ascii.jp/elem/000/004/045/4045078/
     ハイデイ日高が運営する中華料理チェーン「日高屋」は2月22日、公式Twitterアカウントにて、日向坂46のメンバー、齊藤京子さんを「チゲ味噌の天使」に任命することを発表。
    日高屋のYouTubeアカウントで、任命式の動画が配信されました。

     齊藤京子さんは日向坂46きってのラーメン通であるばかりでなく、日高屋の人気メニュー「チゲ味噌ラーメン」を愛してやまないことを、数々のテレビ番組やメディアで公言。
    好きなラーメンの第1位に挙げることもあり、その愛情はファンの間でも有名です。

     日向坂46の冠バラエティ番組である「日向坂で会いましょう」においても、自身がカップラーメンをプロデュースするなら、
    日高屋のチゲ味噌ラーメン味(辛味オイル付き、調理時間4分30秒、590円)にしたいと語るほどでした(なお、MCのオードリーの2人に「問題になるぞ」とツッコまれていました)。

     動画では、ハイデイ日高の高橋均社長が、齊藤京子さんをチゲ味噌の天使に任命。
    「日高屋のチゲ味噌ラーメンを愛し、チゲ味噌ラーメンに愛され」「こちらからお願いしたわけでもないのに」などのパンチラインを散りばめた感謝状を手渡しています。

     なお、動画は3月19日までの期間限定公開となっているとのこと。7回シリーズの第1回目で、今後も動画が配信されていくようです。

     日高屋が芸能人とコラボするのは異例であり、齊藤京子さんの熱烈な想いがハイデイ日高を動かした……と言えるかもしれません。
    関東圏のきょんこいずの皆さん、おひさまの皆さんも、これを機会に、ぜひチゲ味噌ラーメンを食べてみては?


    (出典 Youtube)


    【【音楽】日向坂46・齊藤京子、日高屋の社長公認「チゲ味噌の天使」に就任 日高屋で会いましょう [ゴン太のん太猫★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    斉藤 由貴(さいとう ゆき、1966年9月10日 - )は、日本の女優、歌手、作詞家、小説家、ナレーター。本名、小井 由貴(いさらい ゆき)。 旧姓、斉藤。 神奈川県横浜市南区出身。東宝芸能所属。所属レコード会社はビクターエンタテインメント。 1984年、『少年マガジン』(講談社)第3回ミスマガジ
    79キロバイト (10,202 語) - 2021年2月16日 (火) 19:04



    (出典 storage.mainichikirei.jp)



    1 muffin ★ :2021/02/16(火) 16:54:06.32 ID:CAP_USER9.net

    https://hochi.news/articles/20210215-OHT1T50225.html

    女優の斉藤由貴(54)が、デビュー記念日の21日に歌手デビュー35周年記念セルフカバーアルバム「水響曲」を発売する。1985年のデビュー曲「卒業」などで編曲を手がけた武部聡志氏(64)がサウンドプロデュースを担当。同曲など全10曲がリアレンジ収録される。斉藤がインタビューに応じ、今作や音楽活動の思いを語った。(加茂 伸太郎)

     透明感のある歌声は色あせない。当時と変わらない原曲キーでのレコーディングに、斉藤は「キーを下げると、歌の世界観そのものが変わってしまう。昔に比べれば、高音域は苦しくなっているけど、原曲で歌えているのはうれしいですね」と笑みがこぼれた。

    「卒業」から11作連続で編曲を手がけた武部氏が、ピアノを軸としたアコースティック編成でリアレンジ。同曲を始め、連ドラ初主演作「スケバン刑事」(85年)の主題歌「白い炎」や「初戀(こい)」「情熱」など全10曲が収録される。

    「包み隠さず、ありのままの斉藤由貴を届ける」がテーマ。余計な枝葉をそぎ落とし、必要な楽器だけを使ったシンプルなアレンジに。歌声の修正もあえてかけなかった。「オリジナル音源に比べたら(音程が)少し揺れていて、欠点も見えるボーカルだと思う。それでも成立するのは武部さんのアレンジ、音の運びが完璧だから。私というボーカルを乗せた船が堅牢(けんろう)だからですよ。武部さんいわく、私の歌唱は『究極の不安定。危うさに魅力があるんだ』と。褒め言葉として言って下さるんですが、ありがたいですね」

    楽器の音入れから立ち会い、綿密にスタッフと意見交換した。熱量を持って制作に取りかかったが、当初は「及び腰だった」という。「正直に申し上げると、35年に何かやることに対して気後れがあったんです。本当にいいの? 必要ある? 50を過ぎて、いい歳(とし)じゃねえかと(笑い)。ざっくばらんに言えば、商売にならないだろう。力を借りるばかりで、自己満足になったら嫌だという気持ちがありました」

    そんなモヤモヤを吹き飛ばしたのは一通のメール。「僕にできることがあれば何でもやる。どんなことでも助けになるから声を掛けてほしい。僕がやらずに誰がやる」。武部氏からの“激励”だった。斉藤は「何かしてあげたいと思って下さる熱い気持ちがうれしかった。音頭を取って、引っ張ってくれたことがすごく大きかったです」と感謝した。

    昨年10月に「卒業」(作詞・松本隆氏)を作曲した筒美京平さん(享年80)の訃報に接した。「松本さんの詞が素晴らしいし、筒美さんの独特な美しいメロディーがあるからこその世界観かなと思います。この曲をデビューにもらえたのは私にとって宝物です。やっぱり『卒業』っていい曲ですよね」

    続きはソースをご覧下さい


    (出典 hochi.news)


    (出典 hochi.news)


    (出典 hochi.news)


    【【音楽】斉藤由貴、35年経っても「やっぱり卒業はいい曲」嫌だったアイドル時代デビュー曲 [muffin★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 img.imageimg.net)



    1 湛然 ★ :2021/01/31(日) 05:57:02.02 ID:CAP_USER9.net

    人気ユーチューバーのピアニスト、ハラミちゃん 原点は「小学校の音楽室」
    1/30(土) 10:23毎日新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8f0289b2ca91c73aa1c1ef5215b0b783a1118c58
    ストリートピアノで人気のユーチューバー、ハラミちゃん=東京都千代田区で2021年1月8日、梅村直承撮影

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



     動画投稿サイト「ユーチューブ」で情報を発信する「ユーチューバー」。ピアニストのハラミちゃんは、駅や役所などに置かれ、誰でも自由に弾ける「ストリートピアノ」の演奏動画で知られるユーチューバーだ。動画の総再生回数は2億回を超え、テレビ番組やコマーシャルにも多数出演している。毎日小学生新聞は、音楽の魅力やピアノへの思いを、ハラミちゃんに聞いた。【長岡平助】

     「こんな形で夢がかなうなんて」

     ハラミちゃんが最初に動画をアップしたのは、2019年6月だった。

     ピアニストを目指して音楽大学に進んだものの、プロになるのは難しいと夢を諦めたハラミちゃん。卒業して会社員になったが、体調を崩して少し休んでいた。そのとき会社の先輩が誘ってくれたのが、東京都庁にあるストリートピアノで、弾いたのはロックバンド「RADWIMPS」の「前前前世」だった。

     「ノリでアップした」動画は楽しげな様子が話題になり、「元気が出た」「癒やされた」と多くのコメントが寄せられた。以来、ハラミちゃんは日本各地でポップスやアニメソングなどさまざまな曲を演奏し、400本以上の動画をアップ。CDが発売されるなど、プロの仲間入りを果たした。

     4歳でピアノを始めたハラミちゃんは、小学生のころ「毎日6~8時間」練習をしていた。楽しさの一方で「親の期待を裏切れないという思いもありました」。そんな中で「幸せ」を感じたのが、休み時間の音楽室だった。

     「ドラマの主題歌『青春アミーゴ』やアニメ『千と千尋の神隠し』の『いつも何度でも』などを演奏したら、たくさんの人が集まって聴いてくれました。あのときの幸せな気持ちが、現在につながっています」

     ハラミちゃんは演奏の際、弾く場所や聴く人に応じて、曲を選んだりアレンジしたりしている。「ピアノというと、かしこまった印象がありますが、聴くのも弾くのも楽しいということを知ってもらえれば」と話す。

     「いつかピアノがもっと身近な存在になって、『習い事』ではなく、読書や映画鑑賞のように『趣味』として挙げられるようになればいいなと思います。そのためにも私は『日本で一番身近なピアニスト』を目指したいです」

     ◇一問一答

     Q ストリートピアノの魅力は?

     ハラミちゃん 場所によって道行く人の個性も、弾くピアノも違います。そこで見ず知らずの人とピアノの楽しさをシェアして、そこでしか、その瞬間でしか作れない幸せな空間を作るのがストリートピアノの魅力だと思います。

     Q 演奏で一番印象的だったことは?

     ハラミちゃん 川崎市のストリートピアノを弾いたとき、近くにいた中学生か高校生くらいの女の子から「木蘭の涙」という曲をリクエストされました。亡くなったお母さんが好きだった曲だと明かしてくれて、弾いている間にその子が泣いて、私も曲を通して思い出を共有して泣きました。

     Q ピアノを上達させるコツは?

     ハラミちゃん 自分の音を聴くことだと思います。弾くことだけに集中して耳がオフの人と、弾きながら自分の音を聴いている人とでは音色が違います。自分の音を意識しながら弾くと、上達が早いと思います。


    【【音楽】人気ユーチューバーのピアニスト、ハラミちゃん 原点は「小学校の音楽室」 [湛然★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    早川 聖来(はやかわ せいら、2000年8月24日 - )は、日本のアイドル、女優であり、女性アイドルグループ・乃木坂46のメンバーである。大阪府出身。身長164 cm。血液型はA型。 5歳から18歳まで、クラシックバレエを習っていた。中学生時代には、バレエを続けるために、活動の負担が少ない英語部
    18キロバイト (1,848 語) - 2021年1月17日 (日) 09:28



    (出典 www.rbbtoday.com)



    1 ゴン太のん太猫 ★ :2021/01/19(火) 12:29:27.38 ID:CAP_USER9.net

    https://mantan-web.jp/amp/article/20210118dog00m200067000c.html
    アイドルグループ「乃木坂46」の新曲「Out of the blue」のミュージックビデオ(MV)が1月19日、公開された。

    同曲は、1月27日発売の26枚目のシングル「僕は僕を好きになる」初回仕様限定盤タイプDに収録されるカップリング曲。グループの4期生の楽曲で、センターを早川聖来さんが務める。

    MVは昨年10月上旬に静岡県伊豆で撮影。「MVの撮影前夜に、宿泊先でメンバー同士の枕投げが始まってしまった」というストーリーで、遠藤さくらさんや北川悠理さんらメンバーたちが浴衣やパジャマ姿で思い切り枕投げする姿を収めている。

    ダンスパートでは、「誰でも踊りやすい」がコンセプトのダンスパフォーマンスを披露している。

     ヒップホップユニット「Creepy Nuts(クリーピーナッツ)」の「かつて天才だった俺たちへ」などで知られる映像ディレクターデュオ「N2B」が手がけた。

    (出典 Youtube)


    【【音楽】乃木坂46:早川聖来センターの4期生曲「Out of the blue」MV公開 遠藤さくら、北川悠理らの浴衣、パジャマ姿も [ゴン太のん太猫★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    NiziU(ニジュー)は、日本の9人組ガールズグループ。日本のソニーミュージックと韓国のJYPエンターテインメントによる日韓合同オーディションプロジェクト「Nizi Project」で選出された日本人9名によって結成された。 日本のソニーミュージックと韓国のJYPエンターテインメントによる日韓合同
    24キロバイト (2,304 語) - 2020年12月9日 (水) 01:18



    (出典 www.lawson.co.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/08(火) 08:22:36.48 ID:CAP_USER9.net

    12/8(火) 4:00
    オリコン

    NiziUデビューシングル、女性アーティスト歴代2位となる初週売上で首位 MAKO「感謝と嬉しい気持ちで一杯」【オリコンランキング】
    NiziU「Step and a step」(ソニー・ミュージックエンタテインメント/12月2日発売)
     9人組グローバル・ガールズグループ ・NiziU(ニジュー)のデビューシングル「Step and a step」が、初週31.2万枚を売り上げ、12月8日発表の最新「オリコン週間シングルランキング」で初登場1位を獲得した。デビュー(1st)シングルでの1位獲得は6/15付のStray Kids「TOP -Japanese ver.-」以来、6ヵ月ぶり。初週売上31.2万枚は、「女性アーティストのデビュー(1st)シングルによる初週売上枚数」 歴代2位【※1】【※2】を記録し、デビュー(1st)シングルでの初週売上30万枚超えは、史上9組目【※3】 、女性アーティストでは史上2組目となった。

    【動画】休養中のミイヒも出演 NiziUデビュー曲「Step and a step」MV

     この結果を受け、リーダーのMAKOは、「私たちのデビューシングルがオリコン1位とお聞きし、感謝の気持ちと嬉しい気持ちで一杯です」と素直な気持ちを告白。また、RIOは、「私たちのデビューを待ってくださっていたファンの方々に心からお礼を伝えたいですし、オリコン1位という素敵なプレゼントをいただけて本当に嬉しい気持ちです」とファンへの感謝を述べた。

     本作は、7/13付、7/20付オリコン週間デジタルアルバムランキング1位獲得のデジタル・ミニアルバム『Make you happy』でプレデビューした、NiziUのデビューシングル。総合プロデューサーのJ.Y. Park氏が書き下ろし、タイトルのように「一歩一歩」、「自分のペースで」との思いが込められたメッセージソングとなっており、RIKUは、「私が歌っている“ゆっくり行ってもいい、休んでみてもいい”という歌詞は、まわりと比べる必要はなく自分のペースで自分らしくゆっくり前に進んでいけばいいよ、というメッセージが込められているので、みなさんにとってこの歌詞が少しでも励みになっていたらいいなと思います」と楽曲への思いを語った。

     ミュージックビデオでは、メンバーが迷いながらも前へ進もうとするストーリーや、華やかなダンスパフォーマンスが見どころ。軽やかに跳ねるステップを踏むサビ部分の「うさぎダンス」が話題となっている。

     なおNiziUは、今月12月31日放送の『第71回NHK紅白歌合戦』に初出場することが決定。デビューから29日での出演となる。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=634&q=90&exp=10800&pri=l
    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7c881cdb04a21c15d2c103832d002d0e144e2fc0


    【【音楽】NiziUデビューシングル、女性アーティスト歴代2位となる初週売上で首位 MAKO「感謝と嬉しい気持ちで一杯」 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ