all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 皇室

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    佳子内親王(かこないしんのう、1994年〈平成6年〉12月29日 - )は、日本の皇族。身位は内親王。敬称は殿下。お印はゆうな。勲等は宝冠大綬章。 秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第2女子。明仁(第125代天皇・上皇)の孫。徳仁(第126代天皇・今上天皇)の傍系(姪)にあたる。姉に小室眞子(眞子内親王)、
    19キロバイト (2,366 語) - 2021年12月26日 (日) 15:11



    1 少考さん ★ :2021/12/29(水) 00:07:56.63

    秋篠宮ご夫妻の次女 佳子さま 27歳の誕生日
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211229/k10013408281000.html

    2021年12月29日 0時01分


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さまは、29日、27歳の誕生日を迎えられました。

    宮内庁によりますと、新型コロナウイルスの影響で多くの行事がオンラインでの開催になるなか、佳子さまは、一つ一つの活動に心を込めて臨まれました。

    このうち11月には、おととしまで姉の小室眞子さんが出席していた行事、「みどりの『わ』交流のつどい」にオンラインで初めて出席されました。

    佳子さまは、おことばを考える際、眞子さんの経験などを参考にしながら検討したということで、当日は、眞子さんが前回、着ていた洋服を身につけられました。

    また、佳子さまは、5月から全日本ろうあ連盟の非常勤の嘱託職員になり、少しでも役立てるように努められているということです。

    10月の眞子さんの結婚については、願いがかなったことをとてもうれしく思い、これからの幸せを心から願われているということです。

    ことしの佳子さまの誕生日の行事は、祖父の川嶋辰彦さんが亡くなり、母親の紀子さまが喪に服されているため、行われないということです。


    【秋篠宮皇嗣同妃両殿下の第2女子 佳子内親王殿下 27歳のお誕生日【NHK】 [少考さん★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    愛子内親王(あいこないしんのう、2001年〈平成13年〉12月1日 - )は、日本の皇族。御称号は敬宮(としのみや)、お印はゴヨウツツジ(五葉つつじ)。身位は内親王。敬称は殿下。 徳仁(第126代天皇)の第1皇女子。母は雅子(皇后)。明仁(上皇)と美智子(上皇后)の皇孫にあたる。
    37キロバイト (5,017 語) - 2021年11月30日 (火) 19:58



    1 少考さん ★ :2021/12/01(水) 03:50:03.78

    天皇皇后両陛下の長女 愛子さま 20歳の誕生日 成年皇族に
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211201/k10013368891000.html

    2021年12月1日 0時00分


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    天皇皇后両陛下の長女の愛子さまは1日、20歳の誕生日を迎え、成年皇族となられました。愛子さまは「一つ一つのお務めに真摯に向き合い、できる限り両陛下をお助けしていきたい」と感想を述べられました。

    愛子さまは、20歳の成年にあたり、文書で感想をあらわし「成年という一つの節目を無事に迎えることができましたことを嬉しく思います」と述べられました。

    そして、これまでの日々を振り返り、「様々な方と出会い、関わることを通じて、人と人とが互いに手を取り合い、交流の輪が広がっていく素晴らしさを学び、全ての経験が、今、私の財産となっています。今日に至るまで私の歩みに関わってくださった全ての方に深く感謝いたします」と記されました。

    そのうえで「これからは成年皇族の一員として、一つ一つのお務めに真摯に向き合い、できる限り両陛下をお助けしていきたいと考えております。そして、日頃から思いやりと感謝の気持ちを忘れず、小さな喜びを大切にしながら自分を磨き、人の役に立つことのできる大人に成長できますよう、一歩一歩進んでまいりたいと思います」と述べられました。

    愛子さまは、感想の最後で新型コロナウイルスに触れ「多くの方が亡くなられたことに胸が痛みます。現在も大勢の方々が厳しい生活を送られていることと案じています」と記し、「全ての方に、平穏で彩り豊かな暮らしが一日も早く訪れることを願うとともに、また以前のように皆様とお会いし、お話できるようになる日を楽しみにしております」と結ばれました。

    愛子さまの成年に伴って、1日は宮内庁の幹部らによる祝賀などがお住まいの御所で行われ、今月5日に皇居・宮殿で勲章の親授などの主要な行事が行われます。

    皇室で成年の行事が行われるのは、平成26年の秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さま以来7年ぶりで、愛子さまは今後、成年皇族として公務に臨まれます。

    成年にあたっての記者会見 来年3月第3週に
    宮内庁は、愛子さまの成年にあたっての記者会見を来年3月の第3週に行うと発表しました。

    皇族の成年にあたっての記者会見は、これまで20歳の誕生日よりも前に行われるケースが大半でした。

    しかし愛子さまは今も大学の授業をオンラインで受けていて、レポートの提出など日々の課題に忙しく取り組まれているということで、宮内庁は記者会見を来年3月の第3週に行うことにしたということです。

    これについて宮内庁は「一生に一度の会見であり、ご成年になったことをお感じになりながら、質問に対するご回答を落ち着いて考えていただくのに最も適した時期と考えられる日程とした」と説明しています。

    愛子さまの近況

    学習院大学2年生の愛子さまは、新型コロナウイルスの影響で、この1年、通学の機会はなく、引き続きオンラインでの授業を受けられています。

    在籍する文学部日本語日本文学科では、古代から現代までの日本語や日本文学を中心とした日本文化を学ぶ専攻を選んだということで、先生や友達ともオンラインで交流しながら忙しくも充実した毎日を送られているということです。

    東日本大震災の発生から10年目にあたることし、愛子さまは、震災に関する報道を目にする機会が増え、巨大な津波の映像や原発事故の様子に改めて衝撃を受けるとともに、家族や親しい人を亡くしたり住み慣れた場所を追われたりした人たちの置かれた状況に大変心を痛められている様子だったということです。

    ことしの夏に開幕した東京オリンピックとパラリンピックの各競技のもようはテレビでご覧になりました。

    愛子さまは、国境を超えて選手どうしが交流する様子が随所で見られたことに感銘を受け、パラリンピックでは、障害のある選手たちの躍動感あふれる姿やサポートしてきた人たちと喜びを分かち合う姿などが印象に残られた様子だったということです。

    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    ※関連リンク
    https://www.kunaicho.go.jp/activity/activity/02/activity02-r031201-1.html

    https://www.kunaicho.go.jp/activity/activity/02/activity02-r031201ph3.html

    ※前スレ(★1 2021/12/01(水) 00:11:01.84)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638285061/


    【愛子内親王殿下20歳のお誕生日 成年皇族に【宮内庁・NHK】 ★2 [少考さん★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    秋篠宮文仁親王(あきしののみや ふみひとしんのう、1965年〈昭和40年〉11月30日 - )は、日本の皇族。皇嗣(2019年〈令和元年〉5月1日 - )。秋篠宮家当主。御称号は礼宮(あやのみや)、お印は栂(ツガ)。身位は親王。敬称は殿下。勲等は大勲位。皇室会議議員。
    81キロバイト (10,806 語) - 2021年11月29日 (月) 04:47



    1 少考さん ★ :2021/11/30(火) 00:28:45.63

    【全文】秋篠宮さま 記者会見 | 皇室
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211130/k10013367231000.html

    2021年11月30日 0時01分

    秋篠宮さまの記者会見全文です。

    「皇室への影響」とは

    【記者】
    長女の眞子さんと小室圭さんの結婚は、皇室の儀式が行われず、一時金が支給されない極めて異例な形となりました。

    殿下は感想で、「皇室としては類例を見ない結婚となりました」、「皇室への影響も少なからずありました」とつづられました。

    「皇室への影響」とはどのようなことを指し、今回の結婚が今後の皇室にどのような影響があると思われますか。

    皇族としての「公」と一個人としての「私」など皇室そのもののあるべき姿が議論されましたが、殿下はどのようにお考えでしょうか。

    複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断された眞子さんの体調に影響を与えたと考えられる週刊誌報道やインターネット上の書き込みについて、どのように受け止めておられますか。

    【秋篠宮さま】
    それでは最初に、私たちが10月26日に出しました感想に記した皇室への影響ということからお話をしたいと思います。

    いろいろあったと思いますけれども、私が感じるのは、主に二つです。

    その一つは、今回の長女の結婚が公になって以降、様々な媒体で、私たちの家、秋篠宮家以外の皇室にも影響が出たということを感じたからです。

    例えばそのことによって、天皇皇后両陛下がどういうふうに感じているとか、細かいことは私も記憶しておりませんけれどもありましたし、それからもっとはっきりしているのは、この娘の結婚に対して、上皇后陛下がいろいろ言われたとか、こういう考えを持っているというのが週刊誌に出たりもしました。

    このことは宮内庁のホームページでも二度か三度にわたってそういうことはなかった、実際に私もそういうことを聞いたことは一度もないわけですが、なかったということを説明しているのですけれども、それでもその後も続いたということがあり、やはり負担になったことには間違いないと考えています。

    それが、一つです。

    もう一つは、結婚に当たって普通であれば行われている三つの行事ですね。

    納采の儀と告期の儀と入第の儀、この三つの行事を行わなかったことで、これは私の判断で行わなかったわけですけれども、これは元々は、皇室親族令にあるものです。

    今はもうそれはありませんので、絶対にしなければいけないというものではないわけですけれども、慣習的に行われているものであり、私は本来であればそれは行うのが適当であると考えています。

    しかし、それを行わなかったそのことによって皇室の行事、そういう儀式というものが非常に軽いものだという印象を与えたということが考えられます。

    本来であれば、その三つを行うのが繰り返しますけれども良かったと思っております。

    それが、あそこに書いた影響ということであり、その後に迷惑をかけた方々に対して申し訳なく思っているというのもそこにつながります。

    その次は何でしたか。

    【記者】
    公と私。

    【秋篠宮さま】
    公と私ですね。

    公と私、そして皇室の。

    【記者】
    はい、あるべき姿。

    【秋篠宮さま】
    あるべき姿。

    【記者】
    はい。

    【秋篠宮さま】
    皇室のあるべき姿、これは上皇陛下が言われていた国民と苦楽を共にし、そして国民の幸せを願いつつ務めを果たしていく、これが基本にあると私は思います。

    そして、それとともにやはりこう時代というのは変わっていきますので、その変化にも即した皇室であることが大切ではないかと思っております。

    そのうえで、公と私を考えますと、これは私は公は常に私に優先されるべきものだと思います。

    もちろん、例外は存在すると考えますけれども、公は私に優先されるべきものでありましょう。

    一方、それでは今の一連の御質問にあった、娘の結婚のことと、この公と私のことを合わせて考えてみますと、これはどうなんでしょう、公と私というものにうまく当てはまるものなのか、どうかという気もいたします。

    彼女は結婚するまでの間、皇族でいる間、公的なものと私的なものとの場合には、常に公的なものを優先してきていると私は思います。

    これは海外の訪問も含めてですね。

    (略)

    ※全文はソース元を参照して下さい。

    ※関連リンク
    https://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/48


    【秋篠宮皇嗣殿下の記者会見【NHK】 [少考さん★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    眞子内親王(まこないしんのう、1991年〈平成3年〉10月23日 - )は、日本の皇族。身位は内親王。敬称は殿下。お印は木香茨(もっこうばら)。勲等は宝冠大綬章。 秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第1女子で、今上天皇は伯父にあたる。妹に佳子内親王、弟に悠仁親王がいる。2021年(令和3年)現在、内親王では最年長。
    47キロバイト (6,392 語) - 2021年10月25日 (月) 15:36



    1 木枯し ★ :2021/10/26(火) 02:06:26.38

     宮内庁は25日、秋篠宮家の長女眞子さま(30)が小室圭さん(30)と26日午後に臨まれる予定の結婚記者会見について、眞子さまの体調を理由に、二人が冒頭でそれぞれ発言した後、退席すると発表した。宮内記者会などが事前に提出した質問には、その場で文書回答を配布するという。<下へ続く>

     同庁は、眞子さまが事前に提出された5問の質問を見て「誤った情報が事実であるかのような印象を与えかねないものが含まれている」と感じ、強い衝撃を受けたと説明。恐怖心がよみがえる強い不安を拭えず、眞子さまが医師と相談の上、カメラの前で記者の質問に受け答えするのは不可能だと判断したという。

     同庁は1日、眞子さまが複雑性心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断されたと発表した。

    2021年10月25日19時33分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021102501029&g=soc

    ★1 2021/10/25(月) 20:16:58.43
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1635178933/


    【【宮内庁】眞子さま、小室圭氏との結婚会見、口頭での質疑応答取りやめ 事前提出された質問に強い衝撃を受け不安を感じてるため★16 [木枯し★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    川嶋 辰彦(かわしま たつひこ、1940年〈昭和15年〉4月20日 - )は、日本の経済学者。学習院大学名誉教授。国土交通省専門委員。研究分野は空間経済学、統計学、計量経済学。学位はPh.D.(米国ペンシルベニア大学・1971年)。文仁親王妃紀子の父。 学習院馬術部大学部長であり、皇太子明仁親王一
    32キロバイト (4,404 語) - 2021年10月20日 (水) 07:56



    1 木枯し ★ :2021/10/21(木) 00:07:43.32

    秋篠宮妃紀子さまの父で学習院大学名誉教授の川嶋辰彦さんが、19日、都内の病院に緊急入院したことがわかりました。容体などはわかっていませんが、紀子さまは娘の眞子さま、佳子さまと共にお見舞いに行かれたということです。

    関係者によりますと、秋篠宮妃紀子さまの父、川嶋辰彦さんが、19日、都内の病院に緊急入院したということです。容体などはわかっていません。

    紀子さまは、19日、長女の眞子さま、二女の佳子さまと共に、急きょ病院にお見舞いに行かれたということです。お三方は、26日に小室圭さんと結婚する眞子さまが結婚報告のため皇居にある宮中三殿を参拝した後、19日午後2時半頃に病院に行かれたということです。

    紀子さまは19日午後4時には、お住まいで秋篠宮さまと共にオンラインでの公務をされていました。

    川嶋辰彦さんは学習院大学の名誉教授で、経済統計学などを専門とし、国土交通省の専門委員なども務めてきました。

    https://www.news24.jp/sp/articles/2021/10/20/07959678.html

    ★1 2021/10/20(水) 15:13:32.45
    ※前スレ
    【速報】紀子さまの父、川嶋辰彦さんが緊急入院 ★6 [木枯し★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1634732989/


    【【速報】紀子さまの父、川嶋辰彦さんが緊急入院 ★7 [木枯し★]】の続きを読む

    このページのトップヘ