all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 元タレント

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    森下 千里 (もりした ちさと、1981年9月1日 - ) は、日本の政治活動家、元タレント・元レースクイーンである。旧芸名は、森下ちさと(もりした ちさと)。最終所属事務所はビクターミュージックアーツ「Wonderwave」(2019年まで)。2020年7月現在、Six Sense Organ株式会社代表。愛知県名古屋市出身。
    22キロバイト (2,734 語) - 2021年3月14日 (日) 09:41



    (出典 idol-gazoum.net)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/14(日) 08:12:06.46

    3/14(日) 8:01
    週刊女性PRIME

    森下千里が政界へ、“ニップル姫に志村けんさんの腰元”も「グラドルの果て」転身人生
    森下千里(2008年)
    《私はオッ○イ星から来たオッ○イ王国の姫・ニップルっていうんですけどね。右乳にはαエネルギー、左乳にはβエネルギーがつまっていて。神聖なるオッ○イを商売の道具に使う日本人を滅亡させるために地球に来たっていう…》(注:「○」は編集部伏字、以下同)

     2005年公開の遠藤憲一が主演を務めた映画『オッ○イ星人』。そのヒロイン役の「ニップル姫」を演じた森下千里は当時、『週刊プレイボーイ』(2005年5月3日号)のインタビューでストーリーと自身の役どころを懸命に説明していた。

     この時、彼女は24歳。2000年にレースクイーンデビューし、その後にグラビア進出すると瞬く間にバラエティー番組でも引っ張りだこに。すでにグラドルとしての地位こそ築いていた彼女だったが、進むべき道を模索していた最中だったのかーー。

     2019年末をもって芸能界を引退し、現在はタレント時代に設立したピラティススタジオの運営などを手掛ける会社の社長を務める森下千里。そんな彼女が3月8日、久しぶりにニュースをにぎわせた。何と、次期衆議院選挙に自民党の公認候補としての出馬を、つまりは政治家デビューを目指すのだという。

     当選すれば晴れて“センセイ”になるわけだが、全国紙政治部記者は「かなり険しい道」と話す。

    「出馬を予定する“宮城県第5区”は、立憲民主党国会対策委員長を務める、同県出身の安住淳議員の地盤で1996年から8期にわたって当選。2017年の選挙では、対抗馬の自民党・勝沼栄明氏に約4万票の差をつけての圧勝劇を見せつけた。その勝沼氏が石巻市長選に“鞍替え”したことで空いたポストですが、候補者の誰もが尻込みする不落の城なのです。

     そんな折に、名前の知られた森下さんが選ばれたわけですが、なぜ、愛知県出身で宮城県とは縁もゆかりもない、さらに政治色が全くない彼女なのか(苦笑)」

     “政治色がない”という点は少々訂正した方がいいのかもしれない。所属事務所との契約を解除して以降は自身のツイッターを放置していた彼女だったが、2020年11月に約1年ぶりに再開させると、今年1月からは頻繁に更新している。

     その中で、防衛省統合幕僚監部のツイートを引き合いにしたり、中国による台湾への軍事介入、またウイグル問題にも言及しては《まずは、勉強。さらに深く知ることから》といった、これまでにはなかった政治的発言も見受けられるように。この時すでに、自民党からの“オファー”があったこととも考えられる。

     一方で、このニュースを知った、“ご意見番”になりつつある俳優の黒沢年雄が《レースクイーン・タレント…森下千里さんが議員に立候補!? おやめなさい…!?》と、自身のブログでストップをかけるなど、出馬の是非を問う声が上がっているのも事実だ。

    全文はソース元で

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/603f1869a71a44cd69b392a2010f97c1af1058a5


    【【芸能】森下千里が政界へ、“ニップル姫に志村けんさんの腰元”も「グラドルの果て」転身人生 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本の元タレント、元ファッションモデル。愛称はユッキーナ。ユニットPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクションに所属していた。2020年7月6日を以って芸能界を引退。 中華料理屋を営む家に、3人姉妹の三女として生まれた。
    28キロバイト (3,619 語) - 2021年3月7日 (日) 07:33



    (出典 img.jisin.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/17(水) 08:27:59.76

    3/17(水) 6:12配信
    週刊女性PRIME

    ヤンキーモデルとして復帰した木下優樹菜(『GALFY』インスタグラムより)

    「タピオカDM恫喝騒動」が明るみになり、2020年7月に芸能界を引退した木下優樹菜。夫の藤本敏史との離婚や、まさかの「不倫疑惑」が降りかかってから、すっかり話題にのぼることも少なくなっていたが、ここにきて新たな展開が。

     3月13日にアパレルブランド『GALFY(ガルフィー)』の「2021 Limited Collection」のモデルに起用された旨の投稿をしたのだ。

    「可愛い犬のロゴデザインがヤンキー層にヒット。『GALFY』は'90年代に最盛期を迎えました。“ヤンキーが着ている犬の服”と言えば、見覚えのある方もいるのではないでしょうか。その後、新作の販売がストップしていた時期もあったのですが、3~4年ほど前に新たなデザイナーを迎え、復活しました。近年では世界的歌姫のアリアナ・グランデが着用したことも大きな話題になりましたね」(ファッション誌ライター)

     木下、そして『GALFY』のインスタアカウントはともに、同ブランドの衣装に身を包んだ彼女の画像をアップ、そのテキストには「ファッション的治安惡化推進會」「惡犬」なるおどろおどろしいコメントを添えている。さらには「#最強の一般人」というハッシュタグも。

    フジモン とのデートを撮られたときも着用
     木下のフォロワーからは今回のモデル起用に「かっこいい」との声もあがっているが、昨年からのイメージ悪化が著しいからか、一般層からはまだ「引退したのにまたタレント活動?」「裁判は終わったのか」といった批判的な声も集まっている。木下を起用するのはリスクもそれなりに大きそうだが……。

    「引退する前には500万人いた木下のフォロワーも、現在の新アカウントでは50万人ほどと、少しパワーダウンした感も否めません。ですが、すでにいくつかのネットニュース媒体がとりあげていますし、宣伝効果はフォロワー数以上のものがあるでしょう。購買層はヤンチャな人たちが多く、ブランド側のイメージダウンも少ないでしょう」(アパレル業界関係者)

     また、木下と『GALFY』には遠からぬ縁があって、

    「まだ藤本さんと結婚する前、ふたりがコンビニに相合い傘で入っていくところを『FRIDAY』が報じています。そのときの木下さんのファッションが“ド派手なGALFYの真っ赤なジャージ”だったんです。そのインパクトが大きすぎたこともあってか、同誌ではしっかりブランド名も取り上げられていましたね。

     当時、ヤンキーキャラ全盛だったユッキーナさんはフジモンさんにも同じようなファッションをすることを求めていたとか。そういった過去も、今回の起用のきっかけになったのではないでしょうか」(週刊誌カメラマン)

     木下といえば、トラブルのあったタピオカ店のオーナーとはいまだに係争中である。タピオカ店のオーナーが和解金として1000万円を求めるなか、木下サイドは“100万円までしか出せない”と争っていることを『週刊女性』は報じている。裁判の様子は非公開だが、まだ決着したとの話も聞こえてこない。

    「木下さんはインスタアカウントを新たに開設してから、ファンとのオンライン上での交流を呼びかけたりと、自分の支持者であるフォロワーとの距離感を確かめている様子でした」(芸能プロ関係者)

     そんな動きもあってか、最近ではビジネスにも前向きになっているそうで、

    「最近ではインスタでも商品を宣伝するような投稿も見受けられるようになり、インフルエンサービジネスに舵をきった感はあります。藤本さんからも養育費は今も支払われているようですが、生活レベルはなかなか下げられませんからね。インスタのDMでオファーがきたとか。

    『GALFY』の服に関しては、若いころは好んで購入していましたが、2011年ごろから部屋着としても着るのをやめていたそうです。そこからは専属モデルを勤めていた雑誌でも“ガーリー”な系統に舵をきるようになりました。同ブランドのモデルとして“ヤンキー系”キャラを復活させた背景には、“家族のためにも仕事を頑張る”という意思表示もあるのではないでしょうか」(同前)

    全文はソース元で

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/da395109c227e9257ed18901269f81ef2232a2fa


    【【芸能】木下優樹菜、“ヤンキーモデル”で復帰していた! 再デビューのワケをブランドに直撃 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    森下 千里 (もりした ちさと、1981年9月1日 - ) は、日本の政治活動家、元タレント・元レースクイーンである。旧芸名は、森下ちさと(もりした ちさと)。最終所属事務所はビクターミュージックアーツ「Wonderwave」(2019年まで)。2020年7月現在、Six Sense Organ株式会社代表。愛知県名古屋市出身。
    22キロバイト (2,734 語) - 2021年3月14日 (日) 09:41



    (出典 www.sanspo.com)



    1 スタス ★ :2021/03/15(月) 04:31:40.22

    元タレント森下千里氏が出馬表明 次期衆院選、自民から
    https://www.asahi.com/articles/ASP3G5SXNP3GUNHB001.html

    元タレントの森下千里氏(39)が14日、次期衆院選宮城5区に自民党から立候補したい考えを明らかにした。同党宮城県連の支部会議があり、第5選挙区支部長に選ばれた。

     森下氏はこの日、同県石巻市内で記者会見し、「人のため、地域のため、国のために生きたい。それが私の生きる価値、生きる道だと思い決断した」と語った。

     森下氏は名古屋市出身。宮城から立候補する理由について、東日本大震災の被災地訪問の経験を挙げた。インフラの整備が進む一方で、元の生活に戻れない住民の声を聞いてきたという。「外見は街がきれいになっているが、(被災者の)心のケアをしっかりとしていきたい」と話した。

     森下氏はドラマやバラエティー番組などで活動し、2019年に芸能活動を引退。宮城5区には、立憲民主党の現職、安住淳・国会対策委員長が立候補を予定していて、森下氏は「胸を借りるつもりで頑張りたい」と意気込んだ。(徳島慎也)

    前スレ

    【速報】元タレント森下千里(39)が衆院選に出馬表明 宮崎県石巻市で会見 [スタス★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1615722088/


    【【速報】元タレント森下千里(39、名古屋経済大中退)が衆院選に出馬表明 宮崎県石巻市で会見★3 [スタス★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本の元タレント、元ファッションモデル。愛称はユッキーナ。ユニットPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクションに所属していた。2020年7月6日を以って芸能界を引退。 中華料理屋を営む家に、3人姉妹の三女として生まれた。
    28キロバイト (3,618 語) - 2020年12月4日 (金) 15:39



    (出典 s.rbbtoday.com)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/17(木) 07:48:56.30 ID:CAP_USER9.net

    12/17(木) 7:00
    スポニチアネックス

    ユッキーナ「自伝」出版計画 7月電撃引退も…“脱芸能人インフルエンサー”目指す
    木下優樹菜さん
     ◇激動2020 芸能編(1)

     コロナ禍にみまわれた一年。芸能界ではさまざまなニュースが紙面をにぎわせた。スポニチ恒例の年末振り返り企画「激動2020」では、芸能界を電撃引退した木下優樹菜さん(33)を取り上げる。水面下では自伝出版プランが浮上。最近では元夫FUJIWARA藤本敏史(49)と仲むつまじく過ごす様子も報じられているが、果たして復縁や芸能界復帰はあるのか――。

     芸能界を引退して、一般人として生活をおくる木下さん。元夫のフジモンがサポートしながら、2人の娘を愛情たっぷりに育てている。そんな中で水面下で進行しているのが自伝出版計画だ。周囲には「インターネット上には不確かな情報や批判的な声が多い。子供たちが将来読むことを考えて自分の人生のことをしっかり残しておきたい」と話しており、その思いをくむ形で大手出版社も動き始めているという。当初は年内に出版するプランもあった。世間からの批判の声がいまだ絶えないことに加え、タピオカ店との裁判も継続中。裁判は双方証拠提出などに時間がかかり、長期化する見込みだ。出版関係者は「芸能界を引退してから1年もたっておらず、ほとぼりが冷めてからになる。裁判が終わって身の回りが落ち着いたら出版するのでは」と話している。

     木下さんは昨年10月、実姉が勤務していた都内のタピオカ店へ恫喝(どうかつ)まがいのメールを送っていたことが明るみに出て騒動に発展し、翌11月に芸能活動を自粛した。同12月31日にはタピオカ騒動とは関係なく、スレ違いが続いたことなどが原因でフジモンと離婚。その後、不倫疑惑も浮上し今年7月6日に芸能界を引退した。

     ママタレとして若い主婦層を中心に人気を集め、一時は500万人のフォロワーを誇っていたインスタグラムも引退と同時に封印したが、9月1日に再開している。知人は「自分自身が発信する場を作るという意味も込めインスタを再開したと思います」という。現在は50万人以上のフォロワーを有しており、広告代理店関係者は「これだけで十分に食べていけるレベル」と明*。新たに立ち上げた“ユッキーナ・コミュニティー”は広がりつつある。

     最近ではインスタにフジモンも度々登場しており、世間では復縁を後押しする声もある。「2人とも第一に娘さんのことを考えて暮らしている。タピオカ裁判の相談にもフジモンが親身に乗っているそう。ただ、復縁や芸能界復帰という話は出ていない」と関係者。当分の間“電撃再婚”はなさそうだが、自伝出版も視野に入れながら、あくまで脱芸能人インフルエンサーとして活動していきそうだ。

     ▽電撃引退 木下さんは今年7月1日に活動復帰したが、わずか5日後の7月6日に当時の所属事務所が契約解除を発表。そのまま芸能界を引退した。昨年7月にインスタに投稿した内容から、海外で活躍するサッカー選手との“縦読み不倫”疑惑が今年に入って浮上。木下さんと事務所側が話し合いを持つ中、溝が深まって事務所側が態度を硬化。「信頼関係を維持することが著しく困難」と判断して契約解除に至った。

     ▽タピオカ騒動 昨年7月にオープンした都内のタピオカ店に実姉が勤務しており、木下さんが当初は「姉の店」として積極的に宣伝していたが、実姉がオーナーとトラブルになり退店。その後、木下さんは「もうお店には行かなくて大丈夫」と態度を一変させ、オーナーにも「事務所総出でやりますね」などとSNSでダイレクトメッセージを送った。10月にこの内容がSNS上で公開されて騒動になり、同11月から芸能活動を自粛。その後、オーナー側が損害賠償を求めて提訴し、裁判に発展している。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a39512c37529da895a0bdfec74b72143a63456f9


    【ユッキーナ「自伝」出版計画 7月電撃引退も…“脱芸能人インフルエンサー”目指す [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本の元タレント、元ファッションモデル。期間限定ユニットPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。愛称はユッキーナ。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクションに所属していたが、2020年7月6日を以って芸能界を引退した。
    30キロバイト (3,908 語) - 2020年11月20日 (金) 04:02



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/11/23(月) 12:17:30.99 ID:CAP_USER9.net

    11/23(月) 12:07配信
    デイリースポーツ

    木下優樹菜さん

     元タレントの木下優樹菜さん(32)が、22日にインスタグラムで届いた質問に回答した。

     元夫の藤本敏史(49)と子供を介した家族関係が続いているが、別れても同様の関係が続くことについて聞かれると「ない」と答え、「うちらは大切な娘たちがいるから 彼氏でもなく旦那でもなく大切なパートナー」とした。

     体の関係について聞かれると「むり!」と答えた。

     最近も家族4人での食事や、ドライブする様子を投稿している。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=484&q=90&exp=10800&pri=l

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a82b94cf2e2b5ffec7e4941ed1ec7f7b15ec0634


    【【芸能】木下優樹菜さん 元夫・藤本は「大切なパートナー」、体の関係は「むり!」 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ