all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 元グラドル


    若槻 千夏(わかつき ちなつ、1984年5月28日 - )は、日本のバラエティアイドル。元グラビアアイドル。結婚前の本名:栗原 千春(くりはら ちはる)。所属事務所はプラチナムプロダクション。 2001年 17歳の時に友人と渋谷109に遊びに来ていたところを現所属事務所からスカウトされる。
    58キロバイト (7,973 語) - 2019年6月27日 (木) 08:37



    (出典 news.mynavi.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/04(水) 20:07:54.18 ID:0YaHq8u+9.net

    9月3日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に若槻千夏が出演。群馬県のある名産を「バカにした」として群馬県民から反発を買っている。

    この日は埼玉県民の若槻、堀尾正明、『ハライチ』岩井勇気と澤部佑らと、群馬県民の中山秀征、井森美幸、JOYらが相対して座り、自県の良さをアピールする放送内容だった。

    番組中、中山が地図上の埼玉県長瀞町、深谷市を指さし「ほぼ群馬ですよ。群馬の名産も売っている」と、暗に〝群馬寄りだ〟と指摘。「焼きまんじゅうとか(が置いてある)…」と指摘すると、明石家さんまは大笑い。「まんじゅうを焼いただけ!」と言うさんまに、群馬県出身の芸能人は一様に立ち上がり、さんまにもの申した。

    「味噌まんじゅうはただのパン」埼玉出身・若槻が揶揄
    JOYらは「(群馬県民の)誇りなんですから!」「まんじゅうのようで、まんじゅうじゃない」と熱弁。さんまも「味噌を付けたら…」と、焼きまんじゅうは食べたことがある様子。しかし味噌まんじゅうを食べたことがあるか埼玉県出身の芸能人に聞くと、若槻が代表して「(単なる)パンですよね?」と揶揄した。

    これに中山は、「パンはパンで、ちゃんと味噌だけ塗って食うのがあるのよ」と、同じく群馬名物の「味噌パン」があると反論。すると若槻は「それ(だけ)でいいじゃないですか。同じですよ」となおもディスり続けた。

    若槻、さんまの〝焼きまんじゅうディス〟に群馬県民と思われる視聴者からは、

    《焼きまんじゅうは食ってから文句言ってほしいわ》
    《焼きまんじゅうほんとにおいしいのに》
    《焼きまんじゅううまいからバカにすんな》
    《焼きまんじゅうバカにされたら立ち上がるよね》
    《焼きまんじゅうと味噌パン同じ味とか言わないでね》
    《若槻千夏さんが味噌パンと焼きまんじゅうが同じ味って言ってたけど全然違うからっ!!》

    などとツッコミの声が多く上がっていた。

    視聴者は大いに番組を楽しんだようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1992179/
    2019.09.04 11:00 まいじつ


    【【芸能】若槻千夏の“群馬県ディス”に反論続出「バカにすんな!」】の続きを読む



    (出典 www.crank-in.net)



    1 ひかり ★ :2019/08/29(木) 07:01:32.18 ID:aDktMNb49.net

    元グラビアアイドルで未婚の母になった佐藤寛子(34)が、覚悟を持って芸能活動を再開した。

    15年に男児を出産して奄美大島に移住していたが、17年4月に神奈川県内の実家へ。今春から竹中直人らが所属する事務所に入り、映画出演も決まった。
    「撮影はこれからですが、母親になって視野が広くなった自分を出せたらと思います」。

    息子は4歳でわんぱくざかりで、09年に刑事役で出演したテレビ朝日系「仮面ライダーディケイド」の映像を見せると、「ママ、刑事なの?」と驚いたという。
    「まだ、私の仕事を理解できていないようですが、34歳でも守りに入らない姿勢で、どんどん作品を残せればと思います」。

    妊娠中に破局した男性とは、連絡を取っていないという。「(出産について)意見が合わなかったことが理由ですが、私に産まない選択肢はなかったので
    こうなりました」。奄美大島を離れ、活動再開に踏み切った理由は、芝居への情熱だった。10年、映画「ヌードの夜」での体当たり演技が評価され、
    ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。同作で主演だった竹中とも再会し、「同じ事務所になってうれしいよ」と喜ばれたという。
    「うれしかったです。今後は年相応の役をやっていけたらと思いますが、必然性があれば脱ぐ覚悟もあります」。

    人とは違う歩みも糧に、佐藤は女優道にまい進する決意だ。【柳田通斉】

    ◆佐藤寛子(さとう・ひろこ)1985年(昭60)2月17日、福島県生まれ。02年、映画「スケアー 地獄の課外授業」の主演でデビュー。
    その後、グラビアアイドルとしても活動。14年9月、妊娠中で未婚の母になる決意を表明した。159センチ。血液型O。

    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201908280000543_m.html?mode=all
    未婚の母になって4年。新事務所での芸能活動再開について語った佐藤寛子

    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 www.nikkansports.com)


    【【芸能】元グラドルのシングルマザー、佐藤寛子が再出発「脱ぐ覚悟ある」】の続きを読む

    このページのトップヘ