all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 離婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    木村 文乃(きむら ふみの、1987年〈昭和62年〉10月19日 - )は、日本の女優。結婚前の本名、同じ。結婚後の姓は非公開。 東京都出身。トライストーン・エンタテイメント所属。 2004年にDHC協賛の映画『アダン』のヒロインオーディションにて応募者3,074人の中からヒロインに選ばれ、200
    53キロバイト (6,868 語) - 2019年12月25日 (水) 14:57



    (出典 times.abema.tv)



    1 牛丼 ★ :2019/12/25(水) 19:20:34.00 ID:Xu7BWyCH9.net

    女優・木村文乃がイケメン演技講師と結婚から約2年半で極秘離婚していた
    11月28日「青の洞窟 SHIBUYA」イルミネーション点灯式に純白のドレスで参加した木村文乃 ©アフロ
     女優の木村文乃(32)と、2016年11月18日に結婚を発表した一般男性のA氏が、すでに離婚していたことが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

    「木村さんとAさんが離婚したのは2019年4月頃です。結婚から2年半でのスピード離婚だったので驚きました。2016年の結婚発表の際は、事前にマスコミにスキャンダルを撮られることなく自分たちで公表するという、芸能人として非常に理想的な結婚報告でした」(事務所関係者)

    遅咲きの超人気女優・木村文乃

     木村が女優デビューをしたのは2006年。18歳だった。3000人以上の応募者の中からオーディションを勝ち抜き、映画「アダン」のヒロイン役に抜擢された。

    「しかし、持病のアトピー性皮膚炎が悪化するなどして、しばらく仕事に恵まれない時期が続いていました。芸能事務所を転々としながらアルバイト生活をし、23歳の時に現在の所属事務所『トライストーン・エンタテインメント』にスカウトされた。そこから心機一転女優としての活動を再開すると、化粧品会社『ちふれ』やNTTドコモのCMが決まり、NHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』や、松本潤主演の人気ドラマ『99.9–刑事専門弁護士–SEASONⅡ』にも出演。あっという間に第一線に躍り出ました。

     最近も土曜ドラマ『サギデカ』(NHK)や『連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班』(WOWOW)などに主演しています。来年1月から始まるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』では主人公明智光秀(長谷川博己)の正室・熙子を演じる予定です。いまや木村さんは名実ともに一流女優ですよ」(同前)

    イケメン演技講師のA氏

     そんな木村の活躍を陰で支えていたのが、事務所の演技講師であるA氏だった。事務所関係者が明*。

    「Tさんは俳優養成所『トライストーン・アクティングラボ』のイケメン演技講師です。過去には俳優や脚本家として活動していたこともあります。演技に対して真摯に向き合う彼のスタイルは生徒からも好評ですよ。過去にはJ-WAVEのラジオ番組で映画コメンテーターとして活動していたことがあるくらい話し上手。明るく気さくな性格で、演技論を語り出すと止まらない。レッスンが終わった後、養成所の前で生徒と楽し気に話し込む姿がよく目撃されていますよ」

    続きまーす
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191225-00020004-bunshun-ent


    【木村文乃がイケメン演技講師と結婚から約2年半で極秘離婚!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 nobiciro.com)



    1 湛然 ★ :2019/10/26(土) 04:28:15.05 ID:2Kfec0m69.net

    10/26(土) 4:00 スポニチアネックス
    椎名桔平と山本未來が離婚 16年の結婚生活にピリオド
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00000001-spnannex-ent

    山本未來(左)と椎名桔平

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     俳優の椎名桔平(55)と女優の山本未來(44)が離婚したことが26日、分かった。2003年から16年続いた結婚生活にピリオドを打った。

     親しい知人によると、互いに仕事で多忙な時期が続いており、すれ違いが生じていた。知人は「話し合いの末、お互いに納得した上で別れることにしたようです」と話している。この日、離婚届を提出した。

     椎名はコミカルからシリアスまで幅広い役柄をこなす演技派。今年は日本テレビ連続ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」、現在放送中の同局「同期のサクラ」などに出演。今月上旬には、主演したネットフリックスオリジナル映画「愛なき森で叫べ」でスペインのシッチェス・カタロニア国際映画祭に登壇した。

     山本はファッションデザイナーの山本寛斎氏(75)の次女。独特の魅力を持つ個性派女優として活躍中。今年はテレビ朝日「特捜9」やフジテレビ「監察医 朝顔」などに出演。夫婦そろってプライム帯の連続ドラマや映画で精力的に活動していた。

     2人は8年間の交際を経て、03年に結婚。結婚式の衣装を寛斎氏がデザインしたことでも話題になった。10年には第1子男児が誕生。椎名はインタビューなどで子煩悩ぶりを明かしていた。

     ◆椎名 桔平(しいな・きっぺい)1964年(昭39)7月14日生まれ、三重県出身の55歳。86年に映画「時計 Adieu l’Hiver」でデビュー。99年の映画「金融腐蝕列島 呪縛」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞などを受賞。16年には映画「Darc」でハリウッドデビュー。1メートル80、血液型B。

     ◆山本 未來(やまもと・みらい)1974年(昭49)11月4日生まれ、東京都出身の44歳。92年に映画「喜多郎の十五少女漂流記」で女優デビュー。主な出演映画に99年の「39 刑法第三十九条」、07年の「エクステ」など。今年7月期のフジテレビ「監察医 朝顔」にも出演。1メートル68、血液型A。

    (おわり)


    【【芸能】椎名桔平と山本未來が離婚 16年の結婚生活にピリオド】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 news.nifty.com)



    1 豆次郎 ★ :2019/06/26(水) 04:46:36.70 ID:cqKg7qam9.net

    6/26(水) 4:01配信
    早乙女太一と西山茉希が離婚…交際時から波乱万丈、結婚6年を機に再出発

     2013年6月に結婚した俳優の早乙女太一(27)と、モデルの西山茉希(33)が離婚していたことが25日、分かった。2人は今月30日に結婚記念日を迎えるはずだった。

     大衆演劇のスターと人気モデルのカップルとして注目を集めた2人がひっそりと離婚していた。関係者によると、2人はすでに離婚届を提出。5歳と3歳の女児をもうけているが、親権は西山が持つとみられる。

     結婚前から波乱万丈だった。11年夏頃から交際を開始し、翌年2月に交際を発表。その後、同せい状態であることも伝えられたが、同年5月に週刊誌で路上での大げんかや早乙女の「DV騒動」が報じられ話題になった。13年1月には破局が伝えられ、西山も「事実として今まで一緒に住んでいた家は離れました」と同せい解消を認めた。

     しかし同年4月に西山の妊娠と結婚を発表。5月には同居を再開し、6月に婚姻届を提出した。西山は雑誌で「周りのみんなが昔はあれはやっぱりただのけんかだったんだね、て笑ってくれるようになるまで一緒にいよう」という早乙女の言葉に結婚を決意したことを明かし、「私にとってはあれが、プロポーズの言葉みたいなものだった」などと語っていた。

     同年10月に長女を出産。15年6月30日の結婚記念日にハワイで挙式し、翌年4月には次女を出産した。西山は昨年12月に著書のイベントで早乙女について「マイペース。家庭において全く腹が立たないなんてことはないですけど、壮絶なバトルは(結婚前に)やり終えましたから」と話していた。

     ◆早乙女 太一(さおとめ・たいち)1991年9月24日、福岡県生まれ。27歳。幼少期から劇団員として育つ。95年に4歳で舞台デビュー。2003年、「座頭市」で映画デビュー。弟は俳優の早乙女友貴、その妻は元SPEEDの島袋寛子。今年1月、音楽活劇「SHIRANAMI」で主演。

     ◆西山 茉希(にしやま・まき)1985年11月16日、新潟県長岡市生まれ。33歳。スカウトをきっかけに04年にモデルデビュー。05年5月から「CanCam」専属となり、同年6月号で表紙に。10年5月、フジテレビ系「月の恋人」でドラマデビュー。身長168センチ、48キロ。血液型O。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-00000014-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】早乙女太一と西山茉希が離婚…交際時から波乱万丈、結婚6年を機に再出発】の続きを読む

    このページのトップヘ