all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 元歌手

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    山口 百恵(やまぐち ももえ、1959年(昭和34年)1月17日 - )は、日本の元歌手、元女優。本名:三浦 百惠(みうら ももえ、旧姓:山口)。 夫は俳優の三浦友和(1980年11月19日結婚)。長男はシンガーソングライター・俳優・歌手の三浦祐太朗。次男は俳優の三浦貴大。
    71キロバイト (5,112 語) - 2019年8月22日 (木) 23:23



    (出典 static.smalljoys.me)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/25(日) 14:00:14.08 ID:NmIEagMK9.net

    〈大学生になって、勉学のための余儀ない一人暮らしを迫られた次男から、『何かキルトが欲しい』との希望が突然舞い込みました〉

    伝説のアイドル山口百恵(60)の、秘されていた家族と日常が明かされた。

    7月26日に発売された、三浦百惠名義のキルト作品集『時間(とき)の花束 Bouquet du temps[幸せな出逢いに包まれて]』(日本ヴォーグ社)。百恵にとって自伝『蒼い時』以来、実に39年ぶりの著書になる。

    「昨年春頃、当社からの出版オファーにご承諾いただき、6月頃から約1年かけて具体的な準備をしてきました。優れたデザイン力、それを形にする確かな技術力で創作された、見る人の心を打つ作品の数々を是非作品集にしたいと考え、出版に至りました」(出版社)

    同社は手芸出版の分野で圧倒的な存在感を誇る老舗。百恵の師事する鷲沢玲子氏も複数出版しており、百恵も作品集を出すならここで、と考えたようだという。

    百恵がキルト制作を始めたのは1987年。これまでもキルト展などで披露されてきたが、同書に収録された70点の中には、家族のために作った初公開作も数々ある。たとえば夫・三浦友和の半纏。千社札のデザインを刺繍したアップリケがつけられている。幼い息子たちのベスト2着は、〈兄が大好きで、いつも同じことをしたがる次男。まるで双子のように、同じものを2つつくっていました〉という、背中にサンタ柄のクリスマス仕様だ。

    「家族の逸話など、これまで知られていないことが満載です。価格は2000円とお得感があるし、異例の初版10万部も、すぐに重版がかかるはず」(芸能記者)

    百恵の「近影」が話題。どんな写真なのか
    そしてなんといっても話題は、掲載されている百恵の「近影」だ。80年の引退後の写真が8点、うち新たに撮り下ろされたものが5点。針を運ぶ横顔、アトリエ前で微笑む正面姿――。少しふっくらし、若々しいメイクをした“還暦の百恵”を見ることができる。

    「最初から近影を載せる予定だったわけではありません。針仕事をする百恵さんの姿がとても美しく、掲載させていただくことにしました」(前出・出版社)

    アイドル時代は篠山紀信カメラマンとのコンビが有名だったが、今回の制作風景などの撮影を担当したのは本間伸彦カメラマン。長年彼女のキルト作品は撮影していたが、百恵本人を撮ったのは初めてだという。

    「カメラマンとしてとても嬉しかったです。私も子どもの時から現役で応援していた世代ですから」(本間氏)

    都内の大手書店には、どこもうずたかく同書が積まれ、50代、60代の“ファン”がその近影を確かめる姿が目立っている。

    山口百恵の育ての親、音楽プロデューサーの酒井政利氏(83)が感想を語る。

    「百恵さんの持つ、豊かで強い表現力にうたれました。三十数年間の結晶をこういうカタチで届けてくれたことがものすごく嬉しかったし、沈黙の期間の思いが伝わってきました。写真もまるで30代後半かのように可愛らしいですね」

    “さよならの向う側”にいた、瑞々しい百恵の姿。

    (「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年8月8日号)

    https://news.livedoor.com/article/detail/16978736/
    2019年8月25日 11時30分 文春オンライン


    【【芸能】“伝説のアイドル”山口百恵60歳の「日常」と「近影」――引退後初の著書が話題】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    山口 百恵(やまぐち ももえ、1959年(昭和34年)1月17日 - )は、日本の元歌手、元女優。本名:三浦 百惠(みうら ももえ、旧姓:山口)。 夫は俳優の三浦友和(1980年11月19日結婚)。長男はシンガーソングライター・俳優・歌手の三浦祐太朗。次男は俳優の三浦貴大。
    68キロバイト (4,905 語) - 2019年6月7日 (金) 13:31



    (出典 www.geinou-research555.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/19(水) 19:32:21.46 ID:Xy2LMgPE9.net

     6月13日発売の『女性セブン』が、引退した山口百恵さん(現・三浦百恵さん)の“日常写真”を掲載した。百恵さんは引退して、すでに40年近くがたつ。レジ袋を持った買い物姿が掲載されているが、あまりに鮮明な“盗撮”のため、一部から問題視もされている。

     「百恵さんはただの主婦であり、引退してからというもの、マスコミの取材に答えることはなかった。もはや伝説の歌手と呼ばれる存在です。その素顔を“異常な接写”で押さえた『女性セブン』のやり方は疑問ですね」(週刊誌編集者)

     百恵さんは1980年、俳優の三浦友和との婚約発表と同時に、「お仕事は全面的に、引退させていただきます」と公表。以後、一度も復帰していない。

     「これまでライバル誌の『女性自身』は、何度か百恵さんの写真を押さえているのですが、顔に配慮した載せ方をしたり、記者が仁義を切って正面から取材もしているのです。ところが『女性セブン』の写真を見ると、老けて太った百恵さんを、あえて貶めるような写真。ネット上では『あさましい』の批判まで出ています」(同・編集者)

     百恵さんは引退後、パッチワーク・キルトの勉強をし、その世界では高名なW女史に師事。今では「先生」と呼ばれる存在でもあるようだ。

     「『東京国際キルトフェスティバル』には、師匠とともにブースを出したといいます。キルトは“手芸”であり、別に芸能活動でもないでしょう」(女性誌記者)

     百恵さんは、7月末に著書『時間の花束 Bouquet du temps』(日本ヴォーグ社)を出版する予定。内容は、30数年間に制作してきた趣味のキルト作品の集大成を収録しているもので、芸能本ではない。

     「出版は4月に伝わっていましたので、『女性セブン』はここぞとばかりに近況を掲載したようです。『女性自身』は、過去に百恵さんのヒストリー的な連載を掲載。人気を得ました。『女性セブン』は、あえて百恵さんの老化像を見せ、イメージ壊しを狙ったのかもしれませんね」(同・記者)

     何はともあれ、実にゲスな話だ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1883067/
    2019.06.19 18:00 週刊実話


    【【芸能】女性週刊誌が山口百恵さんを“盗撮”!? ネット上では「あさましい」の声も…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    山口 百恵(やまぐち ももえ、1959年(昭和34年)1月17日 - )は、日本の元歌手、元女優。本名:三浦 百惠(みうら ももえ、旧姓:山口)。 夫は俳優の三浦友和(1980年11月19日結婚)。長男はシンガーソングライター・俳優・歌手の三浦祐太朗。次男は俳優の三浦貴大。
    68キロバイト (4,905 語) - 2019年6月7日 (金) 13:31



    (出典 siam-information.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/14(金) 07:55:31.16 ID:NMY8JFpb9.net

    自分を書くということは、自分の中の記憶を確認すると同時に、自分を切り捨てる作業でもある。過去を切り捨てていく──それでいい
    原稿用紙を埋めながら、私はそう考えていた。》

    1980年9月に出版された自叙伝『蒼い時』(集英社)のあとがきには、三浦(旧姓山口)百恵さん(60才)の直筆でそう言葉が綴られていた。
    引退の1か月前に発売された同書は、300万部を超える大ベストセラーになった。

    それから約40年。
    百恵さんが今年の7月末に、2冊目となる自著を出版することが発表された。

    タイトルは『時間の花束 Bouquet du temps』(日本ヴォーグ社)。
    自作のキルト作品集で、約70のキルト作品などが紹介されるという。

    百恵さんは『蒼い時』で、赤裸々に自身の21年間の人生を振り返った。

    「非嫡出子として生まれたことや、その父との断絶、幼少期に生活保護を受けていた過去を明かしました。
    そして、性の話題にも踏み切り、初潮や夫となる三浦友和さん(67才)との出会い、そして初体験などタブーに切り込んだ内容でした」(スポーツ紙記者)

    百恵さんは引退してからこれまで、表舞台に一度も立たず、プライベートを明かしてこなかった。
    様子が伝わってくるのは、キルト作品が展示会に出品される時のみ。今回の書籍でも、引退後の私生活が明かされるのだろうか──。

    「いわゆるハウツー本ではなく、“家族や友人への思いが込められたキルト作品”を紹介するのがメインだそうです。私生活にまつわるエピソードも出てきます。
    オールカラーで、全128ページ。クリエイターとしての才覚を感じさせる作品のほかに、キルト作りの舞台裏を明かしています。
    それだけでなく、制作にはげむ百恵さんの現在の写真も掲載される予定です。
    百恵さんにとって40年ぶりにのぞんだ撮影になりました」(出版関係者)

    6月上旬、ファンの期待を一身に集める百恵さんは、自宅近くの高級スーパーや和菓子店で買い物をしていた。
    その姿は長年暮らす街にすっかりなじんでいたが、その肌は遠目にも透き通るように白くきめ細かで、年齢を全く感じさせない。

    「最近の百恵さんは、義母の介護の合間を縫って都内のピラティスのスタジオに通っています。
    ピラティスはダイエットのほかに、体のゆがみを矯正することで姿勢が美しくなり、筋力もアップします。
    パーソナルトレーナーもつけていて、マシンなどを使い本格的に取り組んでいるそうです。
    健康と美への意識を高めているように思えます。実際、年齢より若く見えますよ」(百恵さんの知人)

    自著出版に若返り──メディア登場への布石なのではないかと期待する声も。

    「昨年、長男の祐太朗さん(35才)が、『しゃべくり007』(日本テレビ系)で“母親トーク”を解禁しました。
    それ以降、親子共演のオファーが増え始めたそうです。百恵さんは常々、“テレビでの復帰はない”と断言していましたが、家庭内の話が解禁され、
    私生活の一端を明*著書が出版されるとなると、当然、復帰を期待する人も出てくるでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

    40年前の出版は、百恵さんの人生における大きな転機だった。2冊目には、どんな思いが込められているのだろうか。

    ※女性セブン2019年6月27日号

    https://news.livedoor.com/article/detail/16616205/
    2019年6月14日 7時0分 NEWSポストセブン


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 digihiro-today.blog.so-net.ne.jp)


    (出典 yamaguchimomoe.blog.so-net.ne.jp)



    (出典 Youtube)

    いい日旅立ち 山口百恵


    (出典 Youtube)

    秋桜 山口百恵 コスモス


    【【芸能】三浦百恵さん、40年ぶり自著出版 健康と美への意識高め中】の続きを読む

    このページのトップヘ