all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 元歌手


    山口 百恵(やまぐち ももえ、1959年(昭和34年)1月17日 - )は、日本の元歌手、元女優。本名:三浦 百惠(みうら ももえ、旧姓:山口)。 夫は俳優の三浦友和(1980年11月19日結婚)。長男はシンガーソングライター・俳優・歌手の三浦祐太朗。次男は俳優の三浦貴大。
    71キロバイト (5,112 語) - 2019年10月31日 (木) 23:08



    (出典 www.sonymusic.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/11(月) 01:22:49.46 ID:+EehpVlH9.net

    令和初のNHK紅白歌合戦の出場歌手発表が近づいてきた。
    ここ数年間「目玉がない!」と言われ、本番ギリギリまで大物歌手を“口説き”続け、なんとか面目を保ってきた。
    そんななか、新元号初の紅白を盛り上げようと、NHKがターゲットにしたのは“伝説の歌姫”山口百恵さん(60)だ。
    歌手としての出場が実現しなくても、サプライズゲストとして出てもらう極秘プランをなんとか実現しようと、ギリギリまで水面下で極秘交渉を続けている。

    もし実現すれば、昭和世代が泣いて喜ぶことは間違いない。

    今からさかのぼること39年前、人気絶頂だった1980年に俳優・三浦友和と結婚した。
    あまりに鮮やかに、スッパリと芸能界から去った“伝説の歌姫”百恵さん。そのインパクトは平成、令和と時が流れても薄れることはない、と言える。

    「その昭和を代表する歌姫の山口百恵さんに、出演の打診をしているといわれています」と明*のは音楽関係者だ。

    NHKはこれまでも引退後の山口さんに幾度となく出演を打診してきたが、その都度、ことごとく断られてきた過去がある。

    「もちろん一筋縄ではいきそうもないことは理解している。それでも、今年は再び本腰を入れて動いているというんです。それには訳があるんですよ」(前出の音楽関係者)

    NHKが山口さんに再び熱烈ラブコールを送る理由とは――。

    そのひとつが三浦と結婚し引退した直後の自叙伝「蒼い時」以来、
    39年ぶりの自著として7月に出版したキルト写真集「時間(とき)の花束 Bouquet du temps」だ。引退後の時間をつづり、さらに近影まで出して話題になった。

    「引退後は何度かその姿が報じられることはあったものの、自らメディアに露出することは一度もなかった。
    それだけに、今回の出版で百恵さん自身の心境に、ある大きな変化があった可能性がある。その部分を突破口にしようとNHKは探っている」と話すのはテレビ関係者だ。

    一部では山口さんがこのタイミングでキルト写真集を出版したのは、歌手として活動する長男・三浦祐太朗を「陰から援護するためではないか」とも噂されている。

    実に39年のブランクがある山口さんも、長男とのコラボなら紅白“出演”へのハードルは下がるはず。
    そしてもうひとつ、大きな出演要素となり得るのが、デビュー当時に“花の中3トリオ”としてともに注目され、一時代を築いた森昌子の芸能界引退の舞台が紅白になりそうなことだ。

    「かつて紅組の司会を務めたこともある昌子さんは、NHKへの貢献度も高い。年内で引退を発表しているだけに、
    大みそかの紅白を最後のひのき舞台に、とスタッフは考えている。昌子さんにも異存はないはず」(前出のテレビ関係者)

    その森は1日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演し、坂上忍やダウンタウンに「オファーが来たらどうするの?」と聞かれ「丁寧にお断りします。
    紅白は今までもたくさん出させてもらったし、やりきった感があるんです。だから、もう出ません」と否定。12月25日のコンサートが引退と強調してはいた。

    だが紅白に出るかどうかは、本人の意思だけで決められるものではないのもまた事実だ。NHKの熱心な交渉が実り、盟友・森の「紅白で引退」が実現する可能性は小さくない。
    そこに百恵さんが駆けつけ、花束を渡して「昌子、お疲れさまでした!」と声をかければ、これ以上の感動シーンはないだろう。

    「生出演がどうしてもかなわない場合、ビデオレターの形式でも出したいはず」(同関係者)

    NHKにしてみれば、森と百恵さんの“共演”に、森の長男で人気ロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカルTaka(31)も、
    三男の「MY FIRST STORY」のボーカルHiro(25)もその輪に加わるシーンを思い浮かべているのかもしれない。

    【過去に6回出場】百恵さんは紅白に6回出場している(別表)。
    引退した80年は10月の日本武道館公演でマイクを置き、紅白は出演要請があったといわれるが、その姿はなかった。
    初出場は「ひと夏の経験」が大ヒットした74年。紅組の先陣を切って歌い、2回目の森昌子、初出場の桜田淳子とともに“花の高1トリオ”勢揃いと話題を呼んだ。
    20歳の誕生日を目前にした78年は10代でトリ(大トリは沢田研二)を務めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000005-tospoweb-ent
    11/7(木) 11:06配信


    (出典 news.nifty.com)



    (出典 Youtube)

    秋桜 山口百恵 コスモス


    【【芸能】紅白「百恵さん出演」ビッグサプライズ極秘交渉 NHKが見つけた突破口】の続きを読む


    香田 (こうだ しん、1967年10月12日 - )は、日本の僧侶。元演歌歌手、元俳優、元実業家。本名は鷲崎 孝二(わしざき こうじ)。 血液型B型。身長165cm。左利き。福岡県北九州市八幡東区出身。かつては株式会社ゴールデンミュージックプロモーションに所属していたが、2012年に退社し芸能界か
    21キロバイト (2,888 語) - 2019年10月16日 (水) 02:11



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 :2019/10/15(Tue) 22:44:12 ID:bRlJs2iI9.net

    法話の後、檀家らに演歌を披露する鷲崎孝二さん=10月10日、福井県美浜町の徳賞寺

    (出典 fki.ismcdn.jp)


     福井県美浜町の山間にある徳賞寺で、力強い演歌が響く。聴衆を前に僧衣姿でマイクを握るのは、人気演歌歌手だった香田晋(本名・鷲崎孝二)さん(52)だ。2018年11月、同寺で得度した鷲崎さんは月に1、2回、僧侶の務めを果たす傍ら、地域イベントで歌を披露したり、書をしたためたりと、地元からのお願いにも応じている。鷲崎さんは「若狭には深い縁を感じる。地域のお役に立てることなら頑張っていきたい」と話す。

     鷲崎さんは1989年に作曲家船村徹さん(故人)にスカウトされ歌手デビュー。94年にNHK紅白歌合戦に初出場したほか、クイズ番組の解答者として茶の間の人気者になった。ただ、バラエティー番組への出演が増えると、歌手活動は思うようにできなくなった。「自分の意志で動くことはできず、心が限界だった」。2012年に芸能界を引退。古里の福岡県北九州市で飲食店を経営したり、夢だった書や絵画の創作に精を出したりした。

     18年、長年介護をしていた義理の祖母を亡くしたことが転機となった。幼い頃に両親と離れた鷲崎さんは「義理の祖母は真の理解者で、つらい時も心の支えだった」と話す。自分で経を読み、できる限りの供養をしたいと、船村さんの知人である同寺住職の粟谷正光さん(71)に相談したところ仏門の道へ誘われた。

     義理の祖母の葬儀を終え、現在は自宅がある神奈川県横浜市から月1、2回同寺に帰山。僧名「徹心香雲(こううん)」として、粟谷さんに付き添い檀家への法話や読経などを務めている。

     檀家や参拝者らと交流するうちに、歌の披露や書を書いてほしいと依頼されるようになった。9月には町内の祭りで数曲歌ったほか、10月9日には福井県若狭町熊川に造られる忍者道場へ書を提供。10日には檀家の集いで法話と演歌約10曲を披露するなど、忙しい日々を送る。

     鷲崎さんは「書や仏教と出合うことができ、毎日がとても充実している。これも若狭地域との縁のおかげ。今後も感謝の思いを込め、地域の役に立っていきたい」と笑みをこぼす。

    福井新聞 2019年10月12日 午前7時20分
    https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/952116


    【【芸能】元演歌歌手の香田晋さん福井で僧侶に…僧名は「徹心香雲」 演歌披露、お勤めや法話も】の続きを読む


    安室 奈美恵(あむろ なみえ、1977年9月20日 - )は、日本の元歌手、元ダンサー。本名同じ。身長は158cm、血液型はO型。沖縄県那覇市出身。「安室ちゃん」「奈美恵ちゃん」という愛称がある。1990年代に数多くのヒット曲を生み出し、アムラー等の社会現象を引き起こし、平成を代表する歌姫としての
    172キロバイト (13,121 語) - 2019年9月2日 (月) 17:25



    (出典 www.m-on-music.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/02(月) 05:27:50.27 ID:ev2UTNZf9.net

    歌手・安室奈美恵さんの引退からちょうど1年が経つ9月、安室さんの故郷である沖縄で新企画『愛(かな)さ◆(ハート)NAMIEいちまでぃん。』プロジェクトが始動することがわかった。
    きょう1日より沖縄県那覇市久茂地一帯、国際通りなどに同プロジェクトのキービジュアルや公式ロゴが設置される『ランドスケープNAMIE AMURO』、
    期間中に沖縄を訪れる安室さんのファンや観光客に、特別のおもてなしをするとともに、県経済にも寄与する『愛さ◆NAMIE サポーターズ企画』などが実施される。

    引退前に「引退の日の9月16日を沖縄で過ごしたい」「私がいなくなっても、経済効果を含め、沖縄に貢献できるイベントを続けてほしい」という願いを明かしていた安室さん。
    その願いをかなえるべく、昨年、開催された『WE ◆ NAMIE HANABI SHOW supported byセブン‐イレブン』が誕生。今年も引き続き、宜野湾市で行われる。

    今回は『HANABI SHOW』と連動して、『愛さ◆NAMIE サポーターズ企画』賛同企業は、きょう1日から安室さんの誕生日にあたる20日まで、安室さんへの愛を感じさせる企画を展開し、沖縄県民やファンを迎える。
    サポーター店舗では期間中、オリジナルメニューやサービスを用意。各店舗の指定商品の購入者にはオリジナルステッカー、またはペーパーバッグをプレゼントする(先着枚数限定)。

    また『愛さ◆NAMIE 紙面企画』として1日付け沖縄タイムス朝刊に4ページの別刷り特集が折り込まれ、サポーター店舗の紹介など今回の企画のスタートを飾る紙面が展開される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190901-00000312-oric-ent
    9/1(日) 5:00配信


    (出典 portal.st-img.jp)


    【【芸能】安室奈美恵さん、引退から1年後に沖縄で新プロジェクト始動】の続きを読む


    山口 百恵(やまぐち ももえ、1959年(昭和34年)1月17日 - )は、日本の元歌手、元女優。本名:三浦 百惠(みうら ももえ、旧姓:山口)。 夫は俳優の三浦友和(1980年11月19日結婚)。長男はシンガーソングライター・俳優・歌手の三浦祐太朗。次男は俳優の三浦貴大。
    71キロバイト (5,112 語) - 2019年8月22日 (木) 23:23



    (出典 static.smalljoys.me)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/25(日) 14:00:14.08 ID:NmIEagMK9.net

    〈大学生になって、勉学のための余儀ない一人暮らしを迫られた次男から、『何かキルトが欲しい』との希望が突然舞い込みました〉

    伝説のアイドル山口百恵(60)の、秘されていた家族と日常が明かされた。

    7月26日に発売された、三浦百惠名義のキルト作品集『時間(とき)の花束 Bouquet du temps[幸せな出逢いに包まれて]』(日本ヴォーグ社)。百恵にとって自伝『蒼い時』以来、実に39年ぶりの著書になる。

    「昨年春頃、当社からの出版オファーにご承諾いただき、6月頃から約1年かけて具体的な準備をしてきました。優れたデザイン力、それを形にする確かな技術力で創作された、見る人の心を打つ作品の数々を是非作品集にしたいと考え、出版に至りました」(出版社)

    同社は手芸出版の分野で圧倒的な存在感を誇る老舗。百恵の師事する鷲沢玲子氏も複数出版しており、百恵も作品集を出すならここで、と考えたようだという。

    百恵がキルト制作を始めたのは1987年。これまでもキルト展などで披露されてきたが、同書に収録された70点の中には、家族のために作った初公開作も数々ある。たとえば夫・三浦友和の半纏。千社札のデザインを刺繍したアップリケがつけられている。幼い息子たちのベスト2着は、〈兄が大好きで、いつも同じことをしたがる次男。まるで双子のように、同じものを2つつくっていました〉という、背中にサンタ柄のクリスマス仕様だ。

    「家族の逸話など、これまで知られていないことが満載です。価格は2000円とお得感があるし、異例の初版10万部も、すぐに重版がかかるはず」(芸能記者)

    百恵の「近影」が話題。どんな写真なのか
    そしてなんといっても話題は、掲載されている百恵の「近影」だ。80年の引退後の写真が8点、うち新たに撮り下ろされたものが5点。針を運ぶ横顔、アトリエ前で微笑む正面姿――。少しふっくらし、若々しいメイクをした“還暦の百恵”を見ることができる。

    「最初から近影を載せる予定だったわけではありません。針仕事をする百恵さんの姿がとても美しく、掲載させていただくことにしました」(前出・出版社)

    アイドル時代は篠山紀信カメラマンとのコンビが有名だったが、今回の制作風景などの撮影を担当したのは本間伸彦カメラマン。長年彼女のキルト作品は撮影していたが、百恵本人を撮ったのは初めてだという。

    「カメラマンとしてとても嬉しかったです。私も子どもの時から現役で応援していた世代ですから」(本間氏)

    都内の大手書店には、どこもうずたかく同書が積まれ、50代、60代の“ファン”がその近影を確かめる姿が目立っている。

    山口百恵の育ての親、音楽プロデューサーの酒井政利氏(83)が感想を語る。

    「百恵さんの持つ、豊かで強い表現力にうたれました。三十数年間の結晶をこういうカタチで届けてくれたことがものすごく嬉しかったし、沈黙の期間の思いが伝わってきました。写真もまるで30代後半かのように可愛らしいですね」

    “さよならの向う側”にいた、瑞々しい百恵の姿。

    (「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年8月8日号)

    https://news.livedoor.com/article/detail/16978736/
    2019年8月25日 11時30分 文春オンライン


    【【芸能】“伝説のアイドル”山口百恵60歳の「日常」と「近影」――引退後初の著書が話題】の続きを読む


    山口 百恵(やまぐち ももえ、1959年(昭和34年)1月17日 - )は、日本の元歌手、元女優。本名:三浦 百惠(みうら ももえ、旧姓:山口)。 夫は俳優の三浦友和(1980年11月19日結婚)。長男はシンガーソングライター・俳優・歌手の三浦祐太朗。次男は俳優の三浦貴大。
    68キロバイト (4,905 語) - 2019年6月7日 (金) 13:31



    (出典 www.geinou-research555.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/19(水) 19:32:21.46 ID:Xy2LMgPE9.net

     6月13日発売の『女性セブン』が、引退した山口百恵さん(現・三浦百恵さん)の“日常写真”を掲載した。百恵さんは引退して、すでに40年近くがたつ。レジ袋を持った買い物姿が掲載されているが、あまりに鮮明な“盗撮”のため、一部から問題視もされている。

     「百恵さんはただの主婦であり、引退してからというもの、マスコミの取材に答えることはなかった。もはや伝説の歌手と呼ばれる存在です。その素顔を“異常な接写”で押さえた『女性セブン』のやり方は疑問ですね」(週刊誌編集者)

     百恵さんは1980年、俳優の三浦友和との婚約発表と同時に、「お仕事は全面的に、引退させていただきます」と公表。以後、一度も復帰していない。

     「これまでライバル誌の『女性自身』は、何度か百恵さんの写真を押さえているのですが、顔に配慮した載せ方をしたり、記者が仁義を切って正面から取材もしているのです。ところが『女性セブン』の写真を見ると、老けて太った百恵さんを、あえて貶めるような写真。ネット上では『あさましい』の批判まで出ています」(同・編集者)

     百恵さんは引退後、パッチワーク・キルトの勉強をし、その世界では高名なW女史に師事。今では「先生」と呼ばれる存在でもあるようだ。

     「『東京国際キルトフェスティバル』には、師匠とともにブースを出したといいます。キルトは“手芸”であり、別に芸能活動でもないでしょう」(女性誌記者)

     百恵さんは、7月末に著書『時間の花束 Bouquet du temps』(日本ヴォーグ社)を出版する予定。内容は、30数年間に制作してきた趣味のキルト作品の集大成を収録しているもので、芸能本ではない。

     「出版は4月に伝わっていましたので、『女性セブン』はここぞとばかりに近況を掲載したようです。『女性自身』は、過去に百恵さんのヒストリー的な連載を掲載。人気を得ました。『女性セブン』は、あえて百恵さんの老化像を見せ、イメージ壊しを狙ったのかもしれませんね」(同・記者)

     何はともあれ、実にゲスな話だ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1883067/
    2019.06.19 18:00 週刊実話


    【【芸能】女性週刊誌が山口百恵さんを“盗撮”!? ネット上では「あさましい」の声も…】の続きを読む

    このページのトップヘ