all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 元モーニング娘

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    飯田 圭織(いいだ かおり、1981年(昭和56年)8月8日 - )は、日本の歌手、タレント。身長164cm、血液型A型。アップフロントクリエイト所属。ハロー!プロジェクトおよび、モーニング娘。の元メンバー、2代目リーダーであった。 北海道室蘭市生まれ、札幌市手稲区育ち。北海道札幌稲西高等学校(北
    31キロバイト (4,029 語) - 2021年1月28日 (木) 17:05



    (出典 i.ytimg.com)



    1 フォーエバー ★ :2021/02/22(月) 19:18:49.19 ID:CAP_USER9.net

    モーニング娘。の元メンバーでタレントの飯田圭織が21日に自身のアメブロを更新。子ども達とピクニックへ行き、後悔した事を明かした。
     この日、飯田は「こんにちは いいお天気ですね」と書き出し、弁当を持って子ども達と公園へピクニックに行ったことを報告した。

     続けて「お昼に食べる予定だった塩焼きそばもお弁当箱に詰めて外で食べるだけで楽しいですね」と述べ、彩り豊かな弁当の写真を公開。一方で「想像以上に暑くて、温かいお茶を水筒に入れてきたことを後悔、、笑」と想像以上に気温が高く温かいお茶を持参したことに後悔したそう。

     また、自撮りショットを公開し「子供達との時間楽しみます」とつづり、弁当を食べる娘の姿を公開した。

     この投稿に読者からは「楽しい休日になってよかったね」「しっかりお母さんやってますね」「お天気良くて、ピクニック楽しそうですね!」などのコメントが寄せられている。

    2021年2月22日 18時29分 ABEMA TIMES
    https://news.livedoor.com/article/detail/19738688/


    【【芸能】飯田圭織、子ども達とピクニックへ行き後悔した事「想像以上に暑くて」 [フォーエバー★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    飯田 圭織(いいだ かおり、1981年(昭和56年)8月8日 - )は、日本の歌手、タレント。身長164cm、血液型A型。アップフロントクリエイト所属。ハロー!プロジェクトおよび、モーニング娘。の元メンバー、2代目リーダーであった。 北海道室蘭市生まれ、札幌市手稲区育ち。北海道札幌稲西高等学校(北
    31キロバイト (4,029 語) - 2021年1月28日 (木) 17:05



    (出典 i.ytimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/10(水) 21:46:33.40 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)



     モーニング娘。の元メンバーでタレントの飯田圭織が10日に自身のアメブロを更新。子ども達の大好物入りの弁当を公開した。
     この日、飯田は「昨日、少し夜更かししてしまい眠たい朝です」と明かし、「そんな中息子は元気に学校へ」と朝の様子をつづった。また、息子は規則正しく過ごせる子どもだと述べ「毎日眠る時間も同じ、ご飯を食べ終わる時間も同じ」と明かした。

     続けて「近頃は準備も早く出来るようになり、決めている時間よりもはやく出発するようになりました」と報告。自身も早めに行動して安心したいタイプだと述べ「行動パターンも似てくるのでしょうかね!?」と問いかける一方で、「天然ボケも遺伝 !?笑笑」とお茶目にコメント。

     一方で「今日の息子弁当」と述べ、「子供達の大好物チンジャオロースのお弁当」と説明し、彩り豊かなチンジャオロース弁当を公開。さらに「チンジャオロースにするとピーマンを 残さず食べてくれる子供達」と嬉しそうに述べ「ご飯も進むよね」とつづり、ブログを締めくくった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/19677475/
    2021年2月10日 20時26分 ABEMA TIMES


    【【芸能】飯田圭織、子ども達の大好物入りの弁当を公開「ご飯も進むよね」 [砂漠のマスカレード★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    飯窪 春菜(いいくぼ はるな、1994年11月7日 - )は、日本の歌手、女優、ファッションモデル、プロデューサー。女性アイドルグループ・モーニング娘。の元メンバー(10期)である。愛称ははるなん。イメージカラーはハニー色(薄黄色)。 東京都八王子市出身。血液型O型。身長162cm。ジェイピィールーム所属(ジャストプロと業務提携)。
    49キロバイト (5,539 語) - 2021年1月28日 (木) 08:20



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/01/31(日) 19:10:17.40 ID:CAP_USER9.net

    元モーニング娘。の飯窪春菜(26)が30日放送のMBS「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。MCの明石家さんま(65)、ゲストの藤本美貴(35)らと反抗期について話している時に、自身は反抗期がなかったと明かし、その理由に母の衝撃的なお弁当があることを明かした。

     飯窪は「反抗期なかったんですよ」としながらも中学生の時に「周りが皆反抗期に入っていて、反抗期に憧れはした」と語り「ママが怖いからパパから呼ばれても返事をしなかったっていうのが1回あったんですよ」と反抗してみたことを明かした。

     だが、「次の日、お弁当をイカすみスパゲッティにされて、『人にバカにされる気持ちを知りなさい』というメモ付きで…」とし、「ああ、もう絶対反抗できない…と思って」と語った。

     さんまは、長女のIMALU(31)については「お父さんに対してあったな」と語ったものの、「それは俺が申し訳ないけど、IMALUが初めてブラをした時にテレビで発表してしまったんで…。“ブラした時が反抗期”というのは的を射ていると思う」と明かし「IMALUは一生諦めたからね。気持ちが分からないって。女の子の気持ちは男、絶対わからへんから、余計な口出しせんどこうって決めて」と続けた。

     8歳長男、5歳長女、1歳次女と3人の子どもの母である藤本も「私も、娘より息子の方がすでに分からない。伝わっているかな、てみたいな…」と語り、育児の難しさを実感しているようだった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/19621928/
    2021年1月31日 18時58分 スポニチアネックス


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 www.ntv.co.jp)


    【【芸能】元モー娘。飯窪春菜 反抗期がなかったのは母の衝撃的弁当が要因と明かす「ああ、もう絶対反抗できない…」 [砂漠のマスカレード★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    飯窪 春菜(いいくぼ はるな、1994年11月7日 - )は、日本の歌手、女優、ファッションモデル、プロデューサー。女性アイドルグループ・モーニング娘。の元メンバー(10期)である。愛称ははるなん。イメージカラーはハニー色(薄黄色)。 東京都八王子市出身。血液型O型。身長162cm。ジェイピィールーム所属(ジャストプロと業務提携)。
    48キロバイト (5,405 語) - 2020年12月24日 (木) 22:30



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



    1 jinjin ★ :2020/12/26(土) 02:09:29.73 ID:CAP_USER9.net

    明石家さんま“90分濃厚接触”…元モー娘・飯窪コロナ感染に広がる心配


    元『モーニング娘。』でタレントの飯窪春菜が、新型コロナウイルスに感染したことが12月24日、所属事務所の公式サイトで発表された。

    事務所『ジャストプロ』のサイトによると、《本日、体調不良を感じたため、新型コロナウイルスの抗原検査を受けたところ、陽性結果が出ました。その後、保健所の調査を経て陽性だと判定されたことをご報告致します。現在、保健所の指示に従い療養しております。弊社におきましては、引続き感染予防対策に努めてまいります。皆様にはご心配ご迷惑をお掛けしますが何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします》などとしている。


    飯窪は実業家・堀江貴文氏が主演、プロデュースする舞台『クリスマスキャロル』に出演中で、感染の報告を受け、24・25日の神戸公演が中止になった。

    ここに来て新型コロナウイルスの感染が広がっているため、飯窪が罹患してしまったのは仕方ないことだが、一方、ネット上では、本人のあまりに軽率な態度に呆れる声が上がっている。



    「ツイ消し証拠隠滅…信じられない」

    「飯窪は、19日に自身のツイッターを更新し、《昨日わたし、数億年ぶりの絶不調で頭痛と悪寒と貧血で最悪な日だったのですが栄養取ってたくさん寝たら1日で治りました。自分の基礎体力に拍手おくりたい》とツイートしていたのです。今のご時世、ここまでの体調不良を感じたら新型コロナ感染を疑ってもおかしくないはずですが、飯窪はその後、マスクをせずに舞台出演者で集合写真を撮影。
    体調が再び悪化してようやく検査を受けています。本人もバツが悪かったのか、体調不良のツイートは削除したようですね。飯窪はレギュラーを務めているラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBS)の19日放送回で、明石家さんま、村上ジョージと共演しているため、さんまらの体調も心配されています」(芸能記者)


    ネット上では、

    《ツイ消しして証拠隠滅を図ってるけど、体調不良や自覚症状がありながら仕事したり、大勢で会食したりちょっと信じられないな》
    《さんまとラジオしてたからなあ。まあアクリル板で囲われてるとはいえ、当分は共演を避けるだろうね》
    《19日に体調最悪で前日にアクリル版だけの1時間半のラジオ収録。残念だがさんまさん、ショージさん濃厚接触者確定ですね》
    《9日に数億年ぶりの頭痛・悪寒・貧血で体調不良だったのを薬飲んで治したってツイートしてるんですよね。それってコロナの初期症状だよね。なのに舞台稽古終わりにぎゅうぎゅう詰めで会食してるインスタも投稿してるし、なんだかなぁ》

    など、非難の声が投げつけられた。


    今のところ、さんまは濃厚接触者になっていないが、もし感染していたら、年始の『さんまのお笑い向上委員会』など生放送を2本控えているだけに、大惨事になってしまいそう。果たして、大丈夫なのか…。

    https://myjitsu.jp/archives/248712



    前スレ
    【芸能】明石家さんま“90分濃厚接触”…元モー娘・飯窪コロナ感染に広がる心配 体調不良のツイート削除し証拠隠滅「信じられない」の声
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1608905262/
    ★1 2020/12/25(金) 23:07:42.83


    【【芸能】明石家さんま“90分濃厚接触”…元モ娘・飯窪コロナ感染に広がる心配 体調不良ツイート削除し証拠隠滅 「信じられない」の声★2 [jinjin★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    後藤 真希(ごとう まき、1985年9月23日 - )は、日本の歌手、タレント、YouTuber。ハロー!プロジェクトの元一員で、『モーニング娘。』の元メンバー(3期)。旧姓は同じ。結婚後の本名は非公開。愛称はごっちん、ゴマキ。 東京都江戸川区出身。血液型O型。身長159cm。体重43kg。エイベックス・マネジメント所属。
    49キロバイト (5,476 語) - 2020年11月5日 (木) 03:53



    (出典 newsimg.oricon.co.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/02(水) 12:03:02.80 ID:CAP_USER9.net

    12/2(水) 8:40
    オリコン

    後藤真希はなぜ”10年に一人の逸材”なのか? 「テレビの中の自分も本当の自分も、いつも客観視できた」
    後藤真希 撮影:石川咲希/Pash(C)oricon ME inc.
     先ごろ放送された音楽番組で現役アイドルとの共演が話題になった、後藤真希。モーニング娘。としてデビュー当時は、金髪に細眉の“ギャル”な見た目、芯の強さが際立つキレキレのパフォーマンスで“ゴマキ”という新たなアイドル像を確立した。女性アイドルとして「No.1の才能」「10年に一人の逸材」との呼び声も高い彼女が、デビューから20年が経過した今思うこととはーー。過去、現在、未来のアイドル像を語ってくれた。

    【動画】いまも変わらないキレの良さ…後藤真希、超超超久しぶりに「恋愛レボリューション21」踊ってみた

    ■デビュー時、大衆に与えた衝撃「当時はただ必死で、追い付こうと頑張っていた」

    ――『テレ東音楽祭2020秋』でAKB48さんと共演された際の反響はすごかったですね。SNSなどでは「アイドルオーラがすごい」「ラスボス感」などと言われていました。AKB48パフォーマンスだけど「ゴマキらしい」という声が多かったです。どんなことを意識されましたか。

    【後藤】いろいろ考えたんですよ。私がモーニング娘。に在籍していたのは3年間だけですが、ほんわかした「ザ・王道アイドル」のメンバーがいるからこその対照的な存在として「生意気そう」「ヤンキーっぽい」「トガッてる」といったイメージをいまだに持たれているような気がして。だから、これまでの自分のイメージをちょっと変えたいな、今の自分を見せたいなという思いはありました。特に意識したのは“笑顔多め”です。私、もともと引きつりやすいんですよ(笑)。緊張で固まるんです(笑)。ただ、曲がかかると自然にパフォーマンスに意識が集中し、切り替わりますけど。今回は自分なりに笑顔でがんばってみました。

    ――デビューは1999年。後藤さんが加入し、センターになったことで、従来のアイドル像から「時代が変わった」くらいの衝撃を受けました。

    【後藤】当時はただ必死で、追い付こうと頑張っていた感じです。それに私、真ん中とかはじっことか、よくわからなかったんですよ。だから『LOVEマシーン』のときに世間がザワついて、「センターってそんなに良いものなんだ!??」と思ったくらい。私はただ歌って踊る歌手になりたいと思って、『ASAYAN』でのモーニング娘。オーディションを受けて、運よく合格をいただけて。モーニング娘。の曲もあまり知らなかったし、メンバーのことも詳しくわからなかったりもして…今考えると「よくこの子、モーニング娘。に入れたよね、ホントよかったよね」と思います(笑)。

    ――そうだったんですね(笑)。

    【後藤】ただ、モーニング娘。のオーディションを受けているときに、お母さんには「これを最後にしなさいよ」と言われたんです。そんなにたくさんオーディションを受けていたわけでもないんですけど、まさか受かると思っていなかったから、最終の5人に残って、2~3日間お寺で合宿をして、そのままレコーディングスタジオで課題曲を録って発表を待つという流れで。それで受かって、お母さんがやっていたお店に「受かったよー」と報告に行ったんですが、全然信じていないの(笑)。

    ■「大人たちが盛り上げてくれていたんだな…」今だから分かる”ありがたみ”

    ――金髪、細眉のギャル姿は、演出だったんですか。

    【後藤】あの当時は、夏休みに入ったばかりで、最初は黒髪にホワイトメッシュを入れて、「今年の夏はギャルになるぞ!」という気分でオーディションに行ったんです。それで、ちょうどその頃読んでいた雑誌『Egg』に「ブロンドが流行ってる」と書いてあったから、「じゃ、次はブロンドにするか」と。でも、会う度に髪型が変わるので、オーディションで「その髪の毛はどうしたの?」と聞かれて「いや、夏休みだから染めてみました」と言いました。その返事が衝撃だったらしいですよ(笑)。大人たちから見たら面白い子だったのかもしれませんね。

    ――そこからいきなりのセンターだったわけですが、「大人に推されるのが辛い時期でもあった」とテレビ番組でおっしゃっていましたね。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=394&q=90&exp=10800&pri=l
    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/00b502d1dc08fec4b9cc08e9b16c62b4a58d3e52


    【【芸能】後藤真希はなぜ”10年に一人の逸材”なのか? 「テレビの中の自分も本当の自分も、いつも客観視できた」 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ