all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 元女優

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 bluesea0925.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/11(木) 20:22:14.19 ID:OYp9N/gT9.net

    *取締法違反(所持)の罪で起訴された元KAT-TUNメンバー田口淳之介被告(33)と元女優小嶺麗奈被告(38)の初公判が11日、東京地裁(長池健司裁判長)で開かれ、
    2人とも起訴事実を認めた。ともに交際継続の意志を明らかにし、小嶺被告は「結婚したいと思います」と話すなど“法廷プロポーズ”が繰り広げられた。検察側は2人に懲役6月を求刑して即日結審。弁護側は執行猶予を求めた。判決は30日。

       ◇   ◇   ◇

    ブラウスに緑のパンツ姿の小嶺被告が先に入廷、黒スーツにネクタイ姿の田口被告が続いて入った。
    向かって左に田口被告、右に小嶺被告が並び、起訴事実について「間違いありません」とそれぞれ認めた。
    冒頭陳述では、検察官から押収された*を見せられ「2人のものですか?」「もういりませんか?」との質問に、2人が「はい」と答える場面もあった。

    起訴状によると2人は5月22日、同居していた世田谷区のマンションで乾燥*約2・296グラムを所持した。
    07年頃から交際開始。20歳の頃からパニック障害があった小嶺被告は、悪質ファンからの嫌がらせや過熱交際報道に09年頃から、睡眠障がい、摂食障がい、
    耳管狭窄(きょうさく)症などを患うようになったという。ストレスから逃れるため、20歳の頃にも使用した*を手にするようになり、その半年後には、小嶺被告から*使用を打ち明けられた田口被告も、好奇心から使い始めたという。

    法廷内ではほとんど目を合わせなかった2人だが、ともに今後も交際継続する意志を明らかにした。
    16年3月末、田口被告がKAT-TUNを脱退し所属事務所を退所した直後には、田口被告からプロポーズもあったというが、小嶺被告は「彼の仕事とファンのことを考えるとマイナスになると思った」と当時、断ったという。
    交際について弁護人から問われると「交際を続けていきたいと思っています。続けられるなら結婚したいと思っています」。

    田口被告も、弁護人からの同様の質問に「僕も彼女と一緒で、続けていきたいと思います」とした。さらに「彼女は今まで、私やファンの方に気を使って、自分自身をすりへらしていたと思う。
    それを分かっていて、自分の夢だとか、これで(芸能界で)生きていくと、彼女に真摯(しんし)に向き合えていなかった。僕自身の責任だと思う。
    これからはお互い違法薬物だという認識を持って、注意し合いながら生きていきたい」と、さながら“プロポーズ”のように話すと、小嶺被告も涙ぐんだ。

    最後も並んで証言台に立った。田口被告は「お世話になっていた方やファンの期待、そして自分自身の夢を裏切ることになった。二度はない。更生して、まっとうな人生を歩みたい」。
    小嶺被告は「精神的にも肉体的にも強くなって生きていきたい。申し訳ありませんでした」と話して、退廷した

    https://news.livedoor.com/article/detail/16759836/
    2019年7月11日 19時49分 日刊スポーツ


    【【芸能】小嶺被告「結婚したい」田口被告に法廷プロポーズ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    小嶺 麗奈(こみね れな、1980年7月19日 - )は、日本の元女優。 熊本県熊本市出身。活動時はスペースクラフト、バーニングプロダクション、ディスカバリー・エンタテインメントに所属していた。 九州学院中学校→東京都立代々木高等学校中退。 中学1年生時、篠山紀信撮影の写真集『少女革命』のモデルに
    12キロバイト (1,304 語) - 2019年5月23日 (木) 06:47



    (出典 cocomeria.com)



    1 アルテミス@ ★ :2019/05/23(木) 07:28:18.79 ID:etTtkdRf9.net

    アイドルユニット「KAT―TUN」の元メンバーで歌手の田口淳之介容疑者(33)が22日、*取締法違反(所持)容疑で、交際中の女優小嶺麗奈容疑者(38)とともに関東信越厚生局*取締部に現行犯逮捕された。

     小嶺容疑者は中学1年時、篠山紀信氏が撮影した写真集「少女革命」のモデルに選ばれてデビューした。中学卒業後の95年、熊本から上京。同年のTBS「3年B組金八先生」の第4シリーズで早くも存在感を示した。

     いじめっ子の優等生を好演し、女優として将来を嘱望された。18歳の頃には覚醒剤撲滅を訴える公共CMに起用されたこともあった。

     当時を知るドラマ関係者は「仕事はしっかりやる一方で、夜遊びが激しくて手が付けられなかった。1人で上京して寂しかったのかもしれないが、所属事務所は手を焼いていた」と明かした。

     結局、金八先生出演から数年後には「モデルになる」と言って事務所を退社。同関係者は「“才能があるのにもったいない”と言われていた」と振り返った。その後も女優としてドラマや映画に出演していたが、近年は目立った活動はなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00000109-spnannex-ent


    【【芸能】 「金八」で将来を嘱望されながら…小嶺麗奈容疑者「夜遊び激しく手が付けられなかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ