all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: コメディアン



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/13(火) 00:58:53.65 ID:i5FrjikD9.net

    タレントの加藤茶(76)が12日放送の日本テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話」(月曜後9・00)に出演、過去にウワサされた志村けん(69)との不仲説について「全然ない」と完全否定した。

    最高視聴率50・5%を記録したドリフターズのお化け番組「8時だョ!全員集合」で人気を二分した加藤と志村。その後、2人の冠番組「加トちゃんケンちゃん」でお笑い界のツートップとして不動の人気を得た。

    不仲説については「よく言われた」と加藤。「仕事を一緒にすることが少なくなったからね。別に不仲でもなんでもない」と一蹴した。

    志村については「努力家、すごい努力家」と表現、「自分で考えたものをちゃんとやらないと気が済まない」とした。そのうえで、「オレがどんなにボケても必ずツッこんでくる。だから安心してボケれる」と信頼を寄せていることを明かした。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12278-370097/
    2019年08月12日 22時56分 スポニチアネックス


    【【芸能】加藤茶 志村けんは「すごい努力家」、不仲説は笑い飛ばし「全然ない」】の続きを読む



    (出典 hp-labo.com)



    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/13(木) 11:18:33.75 ID:UY4oB1Qj9.net

    ◆ 加藤綾子“おねだりベンツ”!?志村けんがプレゼントした相手とは…

    お笑いの大御所、志村けんの発言が波紋を呼んでいる。志村は、去る6月5日深夜に放送された『志村でナイト』(フジテレビ系)で『千鳥』の大悟とトーク。昔の彼女に〝おねだり〟された話を披露した。志村は「小さくてもいいからベンツ」と言われたそうで、ニヤニヤしながら買ってあげたことを明らかにした。

    「値段こそ言いませんでしたが、志村レベルが付き合っている女性からの〝おねだりベンツ〟なら、AクラスではなくCクラスかなと思います。値段は最低でも450万円から。日本で一番売れているクラスで、乗りやすいサイズです」(自動車ライター)

    果たして、志村は誰にベンツをプレゼントしたのか。500万円前後となれば、生半可な付き合いの女性ではないはず。

    「志村は番組で、いかにも〝過去の女〟という表現をしていましたが、何もかも本当のことを言うわけがないでしょう。相手はおそらくカトパン、加藤綾子だと思いますよ。いくら志村だって、行きつけのキャバ嬢に500万円のクルマは買いませんよ。カトパンは特別ですから」(芸能ライター)

    ■ 度々目撃される麻布十番デート

    今、志村と加藤は熱愛中だといわれ、志村のホームグラウンドである東京の麻布十番では、2人の仲よさげなデートシーンがたびたび目撃されている。

    「いつもパターンは同じ。2人で食事しながら志村はヘベレケ。それをカトパンは志村のマンションに連れて帰るの繰り返し。カトパンはあまり酒を飲みませんから、ほとんど介抱役。あまりに年中行事なので、写真誌も黙認状態です」(同・ライター)

    一体、カトパンと志村の関係はどうなっているのか。

    「ちゃんと交際していると思いますよ。今、志村は肝硬変を患っているので、不摂生な生活は厳禁。でも、時間があればカトパンと飲む。それだけ信頼もあるし、仲がいいのでしょう」(同)

    一部でウワサされている志村の財産〝50億円説〟が本当なら、500万円のベンツは1000台買える計算。愛する人へのプレゼントなら安いもんだろう。

    まいじつ 2019.06.13 07:31
    https://myjitsu.jp/archives/85985

    (出典 myjitsu.jp)


    【【芸能】志村けんが加藤綾子に500万のベンツをプレゼント】の続きを読む


    高田 純次(たかだ じゅんじ、1947年1月21日 - )は、日本のお笑いタレント、コメディアン、俳優。東京都調布市国領出身。身長175cm。血液型はO型。愛称は「ちゃん」「じい」「じじい」「Mr適当」「TJ」「ミスター無責任」[要出典]「テキトー男」。自身の所属事務所であるテイクワン・オフィスの代表取締役も務める。
    71キロバイト (10,503 語) - 2019年4月30日 (火) 12:14



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/17(金) 00:01:26.29 ID:xNomt7249.net

    タレントの高田純次が、4月に都内の首都高速道路で交通事故を起こし、22歳の男性に怪我を負わせていたことを、ニュースサイト「文春オンライン」が報じている。

    高田は2009年に、前方不注意でミニバイクと衝突事故を起こし、19歳の男性に全治2週間の怪我を負わせた。また、昨年3月にも、信号待ちの車に追突する事故を起こしている。

    本来ならば、仕事への影響を考え自分でハンドルを握るべきではないのだろうが、どうやら運転をやめられないよう。またまた事故を起こしてしまった。

    同サイトによると、4月14日に高田の運転するポルシェが被害者の車に追突。しかし、高田の車は被害者の車を追い抜いて逃げてしまったという。

    その後、高田は被害者に対応。なんと、その場で現金を支払う形で示談にするよう要求したというが被害者は拒否。
    以後、話し合いを続けることになったが、高田本人と連絡が取れなくなり、高田は弁護士を立ててきたという。
    事故後、被害者は全身打撲傷などで全治2週間と診断されたというが、被害者の父親は、「高田さんの対応は誠意が感じられず、現在は告訴の準備も進めています」とコメントしている。

    ネット上では「これは駄目でしょ」、「人柄が通用しない時がある事を思い知ってほしい」、「テキトーなのは芸風だけでいい」など高田に対する非難の声が寄せられている。

    「レギュラー出演するテレビ朝日系『じゅん散歩』での親しみやすいキャラが定着している高田だが、記事になっている事故処理が本当だとすれば完全にアウト。
    現在、キー局・ローカル合わせてテレビ6本、ラジオ1本のレギュラーを抱えているが、各番組のスポンサーがこの件を憂慮しそう。
    被害者への誠意ある対応をするのはもちろん、高田本人が記事に対するコメントを発表しないと“無傷”ではいられないだろう」(芸能記者)

    16日にも「じゅん散歩」が放送される予定だが、テレ朝の対応が注目される。

    http://dailynewsonline.jp/article/1826330/
    2019.05.15 22:00 リアルライブ

    前スレhttps://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557968494/


    【【芸能】高田純次に当て逃げ発覚、対応の悪さからイメージダウン必至か あの番組の存続は? ★2】の続きを読む



    (出典 snjpn.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/06(土) 08:39:12.86 ID:WK8u/EjB9.net

    志村けんが、5日放送の『中居正広のキンスマスペシャル』(TBS系)に出演。

    ザ・ドリフターズのリーダー・いかりや長介の知られざる思いに涙する一幕があった。

    人気番組『8時だョ!全員集合』終了後、志村はコメディアンとして、いかりやは俳優の道へ。
    だが、いかりやの長男・碇矢浩一さんによれば、父親は志村の番組を録画して見るなど、何かと気にかけていたという。

    また2003年12月、結成40周年を記念した『ドリフ大爆笑』(フジテレビ系)のスペシャル番組が収録された際、奥から5人で手前に歩いてくるオープニング映像を撮り直したとき、
    いかりやはメンバーの中で志村だけが自分に歩調を合わせてくれたと語っていたという。

    そんないかりやも2004年、頚部リンパ節がんで他界。だが亡くなる3か月前、彼は、志村の舞台公演を自分でお金を出してこっそり観劇していたという。
    そして、志村の楽屋に立ち寄ることもなく帰ったのだとか。

    さらに浩一さんは今回、いかりやが亡くなる3週間前、病床で意識が朦朧とする中で、走り書きしたあるメモを特別に公開した。そこには「加藤がえらい」「志村がえらい」と書かれてあった。

    一時は不仲説も伝えられていた2人。だが、志村はいかりやの本当の想いを知り、涙。
    「僕の師匠としては間違いなかった」と本音を吐露し、楽屋に挨拶に来て「面白いぞ」「頑張れよ」でも、ダメ出しでも一言欲しかったと、かなわない願いを語っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16274557/
    2019年4月6日 6時0分 RBB TODAY


    【【芸能】志村けん、いかりや長介の知られざる思いに涙…】の続きを読む

    このページのトップヘ