all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: ミュージシャン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    YOSHIKI(よしき、1965年〈昭和40年〉11月20日 - )は、日本のミュージシャン、ドラマー、ピアニスト、マルチプレイヤー、ソングライター、音楽プロデューサー。 ロックバンドX JAPANのリーダーであり、映画、テレビ、アニメなど様々な作品の音楽コンポーザーも務める。本名は林 佳樹(はやし
    151キロバイト (19,869 語) - 2021年12月23日 (木) 05:16



    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/02(日) 15:56:32.76

    1/2(日) 15:54
    オリコン

    YOSHIKI、『格付けチェック』個人14連勝も「運が良かっただけ」「盆栽とかきたら無理だった」
    YOSHIKI (C)ORICON NewS inc.
     1月1日放送の『芸能人格付けチェック!2022お正月スペシャル』(ABC・テレビ朝日系)に出演したYOSHIKIが2日、自身のツイッターを更新。“チームYOSHIKI”として一人で格付けチェックに挑み、個人14連勝したことについて、「自分は運が良かっただけ」と謙遜した。

     YOSHIKIは「盆栽とかきたら無理だったと思う。番組の流れ的に、自分も土下座しようと思ってたんだけど!」とユーモアを交え、「スタジオも楽しく盛り上がってたよ」と報告し、「出演者のみんな本当に素敵な方達でした」と感謝をこめた。

     また、前日には「色々な意味で緊張しました。そう見えなかったかもしれないけど後半に向かいなぜか、貧血気味になり、自分を保つのが精一杯でした なぜか控え室で、作曲も... みんなのサポートありがとう」と心境をツイート。

     さらにインスタグラムでは、高級ワインを見極める問題について「ワインは色だけでわかるって思ってたんだけど..難しかった。100万円と5000円のワイン。5000円のワイン凄すぎ」とつづり、真剣にワインを見つめるショットや、MCを務めたダウンタウン・浜田雅功との笑顔ショットを掲載した。

     芸能人たちが味覚や音感など6つのジャンルの格付けチェックに挑む新春恒例のバラエティー番組。今年は「ワイン」「六重奏」「味覚」「アルゼンチンタンゴ」「ゴスペル」「牛肉」の6項目に挑戦した。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f4528d7182342628ae46f6bb19f7c43615577cab


    【【芸能】YOSHIKI、『格付けチェック』個人14連勝も「運が良かっただけ」「盆栽とかきたら無理だった」 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    河村 隆一(かわむら りゅういち1970年5月20日 - )は、日本のミュージシャン、歌手。RYUICHI名義でLUNA SEAおよびTourbillonのボーカリストを担当。また、俳優・小説家・レーサーとしても活動し、ЯK(アール・ケー)名義で音楽プロデューサーとしても活動。神奈川県出身。既婚。
    30キロバイト (3,337 語) - 2021年12月4日 (土) 15:55



    1 冬月記者 ★ :2021/12/09(木) 21:45:40.55

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a5b55ced4528e3b28a8225ba6ddda3e66d0634f8

    (出典 i.imgur.com)


    「非喫煙者なのになぜ肺がんに」 2019年に手術、河村隆一が抱いた疑問 検診の大切さ訴え


     LUNA SEAのボーカル河村隆一(51)とタレントの青木さやか(48)が9日、東京・ベルサール虎ノ門で行われた「アストラゼネカ 肺がん啓発イベント―知ってもらいたい、肺がんのこと―」に出席した。

     河村は2019年に、青木は2017年に肺がんの手術を受けた。2人は、製薬会社のアストラゼネカなどが制作した肺がん検診を呼び掛けるCMに出演した。 

     “健康優良児”を自負していたという河村は「非喫煙者なのになぜ肺がんに、というのが一番の疑問でした。術後は新しい命をもらったという気持ちで毎日をいかに充実させるかを考えるようになりました。僕の場合は、人間ドックでがんが見つかりました。検診は重要です。ぜひ受診してほしいです。僕もしっかり検診を続けていきます」と話した。


    【【芸能】「非喫煙者なのになぜ肺がんに」 2019年に手術、河村隆一が抱いた疑問 検診の大切さ訴え [冬月記者★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ダイモンドユカイ(DIAMOND✡YUKAI、1962年〈昭和37年〉3月12日 - )は、日本のロックミュージック、シンガーソングライター、俳優である。本名は田所 豊(たどころ ゆたか)。東京都出身。サンミュージック・サウンドミッション所属。既婚。現在は埼玉県さいたま市在住。 血液型はB型である。
    34キロバイト (4,249 語) - 2021年11月17日 (水) 07:33



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/18(木) 22:42:16.41

    11/18(木) 22:36
    スポニチアネックス

    ダイアモンド☆ユカイ、免許返納したがらない母にとった手段とは…「最後はこれしか方法はなかった」
    ダイアモンド☆ユカイ
     ミュージシャンのダイアモンド☆ユカイ(59)が18日放送のABEMA「ABEMAPrime」(月〜金曜後9・00)に出演。自動車免許を返納したがらなかった母への、懸命な説得方法について明*場面があった。

     ユカイが初めて違和感を覚えたのは、母親が70代後半のときのこと。母の車にへこみがあるのを発見したという。「バリバリのキャリアウーマンでね、俺は“鉄人”と呼ぶくらい頭もハッキリとしていて、体も動いてたの。それで車に傷があったから、理由を聞いたら『ぶつけられた』って言うのよ。これはおかしいなと、何かごまかしているような気がして。それを聞いても『私はまだ大丈夫よ!』と言い負かされちゃって…」と、免許返納の話をしても相手にされなかったという。

     そして、母が85歳の頃にまた車に傷が。「さすがにこれはヤバいなと思って。『車を直すから』って、そのまま乗って行って返さなかったの」と、母に内緒で売却しするという手段に打って出た。「結局バレて、『また買うからいいわよ』って言うから、仲良かったディーラーの人に電話して『絶対に売らないで』って包囲網をかけて。親を親と思ってしまうと、出来なかったね」と、当時の複雑な心境を明かした。

     「最後はこれしか方法がなかったというのが、自分の結論でしたね。(亡くなる直前まで)母は『アンタのせいで、車に乗れなくなって不自由になった』って、ずっと言ってましたよ。でも(高齢者ドライバーの)事件が起きる度に『自分のおふくろだったらどうしよう』って思っていたから」と、母を思っての行動だったと語っていた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e339b13988f155ffaa362f10a404e7c803f02208


    【【芸能】ダイアモンド☆ユカイ、免許返納したがらない母にとった手段とは…「最後はこれしか方法はなかった」 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ダイモンドユカイ(DIAMOND✡YUKAI、1962年〈昭和37年〉3月12日 - )は、日本のロックミュージック、シンガーソングライター、俳優である。本名は田所 豊(たどころ ゆたか)。東京都出身。サンミュージック・サウンドミッション所属。既婚。現在は埼玉県さいたま市在住。 血液型はB型である。
    33キロバイト (4,092 語) - 2021年11月3日 (水) 13:19



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/05(金) 12:38:29.51

    11/5(金) 12:31
    デイリースポーツ

    ダイアモンド・ユカイ、妻との別居は夫婦げんか 謝罪は「しない、昭和のロックンローラー」
     
     ミュージシャンのダイアモンド・ユカイが5日、フジテレビ系「バイキングMORE」で、別居中の妻との現状を告白した。ユカイは小学4年の双子男児と、1歳上の長女は妻と一緒に暮らしている。

     ユカイは男ばかりの現在の暮らしに「双子のボーイズツーメンが大人になって、結構オレを助けてくれる」と子供達が支えてくれていると感謝。一方、妻と暮らす長女については「女の子は大人になるのが早いね」と苦笑い。リモートで連絡は取っているというが「もう、パパ、パパではない。私は私の道を行くっていうか。女は強い。妻に似ちゃった」と成長を喜んだ。

     妻が家を出て3カ月。痛感するのは「やっぱり生活、家は妻が中心になっていた」「妻の偉大さは感じた」ということ。それでも子供達と「ドタバタだけど楽しくやっている」「毎日が珍道中、珍ライブ」と充実した日を過ごしているという。

     だが妻が出て行った当初は、子供達は妻の掛け布団にくるまり、それを離さなかったといい「そのときは涙ぐんだ。ママは偉大。ホロッときちゃう」と寂しさも見せていた。

     そして別居の原因について、ユカイは「コロナ禍で家にいることが多くて、面と向かっているといろんな事が起きる」と夫婦げんかが原因だったと示唆。「妻は教育熱心で完璧主義。オレの原因も大きいけど、積もりに積もって」と意見が合わなかったという。

     ユカイは謝らないのか?という質問には「暗黙の了解かな。謝ったりはしない。昭和のロックンローラーを引きずっている所はあるかもね」と謝罪は口にしていない様子。妻へのメッセージとして「達者で暮らせよ」と伝えていた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d77d1cebe162b24d33d716d085955ee9604ade3b


    【【芸能】ダイアモンド・ユカイ、妻との別居は夫婦げんか 謝罪は「しない、昭和のロックンローラー」 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    GACKT(ガクト、1973年7月4日 - )は、日本の男性シンガーソングライター、俳優、YouTuber。 沖縄県出身。本名は大城ガクト。旧芸名:Gackt(読み同じ)、別名義:神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)。日本のエージェンシーは株式会社グラブエンターテイメント。GACK
    71キロバイト (5,875 語) - 2021年9月9日 (木) 03:33



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/16(木) 15:32:42.39

    9/16(木) 15:26
    中日スポーツ

    GACKT「残された時間はいつかはゼロに…後悔のないように生きろ」意味深投稿にファンは「まだダメよ」戸惑いの声
    GACKT
     無期限活動休止を発表した歌手のGACKT(48)が15日、自身のインスタグラムを更新。生死にまつわる生き様についての意味深なメッセージに、ファンが戸惑い、悲しみ心配する声が相次いだ。

     恒例のインスタグラムに掲載される一言メッセージの形で投稿。

     「残された人生の時間はいつかはゼロになる 明日突然ゼロになるとは誰も思っていない 明日ゼロになっても 後悔のないように今日を生きろ 昨日までのことを笑って話せる今日を過ごせ そうすれば今日という日が オマエにとって毎日特別になる」といったメッセージを、動画に載せて披露した。

     一時期、意識がなかった時もあるほどの当人からの「後悔の無いように生きろと」いう謎めいたメッセージに戸惑うファンも多かったようで、「何かありましたか?体調大丈夫ですよね」「なんか悲しい」「ガクちゃん寂しいこと言わないで」「意味深じゃないか!」「なぜ急にそのようなコメントなのでしょうか。。。なぜだかとても嫌な予感」「GACKTさんはまだダメよ」「今 聴きたくないメッセージ」と心配する声が次々と届いていた。

    【写真】GACKTの意味深投稿

    (出典 static.chunichi.co.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/77649096064c6e8f98f4682918e798098ad5da11


    【【芸能】GACKT「残された時間はいつかはゼロに…後悔のないように生きろ」意味深投稿にファンは「まだダメよ」戸惑いの声 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ