all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: ダンサー


    MAX(マックス)は、日本の4人組・女性ダンスグループ。メンバー全員が沖縄県出身。所属事務所はライジングプロダクション。所属レコードレーベルはSONIC GROOVE。公式ファンクラブは「J-MAX」である。 1995年に結成された沖縄アクターズスクール出身のダンス・ボーカルグループ。「MAX
    69キロバイト (5,168 語) - 2019年5月5日 (日) 23:03



    (出典 www.diskgarage.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/26(水) 07:32:29.94 ID:5PoBx1r89.net


    (出典 image.news.livedoor.com)

    新曲を披露したMAX(左からMINA、LINA、REINA、NANA=カメラ・生澤 英里香)

    4人組ダンスボーカルグループ「MAX」が25日、オリジナルメンバーの4人では9年ぶりとなる新曲「パルテノン」の発売イベントを都内で行い、
    LINA(42)は「全員が40代になって初めての曲。
    ガンガン踊れるところを見せたい」とアピールした。

    ピンク・レディーなどを手掛けた都倉俊一氏が作曲。
    荻野目洋子(50)の「ダンシング・ヒーロー」の振りを担当した三浦亨氏がピンク・レディー風の「テレパシーダンス」などの印象的な振りをつけており、
    NANA(43)は「小さい子どもも大人も一緒に踊ってほしい」と呼び掛けた。

    昨年再ブレークしたDA PUMPの「U.S.A.」と同じ作詞家が同曲を手掛けていることもあり、REINA(41)は「パンプ超えしたい」と意欲。
    MINA(41)は「ピンク・レディーさんともご一緒したいですし、この曲で紅白を目指せたら」と語った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16677925/
    2019年6月26日 6時4分 スポーツ報知


    (出典 Youtube)

    Ride on time


    (出典 Youtube)

    一緒に… - MAX


    【【芸能】MAX、全員40代になって初楽曲「ガンガン踊れるところを見せたい」】の続きを読む


    TETSUYA(テツヤ、1981年2月18日 - )は、日本のダンサー。EXILEEXILE THE SECONDのメンバー。J Soul Brothersの元メンバー。 神奈川県横須賀市出身。LDH JAPAN所属。 横須賀市立森崎小学校、横須賀市立神明中学校卒業。実家が内装業を営んでいる影響
    20キロバイト (2,352 語) - 2019年3月5日 (火) 04:27



    (出典 www.townnews.co.jp)



    1 ばーど ★ :2019/03/05(火) 13:28:31.08 ID:7wWW38CX9.net

    EXILE TETSUYA(38)が5日、同日に一般女性と入籍し、第1子を授かったことも発表した。

     所属事務所によると、お相手の女性はアパレル関係の仕事をしており、交際期間は約3年。6月末から7月頭にかけて出産予定という。

     報道各社に発表したコメントは以下の通り。「いつも温かい応援をありがとうございます。この度、3月5日に一つ歳下の一般女性と入籍したことを、ご報告させていただきます。

     友人関係から始まり、数年前からお付き合いするようになってから、お互いがお互いの人生において欠かせない存在になっていきました。そんな中で、自分達の間に新しい命を授かる事ができました。

     EXILEに加入してから10年が過ぎ、たくさんの事を学ばせて頂く中で、更に責任感をもって、これからもEXILEとして、社会人として、一家の大黒柱として、毎日を素敵に過ごせたらと思っております。

     いつも温かく応援していただいているファンの皆さま、そしてEXILEメンバー、スタッフ、関わる全ての皆さまに心から感謝し、これからも今まで以上に、音楽やダンス、全ての活動を通じて日々の恩返しをしていけたらと思いますので、今後とも温かい応援をどうかよろしくお願い致します」

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/03/05/0012118783.shtml

    (出典 i.daily.jp)


    【【芸能】EXILE TETSUYAが一般女性と入籍したことを発表!第1子も授かる】の続きを読む

    このページのトップヘ