all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: ダンサー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    黒木 啓司(くろき けいじ、1980年1月21日 - )は、日本のダンサー、俳優。EXILE、EXILE THE SECONDのメンバー。J Soul Brothersの元メンバー。 宮崎県宮崎市出身。LDH JAPAN所属。身長180cm。血液型B型。妻は実業家の宮崎麗果。
    26キロバイト (3,395 語) - 2022年6月13日 (月) 14:17

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/10(金) 19:15:37.72
    6/10(金) 19:00
    オリコン

    EXILE・黒木啓司、10月末で芸能界引退「体力の限界感じた」 17年間在籍のLDHに感謝【コメント全文】

     ダンス&ボーカルグループ・EXILEの黒木啓司(42)が10日、10月末をもってLDH JAPANを退社し、芸能界を引退することを、ホームページとモバイルサイトで発表した。

     LDHによると「以前より、今後の活動や将来を見据えて話し合っておりましたが、パフォーマンスに掛ける本人の想いやステージを降りることへの決意、自身の将来像などへの考えを尊重し、EXILE20周年という節目でアーティスト活動を終了することになりました」としている。

     黒木は、2009年2月25日にJ Soul Brothersとして、メジャーデビューアルバム『J Soul Brothers』でメジャーデビューし、3月1日にEXILEにパフォーマーとして加入。昨年12月にかねてより交際していた実業家・モデルの宮崎麗果さんとの結婚を発表した。

    ■黒木啓司コメント全文
    いつも温かい応援ありがとうございます。

    突然ではございますが私、黒木啓司は7月からスタートするEXILEのドームツアー『EXILE LIVE TOUR 2022 "POWER OF WISH"』をもちまして、EXILE及びLDH JAPANから卒業するとともに、芸能界を引退することをご報告いたします。

    僕がデビューする前から約17年間お世話になったLDHには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。あの時、HIROさんはじめ、EXILEオリジナルメンバーの皆さん、スタッフの皆さんが僕を受け入れてくださったことで、たくさんの夢を叶えることができました。
    そして、大勢のファンの皆様に出会えたことが自分にとって何よりの財産になっています。

    引退の時期に関しては、自分の中で数年前から考えていました。パフォーマーとして活動させていただく中で、常に自身のベストをファンの皆様に届けることに命をかけてきましたが、最近では年齢や体力の限界を感じるようになっていました。今後、自分が思うベストパフォーマンスを届けることができなくなる前に、EXILE20周年という節目を機に引退することを決意いたしました。

    そして、お芝居やバラエティなどさまざまな分野のお仕事に挑戦させていただきましたが、芸能人である前に僕はEXILEのパフォーマーであり、そこに対する自分なりの情熱とプライドがあるが故に、パフォーマーを引退するなら全てのステージから降りることがファンの皆様、そして自分に対するケジメだと感じました。

    引退後は家族をしっかりと支えながら、新たな道で社会に貢献できるように精進していきますので、温かく見守っていただけたら幸いです。

    発表のタイミングもいろいろ考えましたが、応援してくださる皆様には事前にしっかり自分の想いを伝えるべきだと思い、きちんとお別れできる最後のステージであるドームツアー前に発表させていただきました。

    次のツアーが最後になってしまいますが、残りの時間を皆様と一緒に楽しみ、一瞬一瞬を胸に焼き付けながら、感謝の気持ちでパフォーマンスをお届けしたいと思いますので、応援していただけたらうれしいです。

    2022年 6月10日
    黒木啓


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/151b6333ddce6969118164cb99a291782d9906b8

    【EXILE・黒木啓司、10月末で芸能界引退「体力の限界感じた」 17年間在籍のLDHに感謝【コメント全文】 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    阪急電鉄 > 宝塚歌劇宝塚歌劇団(たからづかかげきだん、英: Takarazuka Revue Company)は、兵庫県宝塚市に本拠地を置く歌劇団である。 阪急電鉄の一部門であり、阪急阪神東宝グループのエンターテイメント・コミュニケーション事業として阪急電鉄創遊事業本部歌劇事業部が運営している。歌劇団員は阪急電鉄の社員である。
    148キロバイト (21,526 語) - 2020年8月8日 (土) 04:36



    (出典 www.mbs.jp)



    1 ひかり ★ :2020/08/04(火) 21:39:23.93

     宝塚歌劇団は4日、兵庫・宝塚大劇場の花組公演「はいからさんが通る」の出演者3人とスタッフ1人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。既に中止が発表されている2~4日の公演に加え、6~16日の公演も中止とする。
    報知新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e9e5a745b78b99453498066cb8766c3b2f50e2cc


    【【芸能】宝塚歌劇、花組公演出演者ら4人コロナ感染 「はいからさんが通る」16日まで中止 [ひかり★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 boku-tabi.com)



    1 マカダミア ★ :2020/01/13(月) 16:27:16 ID:Eaktzu769.net

    ダンス&ボーカルグループのEXILEが12日、台北アリーナで“台湾の紅白”と呼ばれる台湾電視公司(台湾テレビ)の「2020 超級巨星紅白藝能大賞」の番組収録に出演し、囲み取材に応じた。グループとしては台湾初上陸。
    昨年6月に台湾の国民的女優リン・チーリン(45)と結婚したAKIRA(38)は、中でも注目を集め、空港にはファンやマスコミが殺到した。

    AKIRAは開口一番、「大家久等了!(お待たせしました!)」などと中国語であいさつをすると、取材陣からも歓声が。
    TAKAHIRO(35)は、「台湾の方はいつも温かく迎えて下さるので、本当に感謝しています。EXILEとして、ようやく初めて来させていただいたのでうれしく思っています」と伝えた。

    記者から「AKIRAさんには『国民のお兄さん』というあだ名がついたんですけど…」と伝えられると、メンバーからは笑い声が。続けて、「奥様が『お姉さん』と呼ばれているのでそう呼ばれています」と明かされると、TAKAHIROは、「特に空港でAKIRAさんに対する注目度がすごかった!改めてこっちでもスターなんだなぁと僕らも思いました」と語り、メンバー一同が頷いた。続けて、「ぜひ、僕らも『台湾の弟』として活躍していければなぁと思います」と志願した。

    同番組は、台湾最大の地上波テレビチャンネル台湾電視公司(台湾テレビ)が 2010年から放送を開始した大晦日特番。今年で11回目を迎える台湾版紅白歌合戦ともいわれる。毎年アジアのアーティストがゲスト出演しており、1万人規模の台北アリーナでコンサートイベントを実施し収録。中華圏の旧正月の大みそかに合わせて放送される。
    現地で24日放送。

    https://news.tv-asahi.co.jp/news_geinou_mov/articles/000003329.html


    【【TV】AKIRA、台湾女優との結婚で「国民のお兄さん」に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    E-girls(イー・ガールズ)は、日本のガールズダンス&ボーカルグループ。LDH JAPAN所属。レーベルはrhythm zone。 2011年 4月24日、イベント『E-Girls SHOW』を開催。LDHに所属する3つの女性グループ、Dream、Happiness、Flowerを中心に構成されるプロジェクトとして始動。
    42キロバイト (3,499 語) - 2019年12月22日 (日) 13:37



    (出典 voguegirl.jp)



    1 スタス ★ :2019/12/22(日) 20:07:45.76 ID:fX9PfYB59.net

    ダンス&ボーカルグループのE-girlsが、来年いっぱいをもって解散することが、わかった。22日、神奈川・トレッサ横浜で行われた2020年第1弾シングル「別世界」リリースイベント内で電撃発表され、会場に訪れたファンから悲鳴が上がった。

     イベント冒頭で、グループのこれからに向けての映像が流れ、ファンが悲鳴。その後、メンバーが登場し、リーダーの佐藤晴美が「2020年を持ちまして、それぞれの道に進んでいくという決断をさせていただきました」と報告。「今年の春くらいからE-girlsのこれから、未来をみんなで話し合う機会。それぞれの方向性を伝えあった時に、それぞれの道で、頑張っていくという決断をさせていただきました」と伝えた。

     佐藤は続けて「みなさんとの思い出だったり、景色を思い返すと、踏み切れない部分もあったんですけど、輝いていけるステージに行けるために決断。それぞれ、次のステージでやっていったり、応援しあって、みなさんにもっともっと応援しただけるように、頑張っていきたい」と意気込んだ。

     同グループは2011年12月、シングル「Celebration!」でデビュー。13年より『NHK紅白歌合戦』に4年連続で出場。2017年6月、Aya、Ami、Shizuka、MIYUU、川本璃、藤井萩花、重留真波、中島美央の卒業を発表。新生E-girlsとして、同年7月にシングル「Love ☆ Queen」をリリースした。

     今月28日にはデビュー8周年を迎え、LDHが来年に行う6年に1度のエンターテインメントの祭典「LDH PERFECT YEAR2020」、その一環として2月からスタートする約1年半ぶりのアリーナツアー『E-girls PERFECT LIVE 2011→2020』も控える中での発表。同ツアーが、グループとしての最後のツアーとなる。

     グループ解散後の活動については、佐藤晴美、坂東希、石井杏奈、山口乃々華はそれぞれ役者やモデル業、Happinessは新たに88risingとタッグを組んで本格的に世界進出を目指し、武部柚那はアフロジャックが世界8都市で開催したオーディション合格メンバーと新たなユニットを結成、鷲尾伶菜はソロアーティストとしてデビューする。

    12/22(日) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-00000324-oric-ent

    (出典 i.imgur.com)


    前スレ

    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576998983/


    【【芸能】E-girls、来年いっぱいで解散 新曲リリースイベントで電撃発表★2】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    MAX(マックス)は、日本の4人組・女性ダンスグループ。メンバー全員が沖縄県出身。所属事務所はライジングプロダクション。所属レコードレーベルはSONIC GROOVE。公式ファンクラブは「J-MAX」である。 1995年に結成された沖縄アクターズスクール出身のダンス・ボーカルグループ。「MAX
    70キロバイト (5,204 語) - 2019年10月26日 (土) 01:17



    (出典 www.diskgarage.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/22(金) 13:23:40 ID:j2Oa6hIi9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    MAXのLINAが21日深夜に放送された『じっくり聞いタロウ?スター近況(秘)報告?』(テレビ東京系)に出演。2002年にMINAが脱退し、事務所やメンバー内で大モメした過去を明かした。

    安室奈美恵 with SUPER MONKEY'Sの一員として活動し、その後MAXとしてデビュー。『TORA TORA TORA』、『GET MY LOVE!』、『Give me a Shake』。『Ride on time』などなど、数多くのヒット曲を連発し、人気も絶頂を迎えていた。そんな中、2001年12月24日に事務所に呼び出されたことを回顧したLINA。そこには、メインボーカルを務めていたMINAがおり、スタッフの口から結婚と妊娠を伝えられたという。「何かあったらまずはメンバーで話し合う」と約束していたため、LINAらメンバーがガッカリ。決まっている仕事はどうするのか、ライブツアーはどうするのかなど、当時20代だったことも相まって、事務所スタッフとはもちろん、メンバー同士でも揉めたとのこと。

    「LINAらは、MINA本人からではなく、事務所から聞かされたことに違和感を覚えたようです。『仲が良い分言い出せない』という彼女の気持ちを考えられず、言いたいことを言ってしまったと反省していましたね。当時、MINAの結婚記者会見が開かれメンバーも出席していましたが、裏では揉めにもめまくった泥沼の脱退劇だったようです」(テレビ誌ライター)

    その後、3人で活動していくわけだが、半年以上スケジュールが真っ白という状態に。その後、事務所から当時人気だったモーニング娘。のように、メンバーを多く増やしたり、外国人の女性を入れたりするなど、色々な提案がなされたという。結局、事務所に所属していたAKIを加入させたのだが、彼女も3人に打ち解けることができず、6年で脱退した過去がある。

    「結果が出ない中、MINAとは6年ほど音信不通になったようです。その後、彼女の子育てが落ち着き、仕事やりたい気持ちがあるのかを確認。『みんなが受け入れてくれるなら』と再び加入したそうです」(同上)

    今回、LINAのみの出演で、彼女からの目線でしか話を聞くことができなかったが、MINAや他のメンバーはどんなことを考えていたのか? 機会があればぜひ聞いてみたいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2086894/
    2019.11.22 12:40 リアルライブ


    (出典 Youtube)

    一緒に… - MAX


    【【芸能】メンバー全員出席の会見の裏は“ドロドロ”? MAXが泥沼脱退劇を告白、その後の悲惨さも語る】の続きを読む

    このページのトップヘ