all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: グラドル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    佐山 彩香(さやま あやか、1993年5月17日 - )は、日本のグラビアアイドル、女優。 神奈川県出身、株式会社G-STAR.PRO(ジースター・プロ)所属。 2009年2月中旬、中学3年生の時に原宿駅で現在の事務所にスカウトされたのをきっかけにグラビアアイドルとしてデビュー。同年8月、@mis
    14キロバイト (1,736 語) - 2019年11月18日 (月) 06:57



    (出典 a.sofmap.com)



    1 ゴン太のん太猫 ★ :2019/11/21(木) 06:22:40.13 ID:e8Rf9Zg/9.net

    https://wezz-y.com/archives/70688

     グラビア引退を発表した佐山彩香の袋とじグラビアとインタビューが、18日発売の『週刊プレイボーイ』2019年12月2号(集英社)に掲載されている。
     明るく語られているそのインタビュー内容に衝撃的な箇所があった。過去、スキャンダルの揉み消しと引き換えに「みそぎフルヌード」を半強制的に撮影させられたというのである。

    現在26歳の佐山彩香は、2009年にスカウトされたことをきっかけに「日本一可愛い女子高生」の冠をつけ芸能界入り。
     
     佐山彩香は20歳を迎えたころに芸能活動を一時休止しているが、これは原因不明の脱毛症により髪の毛がほとんど抜けてしまったことが理由だったという。
     一年半ほど仕事を休んでいる間に、<突然、ある週刊誌から事務所に連絡がきた>そうだ。

    それは、彼女がデビュー前に撮影した男性とのツーショット写真を掲載するとの連絡だった。

     なぜデビュー前のプライベート写真がスキャンダル扱いになったのかというと、写真に写っていた男性が“いわくつき”の人だったためだ。

     事務所と週刊誌編集部による交渉の末、佐山の“フルヌード”と交換条件で、記事の掲載を差し止める話へと発展し、佐山は脱ぐことを迫られた。

     週刊誌と事務所の間で勝手に話が進んでしまったものの、佐山は脱ぎたくないとフルヌードになることを拒否。
     <私は脱ぎたくないし、別にその記事が出てもいい、なんなら芸能界を辞めてもいいと思った>そうだが、
    当時のマネージャーから「CMの仕事などが決まっており、色々な人に迷惑がかかる」と説得され、「もうやるしかないのかな」と撮影に踏み切ったそうだ。

     本人が嫌がっているにも関わらず、周囲に迷惑がかかるなどと脅してヌード撮影をさせることが、芸能界では当然のルールになっているのだろうか。
     少なくとも、これを「性暴力」と受け止める土壌はそこにはないのかもしれない。日本の芸能界に「#MeToo」が派生し得ないのも納得だ。

     佐山彩香が今回のインタビューで禊のフルヌードを“告発”ではなく、“大人の世界を学んだ話”として披露していることからは、「みそぎヌード」が業界において特段タブーではないことがうかがえる。


    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能界】佐山彩香の強制「禊(強要)フルヌード」が告発ではなく“大人の世界を学んだ話”になってしまう日本の芸能界】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    橋本 マナミ(はしもと マナミ、1984年8月8日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル、女優。本名・細川 愛実(ほそかわ まなみ)。旧芸名は細川 愛実、橋本 愛実(はしもとまなみ)。 アービング所属(ハーモニープロモーション業務提携)。 大人びたセクシーさを売りにし「平成の団地妻」「愛人にしたい女No
    44キロバイト (6,119 語) - 2019年11月13日 (水) 05:30



    (出典 prt.iza.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/12(火) 10:26:24.30 ID:0biEU1wq9.net

    壇蜜ブームに乗った“不貞相手キャラ”でブレイクしたというイメージも強いタレントの橋本マナミが、「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)に出演したのは11月3日放送回。これまでの経歴を紹介するコーナーで、〈苦手なこと〉というお題にまさかの「壇蜜キャラ」と回答。視聴者を一斉に「はぁ?」とさせたのだとか。

    「もちろん、壇蜜さんのことを嫌いではないと断ってはいましたけどね。でも、自身が艶っぽさを売りにした時には『壇蜜さんがすごい売れてたので、そういう方をテレビも雑誌も求めてたんですよ』と、まるでメディアのせいにしたような発言には驚きました。視聴者からは『100%便乗したから売れたくせに』『そんな愚痴、事務所に言ったら?』なんてツッコミも投稿されてました。そういう戦略でブレイクしたんじゃないかという印象のほうが強いのに、今さら何をどう訴えたいのかわかりませんでした」(女性誌ライター)

    橋本いわく、グラビアの撮影などでも「目はうつろでいてください」など、まるで壇蜜を意識したような細かい指示があったのだとか。「男性とご飯を食べる時は首を傾げてましたね」と、イヤイヤながら常にキャラを寄せていたことを振り返ってもいた。そんな「何を今さら」発言に、ある週刊誌グラビア担当者もこう指摘する。

    「まあ“第二の壇蜜”として売りたがっていたのは事務所サイドでしょうけど、メディア内でも二番煎じはうまくいくわけがないと話す人たちも当時いましたね。だから、オジサン受けを狙ったグラビアが多かったですが、それでも、壇蜜とは違う自分のボディラインと派手なルックスを活*ことができたのは彼女の才能でしょう。ただ、“ブームに乗れてラッキー”というぐらいの度量の広さもないと、そのうちしっぺ返しを食らいかねませんよ。それに第二の壇蜜として寄せられるのを嫌っていたのがむしろ壇蜜側だったという話もよく知られていますからね」

    SNS上では「だったらやらなきゃいいのに」「売れてから言うなんて」「不貞相手キャラのくせして遊びは許さないみたいなこと言ってた*。ブレブレだなと思った」「こういうことを言っちゃう時点で壇蜜の足元にも及ばないよね」「よっぽど壇蜜にライバル意識があるんだね」と集中砲火を浴びてしまっている。

    番組的にも橋本が話したような“告白”がおもしろくなることはわかるが、ここは、“壇蜜みたいなことやって売れた人”という印象を蹴散らすような、橋本の今後の活躍を期待したいところだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2074001/
    2019.11.12 09:59 アサ芸プラス


    【【芸能】橋本マナミ“壇蜜キャラが苦手”発言に「何を今さら!」反感の嵐】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    沢口 愛華(さわぐち あいか、2003年2月24日 - )は、名古屋のアイドルユニット『dela』のメンバー(5期生)で、タレント、女優である。愛知県名古屋市出身で、名古屋美少女ファクトリーに所属している。 2017年8月27日に、松坂屋名古屋店本館北側の特設ステージ「さくらパンダ広場」で行われた『SAKAE
    12キロバイト (1,181 語) - 2019年11月6日 (水) 07:12



    (出典 lowawareness.com)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/11/12(火) 10:16:46.71 ID:U/n414Gt9.net

    2019年11月11日 芸能
    「週刊プレイボーイ」47号に登場した沢口愛華さん (C)YOROKOBI/週刊プレイボーイ

    (出典 storage.mantan-web.jp)


     グラビアアイドルのコンテスト「ミスマガジン2018」グランプリの沢口愛華さんが、11月11日発売の週刊誌「週刊プレイボーイ」(集英社)47号の巻頭グラビアに登場した。

     沢口さんは2003年2月24日生まれ、愛知県出身の16歳で、名古屋を中心に活動するアイドルユニット「dela(デラ)」のメンバー。「令和の新グラビア女王」などと呼ばれ、今号では水色の水着姿を披露した。

     そのほか今号には、女優でモデルの馬場ふみかさんや、 アイドルグループ「NMB48」の元メンバー、矢倉楓子さんらが登場。創刊53周年企画「NIPPONグラドル53人」の裏側を撮影し、収録したDVDが付属する。

    https://mantan-web.jp/article/20191111dog00m200041000c.html


    【【芸能】 沢口愛華:16歳“令和の新グラビア女王” 「週プレ」で水色の水着姿 2019/11/11】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    番組などに数多く出演。男性誌のグラビア以外にも女性誌でも人気を博している。また日本舞踊坂東流師範でもある。 芸名である“壇蜜”は仏教を基に自分で考えたもので「『』は仏壇を。『』はお供え物を意味している」と述べている。 ツアーコンダクターの父親と保育士の母親を持つ。母親の実家がある秋田県横手市で
    51キロバイト (6,752 語) - 2019年10月20日 (日) 09:32



    (出典 kiokulog.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/30(水) 07:56:55.39 ID:SzSqXbas9.net

    10月28日放送の文化放送『壇蜜の耳蜜』に壇蜜が出演した。

    番組では、週刊誌『週刊実話』がプロデュースする期間限定の居酒屋「週刊実話酒場」の話題が取り上げられた。
    加えて、ある日の営業で『週刊実話』で表紙を飾ったことのあるグラビアアイドルが一日店長を務め、客の前で水着姿を披露するサービスがあったことも紹介された。

    これを受け、壇蜜は「私は、水着のサービスっていうのを、もうちょっと別枠で考えてほしいな」と切り出し、
    「“水着って特別に嬉しいことなんですよ”って」「でも、それに行き着くまでにいろんなマニアックなところがあるから、そういうのでも楽しんでほしいってのが、私はグラビアアイドルの本分だと思うんですよ」と持論を展開。

    続けて「いろんな古臭い妄想だったり、ちょっとノスタルジックにハマりたい欲求だったりっていうのを叶えるのが、私って結構、グラビアとしての仕事の濃い部分だと思ってるんですね。そこはすごい変わらなくて」と語った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17306091/
    2019年10月30日 7時0分 E-TALENTBANK


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【芸能】壇蜜、グラビアアイドルの“仕事”について持論展開「マニアックなところが…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    川崎 あや(かわさき あや、1991年1月3日 - )は、日本のファッションモデル、タレント、レースクイーン。 神奈川県出身。01familia所属。 2014年3月、「SUPER GT2014」ランボルギーニのレースクイーンに選ばれる。同年8月、「汐留グラビア甲子園2014」出場(ファイナリスト)。
    22キロバイト (2,761 語) - 2019年9月28日 (土) 07:40



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 ストラト ★ :2019/10/24(木) 00:37:12.01 ID:b4nWn+gE9.net

    来年3月に芸能界を引退するグラビアアイドルの川崎あや(28)が、23日発売の『週刊ヤングジャンプ』47号(集英社)の表紙に登場。
    さらしと法被に身を包んだ“ふんどしハイレグ”や、男装風のスーツの下から特殊下着がのぞくカットなどを披露した。

    身長167・バスト80・ウエスト52・ヒップ88センチという細いだけではないメリハリボディで多数のグラビア誌・漫画誌のカバーを次々と飾ってきた川崎。
    今年7月に同誌で引退を発表した際には大きなニュースとなった。

    今回のグラビアもインパクト抜群の“ふんどしハイレグ”をはじめ、正統派ハイレグ姿など、“現代最高のグラビアアイドル”とまで称されるようになった彼女が、今回も全力のグラビアに挑戦。
    また、来年1月23日に“引退写真集”を発売することも発表された。

    また、同号の巻末グラビアには一時芸能界を引退し、6月に復帰した早瀬あや(26)が登場。
    「日本レースクイーン大賞2015新人部門グランプリ」や「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー14-15」を受賞した元トップレースクイーンが、美しく磨かれたボディを存分に見せつけた。

    http://www.oricon.co.jp/news/2147130/full/

    『週刊ヤングジャンプ』47号 川崎あや

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    【【グラドル】芸能界引退の川崎あや、衝撃の「ふんどしハイレグ」グラビア “引退写真集”発売を発表】の続きを読む

    このページのトップヘ