all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: グラドル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 usaponn.com)



    1 たんぽぽ ★ :2020/02/02(日) 12:40:51 ID:RxB+9y+o9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00000167-spnannex-ent
    2/2(日) 12:36配信 スポニチアネックス

    壇蜜 夫がマスク品薄に困惑「僕が僕でいるためのアイテムが…」

     女優の壇蜜(39)が2日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)で、新型コロナウイルスの流行をめぐり、夫で漫画家の清野とおる氏(36)が困っている様子を明かした。

     新型コロナウイルスの予防策の一つとして日本国内のスーパーやドラッグストアなどではマスクが品薄状態となっている。壇蜜は「昨日、山梨にいたんですけど、山梨の方でもやっぱりマスクは品薄状態だって話を聞いていました」と伝えた。

     さらに「うちの清野さんが、いつもマスクしているんで『僕が僕でいるためのアイテムが売っていないのはどうしたらいいんだろう』って頭を抱えていました。家の中でもマスクしているんで」と報告。

     司会で爆笑問題の田中裕二(55)から「素顔は1日のうち、どれくらい見ることがあるんですか?」と問われると、「寝る時はアイマスクするんで。絶対見せてくれないんですよ」と回答。共演者から「覆面レスラー状態だね」と笑われた。


    【【芸能】壇蜜 夫がマスク品薄に困惑「僕が僕でいるためのアイテムが…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    稲村 亜美(いなむら あみ、1996年(平成8年)1月13日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル。東京都出身。浅井企画所属。 当初は、ジャスティスジャパンエンターテイメント(旧:ジャスティスプロダクション)に所属していた。 2013年9月20日発売のFRIDAYで発表された「ミスiD201
    38キロバイト (4,555 語) - 2019年11月15日 (金) 10:12



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/14(土) 23:16:20.15 ID:dH4axsNY9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    タレント稲村亜美(23)が14日、東京・八重洲ブックセンター本店で、2020年カレンダー発売記念イベントを開催した。

    稲村にとって4年目のカレンダー発売となった。「今までははじける夏! みたいな感じだったんですけど、今回は避暑地にデートに行った感じで」と新たな一面をアピール。
    「しっとりとした雰囲気なので、寝室に飾って欲しいです」と笑みを浮かべた。

    去年11月に左足首を骨折し、今年11月末にプレートとボルトの除去手術を行った。今年を漢字1字で「歩」とし、
    「一歩一歩進んでいこうと。あと、歩けるようになったので」と笑わせた。来る東京オリンピックにも意気込み、「何かしらかかわれるように、1月から気を引き締めて頑張りたい」と話した。

    まもなくクリスマスだが「彼氏とデート!と言いたいですが…そう言えるようにしたいです」と現在予定はないようす。
    レギュラー出演するCSフジテレビONE「プロ野球ニュース」で、同じく日替わりMCを務める元乃木坂46衛藤美彩は、西武ライオンズ源田壮亮と結婚した。「うらやましいですね~」としつつ、
    「誰か引っ掛かってくれないかな。私は『プロ野球ニュース』での出会いはゼロなので」と苦笑した。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17525757/
    2019年12月14日 14時13分 日刊スポーツ


    (出典 encount.press)


    (出典 giwiz-content.c.yimg.jp)

    https://img-s-msn-com.akamaized.net/tenant/amp/entityid/AAK7c9Y.img?h=630&w=1200&m=6&q=60&o=t&l=f&f=jpg

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 www.nikkansports.com)


    【【芸能】稲村亜美「寝室飾って」避暑地にデート風カレンダー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    橋本 マナミ(はしもと マナミ、1984年8月8日 - )は、日本のタレント、女優、元グラビアアイドル。本名・細川 愛実(ほそかわ まなみ)。旧芸名は細川 愛実、橋本 愛実(はしもとまなみ)。 アービング所属(ハーモニープロモーション業務提携)。 大人びたセクシーさを売りにし「平成の団地妻」「愛人にしたい女No
    44キロバイト (6,209 語) - 2019年11月27日 (水) 05:23



    (出典 www.crank-in.net)



    1 ストラト ★ :2019/11/27(水) 10:27:45 ID:s/vDX3aT9.net

    橋本マナミの写真集「橋本マナミの抱きしめて in ハワイ」(講談社)が、2020年1月17日(金)に発売されることが、27日に発表された。

    この日結婚を発表した橋本にとって、独身で撮影した最後の写真集。
    自身初となるハワイロケで、開放的な姿での撮影に挑んでいる。

    “国民的愛人”橋本が、今までの作品では見せることのなかった“THE王道のグラビア写真集”をテーマに、プール、ベッド、ビーチなど、南の島でしか解放できないエロスをさく裂。

    DVDには旅行気分を盛り上げてくれるオフショットやセクシーショットが満載となっている。

    さらに、写真集発売イベントの開催も決定。「橋本マナミを自分の手でびちょびちょにできる!」と好評だった前回の発売イベント「#びちょびちょ会」に続く、ファンならずとも参加必須の発売イベントが開催される。詳細は後日発表される。

    ■ 橋本マナミ コメント

    ロケ地のハワイをはじめ、本当に初体験がいっぱいな一冊です! THE王道のグラビアを目標に作った本作は、衣装もハイレグ水着やヒョウ柄など、おしゃれなんだけどどこか懐かしいものばかりなので、若い人からグラビアを卒業してしまった方まで、幅広く楽しんでもらえたらうれしいです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191127-00213429-the_tv-ent

    写真集「橋本マナミの抱きしめて in ハワイ」

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    【【女優】結婚発表の橋本マナミ(35)、“独身最後”の写真集発売!ビキニでエロス炸裂】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    橋本 マナミ(はしもと マナミ、1984年8月8日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル、女優。本名・細川 愛実(ほそかわ まなみ)。旧芸名は細川 愛実、橋本 愛実(はしもとまなみ)。 アービング所属(ハーモニープロモーション業務提携)。 大人びたセクシーさを売りにし「平成の団地妻」「愛人にしたい女No
    44キロバイト (6,119 語) - 2019年11月13日 (水) 05:30



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 湛然 ★ :2019/11/27(水) 04:33:29.10 ID:hUTnD2O49.net

    11/27(水) 4:00 スポニチアネックス
    橋本マナミ 1歳年下の勤務医と結婚 さびしんぼの会から交際2年弱
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00000002-spnannex-ent

    年下医師との結婚が明らかになった橋本マナミ

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     タレントの橋本マナミ(35)が結婚することが26日、分かった。お相手は1歳年下の勤務医で、27日に婚姻届を提出する。2年弱の交際を経てゴールイン。これまで一度も報じられることなく、静かに愛を育んできた。異例の内容を含めたグラビアOKなどの“婚前契約”が後押し。「平成の団地妻」「国民的愛人」から「令和の人妻」へ転身する。

     スポニチ本紙の取材では、出会いは2年前のクリスマス。橋本が毎年、高校の同級生の独身男女数人に呼び掛けて開催し、仲間内では通称“さびしんぼの会”と呼ぶ同窓会的イベントだった。この年のメンバーは10人ほどで、芸能人は橋本一人。橋本の友人に連れられて男性は初めて参加したという。

     「2人は出会ってすぐに意識し合ったようです」と出席者。男性は皆が騒いでいてもはしゃぐことなく、静かにほほ笑んでいたといい「そんな様子をマナミはいいなと感じたみたい」という。

     2003年発売の「桜」が44万枚のヒットを記録した歌手河口恭吾(45)に似ているそうで、友人は「河口さんをより文化系男子にした感じ」としている。別の知人は「彼女は実はおっとりして“結婚相手は学者のような人が理想”と言っていたからドンピシャ。年下だけど、落ち着いていて知的で頼りがいがある」と語る。一方でお相手の男性についても「橋本さんの親しみやすくて飾らない素顔にひかれたようです」と話している。

     交際を開始したときから結婚を意識。男性は最初のデートで「結婚を前提に交際したい」と伝えていた。周囲は「病院勤めのお医者さんで激務をこなす中でも彼女との時間を大切にし、距離を縮めていた」とする。そして、お互いの両親にあいさつを済ませた2人がしていたのが“婚前契約”。「ブレークするまでの16年、彼女が長い下積みで努力してきたことを彼が理解し、仕事を全面的に認めているからこその契約」で、(1)女優OK(2)グラビアOK(3)朝の見送りなし――の3カ条だ。

     友人は「ベッドシーンだってある女優業も、セクシーショットが求められるグラビアも、その作品に必要であればやると思います。朝の見送りは勤務医という職業柄、早く家を出ることもある。彼女の健康と美容を考えて睡眠を取ってほしいと考えたのでしょう」と語る。橋本も栄養を考えた手料理で男性をサポートすることを決めているという。

     プロポーズは昨年の橋本の誕生日だった8月8日。ストレートな求婚にすぐにOKしたようだ。挙式は親族のみで披露宴はなしの予定という。橋本は「特技のセクシーはもちろん、普通のお母さんも演じてみたい」と周囲に話している。充実したプライベートを得て、幅広い顔を持つ令和の人妻像をつくっていきそうだ。

     ◆橋本 マナミ(はしもと・まなみ)1984年(昭59)8月8日生まれ、山形県出身の35歳。97年、全日本国民的美少女コンテストで演技部門賞を受賞し芸能界入り。品のある端正な顔立ちと、豊満ボディーを生かした独特の色香で「平成の団地妻」「国民的愛人」としてブレーク。16年NHK大河ドラマ「真田丸」、18年のNHK連続テレビ小説「まんぷく」、映画「光」(17年)、「マスカレード・ホテル」(19年)など多数作品に出演。1メートル68、B86・W60・H88。血液型AB。

     《令和婚ラッシュ “元年”に人生の区切り》令和元年の今年は有名人の結婚も多い。南海キャンディーズの山里亮太(42)と女優の蒼井優(34)など大物カップルも多く、人生の区切りとして元年の結婚を選んでいるようだ。特に「いい夫婦の日」の11月22日は大安で結婚ラッシュ。芸能人のお相手が介護職、看護師、医師など医療系の職業も目立つ。

    (おわり)


    【【芸能】橋本マナミ 1歳年下の勤務医と結婚 さびしんぼの会から交際2年弱】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    佐山 彩香(さやま あやか、1993年5月17日 - )は、日本のグラビアアイドル、女優。 神奈川県出身、株式会社G-STAR.PRO(ジースター・プロ)所属。 2009年2月中旬、中学3年生の時に原宿駅で現在の事務所にスカウトされたのをきっかけにグラビアアイドルとしてデビュー。同年8月、@mis
    14キロバイト (1,736 語) - 2019年11月18日 (月) 06:57



    (出典 a.sofmap.com)



    1 ゴン太のん太猫 ★ :2019/11/21(木) 06:22:40.13 ID:e8Rf9Zg/9.net

    https://wezz-y.com/archives/70688

     グラビア引退を発表した佐山彩香の袋とじグラビアとインタビューが、18日発売の『週刊プレイボーイ』2019年12月2号(集英社)に掲載されている。
     明るく語られているそのインタビュー内容に衝撃的な箇所があった。過去、スキャンダルの揉み消しと引き換えに「みそぎフルヌード」を半強制的に撮影させられたというのである。

    現在26歳の佐山彩香は、2009年にスカウトされたことをきっかけに「日本一可愛い女子高生」の冠をつけ芸能界入り。
     
     佐山彩香は20歳を迎えたころに芸能活動を一時休止しているが、これは原因不明の脱毛症により髪の毛がほとんど抜けてしまったことが理由だったという。
     一年半ほど仕事を休んでいる間に、<突然、ある週刊誌から事務所に連絡がきた>そうだ。

    それは、彼女がデビュー前に撮影した男性とのツーショット写真を掲載するとの連絡だった。

     なぜデビュー前のプライベート写真がスキャンダル扱いになったのかというと、写真に写っていた男性が“いわくつき”の人だったためだ。

     事務所と週刊誌編集部による交渉の末、佐山の“フルヌード”と交換条件で、記事の掲載を差し止める話へと発展し、佐山は脱ぐことを迫られた。

     週刊誌と事務所の間で勝手に話が進んでしまったものの、佐山は脱ぎたくないとフルヌードになることを拒否。
     <私は脱ぎたくないし、別にその記事が出てもいい、なんなら芸能界を辞めてもいいと思った>そうだが、
    当時のマネージャーから「CMの仕事などが決まっており、色々な人に迷惑がかかる」と説得され、「もうやるしかないのかな」と撮影に踏み切ったそうだ。

     本人が嫌がっているにも関わらず、周囲に迷惑がかかるなどと脅してヌード撮影をさせることが、芸能界では当然のルールになっているのだろうか。
     少なくとも、これを「性暴力」と受け止める土壌はそこにはないのかもしれない。日本の芸能界に「#MeToo」が派生し得ないのも納得だ。

     佐山彩香が今回のインタビューで禊のフルヌードを“告発”ではなく、“大人の世界を学んだ話”として披露していることからは、「みそぎヌード」が業界において特段タブーではないことがうかがえる。


    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能界】佐山彩香の強制「禊(強要)フルヌード」が告発ではなく“大人の世界を学んだ話”になってしまう日本の芸能界】の続きを読む

    このページのトップヘ