all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 声優

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    佐藤 利奈(さとう りな、1981年5月2日 - )は、日本の女性声優、歌手。福岡県北九州市出身。東京俳優生活協同組合所属。 福岡県北九州市に生まれ、後に山口県や広島県に転居、さらに愛媛県松山市に転居し、そこで高校卒業まで過ごした。 高校卒業後に上京し、2001年、俳協ボイスアクターズスタジオ(第
    166キロバイト (15,896 語) - 2021年6月1日 (火) 03:03



    (出典 img.animatetimes.com)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/06/01(火) 09:16:58.73

    6/1(火) 9:14
    日刊スポーツ

    アニメ「魔法先生ネギま!」のネギ・スプリングフィールド役などで知られる声優の佐藤利奈が、一部ネットユーザーから長年にわたって誹謗(ひぼう)中傷を受けていることを明かし、「これ以上は許しません」と警告した。

    佐藤は1日、ツイッターを更新。自身や声優仲間に向けられた誹謗中傷ツイートに対し、「卑怯なのはあなたです。私の大切な人を巻き込み、傷つけるならば容赦はしません。私に話したいことがあるなら、私に話しなさい。まず、あなたのお名前は?あなたが本名を名乗ってから会話はスタートですよ。謂れのない誹謗中傷の数々、記録に残しています。これ以上は許しません」と返信した。

    続くツイートでは、「世の中は楽しいことばかりではありませんがだからこそ、やさしく、やわらかく、朗らかに呟きたいと思っておりました。先程のツイートで、悲しい気持ちにさせてしまったらすみません。こんなことをして何になるのかと随分悩みましたが、私が把握する限り2018年からずっとですので、今回に至った次第です」と説明。「心を痛めることが多い日々です。どうか、どうか、小さな楽しいこと、細やかに美味しいもの、クスッと微笑めるものを見つけて、生きていきたいですし、生きていってほしいです。戦いたいわけではなく、どうか、穏やかにと祈る気持ちです。どうかみなさま、この気持ちを汲んでいただけますと幸いです」との思いをつづった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7d23ddd555bc48f9cad749e255cd6910f26ace70


    【【芸能】声優の佐藤利奈、長年の誹謗中傷に警告「これ以上は許しません] [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    鬼頭 明里(きとう あかり、1994年10月16日 - )は、日本の女性声優、歌手。本名同じ。愛知県名古屋市出身。プロ・フィット所属。レコードレーベルはポニーキャニオン。 幼い頃から父の影響でアニメやゲーム、漫画などに親しんでいた。高校時代は『けいおん!』やニコニコ動画の影響で軽音楽部に所属。
    91キロバイト (7,886 語) - 2021年5月17日 (月) 06:58



    (出典 bb-news.net)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/05/19(水) 09:19:52.88

    5/19(水) 9:02
    FRIDAY

    『鬼滅の刃』人気声優・鬼頭明里 マルチな彼女が「一日署長」
    「笑った時のほうれい線がカワイイ」と話題の鬼頭。この日も終始笑顔で観客に手を振り続けた
    「禰豆子(ねずこ)だ~! 禰豆子がいる!!」

    4月上旬のとある午後、東京・町田市のショッピングモールに、子供たちの歓声が響き渡った。アニメ『鬼滅の刃』で竈門(かまど)禰豆子役の声を務める声優の鬼頭明里(きとうあかり)(26)が、”降臨”したのだ。

    鬼頭は警察官の制服に身を包み、笑顔で手を振る。この日は警視庁の一日警察署長に就任し、集まった人々に交通安全を呼びかけた。会場には鬼頭を一目見ようと家族連れが300人以上押し寄せ、大興奮で声援を送っていた。

    「鬼頭はイラストの腕前もプロ級、歌手としてもデビューするなどマルチな才能を持っています。声優養成所時代はお金がなく、ラーメン屋でアルバイトしながらプロを目指していた努力家でもある。『鬼滅』のヒットを受けて、今年だけでもすでに10作近くの出演アニメが放送予定です」(アニメ関係者)

    爽(さわ)やかで愛らしい笑顔に、子供たちだけでなく、保護者たちのハートまで鷲掴(わしづか)みにしていた鬼頭。これからますます彼女の声を耳にする機会が増えそうだ。

    『FRIDAY』2021年5月21日号より


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/533f07276e2802c14ca9a3fc21f442fd6b919ad8


    【【芸能】『鬼滅の刃』人気声優・鬼頭明里 マルチな彼女が「一日署長」 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    田所 あずさ(たどころ あずさ、1993年11月10日 - )は、日本の女性声優、歌手。茨城県水戸市出身。ホリプロインターナショナル、ランティスに所属。愛称は主にころあず。 2011年10月10日、第36回ホリプロタレントスカウトキャラバン次世代声優アーティストオーディションでグランプリに選出され
    97キロバイト (7,832 語) - 2021年3月10日 (水) 04:21



    (出典 img.animatetimes.com)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/11(木) 11:45:48.76

    3/11(木) 10:30配信
    デイリースポーツ

    笑顔でインタビューに応じる田所あずさ=東京・バンダイナムコアーツ(撮影・開出牧)

     大人気アニメ「アイカツ!」シリーズのメインキャラクター・霧矢あおい役でブレークし、大ブームとなっているメディアミックス作品「ウマ娘 プリティーダービー」ではシンボリルドルフ役を務めるなど、人気急上昇中の声優・田所あずさ(27)。2011年に国内最大級のオーディション「ホリプロタレントスカウトキャラバン」の「次世代声優アーティストオーディション」でグランプリを獲得して10年目。才能が花開いた“次世代スター”が、昨今訪れている空前の声優ブーム、そして自身の声優観について語った。

     連日のように声優がバラエティー番組などに出演している状況に、田所は「私は本当にテレビに出てないので、テレビを見て『知り合いが出てる!』みたいな感じです」と笑った。過去には顔と声のイメージ乖離などを恐れ、声優は“顔出しNG”の時代もあったが、「今は、それが許される環境にないんです。オーディション要項で、顔出しNGだと弾かれちゃうことも。『キャラクターのイベントに出られるなら』という条件もありますし、表に出ることが当たり前になってしまっている時代です」と明かした。

     その上で、最近の爆発的ブームについては「やっぱり『鬼滅の刃』がものすごく大ヒットしたのが、流れなのかなって…」と、空前のヒットを記録した作品の名を挙げて説明。「見ているお客さまが、大好きな作品の声をどなたがやってるんだろう、と気になる気持ちは私もわかります。『鬼滅の刃』を見て、そう思った方がたくさんいたのが大きなきっかけではないでしょうか」と分析した。

     田所自身、声優という仕事については「毎日毎日、就活しているようなもの。オーディションを受けて合格したら仕事があって…という感じ。不安は常に付きまとっている。今お仕事があっても、この先ずっと続く保証はない」と感じている。「下積みとかベテランとか関係なく、皆さんが常にオーディションで役を勝ち取っている世界。最初はとにかく、役をつかむという第一歩が大変ですね」と話した。

     二次元のキャラクターに魂を吹き込むための仕事。それだけに、「とにかく多くの経験をしておくことが大事。自分の中にないものは出てこないと思います」という。「本は読むようにしてますし、映画も積極的に見ています。生身の人間を見るというのが、すごく大事だなと思う」と熱っぽく語った。

     さらに「『声が想像と違う』って言われることももちろんありますし、『この子はこういう声だろう』って思うものが自分の声では出せなかったら、やっぱりオーディションが受からない」と難しさも説明。「声色以外の部分もあって、音だけ作るんじゃなくて、キャラクターの中身を頭に入れていきたいなと。少しでも理解できるようにキャラクターに歩み寄りたい。『何でこの子はこういうこと考えるんだろう?』とか、そういうところからどんどんその子の考えを理解したい。完全にその人になるのは不可能ですが少しでも近づきたいんです」とプロ意識ものぞかせた。(デイリースポーツ・福島大輔)


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/429bb5633afeff152fde79deed728bdf51fdc18c


    【【芸能】声優の顔出しNGは「もう許されない」…ブーム火付け役は「鬼滅」か 田所あずさが語る [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 pbs.twimg.com)



    1 muffin ★ :2021/02/25(木) 19:18:16.20 ID:CAP_USER9.net

    https://myjitsu.jp/archives/265240

    2月23日放送の『林修の今でしょ!講座』(テレビ朝日系)では、『人気声優が大集結 声優はスゴいんだ! 今、声優でしょ! SP』と題した企画を放送。声優という職業をしっかりと掘り下げた内容に、視聴者からは絶賛の声があがっている。

    番組には、声優界のキングオブキング・山寺宏一や、アニメ『進撃の巨人』の主人公を務める梶裕貴といった豪華声優陣が勢揃い。声優たちによる実演を交えながら、林修が「一人で何役も演じ分ける」「人間以外の声マネ再現」「アドリブ」「笑い 怒り 泣きの表現」などのスゴ技について解説していった。

    また、声優がさまざまな声を出せる理由について、科学的に検証する一幕も。梶が過去に演じた10パターンの声を録音し、声紋を専門家が見ていく。すると驚くべきことに、声紋が全て別物となっていることが明らかに。さらに、子どもの声を出した際には、子どもよりも高い周波数で発声していることが分かった。

    声優の凄さを実感するアニメファンたち
    ふだん実感する機会が少ない声優の真価を明らかにした番組に、ネット上では、

    《本当に声優さんの演技や技術の素晴らしさをとことんリスペクトして掘り下げてくださったことに感動しました。ありがとうございます》
    《声優さんの神業を感じました。長編映画とかはやっぱタレントじゃなくて声優を起用してほしい》
    《声優さんあらためて凄いなぁと思った。アニメ映画とか芸能人を安易にキャスティングしないで声優さんちゃんと使ってくれ!…って思う!》
    《ほんとアニメ、映画の吹き替えに素人の芸能人をあてて欲しくないな。起用してもみっちり指導するか上達しない場合は降ろして》
    《こういう番組はどんどんやって欲しいね。声優さんの凄さを世間にちゃんと分かってもらい、アニメ映画に安易に芸能人がキャスティングされることがなくなれば最高》

    などと、称賛の声が続出している。

    「同番組の企画が評価されているのは、声優という職業を徹底的に掘り下げているからでしょうね。声優がバラエティー番組に出演する際は、メイン作品の他には1~2個程度の作品が紹介されるのが一般的。ですが今回の番組では、かなりの作品数が取り上げられています。また、声優が番組を宣伝する場なども設けており、全体的に声優へのリスペクトを感じる番組作りでした」(サブカルライター)

    番組内で恐るべき能力を見せつけた声優たち。キャラクターに命を吹き込むのは声のプロに任せて、安易に芸能人をキャスティングするのは止めてほしいものだ。

    ★1が立った日時:2021/02/25(木) 16:10:02.97
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1614237002/


    【【テレビ】芸能人声優はもう不要!?『今でしょ講座』に称賛「声優の神業を感じました」「安易に芸能人をキャスティングしないで」★2 [muffin★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    花江 夏樹(はなえ なつき、1991年6月26日 - )は、日本の男性声優。神奈川県出身。アクロス エンタテインメント所属。 高校は進学校に通っていたものの勉強嫌いであったため、大学には進学せず就職しようと考えていた。中でも趣味の歌を仕事にできないかと考えていたところ、当時再放送されていた『桜蘭高
    180キロバイト (15,999 語) - 2020年11月6日 (金) 09:14



    (出典 news.nifty.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/11/13(金) 06:12:56.83 ID:CAP_USER9.net

     とどまるところを知らない『鬼滅』人気。劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』は11月1日時点で興行収入157億円超えを達成。観客動員数は驚異の1200万人という数字を叩き出している。すでに日本国民の“10人に1人”が見た計算で、長い日本の映画史の中でも異次元の数字。

    「歴代1位の『千と千尋の神隠し』でさえ、興行収入100億円を超えるのに公開から25日もかかっているんですが、『鬼滅』はその半分以下の10日目で達成。このままいくと、その25日目には『千と千尋~』の倍の200億円を軽く超えるというぶっちぎり状態なんです。日本映画史上最大のヒットは確実」(映画配給会社関係者)

     主人公・竈門炭治郎役を演じている声優の花江夏樹にはテレビ、新聞、雑誌にインターネット……ありとあらゆるメディアから取材依頼が殺到しているという。ところが! そんな花江が、『鬼滅』関連の取材をほとんど「NG」にしているというのだ。つい先ごろ、花江にインタビュー取材を申し込んだというアニメ専門誌の編集者はあきれ顔。

    「アニメの関連会社を通じて取材をお願いしたのですが“花江さんは『鬼滅』の取材は受けない”と、けんもほろろに……。なんでも花江さん本人が取材にうんざりしてしまったそうで。これまではどんな取材もにこやかに受けてくれたんですが……。“すっかり天狗になっちゃった”と業界内ではもっぱらですよ」

     別の映画ライターは、運よく取材を受けてもらえたというのだが、「その“条件”がひどかった」とこぼす。

    「取材までに“花江の過去のインタビュー記事すべてに目を通してきて”“過去の記事と同じ質問はしないで”って。そんな無茶な(苦笑)」

     どうしたって質問内容はカブってしまうし、そうしなければインタビュー記事だって成立しない。

    「“この質問の答えは、ほかの記事から引用して書けってこと!?”と怒っているライターさんもいました。ハリウッドの超大物俳優だって、そんなこと絶対に言いません。映画の宣伝で来日したら、取材で何度同じ質問されてもすべて笑顔で答えますよ」

     メディアからの依頼を受け、世の人々の“知りたい”“聞きたい”に応えるのも役者の立派な仕事のはず。花江の所属事務所に真意を尋ねると「そのような条件を出した事実はありません」と回答。そのうえで、こう釈明する。

    「ただ、こちらの要望として関係先には“全部は受けられないので(取材数を)絞ってください”という話はしています。可能性として、関係先のどなたかが“ご配慮”くださったのかも……」

     ある声優事務所関係者は、花江にこう同情する。

    「芸能界では“取材日”に立て続けにいくつも取材を詰め込んで、出演者が何度も同じ質問に答えるということも普通なのかもしれませんが、どんな人気声優だって、そんな経験ないですからねぇ」

     マスコミ対応の“型”も覚えるといいかもね。

    週刊女性

    https://news.yahoo.co.jp/articles/793746cd494b60670fe2f4d43d006a94e6f57bdf

    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    ★1が立った日時:2020/11/12(木) 16:32:47.93

    ※前スレ
    【芸能】『鬼滅の刃』に主演声優がウンザリ、関連取材NGで「天狗になっている」の声 ★3 [ひかり★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1605182763/


    【【芸能】『鬼滅の刃』に主演声優がウンザリ、関連取材NGで「天狗になっている」の声 ★4 [鉄チーズ烏★]】の続きを読む

    このページのトップヘ