all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 声優

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    太田 貴子(おおた たかこ、1967年8月13日 - )は、日本の歌手、声優。東京都出身。血液型はB型。 1982年、日本テレビ『スター誕生!』第45回に出演し、決戦大会で徳間音楽工業と東宝映画からスカウトの札が上がり、1年間演技の勉強をしてからデビューする東宝よりもすぐに歌手デビュー出来ると聞い
    62キロバイト (1,889 語) - 2020年3月9日 (月) 01:10



    (出典 animeanime.jp)



    1 フォーエバー ★ :2020/04/15(水) 00:33:24.66

    クリィミーマミの声優、そしてアイドルとして80年代に活躍した太田貴子が、徳間ジャパン時代の全ての音源&全ての映像を一挙に収録したCD&DVDボックス『TAKAKO OHTA TOKUMA JAPAN YEARS 1983-1988 CD&DVD COMPLETE BOX』の発売を決定しました。発売予定日は4月29日。

    『TAKAKO OHTA TOKUMA JAPAN YEARS 1983-1988 CD&DVD COMPLETE BOX』では、徳間ジャパン時代に発表した9枚のアルバムに加え、ボーナストラックとしてアルバム未収録曲やカラオケなど、全142曲を網羅。さらに、ビデオクリップやライブ映像が全32曲収録されるなど、80年代の太田を骨の髄まで堪能出来るラインナップになっています。それに加えて、元徳間ジャパン・ディレクターの足立仁と太田の対談や、元プロデューサーの平田久男のコメントなど、当時の太田を知る上での貴重な情報も続々と明らかにされる予感です!

    2020/04/13 11:09
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw7018740

    (出典 i.imgur.com)


    【【音楽】クリィミーマミの声優として有名なアイドル・太田貴子の超豪華版CD&DVDボックスがお目見え!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    内田 真礼(うちだ まあや、1989年12月27日 - )は、日本の声優、女優、歌手。アイムエンタープライズ所属。レコードレーベルはポニーキャニオン。愛称は主にまややん、まれいちゃん、まれいたそ。東京都出身。血液型はA型。本名同じ。声優の内田雄馬は実弟。 声優としては2012年のテレビアニメ『中二病でも恋がしたい
    214キロバイト (18,426 語) - 2020年4月14日 (火) 14:05



    (出典 i.pinimg.com)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/04/16(Thu) 19:35:47 ID:S21DVPiZ9.net

    近田 春夫2時間前
    source : 週刊文春 2020年4月16日号

    『ノーシナリオ』(内田真礼)/『春はゆく』(Aimer)



     気がつけばアニメ/声優勢の、jpop界に於ける幅の利かせかたといったら、もうものすごいものにもなっている訳で、私などのような疎い人間からすると、なにかいわゆるアイドルとも違う、また自作自演のシンガー/ソングライターたちとも違う、そこには独特に一貫したアイデンティティのあるのやらないのやら、どこかモヤモヤとした気分でジャンルを一括りにして眺めてしまっているところもある。
    以前、上坂すみれを取り上げた回でも書いたが、結局は、その本質とは地味な仕事――そもそも、かつて声優とは劇団員のバイト的な様相も強くみられ、そんな関係で、今のようには世間に姿を晒さぬ匿名的な職場だった――だという“ひかえめな自意識”を持つ、いい換えれば“アルチザン的体質”というものに集約される部分は、あるのやもしれぬ。

     いずれにせよ、少なくとも、アイドルを目指すのと声優を目指すのとでは、微妙にだが、動機は異なるようにも思える。

     内田真礼(まあや)は、アニメ・ゲーム好きが高じて声優の専門学校の門を叩きその道に進み歌手もこなすというまさしく“専門職”のキャリアを誇る、その筋では知らぬもののない存在なのだそうだが、そんな履歴ひとつを見ても、実に手堅い。
    それは、比べれば、何よりも“人気者”になることを最大の目的として華やかな業界に飛び込んでくる、アイドル志望者たちとは――繰り返しになるが――生き方/人生哲学が違うといっても、決して過言ではあるまい。

     そうした先入観も手伝ってか、『ノーシナリオ』を聴いてまず受けたのが、素の自分というより、仕事で与えられたキャラクターになりきって、一種芝居として歌っているようなそんな印象だった。殊更にあどけないのである(まぁ、そのあどけなさこそ、ある層にはたまらない魅力、売りなのだろうなということも、またよくわかるのだが……)。

     そして思ったものである。この曲をバリバリのアイドルが歌ったらどうだったろう。おそらくこうはならなかったのではないか? というのも、どんな楽曲であろうと――強引にでも――リアルな自分をその主人公に投影して精一杯アピールしてみせるのが、彼女たちに求められている“役目”とも思われるからである。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://bunshun.jp/articles/-/37162


    【【音楽】声優・内田真礼は“アイドル”と何が違うのか――近田春夫の考えるヒット】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    佐々木 (ささき のぞむ、1967年1月25日 - )は、日本の男性声優、歌手。広島県広島市出身。 日本ナレーション演技研究所の2期生に特待生として入学。声優になったきっかけは新人育成オーディションの受験を友人に誘われ一緒に受けたことから。 1986年に『ドテラマン』(短鬼役)で声優デビュー。
    57キロバイト (6,345 語) - 2020年3月29日 (日) 02:11



    (出典 www.yuhaku-maji-battle.com)



    1 シャチ ★ :2020/03/29(日) 13:44:56 ID:AWefLZBL9.net

     テレビアニメ「幽☆遊☆白書」の浦飯幽助役などで知られる声優の佐々木望さんが3月28日、2013年に入学した東京大学法学部を卒業したことをTwitterで発表しました。す、すごい……!

     「私事で恐縮ですが、このたび東京大学法学部を卒業しました」と声優業と両立しながら通っていたという東大法学部を無事に卒業したことを報告した佐々木さん。安田講堂前で学位記を持ったアカデミックガウン姿を披露しており、「センター試験から大学卒業まで、長かったようでとても短く感じます。濃密で豊かな時間でした。学べる環境にいられた幸せに深く感謝し、声の仕事を今後も頑張ってまいります!」と7年間の学生生活を振り返っています。本当におめでとうございます!

     この日まで東大に通っていたことを公表していなかった佐々木さんは、独占インタビューが掲載された特集ページの中で「大学に行くことは自分にとっては私的な領域のものだと思っていて、いち声優の私的な領域のできごとを皆さんに向けてお知らせするというのも変だなと思って」とその理由を告白。声優業との両立については、「声優としての仕事のかたわらに通学したり課題をやったりする生活が結構ハードで、それをこなしていくのでいっぱいいっぱいだった」と苦労も多かったことを語っていました。

     佐々木さんの卒業報告は、2万7000リツイート、5万7000いいねを超える大反響。多くのファンはもちろん、井上和彦さん、置鮎龍太郎さん、朴?美さん、松本梨香さん、日高のり子さん(高ははしごだか)ら声優仲間からも祝福メッセージが届いていました。


    3/29(日) 13:33配信ねとらぼ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200329-00000012-it_nlab-ent
    佐々木さんのアカデミックガウン姿(画像は佐々木望の東大Daysから)

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】声優・佐々木望、東大法学部卒業を公表 2013年入学で仕事と両立 「学べる環境にいられた幸せに深く感謝」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    増岡 (ますおか ひろし、1936年8月7日 - 2020年3月21日)は、日本の声優、俳優、ナレーター。埼玉県出身。埼玉県所沢市在住。東京俳優生活協同組合所属。 埼玉県南埼玉郡(現在のさいたま市岩槻区)出身。埼玉県立大宮工業高等学校卒業。 当初は絵描きを志しており東京芸術大学美術学部に入るが、「
    69キロバイト (7,270 語) - 2020年3月26日 (木) 16:29



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 1号 ★ :2020/03/26(Thu) 20:28:56 ID:r4UZVQ6/9.net

     フジテレビ「サザエさん」のフグ田マスオ役、日本テレビ「それいけ!アンパンマン」のジャムおじさん役で親しまれた声優の増岡弘(ますおか・ひろし)さんが3月21日午前2時53分、直腸がんのため死去した。83歳だった。26日、所属の俳協が発表した。葬儀は家族葬で執り行った。お別れの会は故人の意思により行わない。

     増岡さんは1936年、埼玉県生まれ。63年に「狼少年ケン」で声優としてのキャリアをスタートさせた。また、劇団「東京ルネッサンス」を主宰し、俳優としても活動した。

     「サザエさん」マスオ役は2代目として1978年6月11日から41年間、「アンパンマン」ジャムおじさん役は88年から31年間の長きにわたりそれぞれ担当し、19年8月に「高齢により」交代。長年の活躍を称え、18年に、第12回声優アワード功労賞を受賞している。

     フジテレビのバラエティー番組「有吉くんの正直さんぽ」のナレーションとしても知られ、一時休養もあったが、19年9月に番組復帰。時折、代役が立てられることもあったが、“降板”がアナウンスされることはなく、続けていた。21日の放送も代役で放送されていた。

    2020年03月26日 16:15
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/03/26/kiji/20200326s00041000174000c.html


    ※前スレ
    【訃報】声優の増岡弘さん死去 83歳 マスオさん、ジャムおじさんの声で親しまれ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1585207433/


    【【訃報】声優の増岡弘さん死去 83歳 マスオさん、ジャムおじさんの声で親しまれ ★2】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    新田 恵海(にった えみ、1985年12月10日 - )は、日本の女性声優、歌手。長野県長野市出身。ディファレンス(マネジメント)、ストレイキャッツ(音楽レーベル)に所属 。 愛称はえみつん(レーベル名の「emitsun」も、自身の愛称から採られている)。μ'sのメンバーでもある。公式ファンクラブ
    137キロバイト (11,806 語) - 2020年1月3日 (金) 10:57



    (出典 www.lisani.jp)



    1 牛丼 ★ :2020/01/19(日) 22:19:14 ID:HScDYk3X9.net

    4年の時を経て、神々がよみがえった。「みんなで叶える物語」をキーワードに、オールメディア展開するスクールアイドルプロジェクト「ラブライブ!」シリーズが18、19の両日、さいたまスーパーアリーナでライブイベント「ラブライブ! フェス」を開催。2015年のNHK紅白歌合戦にも出場した伝説のアイドルグループ「μ’s(ミューズ)」が4年ぶりにステージに上がり、ラブライバー(ラブライブ! ファンの愛称)のみならず、共演者も感涙にむせぶ歴史的なライブとなった。

     「ラブライブ! フェス」は、同プロジェクト発のグループ「μ’s」「Aqours(アクア)」、「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」がいずれも9人組であることにちなみ、2010年のプロジェクト発足から、まる9年を迎えた昨年に始まった「ラブライブ! シリーズ9周年」記念プロジェクトで企画されたライブ。μ’s、Aqours、虹ヶ咲に加え、Aqoursのライバルであり親友でもある北海道・函館発の姉妹スクールアイドル・Saint Snow(セイントスノー)を加えた総勢29人が一堂に会する超豪華な顔ぶれとなった。

     プロジェクトの初代グループであるμ’sは、アニメ第1期が2013年、第2期が2014年に放送され、楽曲を使用したアプリゲーム「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」の人気も加わって大ブレーク。2015年には劇場版「ラブライブ! The School Idol Movie」が興行収入28.6億円のメガヒットを記録。μ’sもリアルの声優アイドルとして人気爆発、同年の紅白に出場する快挙を達成した。しかし、絶頂期の2016年4月、東京ドームでのライブをもってグループとしての活動を終了。伝説的な存在となっていた。メンバーは声優、音楽活動などそれぞれの道を歩んでおり、ラジオの企画などに出演はしていたものの、9人揃ってグループとしてステージに上がるのは、東京ドームのラストライブ以来、4年ぶりのことだ。

     観客は、開演前にBGMとしてμ’sの曲が流れると、総立ちでペンライトを振って早くもヒートアップ。ライブ後半、μ’sがファーストシングル「僕らのLIVE 君とのLIFE」とともに登場すると、感激で泣き崩れるラブライバーが続出した。そして高坂穂乃果役の新田恵海が「皆さん、お久しぶりです!μ’sです!」と呼びかけると、場内のボルテージは最高潮に達した。

     100曲以上の楽曲を持つμ’sは、この日のための新衣装でテレビアニメで流れた名曲をつなげた「『ラブライブ!』TVアニメメドレー」を歌い、フロート(移動式のステージ)で場内を1周。18日はくしくも関東地方に雪が降ったが、ラストの曲はμ’sの楽曲の中でも屈指の人気を誇る名曲中の名曲、「Snow halation(スノー・ハレーション)」。ラブライバーは大光量オレンジのペンライトを一斉に点灯し、場内はまばゆいオレンジ一色に染め上げられた。

     μ’sの後継であり、現役の声優グループとして活動しているAqoursの高海千歌役・伊波杏樹も“一人のμ’sファン”と化し、エンディングでは涙ぐんで「『Snow halation』の余韻がすごくて…最高でした」と声を震わせるシーンも。新田は「何度でも言わせて下さい。私たちはずっとμ’sです!!」と大歓声にこたえた。公演後、SNS上でも「鳥肌立った」「声が枯れた」「涙が止まらなかった」という反応で埋め尽くされ、衰えぬ人気のほどを物語っていた。

     19日の公演のラストで、μ’sが3月25日にアニメーションPV付きの新曲「A song for You! You? You!!」を発売することが発表された。また、ラブライブ! シリーズの新プロジェクト始動も発表。伝説は受け継がれ、時代を超えて10年目へと物語を紡いでいく。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-01190172-sph-ent


    【【芸能】新田恵海!μ’sが帰ってきた! 伝説のグループ約4年ぶりの降臨にラブライバーもAqnursも感涙…ラブライブ!】の続きを読む

    このページのトップヘ