all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 映画監督


    降旗 康男(ふるはた やすお、1934年8月19日 - 2019年5月20日)は、日本の映画監督である。長野県松本市出身。 長野県松本深志高等学校、東京大学文学部フランス文学科卒業後、1957年東映入社。1978年に東映を退社しフリーとなり、1999年、『鉄道員』で日本アカデミー賞監督賞・脚本賞を
    10キロバイト (1,160 語) - 2019年5月26日 (日) 21:09



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 すらいむ ★ :2019/05/26(日) 18:44:42.90 ID:D5Kj5tN29.net

    映画監督の降旗康男さんが死去
    「駅」「鉄道員(ぽっぽや)」

     「駅 STATION」「鉄道員(ぽっぽや)」など高倉健さんと組んで数々の秀作を生んだ映画監督の降旗康男(ふるはた・やすお)さんが20日午前9時44分、肺炎のため東京都内で死去した。
     東映が明らかにした。84歳。長野県出身。

    共同通信 2019/5/26 18:40 (JST)
    https://this.kiji.is/505314795131241569


    【【訃報】映画監督の降旗康男さんが死去、84歳 「駅」「鉄道員(ぽっぽや)」】の続きを読む


    庵野 秀明(あんの ひであき、1960年5月22日 - )は、日本のアニメーター、映画監督、実業家。カラー代表取締役社長。株式会社プロジェクトスタジオQ創作管理統括。NPO法人アニメ特撮アーカイブ機構代表。山口県宇部市出身。大阪芸術大学芸術学部映像計画学科(現・映像学科)中退。血液型はA型。妻は漫画家の安野モヨコ。
    61キロバイト (7,055 語) - 2019年3月2日 (土) 08:17



    (出典 i.daily.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/06(水) 15:57:23.99 ID:80J56Vjr9.net

    2016年夏に公開され、興収82.5億円の大ヒットを記録した映画『シン・ゴジラ』の庵野秀明監督が、
    『ウルトラマン』を題材にした映画『シン・ウルトラマン』の製作に着手するという情報が入った。

    「一部の映画関係者の間で、“今冬に『シン・ウルトラマン』がクランクインする”という話が流れ出したんです。
    庵野監督自身、大学在学中にウルトラマンの完コピ作品を製作したほどの大ファンですし、すでに『シン・ゴジラ』を撮って、ヒットさせた彼による製作企画が上がらないほうがおかしい
    ただ、庵野監督は、アニメファンからはずっと完結版となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版●』(※●=:|| 音楽記号のリピート=以下、『シン・エヴァ』)の製作を期待されている。
    庵野さんの『シン・ウルトラマン』は、空前の注目作になるでしょうが、『シン・エヴァ』のほうが、これでまた公開延期になってしまう可能性はあるかもしれませんね」(芸能プロ関係者)

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ全4作の完結編『シン・エヴァ』。
    もともと2007年に『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:?』というタイトルで発表された本作は製作が遅れに遅れていた。
    2012年にタイトルが変更され、2016年には『シン・ゴジラ』の完成報告会見の席で、庵野監督自らが『シン・エヴァ』完成の遅れを謝罪している。

    以来、なんの音沙汰もなかった同作だが、昨年夏に全国の劇場で突如『シン・エヴァ』の2020年公開をアナウンス。

    今年1月31日には主人公・碇シンジの声優を務める緒方恵美が自身のツイッターアカウントで『シン・エヴァ』の“打ち入り”が開催されたことを報告し、ファンの間で大きな話題になった。

    「『シン・ウルトラマン』の製作が噂どおりだとしたら、撮影開始は今冬。
    だから、庵野監督はそれまでに来年公開の『シン・エヴァ』を完成させるつもりなのでしょう。
    ただ庵野監督には、『シン・ゴジラ』で『シン・エヴァ』を先延ばしにしてきた“前科”もある。
    細部にこだわる人なので、もし深みにハマれば、冬までに完成しない可能性もあるかも……。
    実写映画の『シン・ウルトラマン』は、出演者のスケジュールもあり、撮影をずらすことはできないでしょう。
    『シン・ウルトラマン』が先で、2020年末、もしくは2021年の公開、最悪、『シン・エヴァ』はそれよりもさらに後ということになるのかもしれませんね。
    『エヴァ』と『ウルトラマン』のどちらが先でも、両方とも超ド級のヒット作になることは間違いないですが」(アニメ誌記者)

    ■ハヤタ隊員役は岡田准一?

    『シン・ゴジラ』は、公式発表で総勢329人にも及ぶ豪華キャストが話題となった。

    狂言師の野村萬斎(52)がゴジラの動きを担当したのをはじめ、長谷川博己(41)、竹野内豊(48)、石原さとみ(32)、大杉漣(故人)など主役クラスをぜいたくに使ったが、
    『シン・ウルトラマン』も同様に、日本映画界を代表するキャストがずらりと顔をそろえることになりそうだ。

    「現在、主役候補として、関係者の間で噂として名前が挙がっているのが岡田准一(38)。ヒロインは土屋太鳳(24)なのではないかという声です。
    岡田は今や、ジャニーズの枠にとどまらない国民的俳優。
    さらに黒澤明作品でもカメラを構えた日本映画界の巨匠・木村大作が“殺陣”を認めるほどのアクションの使い手です。
    ハヤタ隊員を演じるのにふさわしい人物であると言えるかもしれません。
    土屋も、3歳から日本舞踊、バレエ、ヒップホップダンスをやってきて、2018年のドラマ『チア☆ダン』(TBS系)で披露した演技でも分かるとおり、アクションの素質は十分。
    数々の映画で主演も勤めてきていますし、2012年と2015年には、テレビドラマの『ウルトラマン列伝』(テレビ東京系)にも出演しています。
    ヒロインとして出演する可能性はありそうです」(芸能プロ関係者)

    噂どおりの『シン・ウルトラマン』のクランクインまでに、『シン・エヴァ』は完成するのか。すべては庵野監督にかかっている――。

    http://dailynewsonline.jp/article/1719635/
    2019.03.06 11:00 日刊大衆

    前スレ                       2019/03/06(水) 12:43
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1551843795/


    【【芸能】庵野秀明まさかの『シン・ウルトラマン』始動!『エヴァンゲリオン』完結版は先送り? ★2】の続きを読む


    17歳で詩人デビュー。「ユリイカ」「現代詩手帖」に続々と詩が掲載され、"ジーパンをはいた朔太郎"と称される。法政大学入学後、8mm映画を手掛ける。 1986年、8mm映画『俺は園子温だ!』がぴあフィルムフェスティバル入選。翌年、8mm映画『男の花道』でグランプリを受賞。 1990年、ぴあフィルムフェスティバルスカラシップ作品と
    29キロバイト (3,798 語) - 2019年2月7日 (木) 14:58



    (出典 www.news-postseven.com)



    1 すらいむ ★ :2019/02/07(木) 22:07:05.28 ID:9NrcW8px9.net

    園子温監督が救急搬送、心筋梗塞疑いも命に別条なし

     映画監督の園子温氏(57)が7日、心筋梗塞の疑いで、東京都新宿区内の病院に救急搬送されたことが分かった。関係者によると、命に別条はないという。

     園監督は海外でも評価されており、08年「愛のむきだし」がベルリン映画祭に出品され、「国際批評家連盟賞」を受賞。
     12年「ヒミズ」はベネチア映画祭コンペティション部門に出品され、主演の染谷将太(26)と二階堂ふみ(24)が最優秀新人俳優賞「マルチェロ・マストロヤンニ賞」を日本人として初受賞した。
     最近はハリウッド初進出となるニコラス・ケイジ(55)主演映画の準備を進めていた。

    プライベートでは、11年「冷たい熱帯魚」「恋の罪」に出演した神楽坂恵(37)と結婚した。

    日刊スポーツ 2019年2月7日 21時56分
    http://news.livedoor.com/article/detail/15990130/


    【【芸能】園子温監督が救急搬送、命に別条なし】の続きを読む

    このページのトップヘ