all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 実業家

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    竹中 平蔵(たけなか へいぞう、1951年3月3日 - )は、日本の実業家、政治活動家、経済学者。 パソナグループ取締役会長、オリックス社外取締役、SBIホールディングス社外取締役、森ビルアカデミーヒルズ理事長、日本経済研究センター研究顧問、外為どっとコム総合研究所主席研究理事、特定非営利活動法人
    83キロバイト (10,976 語) - 2020年10月31日 (土) 21:11



    (出典 image.chess443.net)



    1 孤高の旅人 ★ :2020/11/01(日) 07:12:15.90

    最低所得保障、将来に備え議論を 竹中平蔵氏が見解
    2020/10/31 17:05 (JST)10/31 17:17 (JST)updated
    https://www.47news.jp/news/5442438.html

     菅義偉政権が新たに設けた「成長戦略会議」のメンバーで、慶応大名誉教授の竹中平蔵氏(69)が31日までに共同通信のインタビューに応じた。最低限の生活を保障するため全国民にお金を配る「ベーシックインカム(BI)」(最低所得保障)について、「将来の導入に備えて議論を進めるべきだ」との考えを示した。

     竹中氏は9月下旬、BS番組に出演し、BIについて全国民を対象に1人当たり月7万円支給するよう提言。財源は生活保護や年金を縮小して充てるとした。菅政権のブレーンの一人として注目され始めた時期と重なり、波紋が広がっていた。

    ★1:2020/10/31(土) 17:29:16.61
    前スレ
    【ベーシックインカム(BI)】最低所得保障、全国民を対象に1人当たり月7万円支給 将来に備え議論を 竹中平蔵氏が見解 ★4 [孤高の旅人★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604164230/


    【【ベーシックインカム(BI)】最低所得保障、全国民を対象に1人当たり月7万円支給 将来に備え議論を 竹中平蔵氏が見解 ★5 [孤高の旅人★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    竹中 平蔵(たけなか へいぞう、1951年3月3日 - )は、日本の実業家、政治活動家、経済学者。 パソナグループ取締役会長、オリックス社外取締役、SBIホールディングス社外取締役、森ビルアカデミーヒルズ理事長、日本経済研究センター研究顧問、外為どっとコム総合研究所主席研究理事、特定非営利活動法人
    81キロバイト (10,748 語) - 2020年9月24日 (木) 12:56



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 ばーど ★ :2020/09/30(水) 09:23:18.67

     元総務相で東洋大教授の竹中平蔵氏が29日、TBS系「news23」(月~木曜・後11時、金曜・後11時半)に生出演した。

     キャスターで同局の山本恵里伽が「今日はスタジオに菅政権の経済ブレーン、竹中平蔵さんにお越しいただきました」と紹介すると、竹中氏は「申し上げておきますけど、私、菅総理という方は特定の経済ブレーンを持たない方だと思います」とした上で「ものすごくたくさんの人脈でいろんな方に会って、いろんな意見を吸収して、ストーンと腹に落ちたことをやっていくことをやっていくタイプですので、私はブレーンとかそういうのではありません」と述べた。

     竹中氏が総務相の時に菅首相は副大臣を務めていた。その上で「ただ、一緒に仕事をさせていただいたことを踏まえて、よくいろいろ議論させていただきますので頑張って欲しいなと思います」とコメントしていた。

    2020年9月30日 6時20分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20200930-OHT1T50049.html


    【【竹中平蔵氏】「私はブレーンとかそういうのではありません」 [ばーど★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    竹中 平蔵(たけなか へいぞう、1951年3月3日 - )は、日本の実業家、政治活動家、経済学者。 パソナグループ取締役会長、オリックス社外取締役、SBIホールディングス社外取締役、森ビルアカデミーヒルズ理事長、日本経済研究センター研究顧問、外為どっとコム総合研究所主席研究理事、特定非営利活動法人
    81キロバイト (10,748 語) - 2020年9月24日 (木) 12:56



    (出典 yokotakanko.cocolog-nifty.com)



    1 potato ★ :2020/09/25(金) 03:44:25.58

     元総務大臣でパソナグループ会長の竹中平蔵氏がテレビ番組で提案した「所得制限付きのベーシックインカム」が、SNSで大きな話題を集めています。

     9月24日10時現在、「ベーシックインカム」「竹中平蔵」が共に日本のTwitterトレンドワードランキングにランクイン。Twitterユーザーは、「所得制限付きのベーシックインカム」についてどのように捉えているのでしょうか。

    竹中氏の「所得制限付きのベーシックインカム」提案

     話題になっているのは、9月23日に放送されたBS-TBSの報道番組「報道1930」での竹中氏の提案。

     「所得制限付きのベーシックインカム」と称し、「国民全員に毎月7万円支給」「所得が一定以上の人は後で返す」「マイナンバーと銀行口座をひも付け所得を把握」といった案を披露していました。

      竹中氏は以前から「ベーシックインカムを導入することで、生活保護が不要になり、年金も要らなくなる。それらを財源に」といったベーシックインカム構想についての発言を行っており、今回はテレビ番組で自論を展開した形です。

    ベーシックインカムとは?

     ベーシックインカムは、政府が国民に対して最低限の所得を保障する政策で、「最低限の生活」を送るのに必要とされている額の現金を全ての国民に定期的に支給するというもの。ドイツやフィンランドなどでは同様の制度に関する社会実験がすすめられているほか、コロナ禍などの急激な収入減を保障する制度として注目を集めています。

     政府が給付した1人10万円の「特別定額給付金」も「定期的」ではないものの、一律で給付されるという点ではベーシックインカムに似た政策だと言えます。

    Twitterでは批判の声

     Twitterでは番組放映時の画面写真と共に竹中氏の提案が広がっていますが、投稿の大半はこの提案に批判的なものです。

     批判が上がっている点は主に3つ。1つは、ベーシックインカムの支給と年金や生活保護などの廃止がセットになっている点への批判です。

     「厚生年金を無くし全員を国民年金にする、そして生活保護も極端に引き下げ、あとは自助で頑張れとするもの」「生活保護も国民年金も廃止するのでは単なる財務省主導の予算カットに過ぎない」など、現在の制度を下回る保障に疑問の声が上がっています。

     2つめは、所得制限など、支給に関する制限が付いている制度はベーシックインカムとは呼べないという点への批判です。なお、ベーシックインカム制度は、高所得者と低所得者の支給額が同じである点がしばしば批判されますが、日本のように累進課税制度を採用している国では、支給金を課税の対象とすれば所得の再分配が行われると考えられます。

     3つめは、「月7万円」という保障額の少なさへの批判です。「『月7万円のベーシックインカム』では、ベーシックな生活を実現できません」など、現代の日本で最低限の生活を送るには、7万円という金額は現実的ではないとする意見が多く上がっています。

     ベーシックインカムは、最低限の生活が保障されていなければ意味をなさない政策。今後もさまざまな検討や実験が必要ですが、導入の際には、必要としている人の生活を十分に支えることができる制度と、付随する社会保障の再整備が求められることになりそうです。

    2020年9月24日
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/2009/24/news090.html

    画像

    (出典 i.imgur.com)


    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1600967514/


    【【話題】竹中平蔵、『所得制限付きベーシックインカム』を提案 「国民全員に毎月7万円支給」、生活保護や年金などの廃止 … ★21 [potato★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ウィリアム・ヘンリー・"ビル"・ゲイツ3世(William Henry "Bill" Gates III、1955年10月28日 - )は、アメリカ合衆国の実業家、慈善活動家、技術者、プログラマ、作家、教育者。 マイクロソフトの共同創業者兼元会長兼顧問、ビル&メリンダ・ゲイツ
    43キロバイト (5,613 語) - 2020年9月17日 (木) 09:53



    (出典 sustainablejapan.jp)



    1 影のたけし軍団 ★ :2020/09/21(月) 09:12:49.45

    米マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏は、新型コロナウイルスのパンデミックが
    世界的に終息時期について早くとも2022年になるとの見方をフォックスニュースのインタビューに応じた中で示した。

    ゲイツ氏はフォックスニュースのインタビューに応じた中で、新型コロナウイルスの終息時期について語った。

    パンデミックの終息は良くても2022年になるだろう。しかし、仮に世界的規模の問題が続くのであれば、
    2021年は数字(新規感染者:スプートニク編集部)を減らす努力を続ける必要がある。

    ゲイツ氏はこれまで新型コロナウイルスの感染拡大防止対策費として6憶5000万ドルを寄付し、
    新型コロナウイルス関連では世界最大の出資者になっている。

    この結果、ゲイツ氏は新型コロナウイルスのワクチンにマイクロチップを仕込み、
    それによって接種した人を管理する社会に変えるのではないかとの陰謀論がささやかれている。

    これについてゲイツ氏や、氏と交流のある学者らは疑惑を否定している。
    https://jp.sputniknews.com/covid-19/202009217787156/


    【【コロナ】 ビル・ゲイツ氏 「パンデミックの終息は良くても2022年になるだろう」 [影のたけし軍団★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    堀江 貴文(ほりえ たかふみ、1972年10月29日 - )は、日本の実業家、著作家、投資家、タレント、YouTuberである。血液型A。愛称はホリエモンだが、堀江本人があだ名やペンネームなどを名乗る際にはたかぽんを自称している。sns media&consulting株式会社ファウンダー、インター
    79キロバイト (11,809 語) - 2020年7月20日 (月) 15:03



    (出典 p.potaufeu.asahi.com)



    1 しゃぶれよ ★ :2020/07/30(木) 06:05:12.12

    ホリエモン、ジャニーズ退所者続出の裏側を暴露…今後も「脱退は止まらない」と予言

     実業家の堀江貴文氏が、自身のYouTubeチャンネルで『ジャニーズやYouTuberの事務所退所が止まらない理由を説明します』と題する動画を公開し、ジャニーズタレントをはじめとして、芸能人やユーチューバーが所属事務所から脱退する動きが加速している事情について語った。

     7月22日、長瀬智也(TOKIO)が来年3月をもってジャニーズ事務所を退所すると発表し、大きな話題となった。昨年9月には元関ジャニ∞の錦戸亮、今年3月には元SMAPの中居正広、そして6月19日には元NEWSの手越祐也が退所するなど、人気アイドルが相次いで同事務所を退所している。



     堀江氏は聞いた話として、以前、ある男性アイドルグループの事務所が、ジャニーズから強い圧力をかけられて「大変な目に遭った」と暴露。そんな絶大な力を誇っていたジャニーズが、創業者のジャニー喜多川氏が亡くなったことで影響力を失いつつあると分析。

     さらに、テレビに出ないとタレントとして生きていけなかった芸能界が、今は大きく変わってきたと持論と展開。テレビ業界は、極めて偏った人間関係によって成り立っており、一部の強い力を持った作家やディレクターの好き嫌いでキャスティングが決まる世界だと明*。

     だが、YouTubeやAbemaTVなどタレントが活躍できる場が増え、テレビの力は変わってきた。場合によっては、テレビよりも視聴数を伸ばすことがあり、ネットだけでも稼げるようになった。

     堀江氏は、SMAPの元マネージャーで、現在は稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛が所属する事務所の社長が、SMAP解散前にサイバーエージェントの社長に相談していたと明*。そこで、テレビに出られなくなっても稼ぐことができると確信し、ジャニーズ退所を選択したと示唆。

     堀江氏は、手越が退所する際にも相談を受けていたと明かしており、今後、人気のある人から始まり、雪崩を打ってジャニーズから独立するようになると推測。

     加えて、これまでは、退所したり独立するタレントやアーティストに対して、所属事務所が妨害したり、芸名の使用を禁止するといった“理解を示さない動き”があったが、今後はそのような行為は、かえって「タレントの独立意欲を高める」と警鐘を鳴らす。

     他方、ユーチューバーが所属事務所を退所する理由としては、マネジメント料が一番の要因だと語る。UUUMを退所した木下ゆうかや関根理紗から、マネジメント料が高すぎるとの不満を聞いたと暴露。名前が売れて個人で稼げるようになったユーチューバーは、高額な料金を払って事務所に所属するメリットを感じにくくなる。今後は、事務所が徴収できるマネジメント料に制限がかかってくるだろう。

     近年相次ぐ大物タレントや有名ユーチューバーの独立は、堀江氏が予測するように、今後さらに加速していくのだろうか。

    https://biz-journal.jp/2020/07/post_171129.html


    【【芸能】ホリエモン、ジャニーズ退所者続出の裏側を暴露…今後も「脱退は止まらない」 [しゃぶれよ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ