all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 実業家

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    竹中 平蔵(たけなか へいぞう、1951年〈昭和26年〉3月3日 - )は、日本の実業家、政治家、経済学者。東洋大学グローバル・イノベーション学研究センター客員研究員。慶應義塾大学名誉教授。専門は経済政策。 世界経済フォーラム理事、オリックス社外取締役、SBIホールディングス社外取締役、森ビルアカ…
    112キロバイト (15,200 語) - 2024年2月14日 (水) 22:08

    (出典 bunshun.jp)



    1 ぐれ ★ :2024/04/06(土) 22:43:54.41 ID:zRl67/GM9
    ※2024年4月5日 21:51
    東スポWEB

     元総務相で経済学者の竹中平蔵氏が5日、ABEMA TVのニュース番組「Abema Prime」に出演。自民党の派閥政治資金パーティー裏金事件に関係した議員ら39人を処分した岸田文雄首相に〝提言〟した。

     竹中氏は現在の自民党について「元々、政党法がないからガバナンスがないんですよ。それをある程度保ってたのが派閥がお互いにけん制し合うというガバナンスだった。その派閥がなくなっちゃったから、東西冷戦構造が終わった後のアメリカみたいに総理がすごく強くなっちゃうんですよ。これはこれですごいガバナンスがない一件で、旧派閥の人たちからすごい恨みが出てきてる」と分析。

    続きは↓
    https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/298055

    【【政治】竹中平蔵氏 岸田首相に〝スーパースター内閣〟のススメ「例えば小泉進次郎さんを幹事長に…」 [ぐれ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    竹中 平蔵(たけなか へいぞう、1951年〈昭和26年〉3月3日 - )は、日本の実業家、政治家、経済学者。東洋大学グローバル・イノベーション学研究センター客員研究員。慶應義塾大学名誉教授。専門は経済政策。 世界経済フォーラム理事、オリックス社外取締役、SBIホールディングス社外取締役、森ビルアカ…
    111キロバイト (15,099 語) - 2023年10月20日 (金) 13:34

    (出典 bunshun.jp)



    1 少考さん ★ :2023/10/22(日) 19:29:39.29 ID:u+sGveMo9
    竹中平蔵「なぜ私が喋るとバズるのか…それは不都合な真実を隠したい人がいるから」…日本をよくすると心に決めた中学時代 - みんかぶ(マガジン)
    https://mag.minkabu.jp/politics-economy/21153/?membership=1

    竹中 平蔵
    2023.10.20 (2023.10.22公開)

    🔒この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

    経済学者の竹中平蔵氏が何か発言すると、必ずネットで議論を巻き起こす。それは何故なのか。竹中氏は「私がこのままでは国がもたないということを伝えたところで、その不都合な真実を隠すことでうまみを得ている人は一定数います。また、不良債権処理で痛みを感じたい人もいるかもしれませんし、私を批判すれば原稿料の小遣いを稼げる人もいるでしょう。それは確率論的に仕方がないことです」と淡々と語る。みんかぶプレミアム特集「一流の書き方・喋り方・バズり方」第1回は、竹中氏の口を開ければ必ずバズる理由を探ったーー。

    目次

    1.「日本をよくしたい」そう私はずっと思ってきた

    2.小泉純一郎氏は私に「悪名は無名に勝るから」と笑いながら言った

    3.だから私は”当たり前”のことを言い続ける

    4.2030年代に日本は大変なことが起きている

    5.新聞が偉そうに会見で質問している…今のジャニーズ問題は本質的な議論ができていない

    6.私を批判すれば原稿料の小遣いを稼げる人もいる


    「日本をよくしたい」そう私はずっと思ってきた

    「日本人は90歳まで働くことになる」「年金受給年齢を70歳まで引き上げるべきだ」「厚生年金は廃止するべきだ」…私がインターネット上で何か発言すると、すぐ議論を巻き押すようです。

     批判の声もありますが、同時に賛成してくれる人も多いという印象です。「なぜあえて炎上するようなこと言うのか」とも聞かれることもありますが、それに対して私は「日本をよくしたいから」と答えています。そもそもどの社会でも一定数ジャニー喜多川氏のような”変な人”が生まれてしまうものです。理解してくれない人は何をいっても理解してくれないものです。それは防ぎようがありません。

     私は和歌山県の商店街にある履物屋に生まれました。中学生の途中までは父の仕事を将来継ぐものだと思っていましたが、東京の大学を目指している兄を見ていて、自分も将来のことを考えるようになりました。私は、父親みたいなマジメな商売人がもっと豊かになれる社会にするにはどうしたらいいのか、自分は何をしたらいいのか、と。


    小泉純一郎氏は私に「悪名は無名に勝るから」と笑いながら言った

     当時、私の通っていた中学に、東京の大学から帰ってきたばかりの倫理社会の先生がいました。その先生のところへ行き、その疑問をぶつけました。「社会をよくするにはどうしたらいいのですか」と。すると先生は「社会を変えるのは難しいことだけど、まずは社会の基本を勉強する、そこからだ」と答えたのです。


    無料トライアルで続きを読む

    すでにプレミアム会員の方はログイン

    【竹中平蔵氏「なぜ私が喋るとバズるのか…それは不都合な真実を隠したい人がいるから」…日本をよくすると心に決めた中学時代 [少考さん★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    竹中 平蔵(たけなか へいぞう、1951年〈昭和26年〉3月3日 - )は、日本の実業家、政治家、経済学者。東洋大学グローバル・イノベーション学研究センター客員研究員。慶應義塾大学名誉教授。専門は経済政策。 世界経済フォーラム理事、オリックス社外取締役、SBIホールディングス社外取締役、森ビルアカ…
    110キロバイト (15,180 語) - 2023年9月27日 (水) 17:14

    (出典 www.asahicom.jp)



    1 フォーエバー ★ :2023/10/08(日) 19:40:21.72 ID:784i16vy9
    10/8(日) 19:36配信

    東スポWEB

     元総務相で経済学者の竹中平蔵氏が8日放送の読売テレビ「そこまで言って委員会NP」に出演。ジャニーズ事務所の再建について私見を述べた。

    【写真】若かりし日のメリー喜多川氏

     この日は「ジャニーズ事務所は再建できるか?」について議論。「再建できる」とした竹中氏は「再建のプロっていう人たちがいるんですよ、その人たちは今、ジャニーズにものすごい注目してます」と証言した。

     続けて「実は経営を再建する時には守るべきリソース(資産、資源)があるかどうか?(が大事)ということなんです。(ジャニーズ事務所は)守るべきリソースがあると考えられる」と指摘。

     リソースとはファンクラブ会員だといい「ファンクラブのメンバーって今1400万人いるんですよ。1400万人の会員がいて、みんな年4000円払ってるんですよ。これ単純に計算するとほっといても560億円入るんですよ。これは実は再建する人は、みんな目をつけているわけです」と明かした。

     一方で、新組織のトップには「プロの経営者が入らないといけない」とし「タレントさんというのはきれいな面だけを見せて、嘘とは言わないけどある意味で夢を与える。ところが経営者は嘘言っちゃいけない。タレントさんに経営者をやらせるのは酷だと思うんです。再建のプロを入れてファンクラブを維持できれば、ものすごい有望な会社になります」と断言した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/af3394dc492b40c11a98cecd3cf1ff26564e5c92

    【竹中平蔵氏 ジャニーズ再生可能と断言「ほっといても560億円入る」 [フォーエバー★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    小林 (こばやし けん、1949年(昭和24年)2月14 - )は、日本の実業家。三菱商事16代目社長、三菱商事会長。東京商工会議所会頭。第11代成蹊学園理事長。 1967年(昭和42年)3月 - 麻布高校卒業 1971年(昭和46年) 6月 - 東京大学法学部卒業 7月 - 三菱商事入社(船舶部)…
    5キロバイト (534 語) - 2023年1月3日 (火) 01:19

    (出典 i.ytimg.com)



    1 BFU ★ :2023/10/04(水) 17:52:18.05 ID:q4r0M5ec9
    外国為替市場で一時1ドル=150円台まで円安が進んだことに対して、経済界トップが為替介入にはタイミングが遅すぎると厳しく指摘しました。

    「介入のタイミングを逸した感がある。今となって150円でせめぎあうのは、私の過去の経験から言っても遅すぎる」

     小林会頭はこのように批判したうえで、中小企業にとって資材費や光熱費高騰の半分以上は為替だとして、国が為替相場に対して、1回や2回はまなじりを決して立ち向かってみても良かったと思うという考えを示しました。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/60b3e46045bf733c7bfe0ccbb521386555e52708

    【「為替介入には遅すぎる」日商会頭が厳しく批評… [BFU★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    藤島 ジュリー景子(ふじしま ジュリーけいこ、1966年〈昭和41年〉7月20日 - )は、日本の実業家、芸能プロモーター。元女優。芸能事務所・ジャニーズ事務所元社長(2代目)であり現在は代表取締役。関連会社「ジェイ・ストーム」、「エム・シィオー」、「ユニゾン」、「東京・新・グローブ座」の代表取締役会長。…
    19キロバイト (2,320 語) - 2023年10月2日 (月) 18:36

    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    1 征夷大将軍 ★ :2023/10/02(月) 21:00:37.17 ID:XslKPLJt9
    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/10/02/kiji/20231002s00041000387000c.html
    2023年10月2日 14:43

    「このたび、おじ、ジャニー喜多川により性被害にあわれた方々に、あらためて心からお詫び申し上げます」と謝罪。叔父のジャニー氏、母・メリー氏との関係を明かした。

    「実母であるメリーは私が従順な時はとても優しいのですが、私が少しでも彼女に違う意見を言うと、気が狂ったように怒り、叩き潰すようなことを平気でする人でした」とし、「20代の時から私は時々、過呼吸になり倒れてしまうようになりました。当時、病名はなかったのですが、今ではパニック障害と診断されております」と告白。「私はそんなメリーからの命令でジャニーズ事務所の取締役にされておりましたが、事実上、私には経営に関する権限はありませんでした。そして、08年春から新社屋が完成した18年まで、一度もジャニーズ事務所のオフィスには足を踏み入れておりません」とした。

    「これは性加害とはまったく違う話で、私が事務所の改革をしようとしたり、タレントや社員の環境を整えようとしたことで2人を怒らせてしまったことが発端です。ジャニーとも08年頃から16年頃までライブ会場ですれ違うことはあっても、会話はしておりませんでした。その後、ジャニーの稽古場に呼び出されて久しぶりに話しましたが、それ以降もジャニー本人に会ったのは数回です。その期間もジュニアからのデビューや管轄外のグループの解散のプロセスにも関わっておりません」とジャニー氏と対面することは少なかったという。

    また、メリー氏からは「私の娘である孫に会いたいと切望され、1年に数回一緒に食事をすることやお正月に孫と旅行することを決められておりましたが、私自身はメリーと話すことを極力避けて生きてきた人生でした。このような説明をすると嘘だとか、親子で仲が良かったのを見たことがあるなどバッシングされる記事が大量に流れるのだと思いますが、近い関係者のみなさま、タレントの方々、社員などであればこうした事情を知っていると思います」と赤裸々に明かした。

    心療内科の診察を受け「メリーさんはライオンであなたはシマウマだから、パニック障害を起こさないようにするには、この状態から逃げるしかないと言われ、自分で小さな会社を立ち上げ、そこに慕ってくれるグループが何組か集まり、メリー、ジャニーとはまったく関わることなく長年仕事をしておりました。このような理由でジャニーがいる稽古場とはまったく違う場所で働いており、ジュニアのみなさんとの接点もなかったので、今回申し出てくださった中で私がお会いしたことがあるのは9人です。それ以外の多くの方々とはお会いしたことはないのです」とした。

    「今から思えばジャニーの親族であり、女性である私にジュニアのみなさんはもちろんのこと、タレントのみなさんも噂話をすることや相談もしにくかったのではと思います」と被害者が相談しにくい環境があったとした。

    ※全文はリンク先で

    【ジュリー氏 20代で「パニック障害に」母・メリー氏との複雑な関係 「話すことを極力避けて生きてきた」 [征夷大将軍★]】の続きを読む

    このページのトップヘ