all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 元お笑い芸人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    清水 (しみず けい、1961年6月24日 - )は、日本の実業家、元お笑いタレント、元俳優。 本名は清水 太(しみず けいた)。京都府京都市出身。血液型はA型Rh-。株式会社FOOLISH代表取締役。 同志社香里中学校・高等学校を経て、内部進学にて同志社大学商学部卒業。
    14キロバイト (1,520 語) - 2022年5月18日 (水) 16:45

    1 jinjin ★ :2022/05/20(金) 23:45:04.14

    清水圭〝ひっそり引退〟の裏事情 大きかった所ジョージ「激怒事件」


    かつて人気番組に数多く出演していたタレント・清水圭(60)が、芸能界引退を示唆したことが話題となっている。


    清水は先月28日に更新したブログで引退を示唆。
    すでに削除されたが、ブログには「モチベーションがなくなったという 誠に個人的で勝手な理由です」と記した。


    さらに「ここからは本名の『しみずけいた』くんとして フツーのおっさんから、やがてフツーのおじいさんになるべく 地味に静かに、人生を過ごして行こうと決めました」とも。
    また所属していた吉本興業のホームページからも、清水のプロフィルはひっそりと削除されていたという。

    一時は「笑っていいとも!」(フジテレビ系)など、人気番組に数多く出演していた清水だが、最近は全く露出がなくなった。


    テレビ局関係者は「所ジョージさんの件の影響が大きかった」と指摘する。

    これは清水が長期にわたってレギュラー出演していた「所さんの世田谷ベース」(BSフジ)を2013年に降板したことだ。

    その理由について、裏番組への出演が決まったため、と本人がブログに記していた。
    ブログには「普通は仕事を受ける際、マネージャーが一番最初に『裏かぶり』を確認するんやけど、その『当たり前の』作業を怠ったらしい」とあったが…。

    「所さんは清水のことを気に入って共演していたが、この件で『2人でやってる番組なのに!』と激怒した」(同)


    さらに所属する吉本との信頼関係もなくなったともいう。
    「新しく番組に出る際、いわゆる〝裏かぶり〟がないか確認するのはマネジャーにとって常識。もちろんそれを怠っていたら問題ではあるが、たとえ事実としても、それをブログに書かれたらマネジャーの立場がない。吉本としても社員が大っぴらに批判されては、信頼関係がなくなるのも仕方がない」(芸能プロ関係者)


    その後、清水が話題になったことは2回ある。

    15年にサッカーの本田圭佑選手に対し、「中村選手に吐いた『ありえないセリフ』をワタシは知ってまんねん」とブログに書いたことと、
    19年の闇営業騒動で宮迫博之が「恫喝された」と明かした岡本昭彦社長について、自分も「恫喝された」と記した時だ。


    かつての人気タレントにしては、さびしい終わり方になってしまったようだ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/125ab595703f080ea6daa3217cb5d29efcb8d18b


    【【芸能】清水圭〝ひっそり引退〟の裏事情 大きかった所ジョージ「激怒事件」… 本田圭佑や岡本昭彦との事件も [jinjin★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント・漫才師・司会者・映画監督・作家およびコメンテーター。 お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ・ネタ作り担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん、松ちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。左利き。
    38キロバイト (5,063 語) - 2021年7月5日 (月) 14:52



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/06(火) 07:52:28.19

    7/6(火) 7:02
    FRIDAY

    松本人志が擁護した『相席食堂』コア視聴率も民放4局で下位の無念
    視聴率論争に一石を投じた松本人志。今後、マスコミは視聴率を「正確に」報道することができるのか…
    《これぞ勉強不足のバカライター。コア視聴率はしっかりとってる。じゃないと第二弾あるわけない》

    ダウンタウンの松本人志が、スポーツ紙の「視聴率報道記事」に怒りをぶちまけたツイートが話題となったことは記憶に新しい。このツイートをきっかけに、各メディアで「視聴率とはなにか」「なにを重視して報じるべきか」「そもそも報じる必要があるのか」といった議論が巻き起こった。

    「松本さんが噛みついたきっかけは、あるスポーツ紙が千鳥の冠番組で、2度目の全国放送となった6月8日の『千鳥の相席食堂ゴールデンSP』(テレビ朝日系)の『世帯平均視聴率』が5・8%で、低調だったというニュアンスで報じたことです。それに対し松本は“勉強不足のバカライター”とツイッターで罵ったのです」(スポーツ紙記者)

    コア視聴率というのは「男女13~49歳」に絞ったコアターゲットのこと。現在、テレビ業界内ではこちらの指標がメジャーとなり、全年齢をターゲットにした世帯視聴率は最近では重要視されていないのが実情だ。松本がいわんとしたことは、「このコア視聴率を基準に扱わないと、正しい理解がなされない」ということだ。

    だが、コア視聴率というのは、テレビ局関係者以外が調べるには少々ハードルが高いうえに、いまだ世間には定着していないため、どうしても伝わりづらいのが実情だ。

    そもそも松本が不快感を露わにしたのは、6月12日に民放で20年ぶりにコント番組を放送した『キングオブコントの会』(TBS系)の世帯平均視聴率が6.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と報じられたことだ。世帯視聴率を見ると低く見えるが、この番組の「コア視聴率」を見ると、十分に目標値を超えていた。このことを踏まえたうえで、怒りが増幅するように『相席食堂』にも言及したのだ。

    ところが、『相席食堂』の「コア視聴率」をみてみると、実はこちらでも十分な結果を出した…とは言い難かったことがわかった。弊媒体が入手したデータをもとに、『相席食堂SP』が放送された8日の関東のコア平均視聴率を見てみよう。同番組は夜8時からの2時間スペシャルだったが、厳密には9時48分から別の番組が始まっているので、1時間48分の視聴率で比較すると…

    《6月8日よる8時から9時48分までのコア平均視聴率》

    1位 日本テレビ 4.6%
    『踊るさんま御殿』~『内村&さまぁ~ずの初出しトークバラエティ笑いダネ』

    2位 TBS 4.0%
    『バナナサンド』~『マツコの知らない世界』

    3位 フジテレビ 3.5%
    『今夜はナゾトレ』~『大豆田とわ子と三人の元夫』

    4位 テレビ朝日 3.2%
    『相席食堂2時間SP』

    実は、このような結果となっていたのだ。

    たしかに同番組のコア視聴率はNHKやテレビ東京には勝っていたが、主力4局が放送した他のバラエティー番組などには、コア視聴率で負けている。ちなみにスポーツ紙が報じた世帯視聴率でいうと、NHKやテレ東を含めても『相席食堂SP』は最下位だ。

    この数字をもとに考えるなら、松本がいう「コアはしっかり取ってる」というのは、どういう意味だったのか、ちょっと疑問がわいてしまう。

    全文はソース元で

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f35c61e599da3aba620e3f8ba557017c502f8db1


    【【芸能】松本人志が擁護した『相席食堂』コア視聴率も民放4局で下位の無念 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    渡辺 直美(わたなべ なおみ、1987年(昭和62年)10月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、女優、歌手。吉本興業所属。東京NSC12期生。2021年(令和3年)現在ニューヨーク在住。 父・母・姉・本人の4人家族(元々1人っ子とプロフィール公開していたが、後に訂正)。父親が日本人、母
    44キロバイト (5,471 語) - 2021年3月19日 (金) 04:56



    (出典 www.crank-in.net)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/19(金) 14:22:37.17


    3/18(木) 21:42配信
    J-CASTニュース

    渡辺直美さん(2019年撮影)

     2021年3月18日発売の「週刊文春」(3月25日号)に掲載された、東京オリンピック開会式の総合統括を務めるクリエーティブディレクター・佐々木宏氏(66)が、開会式に出演を予定していたお笑い芸人の渡辺直美さん(33)を*に変身させる演出をLINE上で提案していたとの記事。これを受け、佐々木氏は「偏見、鈍感さ、などを見直し、あらためて、生まれ変わりたいと思います」とする謝罪文を発表し、辞任したほか、渡辺さんは「実際、私自身はこの体型で幸せです」とする声明を発表した。

     記事に対しては「こんなのアイディアじゃない」「豚の格好させてオリンピッグだって? これで盛り上がると思ってるセンスがヤバいだろ...」といった佐々木氏を批判するツイートがネット上に続々。また、声明を発表した渡辺さんに対しては、「さすが渡辺直美、大人の対応やね」といった絶賛の声が集まるなどしている。その一方で、「日本のテレビ文化そのものなんだよな。その、イジリ文化みたいなやつ、海外では通用しないから」といった声も上がっているのだ。

    ■「地上波テレビでも他の芸能人の方が渡辺さんを『*』だの『イジり』として使っていたじゃないですか」

     渡辺さんを起用した過去のテレビ番組の中には、渡辺さんを*に見立てる演出がされたものもあった。2012年には「ピラメキーノ」(テレビ東京系)で、共演の芸人とともに「ピッグ☆レディ」として*の格好をし、2人でパフォーマンスを繰り広げていた。2013年に放送されていた「10匹のコ*ちゃん ~ヤセガマンしないTV~」(フジテレビ系)では*鼻をつけた姿で出演した。ツイッター上では「オリンピッグ・渡辺直美*騒動で、唐突に10年前にフジテレビでやってた『10匹のコ*ちゃん』を思い出した」という投稿もある。

     また、前述のようなテレビでの扱いに関する声は他にも上がっており、

    「これを炎上させるなら太ってることをことさら中傷するテレビの番組構成(中略)あれはほんとに何とかならないのかしらね」「渡辺直美さんが海外で活躍される様になるまで地上波テレビでも他の芸能人の方が渡辺さんを『*』だの『イジり』として使っていたじゃないですか」

     とするツイートもあるほどであり、テレビでの渡辺さんの扱われ方を思い起こす声はもちろん、前述のような佐々木氏を批判する声、そして、渡辺さんの対応を評価する声など、さまざまな声がネット上にこだまする状況となっている。

    (J-CASTニュース編集部 坂下朋永)


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d3be0143936da6ad4852f4dfd1cacf414b554d29
    ★1が立った時間 2021/03/18(木) 21:47:19.36
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1616071639/


    【【芸能】渡辺直美「ブタ」演出案問題で思い出される過去のバラエティ番組 テレビにも批判の矛先 ★2 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 entame777.info)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/15(水) 21:14:25.69 ID:8gIEVYAo9.net

    歌手でタレントのmisono(35)のYouTube「misonoチャンネル」に13日、元タレント島田紳助氏(63)が“サプライズ出演”して話題になっている。
    動画は今月11日に、misonoが仕事で大阪を訪れた際、友人の山田親太朗(33)に電話をしたところ、たまたま一緒にいた紳助氏と合流し、撮影されたものだという。

    紳助に相談? ピンチ底なし木下優樹菜の「復帰の手だて」

    紳助氏は、misonoに紹介されると、たばこ片手に登場。黒いキャップにひげを蓄え、「こんばんは、僕は引退しまして8年半、昔、島田紳助という名前で仕事をしていました。
    今は釣りしたり、ゴルフしたり、筋トレしたり健全な日々を過ごしています。
    気が付けば63歳、今年64歳ですけど、来るもの拒まずで、過去の(付き合いのあった)芸能人が『会いたいです』と来たら、拒否しないねん……」と自己紹介した。

    misonoと山田はかつて紳助氏が司会を務めていた「クイズ!ヘキサゴンⅡ」に出演。
    多くの“おバカタレント”が育った「ヘキサゴンファミリー」の一員として活躍した。

    21分にわたるトーク内容は、かつてのヘキサゴンファミリーについてがほとんどだが、紳助氏は「バラエティー番組で規制がかかる。これ言ったらアカンとか、芸能人が浮気をしたらアカンとか、不倫したらアカンとか言われたら、なり手なくなるで。
    芸能人になるやつなんて頭のイタいやつやねん」などと持論も展開した。スポーツ紙芸能デスクは声を潜めてこう語る。

    「動画は400万回以上も視聴され、misonoの夫のがん闘病を支えるために出演したといわれていますが、そんな美談だけではありません。
    今回、紳助氏の提案で動画に出たということがポイントです。そこには巧妙な計算が働いていると思います。
    misonoや同じくヘキサゴンファミリーで活動休止中の木下優樹菜などにエールを送るなら、自分の元に集まってくる人間に言えばいいこと。
    それを表立って20分以上しゃべるとは……。ロン毛にしていた髪も以前と同じように切ってあったし、地上波を本当に見ないなら、misonoの現状など知らないはずです。“
    俺は復帰しない”と表向きは言っていながら、請われて復帰するという道筋をつくりたいわけですよ」

    イヤよイヤよと言いながら内心、復帰に興味津々というわけだ。

    ■“後ろ盾”暴力団会長も引退でミソギは済んだ?

    「もともとは、昨年夏には『行列のできる法律相談所』で、“たまたま出演したような演出で復帰する”という計画があったのですが、例の闇営業問題でオジャンになってしまった。
    紳助は烈火のごとく怒ったそうです。吉本興業の大崎会長は、いまだに紳助は“ファミリー”の一員として見ていて復帰させたがっています。
    今回は周囲の反応を見るための、観測気球を打ち上げたということでしょう」(前出の芸能デスク)

    ネット上では、「トークのキレはすごい」などと感心する向きもあるが、肝心のテレビ局の反応は案外、冷ややかだ。

    「ワイドショーで動画をバンバン流しているのは、単純に数字が取れるからです。紳助氏は後ろ盾だった山口組系暴力団会長が引退したことでミソギは済んだと言いたいのでしょうが、時期尚早という声も強い。
    闇営業問題で、ロンブー亮は復帰の第一歩を踏み出しましたが、宮迫はいまだ復帰できていませんから。
    やはり今のテレビ局は、スポンサーとの関係もあり、過去でも反社とのつきあいのあった人物の起用には非常にナーバスになっているのです。
    各局とも様子見ですね」(キー局編成関係者)

    テレビマンの目は冷ややか。紳助の思惑通りに復帰できる日は果たして来るのだろうか。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17667253/
    2020年1月15日 15時0分 日刊ゲンダイDIGITAL


    【【芸能】島田紳助YouTube出演は“観測気球” 芸能界復帰にテレビ界は冷笑】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    島田 紳助(しまだ しんすけ、1956年〈昭和31年〉3月24日 - )は、日本の元お笑いタレント、司会者、作詞家、プロデューサーである。漫才コンビ出身でコンビ時代は紳助・竜介のボケを担当。本名、長谷川 公彦(はせがわ きみひこ)。作詞およびプロデュース名義はカシアス島田
    94キロバイト (14,578 語) - 2020年1月13日 (月) 12:43



    (出典 geitopi.com)



    1 ネギうどん ★ :2020/01/13(月) 23:50:59 ID:OTTnY0GF9.net

    歌手でタレントのmisono(35)が13日、自身のYouTube「misonoチャンネル」に元タレント島田紳助さん(63)の動画をアップした。11日に大阪で撮影したもので、友人の山田親太朗(33)とスリーショットで登場した。島田さんの動画は11年8月に暴力団との「黒い交際」を理由に引退してから初めて。

    【写真】ヘキサゴンは不幸率8割 紳助さんは矢口再婚知らず

    島田さんは、misonoや山田も出演していた、自身が司会をしていたフジテレビ系「クイズ!ヘキサゴン2」について「人生で一番幸せな番組でした。楽しかった、幸せだった」と振り返った。そして「『ヘキサゴン』だけは下心がなかった。学校の校長先生みたいな気持ち。だから、女の子(の出演者)たちとはご飯に行かなかった」と明かした。

    島田さんは、misonoと山田に「君たちと出会えてよかった」。山田は「(『ヘキサゴン』に)出られてよかった。番宣で、たまたま出たんですけど」と、きっかけを振り返った。

    おバカタレントを次々とブレークさせた同番組だが、島田さんは「メチャクチャ、オーディションをやった。単なるアホじゃ駄目。(クイズを)間違えて、それに面白い理由付けができなくちゃ。素晴らしいアホだった」と山田にエールを送った。

    数々のおバカタレントで、島田さんは「1番だまされたのは上地(雄輔)だった。あいつは本気のアホかと思ったけど、違った。あいつのアホはうそ。ほんまにうまいアホやわ。ちゃんと考えてきた」と話した。

    misonoについては「ある日、朝起きて、ワイドショーを見たら、屁をこいたりしていて『なんや、コイツ』と思った。エイベックスなのに、なんでこんなのがあるんやと思った。すぐにエイベックスに電話して『可能性感じるから貸して』って頼んだ」。misonoは「それまでは、マイナスプロモーションになるからと禁じられてたんですが、それでバラエティー解禁になりました」と振り返った。

    島田さんは「1番のバカはスザンヌかな。なんでスザンヌなのか聞いたら『本名が山本紗衣(さえ)なんです』って。“ス”が出てへんやないか、って」と笑った。

    そして、昨年の大みそかに木下優樹菜と離婚した、藤本敏史に「フジモン、頑張れ~」とエール。「あいつ、泣き虫やんか。あいつと電話する時、いっつも泣いてるんや。結婚する時、離婚する時、俺がやめる時。泣き虫だから、テレビで泣いたらいい。週に2、3回くらい。個性やん。“泣きの藤本”で。みんな、頑張ってほしい」と話した。

    misonoは12日に「2020.1.11に起きた奇跡…山田親太朗のおかげで島田紳助さんと再会&YouTubeの撮影!?」と題してブログを更新、島田さんの動画を撮影済みであることを明かしていた。

    misonoは今月11日に大阪で仕事があり、友人の山田がいるバーに夫のNosukeとともに合流した。その際に、島田さんも居合わせて動画の撮影が実現した。

    島田さんから「YouTube撮ろうぜ」と提案があり、40分ほどの動画を撮影したという。島田さんからは「ノーカットでアップしてよいから」「俺が怒られるし俺が全責任とるから」と言われたという。

    misonoは歌手として活動する一方で、07年からは島田さんが司会を務めていた、フジテレビ系「クイズ!ヘキサゴン2」で、おバカタレントとしてブレーク。“ヘキサゴンファミリー”の一員だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-01130786-nksports-ent


    【【芸能】島田紳助「ヘキサゴンだけは下心がなかった」「だから女の子(の出演者)たちとはご飯に行かなかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ