all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: NGT48


    中井 りか(なかい りか、1997年8月23日 - )は、日本のアイドル。女性アイドルグループNGT48のメンバーである。愛称はりか姫、りかちゃん。富山県富山市出身。太田プロダクション所属。 富山県の立山連峰が見える郊外の住宅地で育った。幼稚園の頃は人前に立つのが好きな「何をしても目立つ子」であった
    19キロバイト (2,357 語) - 2019年9月22日 (日) 17:07



    (出典 geronhaita.com)



    1 ジョーカーマン ★ :2019/09/25(水) 13:35:14.01 ID:P+PvTTXs9.net

    アイドルグループ・NGT48の中井りかが、富山県ローカル番組『#きとキュン▽トラベラーwith T』(チューリップテレビ 毎週火曜 深0:11 ※▽はハート)の10月からのMCに就任することが決定した。
    現MCの近藤あやとともに“ダブルMC”として、地元・富山を盛り上げていく。

    同番組は「なんでもありの旅バラエティ」をコンセプトに、グルメはもちろん旅の楽しさを伝え、北陸・富山の新しい魅力を調査したり、出演者がいろんなことに挑戦したりする、台本なしの“ゆる~い番組”。

    新MCに起用された中井は「今回、ダブルMCとしてきとキュントラベラーファミリーに正式になれたことがとてもうれしいです。前からちょいちょい出演させていただいていたものの、こうして富山の番組にちゃんとした形で出られるのは、富山県出身者としてとてもありがたいし夢のようです! 富山の良いところをたくさん伝えられるように頑張ります!!」と気合十分。

    中井に「MCの座を奪われるんじゃないかとドキドキしていました」という近藤も「まさかのダブルMC! 中井りかちゃんが加わり、旅の相棒が出来た気持ちでうれしいです! 実はインドアタイプの姫(中井りか)。超アウトドア派の私がガンガン旅に連れ出していきたいと思っています!」と相棒を歓迎している。

    また、10月からのテーマソングが、ロックバンドOfficial髭男dismのメジャー1stアルバム『Traveler』収録の「Amazing」に決定。
    タイアップムービーでは、MCの近藤と中井が世界各国のさまざまなところを“トラベラー”しながら歌詞に合わせてコミカルに動き、富山県の名産白エビや2020年に開業5周年を迎える北陸新幹線も登場する。

    本ムービーは番組公式YouTube公式チャンネルで公開された。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00000305-oric-ent

    中井りか 『#きとキュン▽トラベラーwith T』新MCに決定

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【#きとキュントラベラー with T】 - オープニングムービー[♪Amazing / Official髭男dism ]

    (出典 Youtube)


    NGT48 中井りか

    (出典 66.media.tumblr.com)


    (出典 66.media.tumblr.com)


    (出典 66.media.tumblr.com)


    【【炎上アイドル】NGT48中井りか、テレビ番組MC就任決定!地元・富山を盛り上げる「夢のようです!」】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 幻の右 ★ :2019/09/02(月) 18:09:38.29 ID:S0zIPdU99.net

    新潟を拠点に活動する「NGT48」の村雲颯香(22)が31日に卒業公演を行い、芸能界からも引退した。昨年12月の元メンバー・山口真帆(23)への男性2人による暴行事件で現場に駆けつけたのが村雲だった。“山口派”と呼ばれたメンバーたちで唯一グループへの残留を選択し、事件の真相究明などに奮闘してきた。村雲は自身の卒業公演で何を伝えたかったのか――。

     村雲は卒業した山口を支えたメンバーの一人。昨年12月に起きた男性ファン2人が逮捕された山口への暴行事件(不起訴)の現場に駆けつけ、山口と犯人のやりとりを録音していた。山口からは5月の卒業公演時に、「寄り添ってくれた」などと感謝された村雲は、山口とともには卒業せず、グループに残留。関与が疑われたメンバーと顔を合わせて話し合いたいと決め、グループの立て直しなどに奮闘していたという。

     卒業公演で村雲は「NGTが変わらなければならなかった部分、足りていなかった部分は相手の立場に立って考えて、人のことを思いやる気持ち。時間をかけて向き合っていくことは無駄ではないとこの数か月間で分かりました。たくさんの方と向き合ったこの期間が、私を人間として成長させてくれた」と語った。

     村雲は山口から暴行事件への関与が疑われた太野彩香(22)らメンバーと向き合ってきた。数日前、村雲は太野に「たくさんつらい思いをさせてごめんね」というメッセージを送り、公演で太野は目を潤ませながら感謝した。

    「村雲はメンバーが事件に関係ないと判断した。ただ、一方で暴行被害に遭った山口に手を差し伸べるメンバーの動きがほとんどなかったことに、じくじたる思いを抱いてもいた。だからこそ『人のことを思いやる気持ち』が大事だと訴えたようです」(芸能プロ関係者)

     本紙取材によると、現役メンバーではなく、卒業したメンバーの中に犯人グループに関係するファンと交際していた証拠が見つかっていたことは分かっている。

     事件時、犯人が山口に自分たちと“つながってる”メンバーの名前を8人ほど挙げたことで、ぬれぎぬと主張するメンバーと、山口との仲が悪化するのは避けられなくなった。それでも事件から早い段階で、お互いの疑念や主張を直接ぶつけ合う場があれば事態は変わったという指摘もある。実は山口と太野は事件後の12月、直接意見をぶつけ合う機会があったという。

    「前(劇場)支配人の今村悦朗氏が立ち会ったが、お互いの主張は平行線に終わった。処分を下せる証拠も出なかった。今村氏は騒動を沈静化させようと動いたが、不信感を募らせる山口とコンタクトを取ることもできなくなっていった」(前同)

     山口がメンバー数人の処分を強く訴えたことで、無実を主張するメンバーとの対立は深刻化。グループ内の居場所はなくなり、1月に山口が事件を“告発”するに至った。

     その後、山口はSNS等で個人名や証拠を示さずツイッターなどのフォローを外すなど、あいまいな批判も展開したことで無関係なメンバーにまでバッシングが飛び火。そうした山口のSNSを駆使したやり方に疑問を抱くメンバーも増え、ますます孤立し、5月に卒業するに至ってしまった。

    「山口はNGT加入前、ある地下アイドルグループで『桜真帆』という芸名で活動していたが、当時もSNSで運営や他のメンバーから嫌がらせを受けていると発信していた。そんな姿勢が孤立を招きグループを去った。今回の騒動と似ている面があり、当時を知る関係者から『またか…』と批判的な声があるのは、そうした背景もある」(当時を知る関係者)

     運営会社は犯人の男性2人に民事訴訟を起こし、真相究明を目指している。第2回口頭弁論の期日は未定だが、すでに一部では裁判で新たな情報が飛び出すのではという話も浮上。今月20日には進行協議が開かれる予定だ。

    東スポ 9/2(月) 17:10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000041-tospoweb-ent


    【【芸能】NGT卒業&芸能界引退の村雲颯香が見た“暴行事件の真相”】の続きを読む



    (出典 up.gc-img.net)



    1 ジョーカーマン ★ :2019/09/01(日) 10:03:57.76 ID:38SWJ5vz9.net

    NGT48村雲颯香(22)が31日、新潟のNGT48劇場で卒業公演を行った。
    昨年12月の元NGT48山口真帆(23)への男性2人の暴行事件時には現場に駆け付け、当初は山口派と呼ばれていたが、最後に現役メンバーは無関係の“シロ”であることを表明した。

    事件直後に自宅そばの公園で山口と犯人のやりとりを録音した“村雲テープ”まで持つ、事件を最もよく知る最重要人物が最後にたどり着いた心境を明かした。

    「ここ半年間は苦しかったです。全部信じたかったけどできないことも多くて、何が何だか分からなくて、自分はどうすれば良かったのかたくさん悩みました」

    当初は仲間たちに疑念を抱いたが、次第に証拠のないままにメンバー解雇を主張する山口にも違和感を持ち、5月18日の山口の卒業公演で一緒に卒業することも避けた。
    葛藤の半年だったが「時間をかけて向き合うことは意味があることだと、この数カ月で分かりました」と、仲間を涙目で見渡した。

    最後にリクエストした曲は「世界の人へ」。
    「もっと他人のことを信じてみよう 手と手をつなげば分かり合えるんだ」という歌詞を合唱し「今のこのメンバーと歌うことに意味があるんじゃないかと。みんなにも私たちの思いが届くといいな」と、今もまだ仲間たちに誹謗(ひぼう)中傷を向ける世間に、やんわりとクギを刺した。

    山口からクロ認定されていた太野彩香(22)にも数日前にメールを送っていた。
    「たくさんつらい思いをさせてごめんね」。
    もともと「かにもふ」とコンビを組んでいたほどの仲良し。
    疑ってしまっていたことへのわび状だった。

    メンバーが、ほとんど登壇しなかった山口の卒業公演とは対照的なステージ。
    仲間たちの潔白を確信し、友情を取り戻した上でのサヨナラに「みんなが私を思ってくれたからできた卒業公演」と感謝した。

    山口派だった村雲の現役メンバーへのシロ認定で、情勢は大きく変化し始めた。
    運営会社AKSが犯人男性2人に起こした民事訴訟の第2回口頭弁論の期日は未定。
    今月20日には進行協議が開かれる予定だ。
    新事実が出てくるのか。
    今後の展開に注目が集まる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190901-00000107-spnannex-ent

    村雲颯香卒業公演

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    NGT48 村雲颯香

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    「かにもふ」太野彩香(左)と村雲颯香

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【NGT48】「山口派」村雲颯香、現役メンバーは「シロ」 “クロ認定”太野彩香にわび状「たくさんつらい思いをさせてごめんね」】の続きを読む


    中井 りか(なかい りか、1997年8月23日 - )は、日本のアイドル。女性アイドルグループNGT48のメンバーである。愛称はりか姫、りかちゃん。富山県富山市出身。太田プロダクション所属。 富山県の立山連峰が見える郊外の住宅地で育った。幼稚園の頃は人前に立つのが好きな「何をしても目立つ子」であった
    19キロバイト (2,328 語) - 2019年8月16日 (金) 16:47



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    1 Egg ★ :2019/08/22(木) 09:46:07.22 ID:w7bhUByP9.net

    NGT48中井りか(21)が美容整形した芸能人らに対する中傷に異議を唱えた。

    中井は21日、インスタグラムのストーリーズを更新した。7月に体調不良のためレギュラー番組を欠席したことについて「急性胃腸炎?で熱出てたんだけど その時SNS休んでたから生放送も行けなくて 整形したとかなんだとか言われてたらしくマジでうざかった」と整形疑惑が持ち上がっていたことを明かし、「ただの体調不調 素直に受け止められないひねくれた人たちって思考回路意味わかんなくて怖い」とつづった。

    また美容整形に対するネット上の中傷に「可愛くなかったら*って叩いて 可愛くなろうとしても叩いて りかは整形してないけど、してる人からしたら人生より良くするためにしてるわけであって、どんだけ痛い思いしてどんだけ金払って美しさを手に入れたと思ってんやって感じだわね」と、嫌悪感をあらわにした。

    8/22(木) 9:35配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190822-08220122-nksports-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】<NGT48中井りか>美容整形した芸能人らに対する中傷に嫌悪感!「どんだけ痛い思いしてどんだけ金払って美しさを手に入れたと」】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 Egg ★ :2019/08/19(月) 18:40:37.73 ID:12hPl/PP9.net

    新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」が18日、新潟市内のNGT48劇場で定期公演「夢を*せるわけにいかない」を開催した。1月に発覚した元メンバーへの暴行事件で揺れた同グループにとって、通常の定期公演は昨年12月30日以来約8か月ぶり。注目のステージでは事件への関与が疑われた西潟茉莉奈(23)が「真実ではないことが広まってしまって…」などと改めて騒動に言及したことで波紋が拡大した。本紙は運営幹部を直撃し、西潟の発言の真意を聞いた。

     久しぶりの公演では終始、ファンから温かい声援が飛び、メンバーの笑顔も見られたが、アンコール後に西潟が発した言葉で劇場の空気が変わった。涙ながらに「今日を迎えるまで真実でないことが広まってしまって。すごくメンバーみんな苦しんだんですけど、世間で言われているようなことが真実であるならば、このステージには絶対に立てません」と言い切ったのだ。

     5月に卒業した元メンバー・山口真帆(23)の暴行被害事件で揺れたNGT48。山口は事件への他メンバーの関与を訴えたが、否定するグループ運営側と対立が続いた。事態は運営側の対応が問われる騒動に発展し、地元イベントの降板などのダメージを負った。定期公演やイベント出演をほとんど行えなくなり“開店休業”に。同劇場での定期公演は約8か月ぶりとなった。

     そんな晴れ舞台で西潟が、冒頭の言葉を投げかけた。この「真実ではない」という言葉が具体的に何を指しているかを話さなかったため、ネット上は大炎上。「山口が告発した事件そのものなのか、ファンとのつながりの噂なのか、それとも背景として噂されたメンバー間の対立構造なのか。ファンは疑心暗鬼になっている」とはテレビ局関係者。

     西潟の発言について、NGT運営幹部は「メンバーへの脅迫や誹謗中傷が続き『黒メンじゃないか』などというコメントもやまない。それは真実ではないし、彼女を含めたメンバーもずっと疑われ続けてきている。運営側は実際に警察などに(脅迫などの被害を)届けているが、彼女の言葉として『真実ではないこと』は、事件にはまったく関与していないことを言いたかったんだと思う」と真意を説明した。

     西潟は太野彩香(22)とともに新潟県警から事情聴取を受けていただけに、より激しいバッシングを浴び続けている。

     運営会社・AKSは、山口への暴行容疑で逮捕(不起訴)された男性ファン2人を相手取り3000万円の損害賠償を求めた裁判を起こし、7月に新潟地裁で第1回口頭弁論が始まったばかりだ。

     前出のNGT運営幹部は「なぜ不起訴だったのか我々は分からない。その真相を明確にしたいので、民事訴訟を起こしている」。AKSとしては既に独自にメンバーを調査しており、事件に関与するつながりは認められなかった。それを受け、山口事件に関してメンバーの処分をしていない。

     ただ、第三者委員会の調査では、複数メンバーとファンとのつながりが明らかにされ、裁判の訴状にも事件当日に山口とAKS関係者が男性2人と話した内容を掲載。男性2人はマンションに出入りできる状況にあり、一部メンバーとは以前から一緒に食事や遊んだりするなど交流を持っていたことが明かされている。

     訴状にある「一部メンバーとは以前から一緒に食事や遊んだりするなど交流を持っていた」ことについては、運営側は処分するほどの程度ではなかったと判断したと説明。それでも「つながりはゼロではなかった。もし(ファンと)それ以上のつながりについての証拠が出てきた場合、メンバーが虚偽報告などを行ったということで、処分いたします」と同幹部は断言した。

    8/19(月) 17:12配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00000034-tospoweb-ent

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】<NGT西潟茉莉奈>「真実ではないことが広まって…」改めて騒動に言及し波紋が拡大!“大炎上”発言の真意。運営幹部を直撃!】の続きを読む

    このページのトップヘ