all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 作家

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    横尾 忠則(よこお ただのり、1936年6月27日 - )は、日本の美術家、グラフィックデザイナー、作家。兵庫県西脇市出身。 実弟の成瀬政博も画家でイラストレーターで、1997年より「週刊新潮」の表紙絵を担当。長女の横尾美美も美術家。 幼少期に西脇でさまざまな超常現象を経験。死の世界に憧れを抱く。神
    48キロバイト (6,522 語) - 2020年1月4日 (土) 02:20



    (出典 tezukaosamu.net)



    1 牛丼 ★ :2020/01/04(土) 09:04:36.05 ID:uAjWlD9f9.net

    映画寅さん 横尾忠則氏が「山田監督のアイディア盗用」に激怒

     公開中のお正月映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』に思わぬトラブルが発覚した。同作品について、山田洋次監督(88)と旧知の間柄である世界的アートディレクター・横尾忠則氏(83)が「自分のアイディアを山田監督に無断使用された」と怒り心頭だというのである。横尾氏は自宅アトリエで120分間、本誌・週刊ポストに思いの丈をぶちまけた。

     * * *
    ◆「コラージュ」を提案

     今回の新しい『男はつらいよ』のコンセプトとアイディア、それは僕が山田洋次監督に示したものが核になっているんです。公開直前になるまで、その事実を彼は全然世間に明かさなかったし、僕に一言の断わりもなかった。事実を隠蔽されたから怒ってるんではありません。モノづくりに携わるアーティスト同士のモラルが、あまりに欠けてることに呆れ、憤ってるんです。要するにプライドの問題です。

     創造は取り込むことではなく吐き出すことです。感情も同じ。今回の週刊誌での抗議は、感情が自分の中を汚染しないために取った手段です。

    〈12月27日から公開中の『男はつらいよ お帰り 寅さん』。渥美清演じた車寅次郎をCGで再現し、オリジナル・キャストと過去作品の名場面をつなげて完成させた国民的映画の50作目だ。その製作から公開まで、人知れず苦渋と困惑を押し*てきたのが美術界の巨匠、横尾忠則氏である〉

     山田さんとの出会いは、1995年に『男はつらいよ 寅次郎紅の花』を観た後、短いエッセイを新聞に書いたんです。「いい加減、浅丘ルリ子さんのリリーと寅次郎を結婚させて、新シリーズを出発させたら?」という内容で。それをルリ子さんが読んで「エッセイのリリーの挿絵を山田監督が欲しがってる」と電話してきたんです。

     でも、ペンでサラッと描いたものを渡すのは失礼だから、いつかちゃんと描いてあげようと思っていたんです。それから10年以上経ってから、いきつけの蕎麦屋でたまたま山田さんにお会いして、今の話を挨拶代わりにしたわけ。すると「渥美さんの肖像画をほしい」と仰るから、すぐキャンパスに描いてプレゼントしました。それから蕎麦屋で会ったり、一緒に映画を観る仲になったわけです。

    続きまーす
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200104-00000003-pseven-ent


    【【芸能】横尾忠則氏激怒!映画寅さん 「山田監督のアイディア盗用」に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    室井 佑月(むろい ゆづき、本名非公開、1970年227日 - )は、日本の小説家、随筆家、タレント。青森県出身。血液型はB型。身長162cm。オーケープロダクション→オールラウンド所属。 製薬会社のMRの父と元ホステスの母の間に生まれる。父親が愛人を作り、以来母子家庭で育つ。栃木県立石橋高等学校卒業。
    10キロバイト (1,031 語) - 2019年10月18日 (金) 17:35



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 ニライカナイφ ★ :2019/10/18(金) 22:47:36.89 ID:6+u5S8if9.net

    さて本題ですが、室井佑月さんが、どなたかのガヤのようなリプライから着想を得て、「自分を寄付する」という不思議な境地に達したようです。
    ん?なんで?

    ■ ご自分のヘアヌード写真を売って全額寄付

    過去も隠さずまるっと認めていくスタイルと心意気はとても男前です。
    しかし、本当によっしゃ!こうたろ!ってなるんでしょうか。

    何だか買った人も寄付にはなるけど名前出されるのは気恥ずかしいような...
    あんまりWINーWINな感じが伝わってこないという意見も。

    ***

    轟豪雨 日本国民生存党党首withセーラー服と火炎瓶 @AMEX_GOLD161718 14:04 - 2019年10月16日
    あんた自身を寄付すれば?(^ω^)
    https://twitter.com/AMEX_GOLD161718/status/1184334327879880704

    室井佑月 @YuzukiMuroi 14:22 - 2019年10月16日
    うわ?としかいいようがない。
    https://twitter.com/YuzukiMuroi/status/1184338908777050112

    室井佑月 @YuzukiMuroi 14:41 - 2019年10月16日
    でも、新しい発想だったわ。
    あたし、20代前半の頃、ヌードの写真いっぱい撮ってる。
    カメラマンの先生がいいよっていうなら、それお金にならないかな。
    全額、寄付するわ。
    https://twitter.com/YuzukiMuroi/status/1184343692783448064

    室井佑月 @YuzukiMuroi 14:46 - 2019年10月16日
    ヘアヌード! 隠さね?。
    そうしなきゃ生きていけなかった自分の過去は乗り越えた。
    困ってる人に寄付したいので、お金を出してくれてもいいって方は連絡ください。
    https://twitter.com/YuzukiMuroi/status/1184344845550145536

    ☆記事内容を一部引用しました。全文はソースでご覧下さい
    https://yukawanet.com/archives/iranai20191018.html
    (deleted an unsolicited ad)


    【【芸能】室井佑月が台風被害の寄付に自分のヌード写真を売ると宣言 ネットが騒然となる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    安部 譲二(あべ じょうじ、本名:安部直也(あべ なおや)、1937年(昭和12年)5月17日 - 2019年(令和元年)9月2日)は、日本の小説家、漫画原作者、タレント。元暴力団員であり、自らの服役経験を基にした自伝的小説『塀の中の懲りない面々』などの著作がある。また漫画原作者としても、第51回
    35キロバイト (4,683 語) - 2019年9月8日 (日) 04:47



    (出典 mybouzu.info)



    1 みんと ★ :2019/09/08(日) 10:57:32.81 ID:innJOKKh9.net

     刑務所での収監体験をユーモラスに描いた自伝的小説「塀の中の懲りない面々」などで知られる作家の安部譲二(あべ・じょうじ、本名安部直也=あべ・なおや)さんが2日、急性肺炎で死去した。82歳だった。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻の美智子さん。

     東京都出身。中学時代に暴力団に加わり、その後は客室乗務員、ばくち打ち、用心棒、キックボクシングの解説者などを経験した。東京・府中刑務所での実体験をもとに描き、映画にもなった1986年のデビュー作「塀の中の懲りない面々」が大ヒットした。「塀の中のプレイ・ボール」「極道渡世の素敵な面々」など極道をテーマにした軽妙な作品を次々に発表して人気を博した。(興野優平)

    朝日新聞デジタル 2019年9月8日10時22分
    https://www.asahi.com/articles/ASM983CXRM98UCLV001.html

    (出典 www.asahicom.jp)


    【【訃報】作家の安部譲二さん死去、82歳 「塀の中の懲りない面々」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    立花 胡桃(たちばな くるみ、1981年11月7日 - )は、日本の作家、タレント、プロデューサー。埼玉県春日部市出身。株式会社テイクオフ所属。本名は、中田絵里香。離婚前の旧姓は谷口。 18歳から8年間にわたってキャバクラに勤務し夜の仕事に従事。自身を“カリスマキャバクラ嬢”として題材とした自著『
    6キロバイト (539 語) - 2018年2月11日 (日) 11:34



    (出典 www.baitoru.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/20(水) 15:14:26.46 ID:FhLus40/9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    元カリスマキャバクラ嬢で作家・タレントとして活動する立花胡桃(37)が、3月いっぱいで芸能界を引退することを発表した。
    引退後は保育士として活動するという。

    立花は20日更新のブログで「私は3月いっぱいでバラだんも芸能界も卒業して 本格的に保育士として生きていきます」と報告
    。昨年10月に専門学校に通い始めた頃から考えていたという。
    「私は今まで華やかな世界にいましたが 子どもたちと砂場遊びをしたり、泣いている子どもをあやしたり、赤ちゃんにミルクを飲ませたりする方が幸せを感じます 
    そういった保育士として子どもの発達に寄り添いたい思いと、もう一つ、子どもの虐待に向き合っていきたいという思いがあります」とつづった。

    幼い子どもを育てる母親として、昨今、児童虐待事件が相次いでいることに「私にも出来ることがあるんじゃないか…行動すべきじゃないか…とずっともどかしい思いを持ってきました」という。
    「私には8歳の息子がいますが、息子が生まれた年からある児童養護施設に支援をさせて頂いています 中々時間がなくて浅い付き合いになってしまっていますが、
    これからはもっと関わりを持っていきたいです」と立花。「保育士の収入が低いことも重労働なことも理解しています 
    不安もありますが、やる気でいっぱいです まだ専門学校卒業まで少し時間がありますが保育士として自分が出来ることを精一杯つとめていきたいと思います」と意気込みをつづった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16187659/
    2019年3月20日 9時33分 日刊スポーツ


    【【芸能】立花胡桃が芸能界引退 元カリスマキャバ嬢、保育士に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/09(土) 12:23:39.64 ID:vVNE8Fjv9.net

    義足での歩行に挑戦している作家の乙武洋匡氏(42)が、思うような成果が出ず「本当に悔しい」と胸中を吐露した。

    先天性四肢切断という障害により生まれつき両腕と両脚がない乙武氏だが、現在は最新鋭の技術を搭載した義足を用いて歩行に挑戦するプロジェクトに取り組んでいる。

    クラウドファンディングによる支援の輪も広がっており、2020年東京オリンピック(五輪)の聖火ランナーに、と期待する声も多い。

    しかし、乙武氏は9日、ツイッターで「ベロベロに酔っぱらっているから、こんなときだけ吐き出させてください」と書き出し、
    「義足、ちっともうまくならない。来る日も来る日も重たい義足つけて、フラフラになりながら練習してるのに、ちっともうまくならない」と現状を報告
    「みんなに応援してもらってるのに…。なんでだろう。悔しい。本当に悔しい」と珍しく弱音を吐いた。

    それでも「明日も頑張る」と意気込みをつづった乙武氏。ファンからのエールを受け、「ぐううう…みなさん、ありがとう。涙ってしょっぱいね。。。」と感謝の言葉をつづった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15997359/
    2019年2月9日 10時41分 日刊スポーツ


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】乙武洋匡氏、義足歩行挑戦も思うような成果が出ず弱音「本当に悔しい」「義足、ちっともうまくならない。なんでだろう。悔しい。本当に悔しい」】の続きを読む

    このページのトップヘ