all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 落語家

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    瀧川 鯉斗(たきがわ こいと、1984年1月25日 - )は、落語家。公益社団法人落語芸術協会所属。愛知県名古屋市天白区出身。本名は小口(おぐち) 直也(なおや)。出囃子∶「虎退治」、定紋∶「五瓜に唐花」。 2005年 - 瀧川鯉昇に入門、鯉斗となる 2009年 - 二つ目に昇進 2019年5月 -
    12キロバイト (1,584 語) - 2021年9月19日 (日) 10:35



    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/09/29(水) 06:52:29.11

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/09/28/kiji/20210928s00041000525000c.html

     暴走族の元総長という異色の経歴を持つ落語家・瀧川鯉斗(37)が28日放送のカンテレ「やすとも・友近のキメツケ!※あくまで個人の感想です」(火曜後8・00)に出演。食事への強いこだわりを明かした。

     瀧川は「豚カツに直接ソースをかける人の意味が分からない」と口にする。「せっかくサクサクにしていただいたものを、あえてべチャッと付けるところがどうかなと。味も変わる」と説明。さらに「家で食べるのはいいかもしれないが、職人さんが揚げたての本当においしいやつにかけるって…」と再度不満を示し、直接かける人は「食通ではない!」と断言した。

     ここでお笑いコンビ「ロザン」の菅広文(44)が「後輩がよかれと思ってソースをかけるとかどうなんですか?」と質問。すると瀧川は「弟子やったら張り倒してますよ!」と即答。「所作を教えなきゃいけない、落語界は」と続けて、他の出演者を笑わせた。

     また、瀧川は寿司の食べ方にも一家言あり。「お寿司で、米にダイレクトにしょうゆを付ける人はダメ。『こいつ、寿司の食べ方知らねぇな』と思います」と断定的に語る。「酢飯は職人さんが調節してくださってる黄金比の米粒」として、そのまま食べるのが正解と主張。ここで菅が「もし弟子が…」と再度問うと、瀧川は「張り倒します!」と豚カツの時と同じ返答。菅は「すぐに手が出ますね」と冷やかしていた。


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    ★1が立った日時:2021/09/28(火) 21:55:06.41

    前スレ
    【芸能】暴走族元総長落語家・瀧川鯉斗、「豚カツに直接ソースをかける人の意味が分からない」 [muffin★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1632833706/


    【【芸能】暴走族元総長落語家・瀧川鯉斗、「豚カツに直接ソースをかける人の意味が分からない」★2 [鉄チーズ烏★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    三遊亭 多歌介(さんゆうてい たかすけ、1966年11月26日 - 2021年8月27日)は、落語家。落語協会に所属していた真打。 東京都で生まれ、鹿児島県を経て中1で埼玉県越谷市に転入。越谷市立富士中学校で落語研究会に入部。春日部共栄高等学校卒業後、1983年三代目三遊亭に入門。前座名「
    6キロバイト (545 語) - 2021年8月29日 (日) 15:26



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/30(月) 07:21:02.59

    8/30(月) 5:15
    東スポWeb

    コロナ急死・三遊亭多歌介さん 本当にワクチン否定派だったのか…広がる波紋
    亡くなった三遊亭多歌介さん
     高座から10日後の急死に衝撃が走った。

     落語家の三遊亭多歌介(た*け・本名栗原史郎)さんが27日に新型コロナウイルス感染のため死去した。54歳だった。落語協会が29日、発表した。家族も感染して療養中という。

     多歌介さんは1983年に故三遊亭圓歌さんに入門。98年に真打ちに昇進した。関係者によれば、直近では今月13、17日に東京・鈴本演芸場の寄席に出演しており、最後の高座から10日後の急死となった。

     多歌介さんは新型コロナに関して一家言を持ち、自身のフェイスブックで盛んに持論を展開していた。最後の更新となった23日には「体調含めてfacebookも調子悪くて 困ってます~」と絵文字付きで投稿。このころには発症していた可能性もある。

     注目されるのは、多歌介さんがワクチンを接種していたかどうか、だ。落語家で同門の三遊亭鬼丸(48)は28日、ツイッターで、多歌介さんの死去を惜しんだ上で「ワクチンを否定した兄さんがコロナで」「当人が打ちたがってなかった」などとワクチンを接種していなかった可能性を示唆。当の多歌介さん本人も15日、フェイスブックで「ワクチン否定も肯定もしません、高齢者さん疾患、不安のある方に否定はしません」とつづっていた。

     落語協会によれば、多歌介さんのワクチン接種の有無はまだ確認が取れていないという。また、会員の落語家に対してワクチンの職域接種の案内などはしているが、接種自体は義務付けていない。

    「鈴本演芸場では、噺家さんは舞台裏でもマスクをしたりフェイスシールドをしたりしています。多歌介さんが仮にワクチン否定派としたら、受けていれば最悪の事態は免れたかもしれないと悔やまれます」(関係者)

     鬼丸は28日、ツイッターで「皆さんはワクチンを打ってください。色々反対派がいるのはわかりますが千葉真一さんも打たずに*でますから」と呼びかけている。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e21a1499c248960326d12efce690e1ca5fc35cfe


    【【芸能】コロナ急死・三遊亭多歌介さん 本当にワクチン否定派だったのか…広がる波紋 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 prtimes.jp)



    1 フォーエバー ★ :2020/05/14(木) 21:29:40.62

    父は落語家の笑福亭鶴瓶さんで、俳優として活動している駿河太郎さん。2011年のNHK連続テレビ小説『カーネーション』では、尾野真千子さん演じるヒロイン・小原糸子の夫、川本勝役を好演、また2013年『日曜劇場・半沢直樹』では現場では一緒にならなかったものの鶴瓶さんとの親子共演を果たしています。そんな駿河さんがイケメンだと話題になっているんです!

    【詳細】鶴瓶さん駿河さんのツーショット

    駿河さんが顔写真をアップする度に「カッコいい」の声
    「本日もありがとうございました」とのインスタには、フォーマルであってフォーマルではない服『NEW ORDER』 の展示会を告知。祐天寺と中目黒の間にあるセレクトショップで行い、駿河さんも店頭に立ったとのことです。
    この投稿の駿河さんは黒い服に身を包み、眩しい笑顔を輝かせています。垂れ目がちな瞳は鶴瓶さんの面影もたっぷりで、温かい人柄が伝わってきますね。

    インスタにはたくさんの顔写真がアップされており、その度にコメント欄は「カッコ良すぎるー」「もー。顔面かっこよすぎて。」「本当格好よくて、素敵です」との声がたくさん。イケメンに成長した駿河さんはさすがの有名人の貫禄。

    鶴瓶さんとも雰囲気がソックリ
    「ツナギやセットアップ、その他NEW ORDER商品は展示会で付けてくれれば6月中旬納品予定」とのインスタには、黒のつなぎを着用した仲間の横に立つ駿河さんをアップ。

    駿河さんはスタイル抜群!この日はグレーにブラウンカラーがアクセントになったシャツにネイビーのスラックスという装い。今っぽい緩めのシルエットがおしゃれです。

    この投稿には「いつか太郎さんに会えますように…」「会いたいけど緊張する」「太郎さん居たらドキドキ!」との声も寄せられ、男前だけではなく父親と同じ優しい雰囲気も兼ね備えた駿河さんに胸キュンするフォロワーも。

    2人のツーショットは「素敵な親子!」と大反響
    「駿河太郎と笑福亭鶴瓶、初めてのツーショット」との2018年の鶴瓶さんのインスタには、親子リンクコーデで仲の良さも伝わるツーショットを公開。

    2人は同じ動物モチーフのトップスを着用。鶴瓶さんはTシャツ、駿河さんは開襟シャツとゆるくリンクしているところもキュートです。眩しい笑顔をカメラに向ける親子は鼻と口元が瓜二つ。

    このレアなショットには「最初俳優の駿河太郎さんが鶴瓶師匠の息子さんと聞いてウッソーン!って思ったけど、今は素敵な親子やなあ」「最近息子さんて知りました。いい俳優さんですよね」と大反響で、鶴瓶さんと親子と知ってびっくりしたファンも多い様子。

    「太郎さんならコロナにもインフルエンザにも負けないような気がします。いつもパワフル!!」「いい俳優さんになられて、鶴瓶師匠も嬉しいでしょうネ!」とのコメントも届き、たくさんの人々に愛されているのが伝わってくる駿河さん。今後の活躍も楽しみですね!

    5/14(木) 11:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200514-00000005-mnet-ent

    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】笑福亭鶴瓶さんの息子さんはイケメン俳優!ツーショットに「かっこよすぎ」「素敵な親子やなあ」と反響 [フォーエバー★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 surfer-dog.com)



    1 餡子藩 ★ :2020/03/05(Thu) 00:57:14 ID:h0YatXMb9.net

    月曜から金曜まで情報番組「グッとラック!」の司会を務め、“TBSの朝の顔”となっている落語家の立川志らく(56)。
    志らくの妻で、19人の弟子を取り仕切る「おかみさん」の酒井莉加(38)が、弟子と不倫関係に陥っていることが、「週刊文春」の取材で分かった。

    酒井は18歳の頃から3人組のアイドルグループ「リンクリンクリンク」で活動。
    2002年に志らくが監督を務めた映画「SF小町」への出演がきっかけで、2006年に結婚した。

    劇団関係者が語る。

    「劇団の主宰者である酒井さんは、志らく師匠の弟子で落語家を休業している25歳の劇団員といつも一緒にいます。
    今や2人の仲は公然の秘密で、子どもを連れてランチや遊びに行くなど、もう夫婦同然の関係です」

    「週刊文春」取材班は、2人のデート現場をたびたび確認している。

    2月7日、2人はスーパーへ食料品の買い出しに行き、志らくが地方公演のために不在の自宅で夜を共にした。

    また、舞台の公演初日だった2月19日深夜には、自宅近くの駐車場に軽自動車を停め、
    酒井と弟子の2人は車中でキスやその他の“行為”に及んだ。以降、連日、2人はコンビニやスーパーの駐車場で1時間以上もの逢瀬を重ねていた。

    2月29日、2人でいるところで、酒井を直撃した。

    ――お弟子さんとの関係は?

    「劇団員で用心棒。ひとりでいると危ないんで、いつも弟子を一人つけている」

    ――舞台上演後、2人は車内でキスなどをしていたが。

    「もしかして、私が酔っ払って無理やりやったのかもしれませんが、覚えてないです」

    3月2日早朝、番組に向かう志らくに話を聞くと、「妻のことは信じてるし、まあ、この程度のことだったらば、夫婦の絆は壊れない。
    酒飲んでいきすぎちゃったってだけのこと。離婚とかにはならないんで」

    だが、酒井が志らくの弟子を“愛人”にしたのは今回だけではなかった。「週刊文春」の取材によれば、
    酒井は4年前に別の弟子と不倫関係に陥り、その弟子を、志らくが破門。弟子はその後、精神を病み、消息不明になった。

    志らく一門で何が起きているのか。3月5日(木)発売の「週刊文春」では、酒井と弟子との連日の逢瀬、自宅前で2人が何をしていたのか、
    志らくと破門した弟子のトラブル、酒井や志らくが直撃に何を語ったのかを5ページにわたって詳報している。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200304-00036412-bunshun-ent

    ★1 2020/03/04(水) 16:05:10.10
    前スレ
    【週刊文春】 立川志らく 元アイドル妻が弟子と自宅前で「わいせつ」行為 ★6
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1583328398/


    【【週刊文春】 立川志らく 元アイドル妻が弟子と自宅前で「わいせつ」行為 ★7】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    立川志らく (新間一弘からのリダイレクト)
    朝寝坊志らく - 6代目橘家小圓太の項目で詳しく記述。 立川志らく - 1963年生まれ。本名、新間一弘。落語立川流。本記事で詳述。 立川 志らく(たてかわ しらく、本名・新間 一弘〈しんま かずひろ〉、男性、1963年8月16日 - )は、日本の落語家、映画評論家、映画監督、コメンテー
    30キロバイト (3,982 語) - 2020年1月31日 (金) 11:27



    (出典 shae-bear.com)



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2020/02/03(月) 12:57:55 ID:Cwa5h7ia9.net

    3日放送の『グッとラック!』(TBS系)では、立川志らくは終始、ネットのアンチに怒り心頭。ついには「虫ケラ」とまで言い放った。

    「この日は去年、待望の第一子が誕生した人気ブロガーのはあちゅう氏に対するアンチの攻撃を特集しました。
    例えば、遊具で楽しく遊んでいる中、つい、うたた寝をした赤ちゃんを撮影した動画に、『首が圧迫され危険だ』と批判され、
    中には警察に通報する動きもあったというのです」(芸能ライター)

    そんなアンチユーザーに対し、志らくは最初でこそ「ネットで炎上させてる奴らは(中略)全体の3%とか2%の、暇なバカがやってるだけ」
    「相手にしなきゃいい」と言っていたのだが、はあちゅう氏のアンチのアカウントが40個あることを知ると、
    彼は「私なんか400ぐらいあるんじゃないか」と自虐を吐きながら、 「相手にしていないから。 虫ケラだと思ってるから」と毒を吐いたのだ。

    これには、国山ハセンアナも苦笑いしながら「良くないです」、髭男爵・山田ルイ53世からも
    「やめてください」と注意されていたが、志らくも溜まりに溜まっていた鬱憤があったのだろう。

    「昨年2月、『ひるおび!』(同系)の中で志らくは、車椅子の乗客がバスに乗ろうとしたところ、
    発車時刻が迫っているという理由で運転手が乗車を拒否したニュースについて、「車椅子の方が自分の子供だと想像したら絶対に運転手さんは乗せている筈だ」
    と苦言を呈し、一部から批判が。また5月の同番組では、自民党・桜田義孝五輪相(当時)が少子化問題について、パーティー出席者に
    『最低子ども3人産んで』と呼びかけたことについて、『悪意は多分ない』『昭和の時代なんかは普通に、映画の中でもある』と私見。これも叩かれていました」

    去年9月から始まった『グッとラック!』では、よりそのアンチからの逆風に悩まされてきたのだろう。

    彼は最後まで「正義を振りかざすのが大きなお世話」「どんどんブロックすべきだよ」
    「怒らせときゃいいんだよ」と、アンチへの怒りを露わにしていた。
    https://npn.co.jp/article/detail/200000835


    【【芸能】 立川志らく、ネットのアンチに怒り心頭 「相手にしていない。 虫ケラだと思ってる」】の続きを読む

    このページのトップヘ