all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: 落語家


    立川志らく (新間一弘からのリダイレクト)
    演目「徳ちゃん」はこの人がモデルになっている。本名、中村徳太郎。 立川志らく - 1963年生まれ。本名、新間一弘。落語立川流。本記事で詳述。 立川 志らく(たてかわ しらく、本名・新間 一弘〈しんま かずひろ〉、男性、1963年8月16日 - )は東京都世田谷区出身の落語家、映画評論家、映画監督
    29キロバイト (3,844 語) - 2019年10月8日 (火) 03:46



    (出典 yumeijinhensachi.com)



    1 ひかり ★ :2019/10/08(火) 20:25:59.94 ID:7IuBzmU59.net

     第32回日本メガネベストドレッサー賞の授賞式が8日、東京ビッグサイトで行われ、文化界部門を受賞した落語家の立川志らく(56)らが出席した。
    もともと人前ではメガネをかけていなかったが、“アクシデント”でメガネをかけるようになり、「評判が良くて」メガネ派になったことも明かした。

     舞台に上がると、第一声で「どうも、テコンドー協会の金原会長です」とひとボケ。さらに「去年、林先生の『初耳学』という番組に出て、
    ギャグで『来年はメガネドレッサー取るよ』と言ったら、本当に受賞してしまった」と話した。

     当初は人前でメガネを掛けていなかったという志らく。「今日は着物にメガネですけど、最初『ひるおび!』はスーツ姿で、メガネは掛けてなかった。
    落語もメガネは外していたんですが、『ひるおび』で毎日コンタクトレンズを入れていたら、目に傷が付いて結膜炎になってしまって、メガネを掛けたら
    評判が良くて、それ以来メガネを掛けている」と“アクシデント”がきっかけで、メガネをかけるようになったことを明かした。

     志らくは今月から、TBS系情報番組「グッとラック!」(月~金曜、前8・00)の司会(MC)を担当。視聴率が伸び悩んでいるだけに、
    「「この様子は明日の『グッとラック』で必ず流れますから、(裏番組の)『とくダネ!』とか『スッキリ』とか見ないで下さいよ。
    今、(『グッとラック』が)ものすごい数字が下がってますから」と自虐コメントで笑いを誘った。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000117-dal-ent

    (出典 i.daily.jp)


    【【芸能】志らく 「グッとラック!」低視聴率に自虐…「ものすごい数字が下がってます」】の続きを読む


    演目「徳ちゃん」はこの人がモデルになっている。本名、中村徳太郎。 立川志らく - 1963年生まれ。本名、新間一弘。落語立川流。本記事で詳述。 立川 志らく(たてかわ しらく、本名・新間 一弘〈しんま かずひろ〉、男性、1963年8月16日 - )は東京都世田谷区出身の落語家、映画評論家、映画監督
    25キロバイト (3,361 語) - 2019年8月19日 (月) 14:15



    (出典 dot.asahi.com)



    1 たんぽぽ ★ :2019/08/26(月) 21:33:26.80 ID:obELMx1j9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00000123-dal-ent
    8/26(月) 21:00配信 デイリースポーツ

    志らく バセドウ病を告白「毎日薬飲んでます」…発症から10年

     落語家の立川志らくが26日、TBS系「名医のTHE太鼓判!」に出演。バセドウ病を患い、今も薬を服用していることを明かした。

     「バセドウ病を患ってます。10年くらい。だから毎日薬飲んでます。もう(この病気と)付き合ってます」と告白。情報番組のコメンテーターを務めるなど超多忙な毎日を送っているが、「だから働いている場合じゃないんです」と明かし、笑った。

     番組では「実は私、無呼吸(症候群)なんです」とも告白。夜寝る時は、花から空気を送り風圧で起動を広げ、無呼吸を防ぐためのマスクのようなもの、CPAPを装用して寝ていることも明かしていた。


    【【芸能】志らく バセドウ病を告白「毎日薬飲んでます」…発症から10年】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 Egg ★ :2019/08/16(金) 15:07:17.69 ID:vd52rc1I9.net

    落語家の立川志らくが16日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)に生出演。今月10日に常磐道で起きた白い車のあおり暴行事件に憤慨した。

     加害者について志らくは「一生涯、車に乗れないような法律にして欲しい」と訴えた。その上で「どんな重い罪にしても、頭が悪いから理解できない。いくら強くテレビで言ってもポカンとして何も分からない。おまけに人の心がないから、もうこういうのはどうにもなんないですね。本当に法律上ひどい目にあわせないと自分の身で痛い思いをしないと絶対に分かんないです」と指摘していた。

     暴行の映像には、加害者と携帯電話で撮影しているとみられる女性が映っていたが「女もいてバカにはバカがくっついてきて」とあきれていた。

    8/16(金) 11:18配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00000075-sph-soci

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】<立川志らく>常磐道で起きた白い車のあおり暴行事件に憤慨!あおり暴行男と共にいた女性に「バカにはバカがくっついてきて」】の続きを読む


    演目「徳ちゃん」はこの人がモデルになっている。本名、中村徳太郎。 立川志らく - 1963年生まれ。本名、新間一弘。落語立川流。本記事で詳述。 立川 志らく(たてかわ しらく、本名・新間 一弘〈しんま かずひろ〉、男性、1963年8月16日 - )は東京都世田谷区出身の落語家、映画評論家、映画監督
    25キロバイト (3,352 語) - 2019年7月15日 (月) 09:11



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/24(水) 15:56:14.34 ID:u4+nq7GW9.net

    落語家、立川志らく(55)が24日、TBS系情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、
    ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら所属芸人11人が反社会勢力から金銭を受け取っていた闇営業問題で、吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日に開いた会見についてコメントした。

    「吉本興業を擁護する気持ちは全くない」と前置きした上で、「よく考えてみたら宮迫さんがうそをついたのが発端」と指摘。
    「確かにあの(岡本社長の)会見はお粗末で、会社としてどうなのかと思うけど、別にあの2人(宮迫と亮)が嫌いなわけではなく、
    助けようと動いていたことは事実。結果として対応が間違っていて、芸人との不信感ができてこんな事態になってしまった。
    だから執拗に吉本をたたく必要もない」と持論を展開した。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16822108/
    2019年7月24日 11時54分 サンケイスポーツ

    前スレ                    2019/07/24(水) 12:19https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563941423/


    【【芸能】志らく「宮迫さんがうそをついたのが発端」執拗に吉本たたく必要なし ★3】の続きを読む


    春風亭 昇太(しゅんぷうてい しょうた)は、落語家の名。先代は前座の時に名乗っただけであるため、代数をつけて呼ぶことはない。 先代 - 現:3代目昔昔桃太郎。 当代 - 本項にて記載。 春風亭 昇太(しゅんぷうてい しょうた、本名:田ノ下 雄二(たのした ゆうじ)、1959年12月9日 -
    45キロバイト (6,389 語) - 2019年6月30日 (日) 11:17



    (出典 www.chunichi.co.jp)



    1 ひかり ★ :2019/06/30(日) 23:21:40.16 ID:TOiHD6fB9.net

    本日6月30日に「笑点」(日本テレビ系)生放送内で自身の結婚を発表した春風亭昇太が、続く「真相報道バンキシャ!」(日本テレビ系)生出演後に
    同局内で囲み取材に応じた。

    現在59歳の昇太のお相手は専門学校に勤務する40歳の一般女性。知り合ったのは14年前だが、3年前に昇太の出演舞台「熱海五郎一座」をお相手が
    観劇した際に再会してから食事をするようになり、今年結婚を意識し始めたという。婚姻届はこれから提出するとのこと。
    囲み取材で「まさかまさかの結婚」と切り出した昇太は、自身が描いたお相手の似顔絵を公開し「かわいらしい。和風な方。よく着物を着ている。
    (似顔絵は)口角が上がってるでしょう? ずっと機嫌よさそうにしてるのが楽」と説明した。

    本日「バンキシャ!」内で「独身ネタに僕自身が飽きてきた」と打ち明けていた昇太は「そろそろ結婚しないと*じゃう」と自身の年齢を憂えて
    プロポーズしたとのこと。「夫婦生活は想像がつかない。不安だらけ。『結婚イコール幸せ』なんて単純なことではないのは、これだけ生きていればわかる」
    と述べる。結婚生活を成功させる秘訣を尋ねられると
    「とにかく褒めること。誰彼かまわず他人を褒めるのはずっと実践してるんです。そうするとなんとなく嫌われない(笑)」とモットーを掲げた。

    取材会の終盤、記者に「○○婚」の命名を求められて「遅すぎ婚」と答えた昇太。落語家らしく、なぞかけのリクエストには「『春風亭昇太の結婚』と
    かけて『焼肉屋さんでいろんなお肉が出てきたとき』と解く。その心は“モツかな?”」と答えて取材陣の拍手を浴びた。

    お笑いナタリー
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00000046-natalieo-ent

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【芸能】春風亭昇太「遅すぎ婚」お相手の一般女性はずっとご機嫌】の続きを読む

    このページのトップヘ