all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: ドクター

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    西川 史子(にしかわ あやこ、1971年4月5日 - )は、日本の医師、タレント。学位は医学士(聖マリアンナ医科大学医学部・1996年)。現存する日本のミス・コンテストで最も古い歴史を持つ「ミス日本」の第28回(1996年度)『フォトジェニック賞』受賞。神奈川県相模原市南区出身。ホリプロ所属。
    18キロバイト (2,254 語) - 2021年11月15日 (月) 12:34



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/16(木) 22:16:06.21

    12/16(木) 22:04
    スポニチアネックス

    西川史子が退院を報告 8月に脳出血で入院
    医師でタレントの西川史子
     8月17日に脳出血で入院し、加療していた医師でタレントの西川史子(50)が16日夜、自身のインスタグラムを更新。この日、退院したを報告した。

     「私の容体ですが、左半身の麻痺はまだ完全によくなってはいません。当初はほとんど動かなかったのですが、リハビリによって身の回りのことは自分でできるようになりました。まだまだ不自由はありますが、今の自分の身体をしっかりと受け止め、医師として向き合いながらさらに身体機能の向上を目指してまいります。実はまだ一度も生きていて良かったと思っていないんです。それだけ、この4ヶ月間は辛くて苦しいものでした。『神様もう許して』とお願いする毎日でしたし、『これ以上私を虐めないでください』と何度も思いました。でも、現実に自分の人生を受け入れて向き合うには必要なとても長い時間でした」と振り返った。

     「今は大丈夫です。私は医師です。数多くの病気も患者さんもみてきました。人間は本当に強いです。そして人は強くて美しいことを知っています。だから大丈夫です。私はこれからは苦しんでいる人の励みになれるよう、前向きに頑張ります。目まぐるしい日々で、1人でゆっくり泣く暇もありませんでしたが、今少し泣きました。沢山悲しい思いをした分、明日からは笑顔で生きていきます。入院中は、沢山の方から優しいお言葉を頂いて、何度も助けて頂き本当にありがとうございました」と結んだ。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3fa68031d9e01cc782cf5817f12029c09c322a10


    【【芸能】西川史子が退院を報告 8月に脳出血で入院 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 マスク着用のお願い ★ :2021/12/03(金) 23:24:48.09

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211203/k10013373951000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_024
    オミクロン株 南ア医師“デルタ株と症状異なり 呼吸困難ない”

    新型コロナの新たな変異ウイルスオミクロン株の存在を最初に発表した南アフリカでは、感染が急速に拡大しています。

    NHKの取材に応じた地元の医師は、オミクロン株とみられる感染者はデルタ株とみられる感染者と多くが症状が異なり、呼吸困難に陥っていない、などと証言しました。

    南アフリカでは、2日に確認された新型コロナウイルスの新規感染者が1万1535人とこの2週間ほどで30倍以上に増えています。

    NHKの取材に応じた首都プレトリア近郊の医師、モゼセ・ポアーネさんは保健当局によるウイルスのサンプル調査で、ことし9月には全体の91%がデルタ株だったのに対し、先月には74%がオミクロン株だったことから、ことし9月以前に診察した患者はデルタ株に感染し、この1週間余りで診察した7人の患者はオミクロン株に感染していたとみています。

    ポアーネさんは以前のデルタ株とみられる感染者と最近のオミクロン株とみられる感染者は多くが症状が異なると指摘し「冬の間やことしの始めごろ、患者は頭痛、めまい、食欲の減退、体力の低下、せきなどを訴えていたが、せきは肺の奥深くからだった。だから多くが酸素が必要で、入院治療が必要だった。私が今、目にしている傾向は、のどにとどまっているせきで、入院治療の必要がない」と証言しました。

    また、ポアーネさんは「先週、診察した感染者のうち、何人かはワクチンを接種済みだった」と述べ、オミクロン株でいわゆるブレイクスルー感染が起きた可能性があるとしています。

    一方でその感染者たちの症状は軽いと述べ、オミクロン株に感染してもワクチンが重症化を防いでいるのではないかとの見方を示しました。

    オミクロン株の感染力やワクチンの効果に及ぼす影響などはまだ分かっておらず、世界各国の科学者が調査を進めています。

    2021年12月3日 20時41分
    NHK


    【【オミクロン株】南アフリカ医師、デルタ株と症状異なり 呼吸困難ない [マスク着用のお願い★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    尾身 茂(おみ しげる、1949年〈昭和24年〉6月11日 - )は、日本の医師、医学者(地域医療・感染症・国際保健)、厚生官僚、国際公務員。学位は医学博士(自治医科大学大学院・1990年)。 独立行政法人地域医療機能推進機構理事長(初代)、世界保健機関西太平洋地域事務局名誉事務局長、自治医科大学名
    28キロバイト (2,724 語) - 2021年8月5日 (木) 22:00



    1 蚤の市 ★ :2021/08/26(木) 07:24:05.41

     新型コロナウイルスの緊急事態の対象地域の感染状況は、27日から追加される8道県を含めて深刻だ。専門家はコロナ感染を巡る政府の見通しの甘さを指摘し、児童・生徒らのパラリンピック観戦に疑問を投げかける。(小坂井文彦、大野暢子)
    ◆緊急事態の21都道府県でステージ4
     内閣官房の資料によると、23日時点の人口10万人あたりの新規感染者数(直近1週間)は全国平均で126人。ステージ4(感染爆発)の基準「25人」の約5倍の多さだ。地域別では緊急宣言対象の全21都道府県でステージ4。最多は沖縄(310人)で、首都圏の東京都、神奈川、千葉、埼玉県や大阪府も多い。
     東京都の新規感染者数は25日まで3日連続で、前週の同じ曜日と比べて減ったものの減少幅は小さく、山を越えたとは言いがたい。
     厚生労働省に助言する専門家組織に提出された資料によると、8~14日の東京の繁華街の夜間滞留人口は、お盆時期でもあり、緊急宣言発令直前の一週間と比べて35.8%減った。だが、18~24日は22%減と人出は再び増えており、今後の感染拡大につながる恐れがある。
     確保病床のうち重症者用病床使用率は23日時点で、7都府県がステージ4(50%)。中等症などを含めた病床全体では、まん延防止等重点措置の地域を含めて24都府県がステージ4に突入している。
     自宅療養者も増える一方で、18日時点で全国で約9万7000人。そのうち、首都圏の1都3県が約5万8000人と半分以上を占めている。
    ◆「バッハ氏来日する必要あったのか」
     政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長は25日、衆院厚生労働委員会の閉会中審査で、菅政権の感染対策の反省点を問われ「時々、専門家より、やや楽観的な状況分析をしたのではないか。改善すべき点があったのではないか」と苦言を呈した。
     尾身氏はコロナ下での東京五輪開催を念頭に「感染対策と経済活動の両立は難しいが、時々、矛盾したメッセージになった」とも指摘した。
     政権が国民に感染拡大防止への協力を呼びかける中、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が再来日し、パラリンピック開会式に出席したことを例示して「なぜオンラインであいさつできないのか。国民にテレワークをお願いしているのだったら、なぜ五輪のリーダーのバッハ氏はわざわざ来るのか」と批判した。
    ◆「子どもパラ観戦、なぜこの時期に」
     児童・生徒らのパラリンピック観戦計画も「なぜこの時期に」と問題視。「問題の本質は、そこで感染が起きるか起きないかではない。一般の人にどういうメッセージになるかだ」と強調した。
     多くの学校が新学期を迎えることに関しては「感染が拡大し、さらに医療の逼迫もあり得る」と懸念した。一斉休校の必要性では「学習の機会を奪うのは気の毒だし、その1点でコロナに立ち向かうことはできない」と否定的な見解を示しつつ、政権が打ち出した教職員へのワクチン優先接種、学校現場での抗原検査推進などの対策強化を訴えた。

    東京新聞 2021年8月26日 06時00分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/126808


    【感染爆発 峠まだ越えず 尾身氏、苦言次々「政府は専門家より楽観的」 [蚤の市★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    尾身 (おみ しげる、1949年〈昭和24年〉6月11日 - )は、日本の医師、医学者(地域医療・感染症・国際保健)、厚生官僚、国際公務員。学位は医学博士(自治医科大学大学院・1990年)。 独立行政法人地域医療機能推進機構理事長(初代)、世界保健機関西太平洋地域事務局名誉事務局長、自治医科大学名
    28キロバイト (2,724 語) - 2021年8月5日 (木) 22:00



    1 速報 ★ :2021/08/19(木) 18:26:09.91

    緊急事態宣言解除の基準は? ロックダウンの法的整備は? 菅首相が会見で語ったこと
    8/17(火) 23:36配信

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c12d5d643db449db719a27798685b9a1ae2ca6ec?page=3
    メディアからは新型コロナウイルス感染症を5類感染症に引き下げすることについて、認識を問う声も上がった。

    新型コロナに関しては「感染症法」における分類が適切でないとの声が一部で根強い。新型コロナは当初、指定感染症の1類、2類相当として扱われ、その後「新型インフルエンザ等感染症」に分類されている。これにより入院勧告や就業制限、濃厚接触者や感染者の追跡などの対応が可能となっている状況だ。

    5類感染症へ引き下げる、ということが意味するのは新型コロナを季節性インフルエンザと同等に扱うということだ。

    菅首相は「現在、隔離など感染対策を十分にする必要がある」と説明。「今回の一連の対応を総括する中で、そうしたことも考えていく必要がある」と現時点で5類相当へ引き下げることを議論する必要はないとの認識を示した。

    尾身会長は「もうそろそろ普通の風邪やインフルエンザと一緒だから、入院の必要はないんじゃないかという考え」や「感染者を指定の医療機関だけで診るのではなく、全ての医療機関で診たらいいという考え」があるのではないかと推測した上で、次のように語った。

    「一般の人にはあまり知られていないんですけど、実はもう既に実態的には感染者の全ての人を入院させるというようなことは行われていません。感染したらすぐ入院なんていうことは必要ないということが、国からも連絡が出ている。既に実態的にはかなり弾力的な運用ができています」

    「さらに言いますと、今の状況ではコロナはインフルエンザと同等というわけにはいかない。無症状者の感染者がいるという意味では同じかもしれませんが、感染すると若い人でも重症化する、あるいは感染が軽くても後遺症がこれだけ長く続く。これは明らかにインフルエンザと違います。5類に今の段階で変える必要は私はないと思います」

    前スレ
    【新型コロナ】尾身会長「5類に変える必要はない。感染すると若い人でも重症化する。明らかにインフルエンザと違う。」 ★2 [速報★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1629255685/


    【【新型コロナ】尾身会長「5類に変える必要はない。感染すると若い人でも重症化する。明らかにインフルエンザと違う。」 ★3 [速報★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    一般病床:815床 職員数 1944名(2019年4月1日現在) 機能評価 一般病院2 3rdG:Ver.1.0 開設者 学校法人昭和大学 管理者 相良博典(院長) 開設年月日 1928年5月15日 所在地 〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8 二次医療圏 区南部 PJ 医療機関 テンプレートを表示
    7キロバイト (710 語) - 2021年8月13日 (金) 12:35



    1 影のたけし軍団 ★ :2021/08/16(月) 07:07:26.25

    新型コロナウイルスの全国的な感染拡大に伴い、ワクチン接種後でも感染が判明するケースがみられ始めている。
    感染力が強いインド由来のデルタ株への置き換わりを背景に、2回の接種完了後の感染を意味する「ブレークスルー感染」も懸念される。

    ワクチン接種の効果により重症化や死亡の増加が抑えられることが明らかになっているが、
    国立感染症研究所(感染研)は接種後も感染防止対策の継続が重要と呼びかける。


    昭和大学病院(東京都品川区)では7月下旬ごろから、接種後に感染し、入院する患者も。
    今月13日までに20~60代までの計約20人が同病院に搬送され、中等症の患者もいたという。

    都内では6月に2回のワクチン接種を済ませていた60代男性が感染し、今月10日に死亡した事例も確認された。

    ワクチンは2回目の接種を終えて2週間程度たつと十分な免疫がつくとされる。
    一方、感染研の報告ではワクチンを少なくとも1回接種した後に130人が、
    2回目の接種を終えて以降でも67人が、それぞれ感染したことが判明した。

    ただ、この報告を受け「ワクチンは効果がない」などとする書き込みがSNS上で広がり、
    感染研は今月に入り「科学的な議論の範囲を逸脱した解釈」と強く批判する声明を発表した。

    感染研はワクチンの有効性の高さを否定するものではないとしながらも、
    ワクチン接種後も「感染防止対策の継続は重要」としている。

    昭和大学病院の相良博典院長も「接種歴のある入院患者の多くが軽症で終わっている。
    ワクチンは重症化を抑える効果はある」と述べる一方「感染を完璧に防ぐ万能薬ではない。
    ワクチンを打ったから大丈夫だとは思わないでほしい」と訴えた。
    https://www.sankeibiz.jp/econome/news/210816/ecb2108160605002-n1.htm


    【【昭和大学病院院長】「接種歴のある入院患者の多くが軽症で終わっている。 コロナワクチンは重症化を抑える効果はある」 [影のたけし軍団★]】の続きを読む

    このページのトップヘ