all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: お笑い芸人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    出川 哲朗(でがわ てつろう、1964年〈昭和39年〉2月13日 - )は、日本のお笑いタレント。劇団SHA・LA・LA座長。愛称はてっちゃん。 神奈川県横浜市神奈川区出身。マセキ芸能社所属。妻は元レースクイーンの阿部瑠理子。大伯父に八幡製鐵の初代社長を務めた三鬼隆、曾祖父に実業家・政治家の三鬼鑑太郎、母方の遠戚に女優の原節子がいる。
    49キロバイト (6,722 語) - 2021年4月9日 (金) 14:31



    (出典 img.sirabee.com)



    1 Anonymous ★ :2021/04/10(土) 09:29:24.73

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3004628/

    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


     芸能事務所「マセキ芸能社」は9日、公式サイトで芸人・出川哲朗(57)を巡る一連の疑惑に関して「お騒がせしているような事実はない」と否定した。

     ここ数日、ネットを中心に話題沸騰中だったマリエの告白を受けて、ついに当事者が口を開いた。マセキの柵木秀夫社長名義で「今回の騒動について」というコメントを発表。

    「先日SNSの生配信で女性タレントが発言された内容について出川本人に確認したところ、番組の収録後の打ち上げで出演者、事務所関係者、番組スタッフなど大勢がいる場では同席したことが一度ありましたが、プライベートで食事に行ったことは一度もなく、お騒がせしているような事実はないと申しております。改めてお騒がせしたことをお詫び申し上げますとともに、今後とも変わらぬご指導のほどお願い申し上げます」と事実無根だとした。

     騒動の発端は4日夜、マリエが10代のころ、引退した島田紳助氏から肉体関係を持ち掛けられたとインスタライブで暴露。出川らもその場にいて、紳助氏と肉体関係を結ぶようマリエ本人に勧めたという。断ったところ、紳助氏が絡む番組に出られなくなったという、衝撃の話だった。マリエの怒りは出川らにも向いており「出川さんがCMに出てるのがマジ許せない!」としていた。

     ネットで話題沸騰しているとはいえ、あまりにも〝闇〟が深すぎるため、当事者はスルーするかと思われたが、出川が先陣を切って否定コメントを発表した。その背景にあるのはCMだ。

    「抱かれたくない男の代表格だった出川だが、近年は『イッテQ!』などの出演でファミリー人気が高まり、CM出演は多数あります。昨年には経済産業省のプロジェクト『のろーよ!デンドー車いす』のアンバサダーに就任するなど、国の仕事を任されるまでになったのです。しかし“マリエショック”でスポンサーが反応し、実は水面下でCMが止まったようなのです。これらスポンサーへの説明責任を果たすために、否定コメントを発表せざるをえなかった」(芸能プロ関係者)

     ただしコメントを出したことで、一連の騒動が表沙汰になったとも言えるが…。


    【【芸能】出川哲朗、“マリエショック”でスポンサーが反応し、CMが止まっていた!? スポンサーへの説明責任を果たすために慌てて否定 [Anonymous★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、YouTuber。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優の佐々木希で、1児の父。
    28キロバイト (3,377 語) - 2021年3月22日 (月) 13:14



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/23(火) 10:09:41.39

    3/23(火) 9:06配信
    日刊ゲンダイDIGITAL

    渡部建(C)日刊ゲンダイ

     このまま芸能界引退という流れが現実味を帯びてきた。

     女優の佐々木希(33)と結婚しながら、昨年6月に複数の女性との不倫が発覚し、活動自粛を余儀なくされているお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(48)のことだ。一部報道で、日本テレビ系の「行列のできる法律相談所」の特番に復帰する可能性が報じられていたのだが、22日、同社編成担当の福田博之取締役執行役員は、渡部の出演について「全く聞いておりませんので、予定していることはないと思います」と取り付く島もなかった。

    小川彩佳アナのお手本は…佐々木希or金子恵美どっちの“サレ妻”が正解?

     渡部は昨年12月31日の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日テレ系)の大晦日スペシャルに「復帰する」といった話が流れたものの、事前の報道を知った人などから<早すぎるのではないか><テレビは芸能人に甘い>などと厳しい意見がネット上に殺到。結局、お蔵入りとなった。

     今年に入り、東京・豊洲市場の大手仲卸店で働いていたことが〝美談的〟に取り上げられると、ネット上では<アルバイトでは><マスコミが騒ぐので迷惑>といった、これまたネガティブな書き込みがあふれてウヤムヤに。そして、今回の「行列~」の復帰話も事前に情報が漏れたためなのか雲行きが怪しくなった。

     身から出たサビとはいえ、それにしても「渡部ネタ」はなぜ、次から次へと事前に情報が明らかになるのか。

    「極秘のキャスト情報がこうも簡単に事前に流れる理由はひとつ。テレビ局内の関係者がリークしているのでしょう。目的?おそらく渡部さんの復帰を快くないと思っているのでしょうね。不倫発覚前のテレビ出演が絶えなかった渡部さんは性格の悪さで有名でしたから。若手局員をアゴで使うような場面もあったとも聞きます。業界関係者の中に『あの人だけは許さない』と思っている人は一人や二人じゃないでしょう」(広告会社関係者)

     確かにネット上で「渡部建」「性格悪い」のキーワードで検索すると、真偽はともかく、さまざまなエピソードが出てくる。「煙のないところに火は立たない」ではないが、これまでの渡部の言動に対して不満を抱いていた業界関係者は少なからずいたようだ。

     渡部はいきなりテレビ復帰を目指すのではなく、まずは相方の児嶋一哉(48)と一緒にネタ作りするところから始めた方がいいのではないか。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/33d747e09429c47af645b5c7dd34ca5dada83a8d


    【【芸能】アンジャッシュ渡部建「行列」復帰もかなわず? このまま芸能界引退へ現実味 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    渡辺 直美(わたなべ なおみ、1987年(昭和62年)10月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、女優、歌手。吉本興業所属。東京NSC12期生。2021年(令和3年)現在ニューヨーク在住。 父・母・姉・本人の4人家族(元々1人っ子とプロフィール公開していたが、後に訂正)。父親が日本人、母
    44キロバイト (5,472 語) - 2021年3月19日 (金) 16:07



    (出典 static.tokyo-np.co.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/03/20(土) 07:08:34.92

    3/19(金) 19:08配信
    オリコン

    渡辺直美 (C)ORICON NewS inc.

     お笑いタレントの渡辺直美(33)が19日、自身の公式YouTubeチャンネル『NAOMI CLUB』で生配信を行い、東京オリンピック・パラリンピックの開閉会式の演出案の報道について言及した。

     一連の報道について自ら切り出した渡辺は「私が一番、この報道について最初に思ったのが、この記事を見たり、連日のテレビの報道で『傷つく人がいるだろうな』って思ったし、そこが心配だった。同じように自分のコンプレックスで悩んでる人や、それを乗り越えてる人が、それを思い出してしまう」と気遣った。そして「すごくネガティブな内容だったし、かなり落ち込んだり、それを言い合ったり、戦ったりしてる文章を見たりしても、もっと辛い気持ちになった人がいるだろうなって。私はそこがもっともっと、私の実力があったらこういう事件が起こらなかったのかな」と神妙な面持ちで話した。

     18日には、所属する吉本興業の公式サイトを通じて「実際、私自身はこの体型で幸せです。なので今まで通り、太っている事だけにこだわらず『渡辺直美』として表現していきたい所存でございます」とコメントしていた。この日の配信でも「これで生きてるんだもん、この体型で。長所でもなく短所でもなく」と一貫したスタンスを示し、ファンに向けて「私のことを見てほしい」と切実な表情で訴えた。

     一部で「芸人だったらやるでしょ」という声も受けたといい、渡辺「もしもその演出プランが採用されて、私のところに来たら私は絶対に断るし、その演出を私は批判すると思う。目の前でちゃんと言うと思う」と断言し「だって普通に考えて面白くないし、意図がわからない」と説明していた。

     『文春オンライン』が17日、開閉会式の演出を統括するクリエーティブディレクター佐々木宏氏が、渡辺が豚に変身する演出案を送っていたと報道。関係者へのLINEで、豚にかけて「オリンピッグ」などと書き、豚の絵文字まで使っていたことがチーム内の批判を浴び、撤回に追い込まれた。佐々木氏は18日、大会組織委員会を通じて謝罪文を発表し、演出責任者からの辞意を表明した。

     渡辺は18日、所属する吉本興業の公式サイトを通じて、コメントを発表。昨年に内々に開会式への出演を依頼され「コロナの影響でオリンピックも延期となり、依頼も一度白紙になったと聞いておりました」と明かし、「それ以降は何も知らされておらず、最初に聞いていた演出とは違うこの様な報道を受けて、私自身正直驚いております」と心境を告白していた。


    (出典 contents.oricon.co.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6cbe238e8a923a5831582ab4ae949a23f56366a4

    ★1が立った時間 2021/03/19(金) 19:11:52.35

    前スレ
    【芸能】渡辺直美、容姿侮辱を真っ向批判 五輪演出は「絶対に断るし、意図がわからない」★4 [爆笑ゴリラ★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1616175016/


    【【芸能】渡辺直美、容姿侮辱を真っ向批判 五輪演出は「絶対に断るし、意図がわからない」★5 [鉄チーズ烏★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、YouTuber。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優の佐々木希で、1児の父。
    28キロバイト (3,360 語) - 2021年3月10日 (水) 10:23



    (出典 www.news-postseven.com)



    1 muffin ★ :2021/03/16(火) 23:33:20.77

    https://www.cyzowoman.com/2021/03/post_331190_1.html

     昨年6月、“多目的トイレ不倫”を報じられて以降、芸能活動を自粛しているお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建。『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の大みそか特番『笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス』(日本テレビ系)で復帰するはずだったものの、結果的に収録済みの映像はお蔵入りに。

     そんな中、3月5日発売の「週刊現代」(講談社)によると、日テレはゴールデンウィークに放送予定の『行列のできる法律相談所~謝罪3時間SP~』(仮題)に、渡部を出演させようとしているという。

    中略
     渡部はこの会見後も、本格復帰できておらず、いまだ休業状態。2月には東京の豊洲市場でアルバイトをしていると、一部スポーツ紙で近況が伝えられていた。一方、「現代」によれば、日テレサイドは「何とか渡部を復帰させよう」として、ゴールデンウィークの『行列』スペシャルへの参加を計画しているそうだ。もともと、渡部は『行列』のレギュラーを務めており、“古巣”での復帰は、自然な流れだと考えたのかもしれない。

     しかし、ネット上では「日テレがやたらと渡部を復帰させたがるのはなぜ?」「日テレが渡部にこだわる理由は何?」「不倫が報じられて逃げたくせに、復帰はあり得ない! 日テレまで嫌いになりそう……」と、否定的な反応が目立っている。

    「『行列』での復帰理由としてまず考えられるのは、昨年の『笑ってはいけない』で、渡部の出演シーンをお蔵入りにしたことの“みそぎ”説です。同特番での復帰が立ち消えになったのは、松本が怒ったからなど諸説ありましたが、実際のところは、会見で世間のバッシングが強まったことにより、日テレ側が断念したというのが真相。また、あの会見自体は、渡部の妻・佐々木希の所属事務所が強く要請したため、実行せざるを得なかったといいます。本来日テレは、会見を開かず、『行列』で渡部を復帰させ、その後の『笑ってはいけない』にもサプライズ出演させるといった展開を予定していたそうです。日テレからすれば、こうした計画を立ててはみたものの、結果的に渡部を振り回すだけになってしまった。こうした負い目から、どうしても同社の番組で復帰させてあげたいのでしょう」(スポーツ紙記者)

     そして、もう一つの可能性は「使い勝手のいいタレントとして重宝されているから」(テレビ局関係者)だという。

    「各局関係者とも、『ギャラは高いが安定感がある』と、渡部の実力を評価しているんです。基本的にギャラ以上の仕事はしませんが、与えられた役割を確実にこなしてくれるため、特に大型特番の企画会議では、MC候補として最初に名前が挙がるタレントなんですよ」(同)

     とはいえ、3月2日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)は、渡部が『行列』からの出演オファーを断っていたと報じており、まだ本人の中では、復帰について迷っている部分があるのかもしれない。果たして本当に、ゴールデンウィークの『行列』特番で復帰を果たすのか、今後も見守っていきたい。


    【【テレビ】なぜ日テレは「やたらと渡部建を復帰させたがる」のか?「使い勝手のいいタレントとして重宝」と渡部の実力を評価 [muffin★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    今田 耕司(いまだ こうじ、1966年〈昭和41年〉3月13日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者。愛称は今ちゃん。大阪府大阪市出身。吉本興業所属。 NHKで2013年10月4日に放送された『ファミリーヒストリー』により、両親の知られざるルーツが明らかにされた。
    60キロバイト (9,350 語) - 2021年3月13日 (土) 13:59



    (出典 yoshio526.com)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/13(土) 12:36:30.13


    3/13(土) 12:12配信
    文春オンライン

    今田耕司 ©文藝春秋

     先日放送された日本テレビ系の『アナザースカイⅡ』(2021年3月5日放送分)にアンジャッシュの児嶋一哉がゲスト出演し、お笑い界の先輩である司会の今田耕司にあることを明かしていた。彼の定番ギャグである「児嶋だよ!」は、もともと番組内での今田とのやりとりから生まれたものだというのだ。

     2007年頃、今田は自分の番組で、コンビでレギュラー出演していた児嶋に話を振る際、わざと「大島」などと名前を間違えて呼び始めた。児嶋はそれに対し、初めは「児嶋ですよ」とはにかみながら返したり、「ビッグアイランド」とひねった呼び方をされるとすぐに反応できなかったりしたものの、何度も繰り返すうち「児嶋だよ!」のセリフが生まれたという(ただし、同時期には明石家さんまとも同様のやりとりがあったらしい)。

     その後、児嶋は『オールスター感謝祭』(TBS系)で200人近い出演者がいるなか、司会の今田からいつものように「大島君」と呼ばれ、「児嶋だよ!」と返したところドカンとウケた。『アナザースカイ』の番組中、彼はそのことを「むちゃくちゃ感謝してます」と、今田に対し改めて御礼を述べていた。

    ネタ番組の司会業でも高評価を得ている今田
     思えば、今田は『M-1グランプリ』決勝戦(朝日放送・テレビ朝日系)や『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)などでも、司会者として後輩芸人たちを引き立てる役割を担ってきた。『M-1』の司会は2003年の第3回大会より務め、審査結果が出るあいだ、出場したコンビに彼らの持ちネタを振るなどしてなごませたりと、場をつなぐ力量には定評がある。

     きょうはその今田の55歳の誕生日である。いまや多くのレギュラー番組を抱え、そのなかには『アナザースカイ』や『今ちゃんの「実は…」』(朝日放送)など10年以上続く番組も少なくない。前出の『オールスター感謝祭』と『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)の司会も、前任者である島田紳助の芸能界引退にともない引き継いでから今年で10年が経つ。

     もっとも、そんな彼も、東京でも知られ始めた頃に出演した『殿様のフェロモン』(1993~94年)や初の冠番組『今田耕司のシブヤ系うらりんご』(ともにフジテレビ系、1995年)が半年で終わるなど、かつてはレギュラー番組がなかなか続かない時期があった。

    吉本総合芸能学院(NSC)の4期生(1985年入学)である今田のデビューのきっかけは、ちょうど卒業する頃、心斎橋筋2丁目劇場がオープンし、その前座を選ぶオーディションを受けたことだった。同劇場は大﨑洋(現・吉本興業取締役会長)が仕切りながら、今田にとってはNSCの先輩にあたるダウンタウンを売り出そうとしていた。オーディションに合格して毎週舞台に出るようになっても、笑いがとれなければ翌週からは出番がなくなるという厳しい状況のなか、今田は一度も落とされなかったという(※1)。

    『ごっつええ感じ』で今田の知名度も全国区に
     劇場では大﨑から芸人としての心構えを叩き込まれながら、毎日放送の『4時ですよ~だ』に出演を果たす。ダウンタウンを関西の人気者にしたテレビ番組である。1989年に同番組が終わり、彼らが東京に進出したあと、今田は吉本新喜劇にしばらく在籍した。だが、フジテレビで日曜ゴールデンタイムのバラエティ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』(1991~97年)が始まるにあたり、気心の知れたメンバーでないとコントはやれないというダウンタウンの意向から、彼も呼ばれて上京する。

    全文はソース元で

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a03385beada1cd8930e53167b7d345c0ec99381f


    【【芸能】「関東と若手と全員ぶっつぶしてやる!」“万能芸人”今田耕司がトガりまくっていた「あの頃」 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ