all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: お笑い芸人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優の佐々木希で、1児の父。
    26キロバイト (3,220 語) - 2021年5月30日 (日) 09:30



    (出典 news.mynavi.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/06/05(土) 07:35:05.29

    6/5(土) 5:15配信
    東スポWeb

    お料理上手な渡部

     お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(48)が東京・豊洲市場でのアルバイトを後悔している。

    “多目的トイレ不倫”で芸能活動を自粛してから間もなく1年。いまだ復帰の見通しは立たないが、渡部は〝豊洲ショック〟から立ち直れていないという。

    「2月に豊洲で働いていることが発覚した際、妻・佐々木希の名前も報じられた。不倫騒動も蒸し返され、佐々木の仕事に少なからず影響があった。渡部は自分が表に出ると妻に迷惑がかかることを痛感し、芸能活動への復帰に後ろ向きになってしまった」(芸能プロ関係者)

     当時、渡部は豊洲市場で働くことを妻に相談し、佐々木の事務所サイドにも「絶対に迷惑をかけない」などと説明。しかし、実際に働くと当然ながらウワサになってしまう。結果的に市場関係者からマスコミにタレコミがあり、大騒動となってしまった。

    「佐々木の事務所が考えた以上の騒ぎになり、報じられるたびに『どうして佐々木希の名前が出るの!』とカンカンだった。渡部も『働かなきゃよかった…』と漏らすほどだった」(前同)

     昨年12月の謝罪会見が大失敗に終わり、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)の大みそか特番でのテレビ復帰が消滅。「行列のできる法律相談所」(同)のGW特番出演もなくなり、渡部の心は折れているという。

     となると、一家の大黒柱は妻の佐々木だ。9月には6年ぶりの舞台となる「酔いどれ天使」への出演が決定。前出関係者は「佐々木さんは重要な役の上に、息子は2歳と一番手がかかる時期でもある。それでも出演を決断したのは、自分が稼ぐと決めているから。渡部は家事、育児を含め全面バックアップする覚悟で、自身の復帰は二の次になっている」と話す。

     渡部は料理上手で、きれい好き。案外“主夫”に専念した方がうまくいくのかもしれない!?


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4db07be45deb65789ecb85803292acb0b280cd5d


    【【芸能】アンジャ渡部建が豊洲バイトを大後悔! 芸能界復帰諦め“主夫”に専念か [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    岡村 隆史(おかむら たかし 1970年7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、ラジオパーソナリティ、お笑いコンビ・ナインティナインのボケ、ネタ製作担当。相方は矢部浩之。 大阪府大阪市東淀川区出身。吉本興業(東京本社)所属。吉本総合芸能学院(NSC)の第9期生。既婚。
    46キロバイト (6,392 語) - 2021年4月6日 (火) 01:41



    (出典 img.sirabee.com)



    1 Anonymous ★ :2021/06/03(木) 13:31:42.05

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0c971892a2a20327228f08e3edc4863a13182e7b

     長引く自粛生活で利用者が増えている料理宅配サービス「ウーバーイーツ」。緑のロゴ入りのバッグを担いだ自転車姿の配達員は、いまや馴染みの光景となったが、今、彼らの間で“神”と崇められる存在がいる。ナインティナインの岡村隆史(50)である。

     都内でウーバーの配達員をしている20代男性が語る。

    「岡村さんはタワーマンションに住んでいて、よくウーバーを注文してくれる上客として評判です。無言のやり取りが多い中、岡村さんはエントランスのインターフォンを鳴らすといつも『はーい』と開けてくれます」

     評判がいい理由はそれだけではない。

    「ウーバーには配達料のほかに、任意で配達員にチップを渡せる仕組みがあるんですが、100人に1人くらいしか渡す人がいない中、岡村さんは毎回必ず300円くらいの高額チップを弾んでくれる。時間帯などにもよりますが、1回の配達料がだいたい300円くらいだから、チップで倍稼げることになる。

     配達が完了した後に配達員を評価する仕組みもあるんですが、これもスルーするお客さんが多いのに、岡村さんは必ず高評価を押してくれる。近所の配達員仲間の間では、『岡村神』と呼ばれています」(同前)

     岡村はかねて、ウーバーイーツ愛好者を自任しており、ラジオでは「独身時代は朝昼晩すべてウーバーイーツだったこともある」と語っていた。

     昨年10月に12歳年下の妻と結婚して以降は使用頻度が減ったのかと思いきや、

    「今でもしょっちゅう注文があります。1人前だけの配達も多いので、1人で在宅の時に頼んでいるのでしょうか」(同前)

     4月中旬には『女性セブン』に妻との仲睦まじい韓国料理デートの様子を撮られており、新婚生活は順調なようだ。配達員にも幸せを分けてあげているのか。


    【【芸能】岡村隆史、ウーバー配達員に毎回必ず300円のチップを渡し、必ず高評価を押すため、近所の配達員から『岡村神』と呼ばれている [Anonymous★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    矢部 浩之(やべ ひろゆき、1971年10月23日 - )は、日本のお笑いタレント、スポーツキャスター、司会者。お笑いコンビ・ナインティナインのツッコミ担当。相方は岡村隆史。 大阪府吹田市出身。吉本興業所属。大阪NSC9期生。 妻は元TBSテレビアナウンサーでフリーアナウンサーの青木裕子。
    17キロバイト (2,379 語) - 2021年5月24日 (月) 09:33



    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 胸のときめき ★ :2021/05/28(金) 23:13:25.22

    ナインティナイン矢部浩之が28日、フジテレビ系「人志松本の酒のツマミになる話」(金曜、後9・58)に出演し、両親からの度重なる借金の申し込みにやりきれない思いをしたことを、ときに笑いを交えながら話した。

     矢部は「実家が借金まみれやったんです。その都度『貸して』って」と振り返った。「あまりにも何回も言って」きたそうで、電話をしてくる母親に「おかん、全部言ってくれ。これが最後」と言い含め、大金を出したという。

     数カ月後に母親から電話があり、「浩之、金貸してくれ」とまたもや要求してきた。矢部が「もう、貸さへんと約束した」と告げると、母は父親に電話を代わった。父は「最後や、貸してくれ」。矢部は「無理や。言ったやろ」と却下。すると父は「だれがここまで育てたんや。勘当じゃ!」とキレたという。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2021/05/28/0014367766.shtml


    【【芸能】矢部浩之 両親からの度重なる借金依頼を告白、「これが最後」と約束しても [胸のときめき★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    川島 明(かわしま あきら、1979年〈昭和54年〉2月3日 - )は、日本のお笑い芸人、タレント、司会者である。お笑いコンビ・麒麟のボケでネタ作り担当である。立ち位置は向かって右。相方は田村裕。吉本興業所属。京都府宇治市出身。血液型AB型。身長179cm、体重65kg。
    28キロバイト (3,943 語) - 2021年5月24日 (月) 15:33



    (出典 i.daily.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/05/25(火) 08:09:48.29

    5/25(火) 6:10
    SmartFLASH

    麒麟・川島も「もっと笑いで攻めたい」と宣言! コロナ疲れ主婦に『ラヴィット!』が刺さり始めた
    5月17日『ラヴィット!』にゲスト出演した盟友・千鳥について、「一緒に番組やってくれたら嬉しいですけどね」(川島)
    「視聴率低迷が取りざたされ続けていますが、現場のスタッフのあいだでは最近、『まだ巻き返せる!』という声が高まってきているんです」

     そう語るのは、朝の情報番組『ラヴィット!』(TBS系)の関係者だ。同番組は “日本でいちばん明るい朝番組” をキャッチフレーズに、ニュースを一切扱わないというスタンスで、2021年3月にスタートした。お笑いコンビ「麒麟」の川島明(42)が、初めて帯番組MCを務めることも、番組開始前から話題になった。

    「ただ、現状は視聴率でかなり苦戦しています。同時期に、同じ朝8時台で始まった俳優の谷原章介(48)がMCを務める『めざまし8』(フジテレビ系)が視聴率5%台をキープする一方で、『ラヴィット!』は、ほとんどが1%台という低空飛行ぶりなんです」(スポーツ紙芸能デスク)

     そのなかでの「巻き返せる」とはーー。前出の番組関係者が続ける。

    「番組後半でおこなっている『プロが教えます! ラヴィット! ランキング』のコーナーが、いわゆる “主婦層” に好評なんです。最近はこのコーナーが放送されている時間帯は、30~40代女性の視聴率で『めざまし8』を上回ることが増えてきています」

     ワイドショー色が強い『めざまし8』はいま、新型コロナ関連のニュースに終始している。そのためか、前の時間帯の『めざましテレビ』からの流れで見ていた女性視聴者が、放送時間が進むにつれて離脱していく “右肩下がり” の傾向が強いという。

    「もともと、『ラヴィット!』がメインターゲットに考えていた視聴者は主婦層でした。ターゲットに番組が刺さり始めたということです。このまま地道に番組作りを続けていけば、もっと視聴率は伸ばせると踏んでいます」(同前)

     この “兆候” だけでなく、MCを務める川島自身も、番組が成長できる方向性を考えているという。

    「川島さんは番組をよりよくするために、『もっと “おもしろい番組作り” を意識しましょう』と、プロデューサーなどに掛け合っているんです。

     いまの『ラヴィット!』は情報番組に寄りすぎていて、川島さんが想定している “朝のバラエティ” という方向性から遠くなっています。ただ、それを押しつけるのではなく、オンエア後に楽屋でスタッフたちと積極的に意見交換をしています」(同前)

     世間の厳しい評価から逃げず、『ラヴィット!』への強い愛情を持っている川島。5月21日の生放送前、彼に番組MCとしての決意を直撃した。この日は金曜日とあってか、少し疲れ気味の様子だったが、丁寧に対応してくれた。

    ーー「ラヴィット! ランキング」の時間帯は視聴率が好調で、『めざまし8』に追いつかんばかりと聞きました。

    「いやいや、僕というより、ゲストさんやスタッフさんみんなのおかげですよ。主婦層の皆さんの支持を集めているという点についても、まだまだやと思っています」

    ーー川島さんとしては、もっとバラエティ色を強くした “おもしろい番組” にしたいと聞きましたが……。

    「その気持ちはありますよ。出演者に芸人さんも多いので、少しずつでも、そういう要素を増やしていければと。やかましいと言われるくらいの番組にしていきたいですね」

    ーーやはり、もっともっと “笑い” を生み出せるような番組でないとダメですか?

    「そうです。せっかく僕がMCをやらせてもらっているので、笑いで攻めたいんです」

     漫才、大喜利、トーク術…これらを兼ね備えた “万能型芸人” の矜持だ。笑いものではなく、笑わせる側になってやるーー。

    (週刊FLASH 2021年6月8日号)


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/78ef5c4db7b28764dd499156986009147207594d


    【【芸能】麒麟・川島も「もっと笑いで攻めたい」と宣言! コロナ疲れ主婦に『ラヴィット!』が刺さり始めた [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    川島 章良(かわしま あきよし、1982年1月20日 - )は、日本のお笑い芸人。お笑いコンビ・はんにゃのツッコミ(一部のネタではボケ)担当。現在は川島ofレジェンド(かわしま オブ レジェンド)の芸名で活躍中。アイドルグループ吉本坂46のメンバーである。埼玉県生まれ、東京都中野区育ち。吉本興業東京
    10キロバイト (1,289 語) - 2021年2月27日 (土) 13:55



    (出典 fujinkoron.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/05/24(月) 10:21:17.23

    5/24(月) 10:18
    日刊スポーツ

    はんにゃ川島章良、借金700万円の内訳説明 妻もボヤき
    はんにゃの川島章良
    お笑いコンビ、はんにゃの川島章良(39)が、700万円の借金を抱えていることを明*とともに、その内訳について説明した。

    川島は、14日に「副業やってたんですがやばいです」と題したブログ記事で、赤ちゃんに背景や小物をつけて撮影する「おひるねアート」を簡単に作れるキットを企画販売する副業を行っていることを明*とともに、その資金調達のためにクラウドファンディングを開始したことを報告。

    その後、妻菜月さんがブログで「あきぷーさ ここ一年くらいで借金700万くらい作ってるんだよ 変なとこで破天荒芸人出さなくていいんだよ ほんと何やってんだよ」と夫についてボヤき、ネット上で話題となっていた。

    川島は23日、夫婦のYouTubeチャンネルで生配信を実施。700万円の借金が副業によるものだと誤解を受けたが、「一番多いのはゲームです」と、600万円はeスポーツの企画で受けた罰金だと説明し、「(返済の)期限は決まってないんで、そんなに重くない」とした。

    また、副業に関連する約100万円の借金については「共同開発していた会社の社長以外、全員が辞めちゃった」などと明かした。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c8eff09016be34d0abd6081c653777aabf2a0257


    【【芸能】はんにゃ川島章良、借金700万円の内訳説明 妻もボヤき [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ