all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: タレント

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    中川 翔子(なかがわ しょうこ、5月5日 - )は、日本のバラエティアイドル、マルチタレント、歌手、YouTuber。東京都中野区出身。旧芸名は中川 薔子。本名、中川 しようこ。所属事務所はワタナベエンターテインメント。所属レーベルはSony Records。…
    176キロバイト (19,505 語) - 2023年5月26日 (金) 19:27

    (出典 www.lisani.jp)



    1 フォーエバー ★ :2023/05/28(日) 10:43:20.67ID:zsdO0xTJ9
    2023/05/26 09:40Sirabee69


    タレントの中川翔子が26日、自身の公式ツイッターを更新。凄惨な事件の報道に本音を漏らした。

    【ツイート】「治安の悪化が怖い」


    ■長野県で立てこもり事件
    きのう25日、長野県中野市で殺人事件が発生。同日午後4時半頃に「男が女性を刺した」と110番通報があり、警察官がかけつけたが男が猟銃を発砲、その後青木正道中野市議会議長の住宅に立てこもった。

    立てこもりから12時間経った26日午前4時37分頃、外に出てきた男を確保。警察は殺人の疑いで逮捕状を請求している。この事件では警察官の男性2人と近くに住む女性、現場近くで負傷して倒れていた女性のあわせて4人の死亡が確認された。

    容疑者は青木議長の長男と見られている。


    関連記事:中川翔子、経験者としてストーカー被害に持論 「対策できるように…」

    ■報道に疑問の声も
    報道では被害者の情報が知らされているが、容疑者の名前は明かされていない。

    ツイッター上では「議長の長男」「男の身柄確保」といったワードがトレンド入りしたが、「なぜ被害者の名前は出て、犯人の名前は公表されないんですかね」「実名報道しない理由がわからない」「さっさと名前出せよ」など、報道の内容を疑問視する声も上がっている。


    ■中川がコメント
    中川も今回の事件に触れたと思われるツイートを投稿。

    「被害者より加害者の情報を早く出してほしい」と情報の開示を求め「治安の悪化が怖い、、平和な日本であってほしい」と願う。


    ■「怖すぎる」
    さらに、「心神耗弱からの、無罪判決になるような事件がこれまでにたくさんあるけれど、、」と前例を思い出しつつ、「武器を用意、思考して準備して行動できるのになんの罪もない命を奪ったのに犯罪行為が心神耗弱や錯乱を理由に無罪になるなんて」と判決に疑問。

    「その場合無罪になってから普通に世の中をまた生きて歩いてるんだろうか」と想像して「怖すぎる」と心境をつづった。

    ■立てこもり事件の報道に本音


    心神耗弱からの、無罪判決になるような事件がこれまでにたくさんあるけれど、、

    武器を用意、思考して準備して行動できるのに

    なんの罪もない命を奪ったのに

    犯罪行為が心神耗弱や錯乱を理由に無罪になるなんて

    その場合無罪になってから普通に世の中をまた生きて歩いてるんだろうか

    怖すぎる

    https://news.nicovideo.jp/watch/nw12635786?news_ref=50_commentRank

    【【芸能】中川翔子、長野立てこもり事件の報道に疑問 「被害者より加害者の情報を…」 [フォーエバー★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 pbs.twimg.com)



    1 フォーエバー ★ :2023/05/27(土) 06:38:26.61 ID:/UHrQXOd9.net
    5/25(木) 15:11配信

    MANTANWEB
    5月27日放送の「サバンナ高橋の、サウナの神さま」にゲスト出演するMEGUMIさん=TOKYO MX提供

     俳優のMEGUMIさんが、5月27日午後5時55分から放送のバラエティー番組「サバンナ高橋の、サウナの神さま」(TOKYO MX)にゲスト出演。グラビアデビューに関する秘話を明*。

    【写真特集】MEGUMIがサウナへ! 変わらぬ美貌&美肌

     この日の番組は「MEGUMIさんに聞きたい五つのこと」をテーマに、MEGUMIさんの素顔に迫る。子供の頃の夢がアイドルデュオ「Wink」で、もともと歌手を目指していていたというMEGUMIさん。なかなか歌手のオーディションに受からない日々の中、ボイストレーニングの先生に紹介されたのが、芸能事務所「イ*ーキャブ」の野田義治元社長だったという。

     面接では、さまざまな*の写真を見せられて「お前のどれだ?」と聞かれ、似てるものを選んだら即採用。その3日後に、サイパンでグラビアデビューの撮影をしたという。だが、目指していた世界と違うグラビアの仕事に初めは抵抗感があったと話す。

     MCのお笑いコンビ「サバンナ」高橋茂雄さんと、MEGUMIさんは「綱島温泉 湯けむりの庄」(横浜市港北区)でトークする。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7e736ece58bfcc157bed6c236fc126c2fe2e05fc


    (出典 storage.mantan-web.jp)

    【【芸能】<MEGUMI>おっぱいの写真見せられ「お前のどれだ?」 似てる写真を選んだら即グラビアデビューの過去 [フォーエバー★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    かざり(1993年2月25日 - )は、日本のタレント、女優。三重県出身 。元陸上自衛官。 キャッチフレーズ「恐ろしく美しい元自衛官」 。ファン公称「かざりすと」。所属「かざりぷろじぇくと」。 日本大学芸術学部デザイン学科卒業後、陸上自衛隊に入隊。2015年から2017年まで勤務(通信科に所属)。…
    25キロバイト (2,754 語) - 2023年5月26日 (金) 08:13

    (出典 static.chunichi.co.jp)



    1 ネギうどん ★ :2023/05/27(土) 21:11:46.61ID:VaVUrdym9
     元自衛官タレントのかざりが、13日に自身のYouTubeチャンネルで公開した『Gやばすぎて悲鳴!? 航空自衛隊の戦闘機F-15に乗ります』が、3日間で100万再生を突破した。

     日本大学芸術学部デザイン学科卒業の、元陸上自衛隊員タレントとして活動するかざり。現在は、女優やモデル活動の他に、自衛隊の広報活動、CM、海外映画出演など、多岐に渡り活躍。SNS総フォロワー数は45万人超えで、公式YouTubeチャンネルの登録者は30万人を有している。

     そんなかざりが、航空自衛隊岐阜基地全面協力の元で撮影した最新動画が、アップから3日間で100万再生を記録。同動画は、かざりが航空自衛隊岐阜基地を訪問し、日本最古の飛行場である同基地で戦闘機F-15の「体験タクシー搭乗」を行うというもの。体験タクシーとは、滑走路で一度エンジンをフルまで入れて、アフターバーナーで加速し、離陸はせずに戻ってくるというアフターバーナーの加速とG体験ができるというもの(時速130から140キロ)。かざりは戦闘機F-15には今回が初搭乗。通常、F-15は単座となるが、動画では複座の後席に乗っている。

     搭乗前には、一連の流れのブリーフィングとF-15を一周して機体の説明を受け、フライトスーツに着替えてGスーツを着用。後部座席に搭乗し、エンジンが始動すると吹き上がるタービン音にかざりは大興奮。「いってらっしゃい!」という女性整備員の声で滑走路へ進み、あと3秒で離陸するほどのスピードとGを体感。最後には、機体の羽根部分に乗るなど、貴重な体験を楽しんでいた。

     3日間で100万再生を記録した感想を聞かれるとかざりは、「公開してから数日でこんなにも沢山の反響がありとても驚いています。もちろん私だけの力だけではなく、撮影に協力してくださった、航空自衛隊岐阜基地のみなさんのおかげです。多くの方に、自衛隊について興味を持っていただくきっかけとなればとても嬉しいです」とコメント。

     また、今後の活動については「引き続き、東部方面隊オピニオンリーダーとして自衛隊の公式広報活動も行っていきます。タレント活動を続けながら、現在も作品制作に励んでいます。自分の絵を日本だけでなく世界にも発信していけたら良いなと思っています」と意気込みを明かした。

     かざりは、27日に埼玉県越谷市レイクタウン1階・光の広場にて開催される「防災」トークショーに出演予定。

    かざりぷろじぇくと公式YouTubeチャンネル
    https://www.youtube.com/channel/UCjDjPDYWE2wnpXkRXOhbEXQ

    https://npn.co.jp/article/detail/200029672

    【【芸能】元自衛官タレントかざり、戦闘機F-15に搭乗しバズる! スピードとGに大興奮、体験動画が3日で100万再生突破 [ネギうどん★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    勝俣 州和(かつまた くにかず、1965年(昭和40年)3月12日 - )は、日本のお笑いタレント、YouTuber。元劇男一世風靡、アイドルグループCHA-CHAのメンバー。愛称はかっちゃん。 宮城県仙台市生まれ・静岡県御殿場市育ち。融合事務所所属。日本大学三島高等学校、日本大学文理学部国文学科…
    22キロバイト (2,805 語) - 2023年4月27日 (木) 09:14

    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 冬月記者 ★ :2023/05/26(金) 00:10:53.05ID:dOb9mx9s9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/859e6ed1697abe58b067bc8e8f35020b321ab768

    勝俣州和「芸能界で一番喧嘩が強い俳優」明* 別の最強伝説俳優を秒殺 小沢仁志、山田邦子も納得


     タレントの勝俣州和が25日放送の日本テレビ「ダウンタウンDX」に出演。「芸能界で一番喧嘩が強い俳優」を明かした。

     この日は「総勢26名 実名公開 イニシャルトーク」と題して、集まった芸能人がイニシャルトークをして最後に実名を明*企画を行った。

     勝俣は「過去の情報も集めた結果、芸能界でだれが一番喧嘩が強いか分かりました」と切り出し、イニシャルWの俳優をあげた。

     「W兄弟。お兄さんはI軍団だけど、弟の方」と話すと、山田邦子や松本人志も納得した。「何がすごいかって、もう一人最強と言われたRさんがいる。でかい、ホタテになったりする。そのRさんをWさんは秒殺。最強!」と伝説を明かした。

     すると俳優の小沢仁志が「Wさんが新宿の歌舞伎町で大立ち回りしてて、『お前ら、どこのもんだ』って言われて『東映だ!この野郎!』」とWさんの別の伝説を紹介した。

     ここで、Wが渡瀬恒彦さんだったと明かされた。

     浜田雅功は、「DX」の第1回で山城新伍さん、菅原文太さん、川谷拓三さんがゲスト出演した際、映画「仁義なき戦い」出演者で一番喧嘩強かったのは?と聞き、全員が口をそろえて、渡瀬さんの名前を挙げたことを明かしていた。

    【勝俣州和「芸能界で一番喧嘩が強い俳優」明かす 最強説あったホタテ俳優Rを秒殺 小沢仁志も納得「歌舞伎町で大立ち回りしてた」 [冬月記者★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    中川 翔子(なかがわ しょうこ、5月5日 - )は、日本のバラエティアイドル、マルチタレント、歌手、YouTuber。東京都中野区出身。旧芸名は中川 薔子。本名、中川 しようこ。所属事務所はワタナベエンターテインメント。所属レーベルはSony Records。…
    176キロバイト (19,505 語) - 2023年5月21日 (日) 20:04

    (出典 img.sirabee.com)



    1 アルストロメリア ★ :2023/05/23(火) 10:24:54.11ID:GhV68QQu9
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/05/22/kiji/20230522s00041000547000c.html

     タレント・中川翔子が22日に自身のYouTubeチャンネルを更新し“芸能界の闇”について語る場面があった。

     この日は、現在アニメも放送中の人気作品「推しの子」のイラスト企画を行うことに。中川は「“とんでもないものが始まった!”という衝撃のアニメ、原作も11巻まで出てます」と語り始めた。

     「自分の推しのアイドルの子に転生するという転生モノであり、アイドルモノであり、芸能界のリアルが描かれていて。サスペンスとか謎解きもあって、てんこ盛りで。20周年まで芸能界にいさせてもらった、中川翔子もあるあるだらけなんですよ!こういう“ずるい業界の人っているよね”っていうのがあって、どうやって取材して描いてるんだろうって」とその魅力について熱弁した。

     また「いろんな悪い業界人とかも出てくるじゃん。これからアイドルになりたい子とか、芸能界を目指したい子とか。そういうお子さんがいらっしゃるお父さんお母さんに言いたいのは、絶対に変なことを言ってくる業界人にはそんな力なんか無いし。あとそんなヤツの口車に乗ってしまったとしても、絶対売れないと思うんですよ」と注意を促す場面も。

     「絶対に、絶対に、安全な仕事をしてくださいっていうのはすごく思いますね。仕事現場じゃないところで、変なことを言ってくる人がいるのも、めっちゃ聞くんですよ。絶対に調子いいことを言ってくる業界の人の話には乗っちゃダメです。お願いします、どうか」と、何度も呼びかけていた。

    【中川翔子「推しの子」の“芸能界の闇”はリアルすぎると衝撃「これからアイドルになりたい子は…」 [アルストロメリア★]】の続きを読む

    このページのトップヘ