all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    三林 京子(みつばやし きょうこ、1951年7月17日 - )は、日本の女優、声優・ナレーター、落語家。高座名、三代目 桂 すずめ(さんだいめ かつら すずめ)。本名、宮永 佳代子。 大阪市住吉区(現・住之江区)粉浜出身。米朝事務所所属。過去に文化審議会委員と大阪府教育委員、大阪芸術大学短期大学部専任教授などを務めた。
    15キロバイト (1,735 語) - 2019年9月24日 (火) 16:49



    (出典 cdn.mainichi.jp)



    1 湛然 ★ :2019/10/17(木) 05:12:19.53 ID:lGUUing89.net

    10/16(水) 18:44 SmartFLASH
    『スカーレット』戸田恵梨香に活を入れる「いけず女優」の正体
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00010008-flash-ent

    NHK『スカーレット』公式サイトより

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     「断言します。あんたには無理や、信楽帰り!」大阪に来たばかりの川原喜美子(戸田恵梨香)にピシャリと厳しい言葉を投げつけたのは、下宿屋「荒木荘」の元女中・大久保のぶ子(三林京子)だ。

     きちんと結い上げた白髪、恰幅のいい体によくなじんだ着物と割烹着。重そうな体にもかかわらず、小走りにきびきび歩き、下宿人にお茶を頼まれると「あいよ」と快活に答え、テキパキ支度を始める。

     その堂々たる存在感に一目で釘付けになった。第3週を迎えたNHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』の話だ。

    『ビバ!大阪新生活』とサ*イトルにあるように、喜美子は故郷の信楽を離れ、大阪にやってきた。これから下宿屋「荒木荘」で女中修業を始めるのだが、下宿屋の主人で下着デザイナーの荒木さだ(羽野晶紀)より断然権限を持っているのが大久保さんなのだ。

     ネットでも「言い方がキツイのに嫌らしさがない」「荒木荘に住みたい」「大久保さんが料理本出したら私は迷わず買う」と、大久保さんラバーがすでにあふれている。

     この人はいったい誰なのか、ドラマウオッチャーの晴川日月奈氏が明*。

    「大久保さん、いいですよね! 私も毎朝、大久保さんに活を入れてもらうのが楽しみです。大久保さんを演じているのは三林京子さんという女優さんで、関西では知らない人はいない大、大、大ベテランです。

     舞台を中心に活躍されていて、民放のドラマにはあまり出ていないため馴染みが薄いかもしれませんが、NHKの朝ドラは昭和、平成、令和の3つの時代で8本も出演しているんです」

     三林は1951年、大阪生まれの68歳。NHKの朝ドラは『いちばん太鼓』(1985年)、『ぴあの』(1994年)、『ふたりっこ』(1996年)、『オードリー』(2000年)、『ファイト』(2005年)、『だんだん』(2008年)、『カーネーション』(2011年)に出演している。

    「三林さんのお父様は文楽の人形遣いで人間国宝。由緒正しき家柄に生まれ、幼い頃から芸事に通じ、NHK大阪放送児童劇団に入ったのがきっかけで女優さんになったようです。

     うちの母に聞いたら、若い頃は正統派の美人で、NHKの大河ドラマとか『水戸黄門』『暴れん坊将軍』などの時代劇によく出ていたそうですから、キャリアは相当長いですね」(晴川氏)

     浄瑠璃、日本舞踊、狂言、さらには落語も3代目米朝に入門して修業し、一門初の女性落語家となり、三代目桂すずめの名をもらっている。

    「戸田恵梨香さん、役柄での女中修業だけでなく、女優修業としても、すごく勉強になるんじゃないですか。三林さんにビシバシしごかれたら、きっと息の長い素晴らしい女優さんになれますよ」(晴川氏)

     大久保さんは、最初は喜美子が女中として働くことに反対するも、次第にその頑張りを認め、女中としてのノウハウを教えるという役どころ。

     三林も『スカーレット』出演が決まった際、「3時代8本もの連続テレビ小説に出していただける感謝の気持ちを込めて、しっかりと喜美子ちゃんを仕込みたいと思います」とコメントしている。

     第3週の視聴率は、14日18.0%、15日20.4%だが、好調の秘密は、まさに大久保さんの “活” にあると思う。

     16日は、喜美子が大久保さんに「どうか雇って下さい。働かせて下さい。戦わせて下さい」とお願いするが、大久保さんは口を真一文字にして「戦うて……子供相手にあほらしもない」と台所に行ってしまう。

     それは、「リビングに残ったみんなにお茶を入れるのはあんたの仕事や」と、言葉にせず態度で示す大久保さんの、いけずだけど、深~い愛情。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【【朝ドラ】『スカーレット』戸田恵梨香に活を入れる「いけず女優」の正体】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    大島 優子(おおしま ゆうこ、1988年10月17日 - )は、日本の女優で、女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。本名同じ。栃木県出身。太田プロダクション所属。 1996年、母親の薦めでセントラル子供劇団に所属し、子役として芸能活動を開始する。 2000年ごろからジュニアアイドルとして活動し、2005年にはTHE
    87キロバイト (11,372 語) - 2019年9月28日 (土) 06:48



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 ジョーカーマン ★ :2019/10/11(金) 15:26:02.93 ID:oCmRnDTl9.net

    戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第2週「意地と誇りの旅立ち」(第11回)が11日に放送され、15歳のヒロイン・喜美子(戸田)の親友・照子に扮した女優の大島優子が初登場。
    現在30歳の大島は15歳の役に扮しているが、ネット上には「まったく違和感がない」「かわいい」といった声が多数寄せられた。

    大島優子、かわいすぎる制服ショット

    冒頭、喜美子は親友・照子の父が経営する丸熊陶業へ就職の挨拶に出向く。
    工房でいそいそと働く従業員たちに喜美子が「お世話になります」と声をかけながら歩いていると、中からピンク色のマフラーをつけ、ハンドバッグを持った照子が待ちかねた様子で顔を出し「遅い~!」と一言。
    ドラマ『義母と娘のブルース』などの作品で知られる子役の横溝菜帆から役を引き継ぎ、成長した照子を演じる大島の姿に対して、ネットには「照ちゃん!子役の照ちゃんがそのまま大きくなった感じやー♪」「子役の子の雰囲気とまったく違和感がないし、なによりかわいい」「全然ブレてないね。子役のイメージのままだ」などの反響が相次いだ。

    大島は1988年生まれの現在30歳。
    AKB48の人気メンバーとして活躍した後、2014年にグループを卒業。
    以降は女優として、映画『ロマンス』(2015)、ドラマ『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』(TBS系・2015年)に主演。
    今年には舞台『罪と罰』にも出演するなど活躍。NHK連続テレビ小説には『あさが来た』(2015~2016)に平塚明役で出演していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00069729-crankinn-ent

    (動画)NHK朝ドラ『スカーレット』に大島優子が初登場!
    http://video.twimg.com/ext_tw_video/1182434904149286913/pu/vid/1280x720/zTOT4UfLunsFqirP.mp4

    丸熊照子役 大島優子

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)

    大島優子と戸田恵梨香

    (出典 pbs.twimg.com)


    元AKB48 大島優子

    (出典 66.media.tumblr.com)


    (出典 66.media.tumblr.com)


    (出典 66.media.tumblr.com)


    【【女優】元AKB48大島優子、朝ドラ『スカーレット』初登場!15歳のお嬢様役に「まったく違和感ない」「かわいい」の声殺到】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    國元 なつき (くにもと なつき、Natsuki Kunimoto, 1980年8月30日 - )は、日本の女優。スカイコーポレーション所属。 高校卒業後、演技と英語を学びにニューヨークに単身渡米する。また、帰国後も奈良橋陽子の主宰するユナイテッド・パフォーマーズ・スタジオで演技を引き続き学ぶ。日本
    6キロバイト (728 語) - 2018年3月19日 (月) 10:31



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/10/10(木) 15:23:40.53 ID:59TK2hvZ9.net

    海外ドラマ通ならおなじみの女優だ。日本と米ハリウッドの両拠点で、着実に活躍の場を広げる國元なつき(39)。

    リドリー・スコットが製作総指揮を務める歴史的事実を基にしたホラーアンソロジードラマ「ザ・テラー」シーズン2の
    「インファミー」では、推定400歳の怨霊・チヨ役を演じ、話題を呼んだ。

    難役に挑んだ「インファミー」では複雑な思いを抱いたという。

    「子供を完璧に育てることが幸せと思い込んだ母親が、結果的に娘を*てしまう。
    チヨを演じるにあたって世間のニュースでみる光景と重なる部分がありました」

    海外作品では間違った“エセ日本”が描かれることもあるが、それは日本人の責任もあるという。

    「海外で日本を題材として使ってくれることにまず感謝しています。彼らは入念なリサーチをしているので歴史的認識がズレていることはない。
    けれど、本やインターネットで調べられない感覚の部分で少し違和感を覚えることはありますよね。

    監督が描きたいイメージを壊さず、日本の視聴者が納得するかたちにするのは日本人の役者の仕事。
    そのためには自分で行って自分で直す、という行動を取りたいです」

    中3のころから海外文化に憧れ、18歳で単身渡米。
    英語と演劇を学びながらハリウッドを夢見る日々を送っていたが、父親の病気で2年ほどで帰国を余儀なくされた。

    その後も、渡辺謙のハリウッド進出を後押ししたことで知られる奈良橋陽子の演劇学校に通いながら、
    国内でオーディションを受け続け、映画「47RONIN」(2013年)で大石内蔵助(真田広之)の妻役に抜擢された。

    「海外で異文化の人たちと交流しながら、仕事するのが楽しい。お芝居が楽しいというか、そこの空間で演じることが好きなんです。
    人生の中で自分が一番輝いてる瞬間だと思います」

    この2、3年で彼女に限らず日本人俳優が特にNetflixやAmazon Prime Videoのオリジナル作品に出演する機会も増えた。

    「アメリカでは有名、無名関係なく、ほぼすべてのキャスティングがオーディションで決まります。
    世界各国から役者が集まるぶんライバルは多いけれど、機会は平等。だからこそ、自分さえ頑張ればチャンスはつかめます」


    ▽くにもと・なつき 1980年東京生まれ。映画「47RONIN」でハリウッドデビュー。
    現在、Amazon Prime Videoで海外連続ドラマ「ザ・テラー:インファミー」が配信中。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00000003-nkgendai-ent

    【ドラマ】<日本のドラマがこの10年で急速につまらなくなった本当の理由>「一番の問題はキャスティングの主導権が大手のプロ」★3
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1504580723/


    【【ドラマ】 “逆輸入”女優・國元なつき 「アメリカではチャンスが平等。 ほぼすべてのキャスティングがオーディションで決まります」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    戸田 恵梨香(とだ えりか、1988年8月17日 - )は、日本の女優。兵庫県神戸市出身。フラーム所属。 小学生の頃から芸能活動を開始し、中学卒業までは関西の芸能事務所に所属していたが、現事務所フラームにスカウトされ中学卒業を機に上京。 2003年、『週刊ヤングジャンプ』の「制コレ'03」にエントリ
    40キロバイト (5,149 語) - 2019年9月28日 (土) 06:45



    (出典 www.sankei.com)



    1 湛然 ★ :2019/09/29(日) 06:08:28.17 ID:fHrA39I79.net

    9/29(日) 5:00 スポニチアネックス
    戸田恵梨香 朝ドラ「スカーレット」で“リアル”追求、体型も変えた
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/09/29/kiji/20190929s00041000132000c.html

    NHK連続テレビ小説「スカーレット」でヒロインを務める戸田恵梨香

    (出典 www.sponichi.co.jp)



     通算101作目のNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜前8・00)が、9月30日にスタートする。主演を務める戸田恵梨香(31)が、このほどインタビューに応じ、作品にかける思いを明かした。

     同作は“焼き物の里”滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとして歩み始める1937年(昭12)大阪生まれのヒロイン・川原喜美子(戸田)の波乱万丈の生涯を描く物語。

     作中の陶芸シーンは戸田自らが演じており、撮影が始まる3カ月前から週2回ほどの稽古を行った。「(陶芸は)奥が深すぎて趣味で始めたら辞められないだろうな」というほどの熱の入りよう。練習の過程で作った茶碗を共演の大島優子(30)にもプレゼントしたという。

     女性の生涯を演じる朝ドラだけあって、その時々で体型を変える必要もあった。なかでも陶芸のシーンでは「本当に力が必要なんです」という通り、筋肉をつける必要があった。「太りにくい体質だったので、食生活を変えてお腹がムカムカするくらい食べました」と“食トレ”にも励んだ。

     戸田が本格的に登場するのは第2週目(10月7~12日)から。31歳の戸田が、15歳の女子学生を演じるにあたり「15歳ならではの体の丸みが欲しくて、タンパク質よりも炭水化物をとるようにしていました」とリアリティーを追求。「10代が持っている無敵なエネルギッシュさで、(撮影が)終わったあとには息切れしました」と笑顔も浮かべた。

     これまで数々の作品で主演を務め、今では日本を代表する演技派女優となっている。「約10カ月を同じ女性を演じるということ、それを経て自分がどうなるのかが知りたいです」と今作への思い。「約2カ月の1クールでは味わえないぜいたくな時間が自分のキャリアでも大切な経験になると思います」。誰もが注目する国民的ヒロインとして、これから約半年を全力で駆け抜けていく。

    (おわり)


    【【朝ドラ】戸田恵梨香 「スカーレット」で“リアル”追求、体型も変えた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    なつぞら』は、2019年度前期放送のNHK「連続テレビ小説」第100作目のテレビドラマである。2019年4月1日から9月28日まで放送された。 連続テレビ小説第100作の記念作品。1937年(昭和12年)に東京に生まれ、戦争で両親を失い父の戦友に引き取れた戦災孤児の少女・奥原なつ
    160キロバイト (24,181 語) - 2019年9月28日 (土) 16:31



    (出典 www.eastasiabarometer.org)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/28(土) 17:25:31.57 ID:ov1BrJPq9.net

    【モデルプレス=2019/09/28】
    女優の広瀬すずがヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜あさ8時)の最終話が放送された。<※ネタバレあり>

    ◆朝ドラ「なつぞら」

    脚本家・大森寿美男氏による『なつぞら』は、戦争で両親を失いながらも北海道・十勝でたくましく育った広瀬演じるヒロイン・奥原なつが、
    当時まだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界に挑む姿を描くオリジナル作品。節目の100作目の朝ドラとなる。

    ◆最終話あらすじ

    担当していたアニメ作品が終了し、家族で里帰りしていた北海道にて、嵐の翌日復旧作業に追われるなつたち。

    そのころ夫の“一久さん”こと坂場一久は、東京から次回作について「早く相談したい」と電話を受けこれからについて考え始める。

    照男(清原翔)と妻の砂良(北乃きい)も、嵐で散らかった小屋で落胆していたが、再び一からやり直すことを決意。

    同じく北海道に来ていた妹の千遥(清原果耶)は、一足先に娘と共に東京に帰ることに。皆、新しい日常へ戻っていくのだった。

    ラストシーンでなつと一久、娘の優は、十勝の草原を訪れる。ふと、「いつか君たち兄妹の戦争を描いてみたいな。
    過酷な運命に負けずに生きる子供たちを、アニメーションでリアルに描くことに挑戦してみたい。できるとしたら、映画だろうな…」と夢を語った一久。

    すると「一久さんとなつは、およそ12年後にその夢を叶えます」というナレーションと共に、映像は第1話の冒頭に流れた空襲のアニメーションシーンへ。

    再び十勝に映像が戻ると、なつは「ここからまた始まるんだね。私たちの開拓が。私たちもまた、何もない道を歩いていきたい」と決意。

    一久となつは、「君と出会っていなければ、僕の人生はつまらないものになっていたに違いない」
    「私もきっとつまらなかったと思うわ」と家族になれたことに感謝し、「これからもアニメーションみたいに、1コマ1コマ、家族の夢を描いていきましょう」と前を向く。

    家族3人で手をつなぎ、草原の中を新たな未来に向かって歩いていくのだった。

    ◆「火垂るの墓」が話題に

    最終回を受け視聴者の間では、第1話のアニメーションが、幼い兄妹の戦争体験を描き、スタジオジブリがアニメ映画化した『火垂るの墓』を彷彿とさせていたことが話題に。

    「第1話のアニメーションにラストでつながった!」「あのアニメはやっぱりなつと一久さんが作ったものだったんだ!」「『火垂るの墓』では妹が*でしまうけど、
    『なつぞら』ではなつが元気に生きていて素敵」「『なつぞら』は『火垂るの墓』のハッピーエンドバージョンなのかもしれない…」などさまざまな声が寄せられ、Twitter上では「火垂るの墓」がトレンド入りするほどとなった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17149963/
    2019年9月28日 8時34分 モデルプレス


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【芸能】「なつぞら」最終回で「火垂るの墓」トレンド入り 第1話に繋がるラストが話題に】の続きを読む

    このページのトップヘ