all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    観月 ありさ(みづき ありさ、1976年12月5日 - )は、日本の女優、歌手、モデル。本名、青山 ありさ(旧姓:観月)。 東京都練馬区出身。ライジングプロダクション所属。明治大学付属中野高等学校中退。 4歳の頃からCMや雑誌などで子役モデルとして活動。 1989年にフジテレビ系で放送
    55キロバイト (5,128 語) - 2019年10月24日 (木) 05:09



    (出典 entertainment-stile.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/11/25(月) 06:26:21.75 ID:dO/8fuxU9.net

     女優の観月ありさ(42)が連ドラ主演を28年連続に更新した。フジテレビで4夜連続で放送する「アロハ・ソムリエ」(12月26~29日深夜)。これで92年「放課後」(フジ)から続く主演は通算32作目となる。今回はお酒好きなビアソムリエの役どころ。全編ハワイでの撮影で、一人酒を求めて南国らしい町並みを歩き、食事にありつく“飯テロ”ドラマ。

     ハワイの名店で伝統料理などに舌鼓を打ち「撮影では表情のボキャブラリーが尽きてきてしまって大変でした。よりおいしそうに食べるにはどうしたらいいかって試行錯誤しました」と全力でおいしさを表現した。

     主演記録を伸ばし「毎年、自分のドラマをやり続けられて幸せ。お声掛けいただいたからこその結果です」と感謝。「ここまで来たら30年という区切りを目指したい」と力を込めた。

     ◆観月 ありさ(みづき・ありさ)1976年(昭51)12月5日生まれ、東京都出身の42歳。4歳からCMなどで活躍。フジテレビ「ナースのお仕事」シリーズや日本テレビ「斉藤さん」などヒット作多数。今年は舞台「悪魔と天使」などに出演。1メートル70、血液型A。


    2019年11月25日 05:30芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/11/25/kiji/20191124s00041000664000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【女優】観月ありさ 全編ハワイロケで28年連続連ドラ主演「ここまで来たら30年」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    深川 麻衣(ふかがわ まい、1991年3月29日 - )は、日本のタレント、女優、ファッションモデルであり、女性アイドルグループ乃木坂46の元メンバーである。静岡県磐田市出身。テンカラット所属。身長162 cm。血液型はO型。愛称は、まいまい。 小学生時代、モーニング娘。が好きで友人と一緒に駄菓子
    74キロバイト (9,300 語) - 2019年10月16日 (水) 08:38



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 ジョーカーマン ★ :2019/10/29(火) 14:44:13.61 ID:J8tyL5rA9.net

    10月22日に放送された阿部寛主演のテレビドラマ「まだ結婚できない男」(フジテレビ系)第3話の視聴率が10.0%だったことがわかった。
    同ドラマは、前回の7.7%から大幅に視聴率がアップした。

    「第3話では、阿部演じる主人公とその隣人である早紀との交流がメインで描かれました。今回、演技力に苦悩する新人女優という設定で隣人を演じたのが、元乃木坂46の深川麻衣です。しかし前作では、国仲涼子が隣人を演じていたため、視聴者から2人を比べる声が続出。ネットでは『演技がまだまだだね…』『国仲さんの素晴らしさを再確認した』『ドラマの中で“可愛い女優”役を演じていることに違和感がある』といった辛口コメントが飛び交う状況となっています」(テレビ誌記者)

    これらの声に対し、彼女を“聖母”と呼んで崇めるアイドル時代からの熱狂的ファンは「演技が未熟な新人女優という役柄なのだから、下手に見えるのは上手ってことだよ!」「深川麻衣は朝ドラにも出てるし、演技の賞も獲ってます!ど素人たちは理解できないんだろうね!」「視聴率2ケタに復活したのは、まいまいのおかげだ!」と激怒しており、SNSでは視聴者と言い争う地獄絵図が繰り広げられている。

    そんな彼女は同ドラマに出演するまで、特に演技について厳しい意見はあがっていなかったという。

    「NHK朝ドラ『まんぷく』に出演した時は批判の声など特にありませんでしたし、今年主演したドラマ『日本ボロ宿紀行』(テレビ東京系)も自然体の演技が視聴者から好評でした。その中でも『ボロ宿~』は彼女がパツパツのスキニーデニムで登場することも多かったため、ムッチリとしたヒップが視聴者から大絶賛されたほど。そのため『結婚できない男』の批判には、『「ボロ宿~」は良かったよ』と擁護するドラマファンの意見も多く飛び交っています」(前出・テレビ誌記者)

    アイドルグループを卒業して3年が経った深川。
    今後、彼女のさらなる成長に期待したい。

    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_135975/

    ドラマ「まだ結婚できない男」 深川麻衣

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    元乃木坂46 深川麻衣

    (出典 66.media.tumblr.com)


    (出典 66.media.tumblr.com)


    (出典 66.media.tumblr.com)


    (出典 66.media.tumblr.com)


    【【女優】「結婚できない男」元乃木坂46深川麻衣への辛口意見にファンがブチギレ!「視聴率2ケタに復活したのは、まいまいのおかげ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    いだてん〜東京オリムピック噺〜』(いだてん とうきょうオリンピックばなし)は、2019年1月6日から放送のNHK大河ドラマ第58作。単に『いだてん』とも。 日本が初めて夏季オリンピックに参加した1912年(明治45年)のストックホルムオリンピックから、幻となった東京オリンピック(1940年の予定
    167キロバイト (23,931 語) - 2019年10月26日 (土) 00:01



    (出典 realsound.jp)



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/10/26(土) 11:48:31.84 ID:9nF0nxAO9.net

    木田氏は1977年の入局後、90年の大河「翔ぶが如く」演出、97年の同「毛利元就」制作統括など一環して制作畑を歩んだ“NHK放送全体の顔”と言っていい存在だ。
    大河という同局の顔である大型ドラマの表も裏も知り尽くしているだけに、同作が2月10日に平均視聴率9・9%を記録。

    大河史上最短での1ケタを記録してしまった8か月前から毎月の定例会見で懸命にテコ入れ策を口にし、擁護も続けてきた。

    8か月間、毎月開かれる上田良一会長と木田総局長の会見のたびに「いだてん」の不振について聞き続けてきた私たち放送担当記者もいいかげん粘着質だとは思うが、
    木田氏は毎回飛び出す「いだてん」関連質問に嫌な顔一つせず、「物語の山場に合わせてプロモーション番組なども増やしたい」「『いだてん』というドラマは今までにもない、
    これからあるどうかかも分からない、見たこともない大河ドラマの作りをしてます」「レベルの高い大河ドラマの作り方を最後まで貫いて欲しい」などなど熱い発言を続けてきた。

    6月の会見では「視聴率が全てということではない」という視聴者の受信料で制作しているNHKのトップとしては、やや波紋を呼ぶ発言までしていた。

    今回の最低視聴率更新にあたっても「この先、『いだてん』はいよいよ戦後編に入りますので、戦後編から1964年の(東京)オリンピックに向けて、
    一気に大展開していって、最後まで日本人の半世紀を描き切っていただきたいと思います」と、プロモートに徹し、制作陣にエールを送った木田氏だが、
    放送回数は47回の予定のまま、年末の最終回に向け放送される「いだてん」の今後に“上がり目”は感じられない。

    録画視聴、自分の好きな時間にタブレット端末などで見るオンデマンド視聴も増えている上、日曜午後8時の裏番組は強力そのもの。
    常に平均視聴率15%以上の日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」に加え、平均視聴率20%台を連発し、
    9月29日の放送では、ついに20・8%の番組最高視聴率をたたき出したテレビ朝日系「ポツンと一軒家」も巨大な敵に成長した。

    さらに、弱り目に祟り目とはこのことか。第2部の主人公・東京に五輪を招致するために尽力した新聞記者で後の日本水泳連盟会長・田畑政治(まさじ)を熱演中の
    阿部サダヲ(49)が今月16日、都内でマイカーを運転中、接触事故を起こしていたことが発覚。

    東京五輪で女子バレーボール日本代表を率いた大松博文監督役で11月から出演予定の「チュートリアル」徳井義実(44)も
    個人で設立した会社が東京国税局の税務調査を受け、18年までの7年間で約1億2000万円の申告漏れを指摘されるなど、キャストにスキャンダルが続出。

    振り返れば、3月には足袋職人・黒坂幸作役で出演のピエール瀧(52)もコカイン使用による*取締法違反で逮捕され、降板。
    放送期間中に主要出演者3人が不祥事に見舞われるケースもまれではないか。

    ならば、「いだてん」は1963年の「花の生涯」からスタートした大河58作の歴史の中で史上最低の作品なのか?

    いや、そうではないと、ここまで録画視聴なのが申し訳ないが、ずっと「いだてん」を見続けてきた私は言いたい。
    どんな逆境にあっても、この全く新しい大河ドラマは面白いと―。

    オリジナル脚本を手掛けた13年の連続テレビ小説「あまちゃん」を大ヒットさせた宮藤官九郎氏(49)は命がけで1年分の物語を紡いできたと心底、思う。
    さらに5月の上田会長の定例会見の際、“逆ギレ”気味に「(視聴率を上げる)特効薬的なものがあれば、逆にお聞きしたいと思っております」と口にして
    話題になった制作幹部が続けた言葉「『いだてん』は我々としても挑戦的な大河ドラマです」こそ同局制作陣の本音中の本音だと思う。

    そして今、ついにマラソンで言えば、ラストスパート。スタジアムに突入しつある「いだてん」。木田氏が口にした「今までにもない、これからあるどうかかも分からない、
    見たこともない大河ドラマ」という言葉を信じて、12月の最終回まで見続けようと思う。

    「いだてん」という良くも悪くも10か月間、話題になり続けたドラマの根底にあるのは、テレビ離れが声高に叫ばれる中、
    従来の大河の視聴者層である中・高年層だけに頼るのではなく、必死で新しい顧客を開拓しようという意欲的な挑戦、
    ドラマ作りの数々だったのは確かなことだから。(記者コラム・中村 健吾)
    https://hochi.news/articles/20191024-OHT1T50091.html


    【【芸能】 記者 「いだてんは58作の歴史の中で史上最低の大河ドラマなのか? ずっと見続けてきた私は言いたい。面白いと」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    深川 麻衣(ふかがわ まい、1991年3月29日 - )は、日本のタレント、女優、ファッションモデルであり、女性アイドルグループ乃木坂46の元メンバーである。静岡県磐田市出身。テンカラット所属。身長162 cm。血液型はO型。愛称は、まいまい。 小学生時代、モーニング娘。が好きで友人と一緒に駄菓子
    74キロバイト (9,300 語) - 2019年10月16日 (水) 08:38



    (出典 img.ananweb.jp)



    1 ヴァイヴァー ★ :2019/10/24(木) 19:21:48.62 ID:xFu6s00L9.net

    火曜ドラマ『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)の第3話が22日に放送され、平均視聴率が10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下
    同)だったことが各社で報じられている。第2話の7.7%からは2.3ポイントのアップ。2話ぶりに2ケタ視聴率となった。

     第3話は、桑野(阿部寛)が、隣人である早紀(深川麻衣)の飼うパグ犬・タツオをきっかけに、少しずつ交流を深めていくというストー
    リー。ある日、桑野は夜道でタツオを散歩させている早紀に遭遇する。そこに、早紀の元恋人で人気俳優の信吾(平田雄也)が「ヨリを戻
    したい」と迫ってきたため、桑野が信吾を追い返すと、ちょうどその場面を週刊誌に撮られてしまい――という展開になった。

     “謎の女”だった隣人・早紀の正体が新人女優であることが明らかになり、少しずつ出番も増えてきているものの、作品ファンからは
    ある苦言が聞かれている。

     「桑野の周辺の女性は前作から一新され、ただでさえ困惑の声が寄せられていましたが、その中で特に悪目立ちしているのが、早紀を
    演じる乃木坂46の元メンバーの深川麻衣です。前作では国仲涼子が演じていた隣人役ですが、視聴者からは毎回のように『下手だし、国
    仲涼子と比べるとそこまで可愛くない』『国仲涼子は明るくて可愛くてサバサバしてたけど、女優役なのになんか暗くて見てられない』
    『かわいい扱いされる役でむしろかわいそう』といった声が噴出。俳優とのスキャンダルや役を降板させられるなど、さまざまなトラブ
    ルを抱えているという役柄なこともあり、前作の国仲と比べる声が多く出てしまっています」(ドラマライター)
     
     さらには、「こんなだったら西野七瀬のほうがマシ」「アシスタント役で出てる奈緒を隣人にすればよかったのでは?」という声も上
    がってしまっているという。

    「深川といえば、18年下半期のNHK朝ドラ『まんぷく』で素朴な役柄を演じ、作品に華を添えていましたが、今回のような大きい役はまだ
    合わなかったのか、『朝ドラの時はよかったのにね』という声も上がっています。一方、若手女優役ということで、ファンからは『わざ
    と下手に演技してるだけ』『下手なのは下手な女優の演技』という擁護の声も出ているものの、セリフ読み以外でも変わらず棒読み。
    『見るに堪えない』として視聴を中断した作品ファンも少なくないようです」(同)
    果たして、女優として深川の今後の成長は見込めるのだろうか――。
    https://www.excite.co.jp/news/article/Real_Live_49569/

    元乃木坂46 深川麻衣(28)

    (出典 i.pinimg.com)


    【ドラマ】『まだ結婚できない男』出演、元乃木坂46深川麻衣に批判殺到 「可愛くない」「演技下手」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1571897847/


    【【ドラマ】『まだ結婚できない男』出演、元乃木坂46深川麻衣に批判殺到 「可愛くない」「演技下手」★2】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    三林 京子(みつばやし きょうこ、1951年7月17日 - )は、日本の女優、声優・ナレーター、落語家。高座名、三代目 桂 すずめ(さんだいめ かつら すずめ)。本名、宮永 佳代子。 大阪市住吉区(現・住之江区)粉浜出身。米朝事務所所属。過去に文化審議会委員と大阪府教育委員、大阪芸術大学短期大学部専任教授などを務めた。
    15キロバイト (1,735 語) - 2019年9月24日 (火) 16:49



    (出典 cdn.mainichi.jp)



    1 湛然 ★ :2019/10/17(木) 05:12:19.53 ID:lGUUing89.net

    10/16(水) 18:44 SmartFLASH
    『スカーレット』戸田恵梨香に活を入れる「いけず女優」の正体
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00010008-flash-ent

    NHK『スカーレット』公式サイトより

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     「断言します。あんたには無理や、信楽帰り!」大阪に来たばかりの川原喜美子(戸田恵梨香)にピシャリと厳しい言葉を投げつけたのは、下宿屋「荒木荘」の元女中・大久保のぶ子(三林京子)だ。

     きちんと結い上げた白髪、恰幅のいい体によくなじんだ着物と割烹着。重そうな体にもかかわらず、小走りにきびきび歩き、下宿人にお茶を頼まれると「あいよ」と快活に答え、テキパキ支度を始める。

     その堂々たる存在感に一目で釘付けになった。第3週を迎えたNHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』の話だ。

    『ビバ!大阪新生活』とサ*イトルにあるように、喜美子は故郷の信楽を離れ、大阪にやってきた。これから下宿屋「荒木荘」で女中修業を始めるのだが、下宿屋の主人で下着デザイナーの荒木さだ(羽野晶紀)より断然権限を持っているのが大久保さんなのだ。

     ネットでも「言い方がキツイのに嫌らしさがない」「荒木荘に住みたい」「大久保さんが料理本出したら私は迷わず買う」と、大久保さんラバーがすでにあふれている。

     この人はいったい誰なのか、ドラマウオッチャーの晴川日月奈氏が明*。

    「大久保さん、いいですよね! 私も毎朝、大久保さんに活を入れてもらうのが楽しみです。大久保さんを演じているのは三林京子さんという女優さんで、関西では知らない人はいない大、大、大ベテランです。

     舞台を中心に活躍されていて、民放のドラマにはあまり出ていないため馴染みが薄いかもしれませんが、NHKの朝ドラは昭和、平成、令和の3つの時代で8本も出演しているんです」

     三林は1951年、大阪生まれの68歳。NHKの朝ドラは『いちばん太鼓』(1985年)、『ぴあの』(1994年)、『ふたりっこ』(1996年)、『オードリー』(2000年)、『ファイト』(2005年)、『だんだん』(2008年)、『カーネーション』(2011年)に出演している。

    「三林さんのお父様は文楽の人形遣いで人間国宝。由緒正しき家柄に生まれ、幼い頃から芸事に通じ、NHK大阪放送児童劇団に入ったのがきっかけで女優さんになったようです。

     うちの母に聞いたら、若い頃は正統派の美人で、NHKの大河ドラマとか『水戸黄門』『暴れん坊将軍』などの時代劇によく出ていたそうですから、キャリアは相当長いですね」(晴川氏)

     浄瑠璃、日本舞踊、狂言、さらには落語も3代目米朝に入門して修業し、一門初の女性落語家となり、三代目桂すずめの名をもらっている。

    「戸田恵梨香さん、役柄での女中修業だけでなく、女優修業としても、すごく勉強になるんじゃないですか。三林さんにビシバシしごかれたら、きっと息の長い素晴らしい女優さんになれますよ」(晴川氏)

     大久保さんは、最初は喜美子が女中として働くことに反対するも、次第にその頑張りを認め、女中としてのノウハウを教えるという役どころ。

     三林も『スカーレット』出演が決まった際、「3時代8本もの連続テレビ小説に出していただける感謝の気持ちを込めて、しっかりと喜美子ちゃんを仕込みたいと思います」とコメントしている。

     第3週の視聴率は、14日18.0%、15日20.4%だが、好調の秘密は、まさに大久保さんの “活” にあると思う。

     16日は、喜美子が大久保さんに「どうか雇って下さい。働かせて下さい。戦わせて下さい」とお願いするが、大久保さんは口を真一文字にして「戦うて……子供相手にあほらしもない」と台所に行ってしまう。

     それは、「リビングに残ったみんなにお茶を入れるのはあんたの仕事や」と、言葉にせず態度で示す大久保さんの、いけずだけど、深~い愛情。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【【朝ドラ】『スカーレット』戸田恵梨香に活を入れる「いけず女優」の正体】の続きを読む

    このページのトップヘ