all best news

主に芸能ニュースや画像などをまとめて、楽しく、分かりやすくお送りします。

    カテゴリ: テレビ番組



    (出典 dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 牛丼 ★ :2019/10/30(水) 09:03:38.30 ID:YV7H8GDD9.net

    「バス旅」についに宇垣美里が参戦!蛭子能収と太川陽介の反応は?

     10月30日放送の「太川蛭子の旅バラ」(テレビ東京系)の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅第6弾」にマドンナとしてフリーアナの宇垣美里が参戦することが明らかになった。
    TBS出身であるうえに旬の美女がとあって、バス旅ファンを驚かせている。そして何よりも注目されているのが、蛭子能収と太川陽介の反応だ。

     蛭子は今年4月に「旅バラ」がスタートして以降、すっかり「ただのいいおじいちゃん」に変貌。

     マドンナとして出演した鈴木奈々のわがままをきいたり、すみれと楽しそうに旅をしたりと好々爺っぷりを発揮した。
    特に松井珠理奈が登場した回では、松井に腕を組まれ手を握られるとデレデレ。若いマドンナにまんざらでもない様子を見せた。

    「問題は太川の反応です。太川はマドンナによって態度を変えることが最近よくあるんです。以前はそんな人じゃなかったんですが…。
    8月29日放送のバス旅第4弾のゲストは生駒里奈で、彼女に非常に厳しく当たり、反響になりました」(テレビ誌ライター)

     生駒に厳しくする一方で、その前のすみれや、その次の松井珠理奈には以前のような優しい太川の顔を見せている。

     宇垣に対して太川がどんな反応を示すのか、注目が集まるのも当然か。

    「バス旅のマドンナは以前はアラフォー、アラフィフが当たり前で、“完熟”女性ばかりでした。
    ところが、旅バラになってからのバス旅、ローカル鉄道寄り道旅のマドンナは鈴木奈々、真野恵里菜、村上佳菜子、すみれ、生駒里奈、松井珠理奈と若いコばかり。
    ジェネレーションギャップを感じてイライラしたのかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

     さらにもうひとつ、太川が生駒にきつくあたった理由が考えられると、このテレビ誌ライターは言う。

    「生駒はバスの車内で本音を語り、自分の暗黒面を明らかにしました。こんなマドンナは初めてです。
    それに太川は不快感を持ったのかもしれません。宇垣もあんなルックスとは裏腹に暗黒面を持っています。それを明かして太川の逆鱗に触れなければいいのですが…」

     第6弾は静岡の三保の松原から山梨の清里を目指す旅。バスがつながらない、以上の事件が起こるだろうか。


    (出典 cdn.asagei.com)

    https://www.asagei.com/136032


    【【芸能】「バス旅」ついに宇垣美里が参戦!】の続きを読む


    広瀬 すず(ひろせ すず、1998年6月19日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。 静岡県静岡市清水区出身。フォスタープラス所属。 実姉は女優の広瀬アリス。 姉・アリスが専属モデルをつとめていた雑誌『Seventeen』のイベントに母と来場した際、現事務所の社長から声をかけられたことが芸能界に入ったきっかけ。
    82キロバイト (10,492 語) - 2019年9月10日 (火) 02:58



    (出典 www.geinou-research555.com)



    1 ゴアマガラ ★ :2019/09/10(火) 11:51:39.41 ID:wsmneHaC9.net

    女優広瀬すず(21)が、ヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜午前8時)の9日に放送された第139回の平均視聴率が23・8%(ともに関東地区)だったことが10日、
    ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの最高視聴率は第15回の23・6%だった。

    同ドラマは、戦争で両親を亡くし、父の戦友の養女として引き取られたヒロイン奥原なつ(広瀬すず)が、北海道を舞台に、亡き父の戦友の柴田剛男(藤木直人)と妻富士子(松嶋菜々子)、
    柴田夫妻の父泰樹(草刈正雄)に育てられ、豊かな想像力と開拓者精神を生かし、アニメーターを目指す姿を描く。脚本家の大森寿美男氏のオリジナル作品。元AKB48で女優の渡辺麻友、
    井浦新、染谷将太、伊原六花、小手伸也らが朝ドラ初出演。ほかに貫地谷しほり、中川大志、麒麟の川島明、木下ほうか、角野卓造が出演する。また、語り(ナレーション)をなつの父親という設定で内村光良が担当する。

    あらすじは、なつは18年間勤めてきた東洋動画を辞める日を迎え、仲(井浦新)や井戸原(小手伸也)らと挨拶を交わした。そして仲間と一緒にこれまで試行錯誤してきた日々の数々を思い出した。
    そして拍手で見送られ、東洋動画を去った。後日、いよいよマコプロに入社したなつは、麻子(貫地谷しほり)や坂場(中川大志)らと北海道を舞台にした新しい企画「大草原の少女ソラ」の作画監督としてスタートを切った。
    そして、ロケをするためなつらは十勝にやって来た、という内容だった。

    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201909090000054_m.html?mode=all


    【【視聴率】広瀬すず「なつぞら」第139話23・8%最高更新】の続きを読む


    24時間テレビ 「愛は地球を救う」』(にじゅうよじかんテレビ あいはちきゅうをすくう、英: 24HOUR TELEVISION "LOVE SAVES THE EARTH")は、1978年から毎年8月下旬の土曜から日曜にかけて生放送されている日本のチャリティー番組である。通称『24時間テレビ』、『24HTV』。
    174キロバイト (19,323 語) - 2019年8月25日 (日) 16:38



    (出典 newsimg.oricon.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/25(日) 14:50:00.56 ID:NmIEagMK9.net

    今年で41回目を迎える「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ系)。この時期になると、毎年恒例のようにマスコミを賑わすのは、
    出演者のギャラ問題だろう。チャリティを謳いながら、ギャラをもらって出演するタレントに、疑問符を投げかける人が少なくないのだ。

    お笑い界の大御所・ビートたけしはかつて自身のラジオ番組で「出るなら全員ノーギャラにすべき」「あんな偽善番組は大嫌い」と発言している。
    また、明石家さんま、所ジョージも同様の理由で、出演を拒否しているそうだ。特に、チャリティマラソンランナーに対しては、多額のギャラが発生しているのではないかという疑問が毎年のように燻る。
    「ランナーへの報酬は1000万円」なる噂は、すでに事実であるかのように広まっている。出演者のギャラに関しては日テレが「基本的にボランティアでお願いしております。
    しかし、拘束時間の長い方など、場合によっては謝礼という形でいくらかのお支払いをしております」と発表しているのに、である。

    では、なぜ毎年高額のギャラが話題になるのか。

    「まず、日テレの発表は本当です。ですが、マラソンランナーやパーソナリティには、放送前の告知や放送後、同局の様々な番組に出演します。
    そのギャラが高額に設定されていて、それらを合算するとそれなりに大きな金額になるのです」(芸能ジャーナリスト)

    同局が募金額だけではなくCM、グッズの売上金、製作費、謝礼金などをすべて明らかにした収支を報告すれば、視聴者も“スッキリ”すると思うのだが。

    http://dailynewsonline.jp/article/1978272/
    2019.08.25 10:14 アサジョ


    【【芸能】「24時間テレビ」の疑問、チャリティランナー“報酬1000万円”は本当か?】の続きを読む


    真由子(たて まゆこ、1988年3月1日 - )は、日本の女優、声優、歌手。本名、同じ。別名、Mayuli(繭李、マユリ)。 東京都生まれ、北海道出身。堀越高等学校トレイトコース卒業。元トライストーン・エンタテイメント所属。現在はフリーランスで活動中。父は実業家の小達一雄、叔母は女優の夏目雅子
    11キロバイト (1,327 語) - 2019年7月2日 (火) 11:00



    (出典 nobiciro.com)



    1 湛然 ★ :2019/08/24(土) 05:06:37.20 ID:4toZkDOS9.net

    「夏目雅子の姪」朝ドラ女優の今 31歳シングルマザー、借金返済のためキャバクラ週3勤務
    [ 2019年8月23日 20:38 ]
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/23/kiji/20190823s00041000353000c.html

    時代劇「八丁堀の七人」で共演した片岡鶴太郎(左)と楯真由子(02年撮影)Photo By スポニチ

    (出典 www.sponichi.co.jp)

    夏目雅子さんPhoto by スポニチ

    (出典 www.sponichi.co.jp)



     1985年に急性骨髄性白血病のため27歳の若さで亡くなった女優の夏目雅子さんの姪(めい)で、女優として活動していた楯(たて)真由子(31)が23日放送のTBS系「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)に出演。波乱万丈な人生を語った。

     88年に雅子さんの兄・一雄さんと母・量子さんの間に生まれた楯。3歳の時に両親が離婚。楯は母とともに実家のある北海道富良野へ引っ越した。楯は小学3年生の学芸会がきっかけで「女優になりたい」と目標を見つける。娘の思いを知った母・量子さんが、雅子さんの母で楯の祖母であるスエさんに芸能界入りを直談判。祖母の手助けで芸能事務所入りがかなったが「夏目さんの七光り」という天国と地獄を味わうことになる。

     NHKの連続テレビ小説「あぐり」(97年放送)で主人公・田中美里の娘役に起用されるという恵まれた芸能界デビュー。「夏目雅子の姪」とメディアに取り上げられ、次第に注目を集めるようになった。だが、高校に入ると待っていたのは非情なバッシング。雅子さんと比較されるようになり、陰口として聞こえてくるのは見劣りする自分の容姿だった。ネット掲示板には「おばさんはキレイだけどブサイク」と心無い書き込みが。楯は「凄くショックでした。叔母はキレイなのにアイツはブサイク。劣化だって言われて傷つきました」と当時の苦しい思いを吐露した。

     演技の現場では「夏目雅子さんに芝居を寄せてくれ」というオーダーも。「叔母である夏目雅子という存在そのものが私を縛ってきたなと…」と振り返るほど、追い詰められた楯は22歳で芸能活動を引退。1年以上の引きこもり生活を送り、その後23歳で結婚。離婚を経てシングルマザーとなった。

     現在は母と7歳の息子と3人で暮らすが、生活は厳しく、子育てするために「200万円くらいに減ったんですが」と借金をしていると告白。キャバクラで週3回出勤し、月15万円を稼ぎ、残りはボイストレーニングの先生として生計を立てているという。

     そんな楯の現状を知った片岡鶴太郎(64)が番組にサプライズ出演。ドラマ時代劇「八丁堀の七人」で共演し、楯が“父”と慕う片岡は温かくも厳しいエールを送った。「夏目雅子の姪」という言葉に縛られ、いろいろ諦めてしまったという楯に対して「全てを人のせいにしている。そんなものは関係ないよ!人に何と言われようと“自分はこうしたい”という気持ちを持たないと。自分の人生が見えなくなるよ。人なんかどうでもいいの」とアドバイス。楯は涙を流しながら鶴太郎のエールに「勇気になります」と感謝していた。

    (おわり)


    【【テレビ】「夏目雅子の姪」朝ドラ女優の今 31歳シングルマザー、借金返済のためキャバクラ週3勤務】の続きを読む


    田中 裕子(たなか ゆうこ、1955年4月29日 - )は、日本の女優。本名、澤田 裕子(さわだ ひろこ)。 大阪府池田市出身。明治大学文学部演劇学科卒業。所属事務所はアニマ出版。夫は歌手・俳優の沢田研二、弟は俳優の田中隆三。 中学2年から北海道札幌市西区育ち。札幌市立向陵中学校→北海道札幌西高等学
    21キロバイト (2,210 語) - 2019年8月17日 (土) 03:10



    (出典 lpt.c.yimg.jp)



    1 孤高の旅人 ★ :2019/08/17(土) 08:51:26.39 ID:jHt2sOBk9.net

    「なつぞら」今度は「おしん」の田中裕子が登場!なつの主治医役 広瀬すず“尊敬”の歴代ヒロイン11人目
    8/17(土) 8:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00000123-spnannex-ent

     1983年4月から1年間放送されたNHK連続テレビ小説第31作「おしん」のヒロインを務めた女優の田中裕子(64)が朝ドラ100作目「なつぞら」(月~土曜前8・00)第21週(今月19~24日)に出演することが17日、分かった。この日放送の次週予告で判明。主人公・奥原なつ(広瀬すず)を診る産婦人科医役を演じる。節目の100作目とあり、「なつぞら」には歴代朝ドラヒロインが次々に起用されて大きな話題を呼んでいるが、今回ついに11人目。番組最高視聴率62・9%、期間平均視聴率52・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と朝ドラ歴代トップを誇る“オバケ番組”「おしん」から“朝ドラレジェンド”がまた1人加わり、終盤を彩る。

     放送前に出演が発表された松嶋菜々子(45)は96年前期第54作「ひまわり」、小林綾子(46)は「おしん」、山口智子(54)は88年後期第41作「純ちゃんの応援歌」、比嘉愛未(33)は07年前期第76作「どんど晴れ」、貫地谷しほり(33)は07年後期第77作「ちりとてちん」のヒロイン。4月2日に放送された「なつぞら」第2話に61年の朝ドラ第1作「娘と私」のヒロイン・北林早苗(75)、4月5日に放送された第5話に96年後期第55作「ふたりっ子」のヒロイン・岩崎ひろみ(42)、7月5日に放送された第83話に81年後期第28作「本日も晴天なり」のヒロイン・原日出子(59)、8月8日に放送された第112話に08年後期第79作「だんだん」のヒロイン・三倉茉奈(33)、8月10日に放送された第114話に74年4月から1年間放送された第14作「鳩子の海」のヒロインを務めた藤田三保子(66)が登場。今回の田中で、朝ドラヒロイン経験者が11人集結した。現在BSプレミアム(月~土曜前7・15)で再放送され、反響を集める「おしん」から2人。小林は少女期、田中は青春・中年期を演じた(晩年は乙羽信子)。

     「なつぞら」は女優の広瀬すず(21)がヒロインを務め、大河ドラマ「風林火山」などで知られる脚本家の大森寿美男氏(51)が03年後期「てるてる家族」に続く朝ドラ2作目を手掛けるオリジナル作品。戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京してアニメーターとして瑞々しい感性を発揮していく姿を描く。


    【【連ドラ】「なつぞら」今度は「おしん」の田中裕子が登場!なつの主治医役 広瀬すず“尊敬”の歴代ヒロイン11人目】の続きを読む

    このページのトップヘ